「ボブ吉」デビューへの道。

goo ブログ キャラクターテンプレートでもお馴染み「ボブ吉」。
メジャーデビュー目指して、作者の奮闘日記!

キム・ヨナ(金妍兒)選手の似顔絵。

2010-02-26 20:21:28 | 有名人似顔絵【か行】


時計は午後2時をまわっていた。部屋に入ってすぐ「ミヤネ屋」をつけた。
画面には、浅田真央、テロップを追った・・
「快挙!真央が銀メダル!金メダルはヨナ!美姫は5位」・・
あぁ、追いつけなかったか・・。
でもキム・ヨナ選手、浅田真央選手の演技をダイジェストで見て、
滅多に見ることに出来ない「世紀の対決」だったんだと思った。

演技後、キム・ヨナ選手のやりきった!!というガッツポーズからの泣き顔、
色んな思いが頭を過っているのか、インタビューの受け答えに、
何度も声を詰まらせ「悔しいですけど・・でも」と、
演技を振り返る浅田真央選手。
こんなにもやり切ること、あるいは心の底から悔しいと思うことは、
僕のこれからの人生に起こり得るだろうか・・。
そんなことも考えながら、ただただ涙が流れていた。

銅メダルに輝いた、ジョアニー・ロシェット選手、
そして5位安美姫選手、8位鈴木明子選手も素晴らしかった。
もちろんその他の選手にも、心からの拍手をおくりたい。
コメント (2)   トラックバック (21)

バカリズム・升野英知さんの似顔絵。

2010-02-23 23:40:29 | 有名人似顔絵【な・は行】


今夜行われた「R-1ぐらんぷり 2010」、しゃべくりのストレート勝負って
感じで、あべこうじさん優勝。
納得の結果でしたが、なだぎ武さんのネタなんかは、
2つとも完成度高かったですね。
ミッキーの格好、そしてドラえもんもどきの目覚まし時計、
あのアイデアだけで、脱帽ですよ。
ハイレベルの闘いでした。

仕事をしながらの「ながら見」でしたが、
今回「R-1ぐらんぷり」を、じっくり見たのは初めてかもしれません。
まあ、それもこれも、大好きなバカリズム・升野さんが出演するから(笑)
ただ今回のネタは・・似たようなものをNHKで見たことはあるんですが、
一般受けは難しいでしょうね。
「地理バカ先生」は、過去満点をつけた審査員もいるんでしたっけ。
ああいった、わかりやすいネタなら、また違った結果だったでしょう。
ただ、過去この大会で披露したネタは、当然使えないわけですから、
仕方ないところです。
まあ升野さんに、現在彼女が居ないってことがわかっただけでも
ヨシとしときましょう←何故だ?(笑)

さあここからは、最近マイブームの「どうでもいい話」なんですが(笑)
バンクーバー五輪、カーリング女子は、クリスタルジャパン・・
カナダに完敗でしたね。これで自力による準決勝進出は叶わず、
2戦全勝してカナダの結果待ちってことですか。
明日の2戦全勝も厳しいぞ・・ ただもう悔いの残らない闘いを
して欲しいってだけですね。
全て出し切って、何とか準決勝進出に望みをつなぎ、
そしてこの際、色は関係なし!メダルを獲って欲しい。
これがホントの「銅でもいい話」・・  さむっ

さてもうひとつ、これは「R-1」とも「五輪」とも全く関係ないんですが、
現在広島で絶賛再放送中のドラマ「眠れる森」ですよ。
これ今、全国的に再放送中なんですかね?東海地方でも、やってるようです。
今日放送分は、ユースケ・サンタマリア扮する中嶋敬太が、
自らの罪を告白し、ビルから身を投じるお話。
伊藤直季(木村拓哉)が、ビルの淵に立つ敬太を、
懸命に思いとどまるように説得するんですよ。
「辛いんだろ? だから生きろって言ってんだよっ
なあおまえ、自分がどうして生きてるか知りたいと思ったことあんだろ?」
「間違えたんだよ・・間違えて生まれてきたんだよ・・」
「なわけねーだろっ おまえ 何わかったような事言ってんだよ。
25でおまえ、そんなこと、わかるわけねーだろ?
わかんねーんだよ。もっと生きてみなきゃわかんねーんだよっ」
脚本の野沢尚さん・・ あなたの脚本、小説、好きでした。
こんなセリフを書けるのに、なんであなたは自らの命を絶ったのでしょう?
その事が相まって、涙が止まりませんでした。

