平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

曲げられない女 最終話 自分を生きる

2010年03月18日 | 恋愛ドラマ
 何と言っても菅野美穂さんの演技に尽きる。
 あのテンション、大きく目を見開き、顔中からほとばしる汗。声が裏返る。
 今回は長ぜりふ。
 以前、ドラマ「チェンジ」で木村拓哉さん演じる総理が15分のせりふをしゃべったが、あれなどより数倍いい。
 本音があり、魂がある。内容がある。

 自分を貫き通すことって大変だ。
 世間の目があり、周囲の無理解があり、孤独で不安だ。
 だから世間の常識に合わせたり、他人の甘い言葉に惑わされたりする。
 「10年も司法試験受けてるの? 向いてないのよ」「もういい歳なんだから」「エリート弁護士と結婚すればバラ色の生活を送れるのに」「このままひとりで暮らすの?老後はどうするの」「妥協するのも人生よ」「才能ないのよ」「お母さんに孫の顔見せてあげたら」
 これらの言葉に惑わされて、人はいつのまにかウソの人生を歩むことになる。
 そして、どこか違うと思いながら、心の隙間をつまらないことで埋めようとする。

 それはかつての璃子(永作博美)や光輝(谷原章介)がそうだった。
 幸せな家庭、エリート官僚。
 この他人からはよく見える生活の中で、空虚を感じている。
 空虚を他人に覚られないためにウソを演じて、ウソを積み重ねていく。
 そして早紀(菅野美穂)のような存在を自分と同じレベルに落とそうとする。
 「ほらね、みんな、そうだから、あたしもこれでいいのよ」と自分に言い聞かせるために。

 だが、早紀は違った。
 世間の常識や甘い言葉に曲がらない。
 だから逆に璃子や光輝は影響を受けて、自分のウソの生活を見つめ、自分を取り戻した。
 正登(塚本高史)も最後にはそうなった。

 <自分であること>ってとても難しい。
 先程のような周囲の目もあるし、何より<自分とは何か?><自分は何をやりたいのか?>ということを見出せないこともある。
 <自分探し>の途中にある人は大いに迷って自分を見つけていけばいいが、少なくとも<自分のやりたいこと>を見つけた人は、早紀のように自分を曲げずに生きればいい。
 その生き方は、早紀がそうであったように、困難が伴うが、少なくともウソの空虚な生活を送るよりはいい。
 そして本当の自分の生活を送っていれば、璃子や光輝のような本当の友達が出来るのだ。
 ウソの生活を送っている者には、璃子の家族がそうであったように、ウソの関係しか出来ない。
 本当の自分を生きている者を応援してくれる人、それが真の友達なのだ。

 早紀の生き方を見て、われわれは何を考えるか?
 「こんなことウソ。早紀がラスト幸せになったのはドラマだからで、現実には真の友達なんか現れないし、惨めなひとりの生活が待っているだけだ」と考えるかもしれない。
 「いや、早紀のような自分を貫き通す生き方が現在大切だ」と考えるかもしれない。
 そのことをこの作品は問うている。

 久々に骨太のしっかりした主張を持ったドラマを見た。

※追記
 第一話のレビューで僕は、早紀は<自分本位で他人を思いやる気持ちがない>みたいなことを書いたが、訂正します。
 今回の早紀のせりふにもあったが、早紀は何よりも他人の幸せを考えていた。ウソの生活を送る者には「それは違う」と言ってきた。
 これが根本にあるのとないのとでは大きく違う。
 これがないと、ただの<自分本位><自分勝手>になってしまう。

※追記
 最終回の視聴率は18.8%だったそうだ。
 しっかりしたドラマを作っていれば数字は獲れるんですね。



コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 名探偵コナン 紺碧の棺(ジ... | トップ | 鳩山邦夫 ザ・トリックスター »

コメントを投稿

恋愛ドラマ」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

【曲げられない女】最終回感想と視聴率 (ショコラの日記帳)
最終回の視聴率は、前回の16.4%より大きく上がって、18.6%でした♪勿論、このドラマの最高視聴率です♪特に、後半3話の盛り上がりは、すごかったです。第7話の13.6%から、15.9%、16.4%、そして18.6%と、どんどん上がりました♪全10話の平均視聴率は、14.55%でした....
曲げられない女 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
大きなお腹を抱えながら10回目の司法試験に挑む“曲げられない女”=早紀(菅野美穂)。だが最後の試験日、早紀のお腹が痛み始める。 早紀は必死で会場に向かうが、痛みはどんどん激しくなっていく――堪らず早紀は、お腹の子にむかって 「これ以上邪魔をするなら、子...
曲げられない女 第10話(最終回) 曲げられない (レベル999のマニアな講義)
『女の革命遂に完結!10年日記に刻まれた最後の言葉』内容ついに、司法試験の最終日を迎えた早紀(菅野美穂)が、、その会場で、突然腹痛に襲われてしまう。一方、璃子(永作博美)は、元義母・富貴恵(高林由紀子)のことで元夫・善隆(山口馬木也)から、、、、、そし...
曲げられない女 (Akira's VOICE)
最終回の感想 
木村拓哉 映画 新ドラマ (木村拓哉 最新情報)
木村拓哉関連・最新記事!! メーカー名ビクターエンタテインメント(株)タイトル空から降る一億の星(3)アーティスト明石家さんま/木村拓哉品名/規格番号DVDVIBF 128 (00000472795)ディスク枚数1枚発売日02/09/27コメントプロデューサー:高井一郎/鈴木吉弘 演出:中...
菅野美穂さん主演ドラマ「曲げられない女」最終回 女の人生には... (今日も何かあたらしいこと)
菅野美穂さん主演の「曲げられない女」も最終回、地味な作品だけど味わい深いというのか。10年も司法試験を受け続けて、どたん場で産気づき、それでもなんとか受験できたのに。子供は無事に生まれたけれど、試験には落ちてしまうというシビアさに、一緒に泣きました。し...
曲げられない女 (最終回) (yanajunのイラスト・まんが道)
日本テレビ系列で毎週水曜よる10時から放送されていた連続ドラマ『曲げられない女』は、昨日、最終回(第10話)を迎えました。 ●あらすじと感想
曲げられない女☆最終回 (せるふぉん☆こだわりの日記 )
口述試験を前に産気付いてしまった早紀。何とか痛みがおさまり試験を受けるものの、す
『曲げられない女』 最終回 (美容師は見た…)
最後の最後まで、スキのない魅せ方で見事にヤラレちゃいました。3ヶ所ほど泣いたでしょうか~(・・、)早紀は無事に出産したんですが、感心したのが…赤ちゃんですよ。何て良い子なの!何て良い演技をするの!(笑)『白い春』で、エンケンさんが抱いた赤ちゃんがタイミング...
《曲げられない女》#最終話 (まぁ、お茶でも)
<あとは私が司法試験に受かり 無事に子供を産むだけ。 そう思ったのに、試験場に向かうと、 突然陣痛が起きた> 早紀は、お腹の赤ちゃんと話した。 お願いだから、もうちょっと待って。
曲げられないドラマ (笑う学生の生活)
ドラマ「曲げられない女」を見ました。 日テレにて 再放送で夕方にやってました コメディとヒューマンドラマ このバランスが良くて 日本ドラマらしい人物キャラも立っていて 楽しく見れました 何と言っても 菅野美穂の魅力 曲げられない、真面目キャラが可笑しい ま....