「ボブ吉」デビューへの道。

goo ブログ キャラクターテンプレートでもお馴染み「ボブ吉」。
メジャーデビュー目指して、作者の奮闘日記!

錦戸亮クンの似顔絵。「アテンションプリーズ」

2006-04-28 02:31:09 | SMAP・ジャニーズ似顔絵


初回よりは幾分落ち着いて見れました。
南海キャンディーズのしずちゃんも出なかったし(笑)
しずちゃんは、「GOOD LUCK!!」で言えば、ユンソナみたいな
スパイスだったんでしょうが、正直「しずちゃん」にしか
見えません。もう勘弁してください(汗)
いっそ美咲洋子(上戸彩)は、若村弥生(相武紗季)の
そば屋に下宿させて欲しかった。
そして近所に、中原翔太(錦戸亮)が住んでてくれると
さらにいい。
そのくらいのベタさは許しますから(笑)

制服の影響力や、仕事のやりがいのエピソードは、
少々強引(だって授業、サボらせちゃダメでしょ)では
ありましたが、こういう具体的なエピソードでの
主人公の内面の変化を、初回に少しは匂わせて欲しかった。
初回からの視聴率ダウンは、そこら辺の影響じゃないですかね。

それから今回「旭山動物園」という名前が出てきましたが、
フジ系で5月13日、「奇跡の動物園~旭山動物園物語~」
っていうスペシャルドラマが放送されるんですね。
日本最北の小さな動物園が、入園数日本一となるまでを
描いたもので、戸田恵梨香が主演。
もしかして「秀華」が出てきたりする?
そんなリンクネタはないか(笑)
コメント (8)   トラックバック (9)

沢尻エリカさんの似顔絵。

2006-04-27 23:39:34 | 有名人似顔絵(未整理)


「1リットルの涙」以降、なかなかテレビでお見かけする
機会のない、沢尻エリカさんですが、映画出演は凄いですね。
まずは「間宮兄弟」の公開が迫ってきてますが、
つい先日も山田孝之クン、玉山鉄二さんとのトリプル主演で、
東野圭吾さんの小説「手紙」の、映画化が発表されていました。
公開は来年のようですが、今撮影中のようですね。
検索してみると、受刑者役や、ライブ会場客の
エキストラ募集がされていました。
広島在住でなければ、参加したいところです(汗)
という事で、今年の出演作を公開順にリストアップしてみました。

『間宮兄弟』監督:森田芳光(2006 5月公開)
佐々木蔵之介 塚地武雅 常盤貴子 沢尻エリカ 北川景子他
http://mamiya-kyoudai.com/

『シュガー&スパイス~風味絶佳~』監督:中江功 
全国東宝系(2006年9月16日公開)
柳楽優弥 沢尻エリカ 夏木マリ 他
http://www.toho.co.jp/lineup/sugar_spice/

『オトシモノ』(2006年9月ロードショー)
監督:古澤健、主演:沢尻エリカ
http://www.shochiku.co.jp/cinema/index.html

『天使の卵』監督:冨樫森(2006年10月ロードショー)
主演:市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカ

『手紙』(2007年公開)
山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ

「オトシモノ」は、新感覚ノンストップ・ホラーサスペンス・
エンタテインメントと、紹介されてました。
ホラーは苦手なんですが、「新感覚」につられて
観てみようか・・(汗)
そういえばちょうど今週「1リットルの涙」の、DVDボックスも
発売されたんですよね。
たくさんの人が、イルカストラップとともに、感動を
新たにしてるんでしょう。
僕は全話ビデオ録画してるので、それでガマン(汗)
コメント (2)   トラックバック (3)

ボブ吉待受「ボッブラック!!」

2006-04-26 04:16:55 | オリジナルキャラクター「ボブ吉」


前にもお話しましたが、ボブ吉は海外の携帯サイトでも
待受画像を配信しております。
どの画像がどれだけダウンロードされたか、その結果も
手元に届いてきます。
それで、ボブ吉の画像の中で、一番多くダウンロードされてたのが
この「ボッブラック!!」です。
これは木村拓哉さん主演の「グッドラック!!」が放送されてた時に
描いてたもので、かなり初期の画像です。
ボブ吉のキャラクターが受けたっていうより、
ジェット機のインパクトが大きかったんでしょうね。
2番目に多くダウンロードされたのが、前にご紹介した
「ナイトフィーバーボブ吉」です。
海外(アジア)では、ハッキリしたわかりやすいものが
受けるようですわ。