そしてもうひとつは、再放送「眠れる森」で、発見したこと。
これはmana さんのブログにも書かせていただいたんですが、
中山美穂演じる大庭実那子の、子供時代を演じてた子役の女の子。
この子、「SP SECURITY POLICE 警視庁警備部警護課第四係」の初回で、
岡田准一クンと合コンしてた女の子ですよ。
SP見てた時、可愛い子だな~と思ってブログにコメントしたりしてたんでが、
今回「眠れる森」の再放送を見て・・ん?どこかで見たような顔?そして名前?
同一人物だ!と気付いた時は、時の流れの速さを感じましたよ。
http://ameblo.jp/juri-ihata/
↑その子(井端珠里)のブログ
改めて見ると、こんな感じに成長したのかと、不思議な気持になります。
コメント (3)

高木美帆選手の似顔絵。

2010-02-22 22:47:33 | 有名人似顔絵【た行】


バンクーバー冬季五輪、日本選手団最年少の15歳、高木美帆選手。
1000mでは35位と、完走できた中では全体の最下位、
今日行われた1500mも23位。
経験を積ませるための五輪出場と言っては、失礼なのかもしれませんが、
本当にいい経験が出来てるんじゃないでしょうか。
特に、マスコミや取材に対しての免疫は、相当ついたんじゃないですかね。
大会直前、そして始まってからの報道は、すごい盛り上がり方でしたもん。
そうそう、この記事を書く前に、高木美帆で検索をかけたんですが、
検索ワードで、「高木美帆 下着」って出てきたのには
ちょっとびっくりしました(汗)
「あぁ、あのウエアの事ね」って、すぐわかりましたけど(笑)
まだ「パシュート」での出場があるかもしれないんですよね。
帰国してからも大変でしょうが、まずは五輪を
味わい尽くして欲しいです。

さて本日のバンクーバー五輪、もう1つの注目は、
カーリング女子、クリスタルジャパン(チーム青森)のダブルヘッダーですよ。
22日午前1時50分から生中継されたロシア戦。
最後までは見れませんでしたが、6-6の同点に追いつくまでは見てましたよ。
勝ちを確信して眠りについたんですが、見事勝利でほっとしました。
ただ問題は本日2戦目、ドイツ戦。
最終エンド、3点取れれば延長戦というところまで、もっていきましたが、
いわゆる強剛チームと比べると、日本チームはまだ完成度が劣ってるなぁと、
素人目にもそう映りました。
おそらく準決勝進出をかけて最大のライバルとなる、スイスとの明日の闘い、
これが正念場ですね。

しかしカーリング競技のマイク装着って、面白いもんですよね。
今日もニュース番組で特集されてましたが、
選手個々のマイクに加えて、リンクにも10個のマイクが
設置されて、臨場感を演出してるそうです。
ついつい興奮するあまり、失言っぽい発言を拾ってしまうんじゃないかと、
そういう意味でもドキドキしますよね。
なので外国人選手の音声は、字幕で対応してもらえないでしょうか(笑)
今日のドイツチーム、GK・カーン選手に似た女性、
あの女性の発言は、特に気になる(笑)
コメント (2)

本橋麻里選手の似顔絵。

2010-02-20 22:38:00 | 有名人似顔絵【ま・や行】


このバンクーバー五輪、カーリングってかなり注目されてません?
ニュースでもよく特集されてますし、中継も多い気がします。
NHKなんかを見てると、小さなお子さんも夢中になってるようですし。
今日のイギリス戦なんか、シビれましたね!
目黒萌絵選手、先日は、ちょっと失礼な似顔絵描いてすいません(汗)
今日の勝負を決めたスーパーショットは、もう言葉にならない。
あの似顔絵は、この大会前の資料で描いてたんですが、
まあ今大会での目黒萌絵選手は、ものすごく美しく見えます。
本橋麻里選手も近江谷杏菜選手もそうですが、
ちょっとクセのある美人は、たまりません(何のアピールだ?)

