「ボブ吉」デビューへの道。

goo ブログ キャラクターテンプレートでもお馴染み「ボブ吉」。
メジャーデビュー目指して、作者の奮闘日記!

似顔絵年賀状。

2016-01-01 17:09:37 | 有名人似顔絵(未整理)


新年明けましておめでとうございます。
昨年はほとんど新しい似顔絵が描けませんでしたが、今年は頑張って描きます。
よろしくお願いします!
昨夜の紅白歌合戦、僕ら世代にはマッチ(近藤真彦)松田聖子がトリを務めるなんて、
たまらない展開でした。
で、考えてみれば、郷ひろみで始まり、松田聖子で終わるということだったんですよね。
これはやっぱり狙ったのでしょうか(笑)
さてわがみりん(市川美織)ですが、NMB48の「365日の紙飛行機」では、
ちゃんとたくさん映ってたんですが、オープニングにもちゃんといたそうです。
E-girlsさんの後ろにいたそうですが、録画で見てみると、E-girlsさんがまず特定出来なかった(汗)
おそらく右最上段あたりだと思われます。
その他では「花は咲く」、エンディングでも最上段右で唄ってました。
これは録画で見ても、表情もよくわかりました。
いやー「蛍の光」や第九を唄ってる時、ステージから見る風景って、
どんなんでしょうね?そして何を思うんだろう・・
そんなことを考えながら、また今年もNMB48を紅白の舞台で見たいと
強く思いました。
そしてNMB48の衣装早着替えは、こんな仕組みになっています。
https://twitter.com/Shu__1202/status/682783270732345344
薮下柊ちゃんのツイッターより。AKB48も早着替えありましたが、
出演決まって演出決まって、何十人分もこういう衣装作るんだから、
ホント衣装さん凄い!

マエケン“本命”ドジャースと契約合意、「最大8年契約」と公式サイトで
マエケン、ドジャースとの契約に至ったようですね!
とりあえず安心しました。
マエケンがブルーのユニフォームって、ちょっと想像つきませんが、
正式会見が今から楽しみ!
活躍して欲しい!活躍して、カープと互いに刺激し合ってくれたら最高。
黒田投手のように帰って来て欲しいとは言いません。
ただオフはどこでトレーニングするのか気になる。
どうぞマツダスタジアムで(笑)

にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったらちょこんと、クリックしてみてください。
コメント

似顔絵の年賀状(ご挨拶)。

2013-12-31 11:58:55 | 有名人似顔絵(未整理)


少しの間、ネット環境のない実家に帰省しますので、
ひと足お先に年始のご挨拶(笑)
毎年その年に描いた似顔絵を集めて、年賀状を作るんですが
今年はあまり描いてないなーと、作るのに苦労しました(汗)
※実際に郵送している年賀状とは、若干違います。
年の瀬に来て反省ばかりでした。
来年はカープ選手ももっと描こう。
AKB48の似顔絵も、もっと精度をあげていこう。
「今年の顔」という方を描けなかったので、来年は活躍された方を、どんどん描いていこう。
面白いと思ってもらえるよう、知恵をしぼっていきたいと思います。
来年もよろしくお願いします。
紅白歌合戦は、やっぱりみおりん(市川美織)のいるNMB48が楽しみです。
なんでも、細川たかしさんのバックでも踊るそうじゃないですか!?
ネット配信のニュースでそのリハーサルの写真も見ましたが、
3曲目がNMBで、4曲目が細川さんなので、そのまま出番が
続くってことなんですね。
「浪花節だよ人生は」ってことで、面白い演出も期待したいです!

そして今年ラストの、広島レモンを使った商品の紹介。
いつも行くスーパーで、今回見つけたのは、ボストンの「瀬戸内チーズケーキ」。

瀬戸内のレモンと、因島のハッサクを使ったチーズケーキだそうです(525円)。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、やっぱり黄色が強めです。
普段ケーキなんて食べないので、比較は出来ませんが、
ほんのりとした酸味が効いてて美味しい。朝食で一気食べしました(笑)
そしてケーキと一緒に写ってるのは、ファション雑誌『EYESCREAM』。

みおりん(市川美織)登場しています!
見開きで2ページ、しかもみおりんも含めて3人のモデルさんが登場してるので
みおりんがたっぷりと堪能できるわけではないんですが、こんなお洒落な雑誌でも、
存在感抜群のみおりんを、見逃す手はありません。
たくさんの人に見つかって欲しいなぁと思います。

にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったらちょこんと、クリックしてみてください。
コメント (3)

草なぎ剛クンの似顔絵。「僕の歩く道」第1話

2006-10-12 14:46:46 | 有名人似顔絵(未整理)


「自閉症」というもの、全く勘違いしていました。
いわゆる「心の病」かと思ってたんですが、生まれつき脳の機能に
何らかの障害を持つ、発達障害のひとつということなんですね。
症状は人それぞれなんでしょうが、人や物と変わった関わり方をしたり、
人とのコミュニケーションがうまくとれなかったり、興味や関心が
偏っており、同じことを繰り返したがる、等々が特徴のようです。
でも、こうして症状を読むと、何か程度の差こそあれ、
自分にも、あてはまってるんじゃないかと思ったりします。

ドラマとしては、まだ初回だからというのもあるでしょうが、
感想を書くのが非常に難しいですね。
輝明(草なぎ剛)の周囲の人たちと同じように、輝明を見て
「自閉症」に対しての理解を深め、思うことを素直に書いていくのがよさそう。
回を追うごとに、何か変化がありそうな気がしています。
「赤(信号)は渡っちゃいけません」というシーンがありましたが、
実は僕、信号は守ります(笑)
夕方ジョギングしてるんですが、赤信号で止まってる時、あれと同じ光景を
よく見ますわ。同じように赤信号で止まる人がいると嬉しくなったり(笑)
ジョギングしてる時は、変な事を深く考えてしまうクセがあるんですが、
「赤信号で止まるのが普通なのか?止まらないのが普通なのか?
車が絶対に来てない状況なら、渡るのが普通なんじゃ?」とか。
答が出ないので、止まってますが(笑)
そうそう、あのシーンに登場したロードレーサー、
公式サイトを見て気付いたんですが、浅野和之さんなんですね。
「謎のロードレーサー 亀田達彦」という役らしい。
コメント (15)   トラックバック (19)

もたいまさこさんのGIFアニメ。「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」生徒役全員調べてみました。

2006-09-29 05:00:03 | 有名人似顔絵(未整理)


「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」も、最終回から2週間が経ちますね。
何度かブログで、生徒役の俳優さんの記事を書いたんですが、
この際、全員調べてみました。

●篠原 孝文(青木 護役)
「ウォーターボーイズ2」映画「夜のピクニック」にも出演。

●佐藤貴広(伊吹 和馬役)
「星野クンはなぁ・・」で、お馴染みの子です。
「3年B組金八先生」第6(上戸彩)シリーズ出演。

●新垣結衣(梅村 ひかり役)
小中学生向けファッション誌「ニコラ」のモデルオーディション優勝。
ニコモ(ニコラのモデルの意)出身の有名人は他に、栗山千明、蒼井優、
沢尻エリカがいるらしい。

●佐藤千亜妃(奥本 雪乃役)
奥本さん可愛いって声は、よく見かけたんですが、
調べてみると、ホリプロ所属で、
第29回ホリプロタレントスカウトキャラバン グランプリ受賞。
・・にしては、ちょっと地味めな気も?

●垣内彩未(小澤 香織役)
ちょっと手越君似の女の子(笑)
衝撃的な事実としては、マイボスの公式サイトの名前間違ってます(笑)
「末」じゃなくて「未」が正解。
ご本人のブログ(サンミュージック所属)
http://ayamikakiuchi.cocolog-nifty.com/blog/
(社)日本ウォーキング協会の公式イメージソング
「明日へ歩こう~walking for tomorrow」で
2005年にCD発売。

●相馬有紀実(早乙女 唯)
小柄で瞳の小さな女の子。
最終回で、皮ジャン・メット姿に変身した子ですね。
青森県出身ということくらいしか検索ヒットせず。

●長瀬智也(榊 真喜男役)
「ふぞろいの林檎たち」の地方出身の青年役、好きだったなぁ。

●手越祐也(桜小路 順役)
早稲田大学人間科学部人間情報科学科(通信課程)に在学中。

●広田雅裕(諏訪部 祐樹役)通称・キモロン毛。
映画「空中庭園」でデビュー。女優・広田レオナさんの長男。

●田中泰宏(瀬川 保役)
坊主頭でガッチリ体型の彼。
マセキ芸能所属の「青春ダーツ 」というお笑いコンビの
ひとりだったんですね。

●伊藤公俊(宝田 輝久役)
めぼしい情報、検索ヒットせず。

●入山法子(田中 ルミ役)
CM「ダイハツ・タントカスタム」で、速水もこみちクンと
共演してるあの子。
↓ダイハツのCMサイト
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/cm/tanto_custom/top_05.htm

