高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

Today's garden

2010年08月31日 | Weblog
 お昼前には雲が広がりましたが、最高気温は27.2℃まで上がり、暑い日になりました。このブログを書いている今、外では雷が鳴って、10分ほど前からは、雨も降り出しました。

       

      ↑庭は、夏から秋の装いに変化しつつありますが、まだ、結構たくさんの花々が咲いています。

 

      ↑フロント・ガーデンのフロックス。             ↑バックヤード・ガーデンのフロックス。

       

                             ↑ベルガモット

 

    ↑毎年、勢力を広げているフロックス。                 ↑キッチン・ガーデン

       

↑ホワイトガーデンの植栽。手前から、小さい丸のベルガモット、大きい丸のアナベル、縦長のサラシナショウマを植えて、造形美を楽しめるようにしています。
コメント

散歩 のち 収穫 

2010年08月30日 | Weblog
 気持ちのいい青空が広がる中、ルーシーの朝の散歩に行き、その後は、キッチン・ガーデンで野菜を収穫しました。

       

                 ↑久しぶりに、朝から北アルプスが一望できました。

       

                ↑山野草が咲くゲレンデからも、真っ青な空が見えました。

  

              ↑いちご                         ↑イタリアン・トマト

 

       ↑色づき始めたプチ・トマト。                 ↑朝日を浴びるブルーベリー。

 

↑今日は、ズッキーニやモロッコ・インゲン、獅子唐辛子などを収穫しました。これらの食材は、ペンションのお客様の夕食の素材に活用します。

       

       ↑これは夕方の撮影です。談話室の向こうに、バックヤード・ガーデンが広がっています。

       

                   ↑談話室を出て、ウッドデッキから写した1枚。
コメント

夕方の散歩

2010年08月29日 | Weblog
 日差しが強く、26.6℃まで気温が上がりました。さて、今日は、ちょっと足を伸ばして、いつもとは違うゲレンデまで、ルーシーの夕方の散歩に行ってきました。

       

         ↑誰もいない草原で、久しぶりに思いっ切り、フライング・ディスクに興じるルーシー。

       

↑連写モードで撮りましたが、ジャスト・タイミングでシャッターを切るのは難しく、今回はこんな写真しか撮れませんでした。

                

               ↑運動した後、思いっ切り舌を出して、熱を発散するルーシー。

       

         ↑ゲレンデの周辺では、秋の七草をはじめ、いろんな山野草が咲いていました。

       

                    ↑マツムシソウに、夕陽が降り注ぎます。

       
コメント

Today's garden

2010年08月27日 | Weblog
 朝晩は肌寒いくらい、空気が冷たくなってきました。猛暑が続いていますが、季節は確実に歩を進めています。また、ここ数日は大気が不安定な日が続いていて、夕方になると雷が発生して、ルーシーを怖がらせています。

       

        ↑夏前まではみずみずしかった草花の緑が、少しずつ乾いた色に変わってきました。

                

        ↑エキナセア(手前)はほとんど増えませんが、花期が長いので、欠かせない存在です。

 

                        ↑濃いピンクと赤のフロックス。

       

       ↑ベルガモットは、最初に赤色が咲いて、次にピンク、そして最後に、この白色が咲きます。

 

↑フロント・ガーデンのバードバス。アナベルをバックに。↑ヤマアジサイは、深い青から薄い紫に、花色が変化します。

                

↑夏の始まりを告げたホリーホックが、ここまで咲き上がりました。てっぺんの花が咲く頃、高原の夏は終わりを迎えます。

       

            ↑アキレア(手前/白)、フロックス(真ん中/赤)、ハンゴンソウ(奥/黄)。
コメント

山野草レポ

2010年08月26日 | Weblog
 7月17日から8月23日の約1カ月、近くにある菅平のアメダス観測地点で記録された最高気温の平均が、例年より2.3℃も高かったそうです! 標高1500mの高原でも、例年に比べて、暑い夏が続いています。そんな中、昨日は約10日ぶりにしっかり雨が降りました。地面が少し乾き始めていたところだったので、とてもいいタイミングの雨でした(^^)

 さて、今日は、近くの草原の山野草レポートです。山野草は、これからが最盛期。色とりどりの花々が咲き誇っています。

       

           ↑華やかになってきた、8月下旬の草原。手前の黄色い花は、オミナエシ。

 

           ↑マルバダケフキ                 ↑リンドウのつぼみが膨らんできました。

       

                     ↑マツムシソウも、見ごろを迎えています。

 

                   ↑こちらは、とても珍しい、白のマツムシソウです。

       

        ↑ワレモコウ、アキノキリンソウ、ヤマハハコ、ツリガネニンジンなどが写っています。

 