え~話が横道に逸れましたが、とにかくカーリングの面白さを
再認識してる今大会です。
全10チームが総当り、上位4チームが、準決勝に進出。
チーム青森(クリスタルジャパン)は、今日で2勝2敗。
日本がまだ対戦していないスウェーデンは、全勝ですね。
まだ強敵が残ってるんだなぁ。
でも、何としても準決勝に駒を進めて欲しいですね。
そして近江谷杏菜選手を描く機会を、与えて欲しい(笑)

※ちょっと五輪には関係あるお話。
五輪に「入賞」って、あるじゃないですか?
金銀銅のメダルは、メダルがあるからわかるんですが、
「入賞者」って、何か頂けるんですかね?
最近ずっと気になっています(笑)

※どうでもいいお話。
カナダにしても中国にしても、カーリングのチームには、
何故あんなに美人が含まれてる?
今日のイギリスのイブ・ミュアヘッド選手?
めちゃくちゃ美人じゃないですかー!?
なんかイギリスのジャンパーのデザインと相まって、
ロックスターに見えたぞ。

※さらにどうでもいいお話。
目黒萌絵選手の名前にもありますが、「萌」という文字。
なんか最近の言葉って感じがしますが、調べてみると、
古くは万葉集の中にも出てきてるようですね。
もちろん現代で使われてる「萌えー!」という意味で、
使われてるわけではありませんが(笑)
いや、いつくらいから人名にも使われるようになったのかなと。
僕らの時代には、そんな名前の人いませんでした(笑)
文字を分解すると、「明るい」って文字が冠をかぶってるんですよね。
それは草の冠かもしれませんが、多分オリーブだ。
勝者をオリーブの冠で讃えるという、五輪発祥伝説があるんですよね。
なんてことを考えながら、「萌」という文字を見つめていました。
ただまあ、オリーブは「草」ではないんですが(笑)
※脈絡のないお話でしたが、ちょっと個人的に意味があったお話でした(笑)

※さらに続く、どうでもいいお話。
今日はちょっとした失敗があり、手元にあった
ロールケーキ1本を、やけ食いしてしまいました。
食べた時はなんでもなかったんですが、
今すごく胃がもたれています(汗)
まあ、どっちにしてもこのところ胃のもたれる日々が
続いてたんですが・・ でも、よい事もちょっとだけ。
ある方に、プレゼント用にやや立体的な似顔絵を
作ってたんですが、けっこう集中して出来、
いい仕上がりになったんですよ。
これは似顔絵の表現方法として、有効な手段だなと再認識。
また近いうちに作ってみますね。
今回は写メ撮り忘れたんで、次回はしっかりと撮影して
ブログでもお見せしようと思います。
コメント (4)   トラックバック (5)

高橋大輔選手の似顔絵。

2010-02-19 15:42:57 | 有名人似顔絵【た行】


メダルを獲ってくれというより、メダルを獲らせてやって!という、
祈るような気持ちで見てました。
高橋大輔選手の前後の選手の演技は、ほとんど見ておられず、
音声だけ聴いてましたよ(笑)

バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート男子、日本初のメダル獲得!
高橋大輔選手、銅メダル本当におめでとうございます。
今日のフリーの演技、果敢に挑戦した4回転ジャンプの失敗はありましたが、
日本人の欲目か、表現力の豊かさは一番だったような気がします。
見てるだけで、自然に涙があふれてくるっていうか・・。
僕らは、その4年間の「美味しい部分」だけを、
味わせてもらってるようで、なんだか申し訳ない気持ち・・。
選手生命にも関わる大ケガをして、1年間出場できないシーズンを送った。
文字にすれば、これだけだけど、想像を絶する苦しみだったと思います。
比べるのもなんですが、僕がもし1年間似顔絵が描けなかったら・・
いや、もう想像するのも恐ろしいです(汗)

織田信成選手は、靴の紐が切れるという不運にもめげず、
最後まで立派に演技されましたね。
彼のキャラクターを活かしたコミカルな演技は、
大きな結果へと結びつく瞬間が、必ず来ると信じています。

その他の今日の五輪の話題としては、
日本選手団最年少、15歳の高木美帆選手が、
スピードスケート女子1000mに出場。
残念な結果に終わりましたが、やっぱり体格的なものもあるでしょうし、
今後に期待ですね。