●仲 里依紗(千葉 茜役)
CM・山崎製パン バターロールなにはさもう篇(2006年)出演。
アミューズ所属。おじいさんが、スウェーデン人。

●渋谷桃子(坪井 未央役)
「ごくせん2」「花より男子」出演。DVD「Sweet」発売(2002年)。

●ホラン千秋(天堂 由加里役)
魔法戦隊マジレンジャーでは、悪役を演じてたそうですね。
トレカも発売されてて、ちょっとビックリ。

●伊藤未希(仁科 寛子役)
映画「たそがれ清兵衛」出演。

●村川絵梨(萩原 早紀役)
アミューズ所属。「BOYSTYLE」メンバー。

●西野成人(早坂 雅人役)
プロダクション尾木所属。
2005年 第18回JUNONスーパーボーイコンテスト
審査員特別賞受賞。

●武田航平(平塚 隆介役)
オフィシャルホームページ
http://www.nic-p.com/kouhei/

●チェン・チュー(フェイリン役)
ホリプロ所属。
「志村けんのだいじょうぶだぁII」に出演とある。
あ、「肥後ちゃんラーメン」の店員役で出てる子だ!

●若葉竜也(星野 陸生役)通称・星野クン
僕は知らなかったんですが、もう昔から有名人だったんですね。
プロフィールを調べると、
「1993年 兄・紫、市之丞と共に『チビ玉三兄弟』を名乗る。(当時4才) 」
とあるので、いわゆる旅一座の役者さん。
若葉竜也公式サイト http://www.ryuya.net/

●足立理(牧 信一役)
ご本人のブログ
http://www.watanabepro.co.jp/blog_artist/adachiosamu/

●澁谷麻美(三田 真琴役)
砂岡事務所所属。

●野上沙織(三ノ輪 有紀役)
『野上沙織・西崎彩・関根由佳梨の3人からなる「うるる」という
グループで、CDを発売したことがあるみたい。』
↑この情報は間違いでした。同姓同名の人で、年齢が違いました。
再度、検索してみましたが、めぼしい情報得られず。

●森 廉(安原 正役)
クラスで一番の秀才の男の子。どこかで見た顔だとは思ってたんですが、
1997年「踊る大捜査線」(万引き少年役)とありました。
ん?こんな子いたっけ?と思いましたが、
1話の、ゲーセンでゲーム機壊して、青島に「子ども扱いするな。」と
言った子です(驚)こ、こんなに大きくなってたなんて(汗)
「お金がない」でも織田裕二さんの末弟役だったようです。

●松永かなみ(結城 明美役)
オフィスメイ所属。ドラマ初出演。

●本間春男(吉村 博信役)
立花演劇研究所所属。何と実年齢14才。

●香椎由宇(南 百合子役)
百万人に1人という、高い左右対称性を持つ顔だと
言われてるそうです。
だから「鉄仮面」というあだ名が、ピッタリだったわけか(笑)
調べてみると、アメリカ人の祖父を持つクォーターで、
12歳までシンガポールで育つ帰国子女。
JRに「香椎」と「由宇」という駅があり、
「香椎発由宇行き切符」も買おうと思えば買うことができる、
とありました。
僕は大学が福岡だったんですが、香椎のすぐ近くでした。
そして由宇は、カープの2軍が本拠地としてる、
山口県の由宇ですね。

今回調べてて面白かったのは、生徒役として見てると
地味だなという印象の人も、タレント名鑑の写真を見ると
やはりタレントだなと思わせる、容姿をしてるということ。
特に男性陣は、二枚目が多かった。
コメント (9)   トラックバック (16)

谷垣禎一財務相の似顔絵。自民党総裁選事実上スタート。

2006-08-03 03:39:02 | 有名人似顔絵(未整理)


