高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

A foggy morning

2015年09月07日 | 峰の原の山野草
 金曜、土曜と2日間だけ雨が降りませんでしたが、日曜の午後から、また雨模様。今日も一日、降ったり止んだりでした。朝、雨の止み間を狙って、ルーシーの散歩に出かけました。


↑ペンション村の有志が集まって山野草を保護している草原では、今、
マツムシソウやリンドウ、ワレモコウなどが見ごろを迎えています。


↑リンドウとカワラナデシコ。


↑リンドウ。


↑リンドウとアキノキリンソウ。


↑アキノキリンソウが咲き始めると、いよいよ山野草の最盛期。


↑アザミによく似たタムラソウ。花弁を触っても、粘々しません。




↑花期が長いオミナエシは、そろそろ見納め。


↑ウメバチソウが咲き始めました。小さいけど、山野草ファンには人気の花。


↑オミナエシの紅葉。


↑ノコンギクも咲き始め。


↑ヤナギランの紅葉。


↑ゴマナはキク科の植物で、若葉は食べられます。葉っぱが
ゴマの葉に似ていることから、この名前が付いたそうです。


↑ウバユリの種袋。


↑ワレモコウ。とげはありませんが、バラ科の植物です。
コメント