カーリング女子、クリスタルジャパン(この愛称を使うのは
ちょっと恥ずかしいが・・)は、ハイライトで見ましたが、
強剛・中国相手に、完敗(?)って感じでしたね。
通算成績1勝2敗。まずは、次戦をしっかりとってもらいたい。

※どうでもいいことですが、フィギュア銀メダルのプルシェンコ選手って、
浦沢直樹さんの漫画に出てくるような顔してません?(笑)
そして今の髪型の高橋大輔選手は、一瞬伊藤淳史クンに見える時がある(笑)
コメント (4)   トラックバック (29)

目黒萌絵選手の似顔絵。

2010-02-18 09:00:01 | 有名人似顔絵【ま・や行】


カーリング女子1次リーグ(総当り)、アメリカ7-9日本。
いや~初戦から、こんなドラマティックな展開・・
専用の計測器なんて、あるんですね。知りませんでしたよ。
1次リーグは10チームが総当り、上位4チームが準決勝に
進むことができるんですが、いいスタートが切れましたね。

そして2戦目は、世界ランキング1位の地元・カナダ。
朝の番組で速報として紹介されていましたが、
残念ながら逆転負け・・(涙)
でも強剛相手に、接戦だったんですね。
次はこれまた強敵・中国ですか。
ランキング通りにはならない競技だと思うので、
ぜひとも勝利を見たいものです。

その他、男子フィギュアでは、高橋大輔選手が、SPで3位、
織田信成選手が4位、小塚崇彦選手が8位。
フリーは明日でしたっけ?これもすごく期待できそうですね。
そして今日は、スノーボード男子ハーフパイプに
國母和宏選手が登場。
予選の映像は見ましたが、決勝進出も決ったそうです。
そうそう、前回のトリノの國母選手の映像も流れましたが、
朴訥な感じの好青年でしたね(笑)
今回色々と騒がれていますが、注目が集まっても物おじしなさそう。
メダル獲って欲しいですね。
そして昨年結婚されてるんですよね。これ一番驚きました(笑)
コメント (2)   トラックバック (2)

長島圭一郎選手の似顔絵。

2010-02-17 01:27:41 | 有名人似顔絵【な・は行】


ゴールドのウエアは伊達じゃなかった!!
ちょっと気恥ずかしくなるような、ド派手なウエアですが、
本気で上を狙っていく、という現れだったんですね。
バンクーバー冬季五輪第4日の15日、スピードスケート男子500メートルは
長島圭一郎選手が合計タイム1分9秒98で2位、
加藤条治選手が1分10秒01で3位に入り、今大会日本選手団初の
メダルを獲得しました。

レース後長島選手は、「今までで一番熱いレースができた」、
加藤選手は「悔しい。最低限の銅メダル」とコメント。
4年前のトリノ五輪では、優勝候補だった加藤選手は6位、
長島選手が3位で、この種目の日本のメダルは6大会連続で
途切れたわけですよね。
今回その雪辱は果たしたわけですが、金メダルに届かなかった
無念さはありあり。
だからこそ4年間の積み上げの凄さを感じますね。
精度を上げるって言葉じゃ、表現できない世界でしょう。
だってもう100分の1秒の世界ですもん。
わずかな感覚のズレみたいなものが、
即結果に現れてしまうんですかね。

前回のトリノでは、全体でも金メダルひとつの結果だったわけですが、
今回は序盤でメダルふたつ。
当然いつか金メダルの吉報も届くことでしょう。
日本選手団の志気は高まってるでしょうね。
コメント (2)   トラックバック (6)

上村愛子選手の似顔絵。

2010-02-15 22:16:12 | 有名人似顔絵【あ行】


結婚会見の時の写真を参考に描いたので、
ちょっと雰囲気違う似顔絵になってて、すいません。
バンクーバーオリンピック 女子モーグル4位、
まずは本当に、お疲れさまの一言に尽きますね。
やっぱり五輪は別物、魔物も棲んでますし、
その魔物を味方につける者もいる。
この一瞬の為だけに、4年間を捧げてきたわけではないでしょうが、
五輪本大会の予選・決勝に、ベストコンディションを
持ってこなくちゃいけないプレッシャー、
これは選手にしかわからないものでしょう。
でも自分にためでなく、支えてくれた方、応援してくれる人たちの為に
メダルという形で応えたい。その気持ちは、痛いほど理解できます。