谷垣禎一財務相が、総裁選出馬表明しましたね。
8月末に表明予定の安倍官房長官、8月20日頃表明予定の
麻生外相と合わせ、この中から小泉首相の後継者が
選ばれるわけですね。
なんとなく、次は安倍さんなんだろうなぁとは思ってたんですが
小泉首相の個性が強かった事もあり、首相が代わるって事が
いまだにピンと来ません。
谷垣さんの政権構想の柱としては、
○アジア首脳外交の復活
○地域の活力を取り戻す取り組み
○できるだけ早い時期に消費税10%以上
が上げられてますが、難しい話はわからないので(汗)
とにかく「消費税10%以上」が気になるところ。
ただ谷垣さんじゃなくても、いずれこのくらいには
引き上げられるんでしょうね。
「消費税廃止」が叫ばれてた頃が懐かしい。
コメント (4)

市村正親さんの似顔絵。「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」第1~3話

2006-07-26 04:06:16 | 有名人似顔絵(未整理)


面白い、面白すぎる。村上絵梨が出る事すらを知らなかった
くらい油断(正直、見てても気付かなかった)してたけど、
長瀬クンの謝りたいほど、面白い(笑)
●自分の名前、「榊」が書けて、何故「喜」が書けない(笑)
●ヤクザの若頭と、ぼくとつな高校生の切り替えの妙。
 田中聖クンとの掛け合いも絶妙。
●榊真喜男(長瀬智也)のにらみ顔(この怖さは異常・笑)
●桜小路を常に「桜なんとか」と呼ぶ(憶える気がない)
●女鉄仮面・南百合子(香椎由宇) この顔だけで、笑ってしまう。
●とっちゃんボーヤ先生・・などなど
ツボにハマるところが多すぎて、困ってしまう。

2話のバスケットの試合で、真喜男(長瀬智也)の短パンが
ずり落ちそうになるシーンがあったじゃないですか?
もう、くだらなくて、声あげて笑ってしまいましたよ。
このドラマは、バカらしさとか、くだらなさとか
突き抜けてますよね。そこが素晴らしい。
単純にそのシーンが可笑しいのと、長瀬智也がここまで
やるのか!という、二重の意味で、笑ってしまいませんか?
「結婚できない男」もそうですが、ヒットするドラマって
単純に、主役の行動・セリフが気になってしようがない。
今さら言うのも何ですが、主役のキャラクターが
際立ってこそ、ヒットドラマが生まれるんですね。
それから「私に言わせりゃ、青春なんて恥さらしよ。
恥ずかしい事ばかり・・」や「分母の話」など、
聞き逃せないセリフも効いてるんですよね。
コメント (8)   トラックバック (8)

佐藤浩市さんの似顔絵。「サプリ」第3話「タイヨウのうた」第2話

2006-07-25 04:19:06 | 有名人似顔絵(未整理)


◎「サプリ」第3話
今期のドラマで繰り返し見たくなるものがなくて、
「電車男」を1話から見直してるんですが、伊東美咲、綺麗、可愛い。
独特のセリフの間も、味わいさえ感じる(笑)
それを見てたせいか、3話の藤井ミナミ(伊東美咲)には、
エルメスっぽさをビシビシ感じました。
いやこの場合、褒め言葉ではないんですが(笑)

さて今回3話は、初回2話よりもまとまりを感じました。
それも今岡響太郎(佐藤浩市)、紺野なつき(志田未来)の
親子シーンのおかげですかね。
まあ前回の今岡(佐藤浩市)の、娘への冷たい態度が、
いきなり氷解するのも変ですが、一番ドラマらしい
場面ではなかったでしょうか。
その他の恋愛部分は、想像できてしまってつまらない。
藤井ミナミ(伊東美咲)と石田勇也(亀梨和也)の関係は、
最後まで、近くなりそでならないような・・そんなギリギリ感を
感じさせて欲しい。

◎「タイヨウのうた」第2話
海の家のバイト→ベッキーに振り回される→30000ウォンオチ→
ホストのバイト→伝説の女神さま登場!→札束バサッって
これは、真夏の青春ドタバタコメディじゃないですかー(笑)
雨音薫側の深刻さとは、ちょっとトーンが違うので戸惑いました。
いっそ映画原作を離れて、真夏の青春群像劇にしたら
すっきり楽しめたかも?と思ってみたり・・(笑)

