高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

待ちに待った日!

2009年04月30日 | Weblog
 今日は、近所のペンションのご夫婦と、苗の買い出しに行ってきました。向かった先は、いつもお世話になっている「ガーデン・ソイル」さんです。チューリップが満開の庭を見て回った後、ショップの方に相談しながら、今年、新たに植え込む苗を選びました。今日選んだのは、アスチルベ、アストランティア、クレマチス、ゲラニウム、ジギタリス、シレネ、スカビオサ、セントーレア、ベロニカです。この中で、シレネとベロニカは、初めて植え込む宿根草です。

 まだ、峰の原は寒いので、今日選んだ苗はガーデン・ソイルさんに預けてきました。ゴールデンウィーク後に引き取りに行って、うちの庭で1週間ほど、山の気候に慣らした後、花壇に植え込む予定です。

       

              穏やかな春の陽気に包まれた、ガーデン・ソイルさんの庭。

       

               花壇では、いろんなチューリップが目を楽しませてくれます。

       

               色も形もバラエティーに富んだ、昨今のチューリップ。
コメント

日が沈むまで庭作業

2009年04月29日 | Weblog
 今日は、午後から庭に出て、庭の片づけを行いました。よく晴れた日でしたが、依然として空気はひんやりしていて、北風が冷たい1日でした。

       

              北アルプスに沈む夕陽。バックヤード・ガーデンから写しました。

       

           土の中から、無事に新芽を出し始めた宿根草。写真はデルフィニウムです。

       

              ↑こちらは、羊の耳のような手触りと言われる、ラムズイヤー。
コメント

止まってしまった春の足音

2009年04月28日 | Weblog
 今朝の気温は-5℃。日中も北風がビュービュー吹きつける、真冬のような1日でした。ここに来て、春の足音は完全に止まってしまいました(^^;

       

             庭に自生する福寿草。鮮やかな黄色が、銅葉の葉に映えます。

       

      昨年の春、突然、咲き始めた白い花。今春はさらに数が増えましたが、名前はわかりません…

       

             水仙のつぼみが、だいぶ膨らんできました。開花も間近です。
コメント

今年初めてのDIY

2009年04月26日 | Weblog
 今朝も氷点下の冷え込みで、朝方には1時間くらい雪が降って、一時、庭も真っ白になりました。

 さて、冷え込みが厳しくなる前の水曜日、今年初めてのDIYを行いました。コンクリートむき出しだったエントランスホールの土台部分に、乱型石を貼りました。乱型石はネット・ショップで購入し、石を貼り付けるためのモルタルはホームセンターで買ってきました。モルタルを使ってのDIYは、私も初めての経験でした。

       

             ↑これが、DIY前。コンクリートがむき出しで、味気ない雰囲気。

       

↑作業途中の様子。乱型石をパズルのように組み合わせます。この作業がなかなか難しく、時間を要しました。パズルなら、必ず組み合わせが決まりますが、天然石の切り出しではそうはいきません。どうしても、うまい組み合わせの石が見つからない場合は、ダイアモンドカッターを付けた丸のこで切断して成形しました。

       

↑そして、これが今日撮影した完成後の写真です。完璧ではありませんが、まずまずの仕上がりになりました(^^)
コメント

5か月ぶりの対面

2009年04月24日 | Weblog
 「寒の戻り」で、昨日の朝は小雪が舞い、今朝も-2℃まで冷え込みました。それでも、雪融けは確実に進んで、庭の雪もほとんどなくなりました。庭を片づけながら、花壇から芽を出した宿根草を見つけては、「おぉ、無事に冬を越してくれたか」と嬉しくなります(^^)

       

              雪が融けて、5か月ぶりに全容を現したバックヤードガーデン。

       

             早春の庭で咲き揃ったチオノドグサ。とても、きれいなブルーです。

       

        雪融けと共に地面から顔を出すルバーブ。6月に収穫して、自家製ジャムを作ります。
コメント

桜の名所をめぐる

2009年04月22日 | Weblog
 今、北信濃を、桜前線が北上中です。長野県は南北に長い上、標高差があるので、この季節は桜の名所を梯子することができます。上田城址公園の桜に始まって、須坂臥竜公園の桜、そして、現在は、お隣、高山村の桜が見頃を迎えています。