五輪の大会でもないと、他の選手の競技スタイルを
見る機会もないわけですが、素晴らしい選手、
たくさんいるんですね。
リスクを受け入れ、攻める選手。
転倒すれば終わりですが、なんかその気持ちもよくわかる。
日本でいえば、里谷多英選手、立派だったと思います。
腰の痛みがなければ、あのスピードのまま
フィニッシュできてたのかなぁと思ってしまいます。
とにかく世界最高レベルの選手たちの競技を見て、
その競技の残酷さ、そしてやり切った者の美しさ、
悲喜こもごものその姿に、涙が乾く暇はありませんでした。

そして上村愛子選手、今はまだ何も考えられないでしょうが、
一段一段上がってきた階段を、一気に駆け上がるべく、
次の大会、目指して欲しいなぁ。
コメント (2)   トラックバック (4)

吉瀬美智子さんの似顔絵。

2010-02-14 04:17:30 | 有名人似顔絵【か行】


うわぁ今夜の「ブラッディ・マンディ」、見逃してしもうた・・(汗)
いや正確には途中まで見てたんですが、
外出してしまって・・ おまけに録画してなかった。

先週の予告で、吉瀬美智子さん演じる折原マヤが、
撃たれたような映像があったんですよね?
そして今週のタイトルがまた、思わせぶりなタイトル。
ストレートに、このままの内容だったんでしょうか?
でも予告で肝心なシーンまで映す場合って、
その次の週、その予告で流れてたシーンは、最終シーンで、
「結果はまた次週へ持ち越し」ってパターン、よくありますよね?
今回も、そうだったんじゃないですか?
だってタイトル通りなら、主要メンバー消え過ぎ。
吉瀬美智子さんいなくなったら、楽しみ半減だわ(笑)
とりあえずドラマブログをまわって、内容を確かめてみようっと。

さて吉瀬美智子さん、テレビに登場するようになって
どんどん綺麗に、そしてお若くなってますよね?
僕が初めて拝見したのは、「電車男 DELUXE 最後の聖戦」での
秘書役ですが、調べてみると「花より男子 第1話」、
「小早川伸木の恋」、「アテンションプリーズ 第1話」なんかにも
出演されてたようなので、僕も知らずに目にしてるんだろうな。
どんな感じで出演されてたのか、再放送ででも確認してみたい。
コメント   トラックバック (6)

南明奈(アッキーナ)さんの似顔絵。

2010-02-10 21:09:00 | 有名人似顔絵【ま・や行】


芸能界って、よく「イス取りゲーム」に、例えられるじゃないですか?
座席数はほぼ決ってて、「その」キャラクターの席の奪い合いって感じ?
で、南明奈さんがテレビに出演し始めた頃って、
確か「現役女子高生グラビアアイドル」って、
キャッチフレーズでしたよね?
この「座席」って、ありそうで無い座席だったと思いません?
現役女子高生グラビアアイドルは、数多くいると思うですが、
その中でも、テレビに出演できて、存在感の示せる存在って
なかなかいそうでいないってことなんでしょうね。

そして検索してみますと、2007年9月、フリースタイルカンパニーに移籍
(個人事務所。マネージャーと共にオスカーより独立)とあります。
これもすごく希有なことじゃありません?
ある程度実績のあるタレントさんが、個人事務所を開設するっていうのも
困難なことだと思うんですが、現役女子高生が独立して、個人事務所を
開設って、すごく不思議。
そして翌年高校卒業と同時に、本格的にバラエティ番組に進出。
つぶされるどころか、そこから売れっ子への道を歩む。
今ではドラマはもちろん、「ヘキサゴン」でも、
愛される存在となり、ユニットのメインボーカルを務めCDも発売。
あ、「笑っていいとも!」のレギュラーにもなったんだ。
本当すごいですね。
男性から好まれそうな、個性的な顔だち、
プロポーションは、グラビア界では珍しい、スリムな体型。
際立ってるポイントは色々あるんでしょうが、
若手バラエティタレントの座席の奪い合いもあるでしょうし、
あっという間に人気者になっただけに、
ここからが実力の見せ所になるでしょうね。
コメント (2)