で結局のところ、橘麻美(松下奈緒)の歌も、薫(沢尻エリカ)の歌も
孝治(山田孝之)を想って作った曲なんでしょうね。
それも1本のギターを起点として。
何らかの事情(事件?)があり、麻美と孝治は離れることに。
そしてその孝治の姿を、小さな窓からそっと見守り続けてた薫・・
その薫の歌が、孝治再生のカギに・・そんな展開なんでしょうか。
想像ばかりで何ですが、構成自体はよく出来てるように思います。
脚本家さんに、うまくエピソードをからめていって、
感動的なものにして欲しいなと思います。
ただ、音楽界のドロドロ部分は侵食してきそうですね(汗)

コメント (5)   トラックバック (12)

榮倉奈々さんの似顔絵。「ダンドリ。~Dance Drill~」第2話「結婚できない男」第3話

2006-07-19 22:49:36 | 有名人似顔絵(未整理)


◎「ダンドリ。~Dance Drill~」第2話
そうですか、視聴率もひと桁になってしまいましたか。
この後の「結婚できない男」が、非常によく出来てるので
「ダンドリ。」は、どうしてもアラが目立ってしまいます。
基本的に青春ものは大好きなので、このドラマから
脱落することはありませんが、感想を書こうとすると
文句が先に立ってしまいます。
原作も実話で、ニュース映像くらいでしか知りませんが
素晴らしいものだと想像しています。
このドラマも、最終的には、始めた時には想像できない
くらいのステージに立つことになるんでしょう。
ならば、自然ににその流れに乗せていって欲しい。
書けば色々あるけど、まず高校2年生で年齢偽って
キャバクラでバイトってどうなんですかね。3話では
それが問題になるようですが、1~2話では、そこは
スルー。ドラマは1話1話で盛り上がりも必要ですし、
キャラクターを際立たせるのも重要でしょう。
でも、何か別の表現があったんじゃないかと悔まれます。
・・と、細かい事を言えば、キリがないので
ここでやめておきますが、これも期待が大きかった裏返し。
ええ、1話も2話も泣きましたとも(笑)
これから驚くような好転をして欲しいと、願ってやみません。

余談ですが、浜田教子役の、悠城早矢さんは、
ホントに空手黒帯なんですね。

◎「結婚できない男」第3話
相変わらず面白いです。独身男にはたまりません(笑)
第2話のエピソードで恐縮ですが、
母親から「今すぐ、○チャンネルつけてみなさい。」と
電話がかかってきた経験あります(汗)
僕の場合、その番組が、田舎の青年達の集団お見合いの
番組だったので、もっと直接的だったわけですが(笑)
第3話でも、「時々不思議なもん買うんですよね、あの人。」
という、英治(塚本高史)のセリフがありましたが、
僕もここに書けないくらいの、不思議なものを
買った憶えがあります(汗)
さすがに人生ゲームはやりませんが、「桃太郎電鉄」を
正月に、1人でやったりします(笑)
田村みちる(国仲涼子)のセリフでも、
「ちょっとは人に、関心あるんですね。」というのが
ありましたが、桑野信介(阿部寛)のような男は、
多分人にはめちゃくちゃ関心あると思います。
1人の時間、興味ある人間について、分析したり
してるはず。それが「謎が解けた。」のセリフに
つながってるように思います。
ストーリーに大きな起伏はないものの、人間模様の
可笑しさで、魅せてくれるドラマですね。
今回、みちるの、管理費・修繕積み立て費の問題も、
「なんじゃそりゃ?」っていう結末でしたが、
このドラマだと、「そういうオチもありだな。」と
思えてしまうから不思議。
コメント (9)   トラックバック (17)

田村正和さんの似顔絵。「誰よりもママを愛す」第3話「タイヨウのうた」第1話「サプリ」第2話

2006-07-18 02:02:50 | 有名人似顔絵(未整理)


◎誰よりもママを愛す 第3話
「女王の教室」の遊川和彦さん脚本。専業主夫役の田村正和さん主演。
専業主夫が題材ということですが、奥様役の伊藤蘭さんと田村正和さんを
入れ替えて考えれば、普通のホームコメディといった感じでしょうか。
正体不明の謎の女性、津波こずえ(小林聡美)、
おにいちゃんに恋する(?)オカマ君・ピンコ(阿部サダヲ)。
面白いとは思うんですが、専業主夫という、あまり身近にない設定の上に、
さらに特異なキャラクターってのも、ちょっと面喰らう感じはありますね。
それが本筋を、引き立てていくのならいいんですが。