 この後、桜前線はふもとから徐々に山を登り、私が住む標高1500mにある村の山桜が咲くのは、例年、ゴールデンウィークが明けた頃になります。つまり、約1ヶ月に渡って、お花見を楽しむことができます(^^)

       

              ↑上田城の桜。お堀の水面に映り込む桜もきれいです。

       

        ↑こちらは、須坂・臥竜公園に行く途中にある桜並木。臥竜公園は夜桜がおすすめ。

       

       ↑高山村の一本桜。高山村には、樹齢数百年を越える見事な一本桜が点在しています。
コメント

早春の山野草

2009年04月20日 | Weblog
 ここ峰の原高原は、日本花の百名山に選ばれている根子岳の中腹にあって、山野草(高山植物)の宝庫でもあります。昨日の午後は、カメラを片手に、近くの林に自然観察に出かけました。まだ、雪が融けたばかりの林の中、暖かな春の日差しを浴びながら、いくつかの山野草が咲いていました。写真には取り損ねましたが、カモシカにも出会いました。

       

              ↑雪融け後、一番に咲く福寿草。春の訪れを告げる山野草です。

       

        ↑有毒のハシリドコロ。食べると走り回ることから、こんな名前が付いたそうです。

       

                ↑信州では貴重なヒメアマナ。一輪だけ、咲いていました。
コメント

初庭仕事!

2009年04月18日 | Weblog
 春爛漫の陽気に包まれた今日、いよいよ、今年の庭仕事を開始です。冬の間に折れて落ちた枝拾いを手始めに、芝生の上の落ち葉掃き、モグラやネズミが歩き回った跡の修復、雪で壊れたアーチの修理など、半年振りに庭中を歩き回りました。朝、庭に出た時は、「さてさて、どこから片付け始めようか…」という状態でしたが、夕方には一通りきれいになりました(^^)

       

      まだ、結構雪が残っていますが、これでも、例年より1週間ほど早く、雪融けが進んでいます。

       

               ↑木漏れ日の下、枯れ葉の中から咲き上がったクロッカス。

       

     こちらはチオノドクサ。チオノ=「雪」、ドクサ=「栄光」、つまり、「雪の誉れ」という意味だそうです。
コメント

雲海の日

2009年04月16日 | Weblog
 今日はいくつか用事があったので、山を下りて、曇り空の市街地で一日をすごしました。用事がすんで家路に向かい、峠を登って行くと霧が出始め、車のライトをオンにして登ってきました。しかしながら、峰の原に入った途端、霧というか雲がパッと切れて、青空が広がっていました。「あぁ、ここはやっぱり雲の上のペンション・ヴィレッジだなぁ。もしかして、今日は雲海の日かも…」と思いつつ、家に帰ってくると、案の定、眼下には雲海が広がっていました。

 そこで、夕方の犬の散歩にはデジカメを持って、村の中では「サンセット・テラス」と呼ばれているスキー場の上へ向かいました。そこで、写真に収めたのが下記の写真です。この景色は何度見ても見慣れることはなく、今日も「きれいだなぁ、すごいなぁ」と思いながら20分ほど眺めました。私の他にも、10人ほどの村人がサンセットテラスに集まって、サンセットを眺めていました。

       

         北アルプスに沈む夕陽。手前に写っている白い部分は、ゲレンデの残雪です。

       

              今日の夕陽は、鹿島槍ヶ岳の少し右側に沈んでいきました。

       

         太陽が沈むのを待つ嫁さんと、ここにとどまっている理由がわからないルーシー。
コメント

春、みーつけた!

2009年04月14日 | Weblog
 ここ数日の暖かさで、少しずつ、雪の間から地面が見え始めました。まだ、庭の80%くらいは雪で覆われていますが、ようやく、春が来たな~という印象です(^^) 

       

↑ガーデンストーリーの庭で、この春、真っ先に咲いたプリムラ。これから、何千、何万の花が咲く中での1番花です。

       

               日当りのいい地面からは、フキノトウも顔を出しました。

       

                ウッドデッキの上に残っていた雪を片づけました。
コメント