平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おやじの背中 「ドブコ」~斬られたら、地面に倒れて空を見上げよう

2014年08月12日 | ホームドラマ
 木皿泉さんの脚本。

 テーマは<斬られること>。
 この<斬られること>を言い換えれば<失うこと>でしょうか?
 人は何かを失って生きている。

 たとえば、三冬(堀北真希)と勝(溝端淳平)の友人関係。
 三冬は、勝から「フィアンセが嫌がるから友人関係をやめよう」と言われる。

 あるいは、三冬と正(遠藤憲一)の父娘関係。
 いっしょにお風呂に入ることもそうだが、父親にとっては<娘の結婚>という最大の喪失がやって来る。
 娘にとっては、いずれ父親が亡くなるという喪失がやって来る。
 人は生きている以上、これらのことを引き受けなくてはならない。

 あまり向き合いたくない現実だが、人は何かを失って生きている。失うことが人生だ。

 では、失ってしまった時はどうするか?
 勝はバッサリ斬られて、地面に倒れ、青い空を見るという。
 青い空を見ることで、心の傷はすこし癒される。

 木皿泉作品は空を見上げることが多い。
「野ブタ」ではラスト、信子は空を見上げて笑った。
「Q10」では生徒たちが空を見上げて「助けて」と叫んだ。

 うつむきがちで地面ばかり見ていると思った時は、空を見上げよう。


コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 軍師官兵衛 第32回「さらば... | トップ | キャスター・赤江珠緒さんの... »

コメントを投稿

ホームドラマ」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

おやじの背中「ドブコ・父さんは悪役スター」 (のほほん便り)
世間的、評価は、分かれそうですが、個人的には萌え要素テンコ盛りな、愛すべき嬉しい作品でした。堀北真希、制服系(白衣を含む)似合いますよね~っ。彼女が府警さん、ってだけで、大ウケ。しかも、お父さんのエンケンさん(遠藤憲一)が、情にもろい、不器用な悪役スター...
おやじの背中(5) (Akira's VOICE)
第五話「ドブコ」 
おやじの背中 (第5話・8/10) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBSテレビ系『おやじの背中』(公式) 第5話『ドブコ』(脚本:木皿泉氏 / 演出:北川雅一氏)の感想。 三冬(堀北真希)の父親・正(遠藤憲一)は、悪役専門の役者。正の当たり役「ドブネズミ」にちなんで、小学生時代に三冬についたあだ名は「ドブコ」だった...
おやじの背中 第5話 (ぷち丸くんの日常日記)
丸井三冬(堀北真希)は、悪役専門の役者・正(遠藤憲一)を父に持つ警察官で、交通違反のキップを切る時はとても潔いです。 一緒に警察官をやっている幼馴染の佐々木勝(溝端淳平)は、その様子にいつも感心するのでした。 いつものように三冬は勝とお昼を食べなが...
おやじの背中 第5話:ドブコ・父さんは悪役スター/木皿泉 (あるがまま・・・)
泣き過ぎっ!(*?∇?)ウフフフフ お芝居なのに、あんなに泣いちゃって・・・ ドブコの結婚式の際にはもう号泣も号泣!立っていられないほどの状況になりそう 悪役専門の俳優で、任侠映画でのドブネズミと呼ばれる役が当たり役だった父のせいで 小学校時代にドブコという...
おやじの背中 第五話 (レベル999のgoo部屋)
『ドブコ』 「ドブコ・父さんは悪役スター」 内容 その日も、警察官の丸井三冬(堀北真希)は、同僚の佐々木勝(溝端淳平)と トラックを追いかけていた。。。 強面の運転手(赤星昇一郎)であっても、毅然と振る舞う三冬 あいかわらずの三冬に勝は、“ドブコは凄い”。...
日曜劇場【 おやじの背中 】第5話 『ドブコ』 感想 木皿泉×堀北真希×遠藤憲一 の回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
何でかな。 何で私がいいって思うことは、ずっとずっと続かないのかな。 そりゃお前、生きてるからだよ。 ずーっと子供のままじゃいれないし、人はいずれ死ぬようにできてる。 変わってくんだよ。俺もお前も。 勝も勝と結婚する奴も。 ここに住んでる奴みんなそ...