無駄知識なんですが、薫の担任・佐藤先生役の女優さん、
本名かもしれないけど、桜田聖子という。
個性があるのかないのかわからない、凄い名前だ(笑)

◎タイヨウのうた 第1話
脚本は、「輪舞曲」「逃亡者」「ケータイ刑事」の渡邉睦月さん。
期待していたドラマの1つです。
どうしても映画版と比べてしまいがちですが、
映画は、物語の起伏はそんなになく、「泣き押し」の映画でもなく、
どっちかっていうと、「笑ったシーン」の方をよく憶えてます。
ドラマ化となると、大幅にエピソードを加えて、別物になってしまう
だろうと予想はしてましたが、見事までに
別物になっていきそうです(笑)
いや、もちろんそれはそれでいいんですが、映画版の
雨音薫(YUI)があまりにプレーンな印象だったので、
ドラマ版の雨音薫(沢尻エリカ)が、掴み切れなかった。
エピソード的にも、そんなに浮き彫りになってなかったような?
まあ演じる側も探り探りでやってるでしょうから、
それはこれから馴染んでくることでしょう。

オープニングの映像は好印象。
昼間の世界を歩く雨音薫(沢尻エリカ)。
みんなの表情もいいし、いいアイデアだなぁ。

◎サプリ 第2話
原作者が、大手広告代理店に勤めていらっしゃったということで、
一般的な職業ものドラマよりも、生々しさを感じます。
ただ、能書きが多くないですか?それがテンポをわるくしてて、
変な堅苦しさみたいなものも感じます。
佐藤浩市、亀梨和也、志田未来のシーン、瑛太VS亀梨和也など、
面白い場面はあるんですが、他にもあまりに色々な要素が詰まってて
何か中途半端になってるようで勿体ない。

初回に、伊藤さやか(佐藤浩市さんの元奥様役)が出演してたのは
驚きました。
とっさに「今の伊藤さやかか?天使と悪魔 ナンパ編か?」と気付く、
無駄な記憶力も悲しい(笑)
復帰したんでしょうか?ずっと活動されてたんでしょうか。

と、偉そうな事を書いてますが、
今回は、そんなに偉そうにできる似顔絵でもない(汗)
コメント (10)   トラックバック (17)

古田新太さんの似顔絵。「下北サンデーズ」スタート!

2006-07-15 00:59:53 | 有名人似顔絵(未整理)


いやぁ、里中ゆいか(上戸彩)のシャワーシーンイメージ映像、
普通に興奮してしまいました(笑)
それから、里中ゆいか(上戸彩)の体操服姿、
かなり新鮮でした(笑)
「アテンションプリーズ」では、上戸彩を、可愛いなんて一度も
感じませんでしたが、初めてみた演劇に興奮し、自室で
主役の伊達千恵美(佐田真由美)を真似して、カルメンを
踊るシーンは、ヒジョーに可愛かった。
ボソボソと、リズムをとるのが可笑しくて。
「アテンションプリーズ」のようなドラマは、アイドル女優として
必要なものなんでしょうが、「下北サンデーズ」のような
チームワークを重視した(とでも表現すればいいのか)ドラマは、
またファン層や、芸の幅を拡げていくんでしょうね。
夏場の2クール連続のドラマ出演は、かなり大変でしょうが、
恵まれてることです。

僕自身もかなり影響されやすい人間なので、初めて観た演劇に
興奮してしまった里中ゆいか(上戸彩)の気持ちは、
凄くよくわかります。
ただひとつ書かせてもらうならば、里中ゆいか(上戸彩)が
感化された、劇中劇の「鏡の中のカルメン~響け!電気釜~」が、
どんなに凄い(あるいは凄くないのか?)演劇なのか、
それが今後伝わってくれば面白いかなと思います。
それとも、劇団に里中加入後は、また違う演目に変わっていくのかな。
堤幸彦さん演出ということで、小ネタも気になるところですが
それに振り回されていては、落ち着いて楽しめませんから、
小ネタはもう、わかるものだけでいいやって感じで
見ていくことにします。
付け加えて、「パッチギ」「アンフェア」に続き、松永京子さんの
エロオーラがたまらない。残念なのは、坂上とし恵に似てる
という点だけだ(笑)

古田新太さんの似顔絵は、「ギャルサー」最終回の時も描きましたが
あまりに図形的になってしまってたので、
再チャレンジしてみました。
コメント (12)   トラックバック (27)