        ↑花火のようなシシウドの花。              ↑白い小花が可愛らしいノコギリソウ。

       

                           ↑ワレモコウの群生。
コメント

The photos of flowers

2010年08月24日 | Weblog
 今日も、ガーデンには、この時季にしては、かなり暑い日差しが降り注ぎました。日中は庭全体がぱさっとしますが、太陽が山の向こうに沈んで日が陰った後は、花色も鮮やかです。

       

                              ↑フロックス

       

                              ↑ゲラニウム

       

                             ↑ベルガモット

       

                         ↑自生種のハンゴンソウ。

       

                       ↑スカビオサ。アナベルをバックに。

       

            ↑花期が長いバーベインブルーが、ほぼてっぺんまで咲き上がりました。

       

                              ↑カサブランカ
コメント

最高気温を記録!

2010年08月23日 | Weblog
 朝は16℃で、ひんやりしていましたが、その後はどんどん気温が上がって、午後3時に27.3℃を記録しました。私が知る限り、27℃を超えたのは、今年初めてです! 春先から梅雨にかけて、ずぅーと寒かった分、ここに来ての暑さは、庭の草花にとってありがたい事です(^^)

       

                    ↑ボーダーガーデンで咲き誇るフロックス。

       

    ↑最初は赤いフロックスも混ぜてあったのですが、ピンクだけが増えて、赤は消えてしまいました。

 

                     ↑ここに来て、再びバラが咲き始めました。

        

                 ↑季節の移ろいと共に、装いを変えていく花壇の花々。

        

      ↑アナベルも大きくなりました。写真左はキッチン・ガーデン。今年は、スイス・チャードが不作です。

 

                      ↑ハンゴンソウの蜜を吸うアゲハ蝶。

       

↑咲き始めた当初は濃いピンクだったアキレア(ノコギリソウ)ですが、徐々に色が抜けて、今はほぼ白くなりました。

       

                  ↑ダリアのミッドナイト・ムーン。ベロニカの間より。
コメント

Lucy in the garden

2010年08月22日 | Weblog
 昨日と今日は、庭の写真を撮る事ができなかったので、ここ2週間で写したルーシーの写真をアップします。

       

                    ↑2週間前、ウバユリが咲いていた頃。

       

                          ↑ヤマアジサイの前で。

                

                       ↑満開になったアナベルをバックに。

       

                          ↑フロント・ガーデンにて。

       

               ↑建物沿いに生えているのが、自生のヤナギランです。

       

      ↑番外編-1-。5年前の8月、ルーシーが我が家にやってきて、初めて庭を歩いた時の1枚。

       

↑番外編-2-。千葉生まれのルーシーは、7匹兄弟の末っ子。この時から見比べると、ずいぶん、たくましくなったものです。
コメント

A view from the window

2010年08月20日 | Weblog
 日中は真夏の暑さが続いていますが、陽が落ちると一気に空気は冷たくなります。そして、夜になると、庭からは、様々な虫の音が聞こえてきます。夏から秋へ、季節の変わり目が近づきつつあります。

       

         ↑客室の窓から見える庭の風景。一番手前に、自生のヤナギランが咲いています。

       

      ↑フロント・ガーデンに面したゲスト・ルーム。一番上の写真は、右の四角い窓から撮りました。

       

                  ↑バックヤード・ガーデンに自生しているヤマハハコ。

                

↑春先、ネズミやモグラの被害を免れ、1株だけ生き残ったカサブランカが、1番目の花を咲かせました(^^)

       

               ↑バックヤード・ガーデンにある、ボーダーガーデンの一角。

       

                ↑鮮やかなピンクのフロックスが、咲き揃ってきました。

       

                ↑夕暮れの乾いた日差しが、アナベルに降り注ぎます。
コメント (1)

芝生の手入れ

2010年08月19日 | Weblog
 重い腰を上げて、お昼すぎから庭に出て、16日ぶりに芝を刈りました。8月に入ると、芝生はそんなに伸びませんが、刈った後は刈り高が揃うので、やっぱりきれいですね(^^)

 

        ↑芝生を刈る前の様子。              ↑刈った後は落ち葉もなくなって、さっぱりです。

       

            ↑愛用のホンダ製、エンジン芝刈り機。自走式で、収草もしてくれます。

 

            ↑今日の主役は芝生。写真も、芝生にピントを合わせて撮りました。

 

↑よく、「芝生は手入れが大変でしょう?」と言われますが、いったん、芝生にしてしまえば、あとは刈るだけで、特別な手入れは必要ありません。それに何より、芝生は見た目がきれいですし、足もとも汚れないのがいいですね。

 

           ↑こうして、改めて写真で見てみると、庭で芝生が占める面積は結構広いです。
コメント