「ボブ吉」は、AU・ボーダフォン「待受プロダクション」
登録キャラクターです。
「待受プロダクション」au、ボーダフォン共通URLは、次のとおりです!
http://charapro.handybitway.com/

「ボブ吉」の画像を検索したい時は、キャラクター名「ボブ吉」
ではなく、作者の私「SHINGO。」 の名前で探してくださいね。

ワタクシ(SHINGO。)のオリジナルキャラクター「ボブ吉」。
いまはまだ有名ではありませんが、近いうちに何とか
メジャーなキャラクターとして、デビューさせようと
日々頑張っております。応援お願いします。
コメント (5)

ボブ吉4コママンガ「消える魔球」

2006-04-23 05:48:15 | オリジナルキャラクター「ボブ吉」
この4コママンガも2度目の登場で、恐縮です。
いやぁ~~巨人強いっすね。
阪神が勝てないのに、広島が勝てるわけ
ないじゃないですか!(笑)
広島なんて、土曜日の中日戦の延長12回、満塁のピンチを
外野手1人呼んできて、内野5人で守りましたからね(汗)
で、そのオチがパスボールで失点というんだから。。。
ブラウン監督は、捕手の後ろでもう1人守らせるべきでした(笑)



もうこうなったら広島は、消える魔球くらい使わなくちゃ
勝てませんっ
消える魔球を習得出来なかったら、球団が消えてしまいます・・
おあとがよろしいようで・・(笑)
コメント (5)

本多力さんの似顔絵。「サマータイムマシンブルース」

2006-04-23 05:31:09 | 有名人似顔絵(未整理)


昨年の9月に公開された、映画「サマータイムマシンブルース」。
その原作となってるのが、京都の劇団・ヨーロッパ企画の舞台である
「サマータイムマシンブルース2003」。
その2003のバージョンアップ版の「サマータイムマシンブルース2005」の
舞台DVDを、ようやく観る事が出来ました。
僕は、ヨーロッパ企画も何も知らず、本広監督作品だという理由で
映画「サマータイム~」を劇場で観たんですが、映画を観ると、
舞台版が観たくなり、おそらく舞台を観た人たちは「映画だと、
どうなってんだろ?」と、映画(DVD)が観たくなったことだろうと思います。
そんな不思議で、強力な魅力を持った作品です。
ストーリー自体面白いのは勿論なんですが、飛び交うセリフが又面白い。
舞台版は、それこそセリフの応酬で、独特の空気感が創り出されています。

映画版と舞台の共通のキャスト、ヨーロッパ企画の本多力さんと
永野宗典さん。舞台版では、ズームアップ映像がないので、
表情まではわかりにくいのですが、映画版では、この二人の表情を
観てるだけでも面白い。このお二人は、映画「交渉人 真下正義」にも
出演されてるんですが、少ない登場シーンにもかかわらず
味わいと、ひっかかりのある役をされています。
映画と舞台(DVD)で、この二人にすっかり魅せられてしまい
虜になってしまった僕です(笑)
永野宗典さんの似顔絵も、いずれ描く予定(笑)

テクノラティプロフィール
コメント (22)   トラックバック (18)

相武紗季さんの似顔絵。「アテンションプリーズ」

2006-04-20 01:30:05 | 有名人似顔絵(未整理)


一応、前作「アテンションプリーズ」(1970年)と、
ヒロインの役名(美咲洋子)は同じなんですね。
設定が同じなのは、それくらいでしょうか?
基本的に職業もののドラマは好きだし、「ひと夏のパパへ」も
欠かさず見てた「変わり者」なので(笑)、かなり期待してたんですが、
期待外れの内容でした。
僕はどんなドラマでも肯定から入るようにしてるんですが、
気になる事がいちいちあって、気楽に楽しめる感が
なかったですわ。

主人公・美咲洋子(上戸彩)の男勝りの言葉遣い・態度・服装、
キャビンアテンダントを目指す理由、面接、入社式などなど、
許せる範囲のものもあるけれど、こう重なると正直しんどい。
型破りなところはあるけれど、この主人公は「ここ」が魅力なんだよって
ところを、匂わせておかないと、味わいどころが狭まる。
特に、美咲洋子(上戸彩)が挫折して、立ち直るきっかけになったのが
「負けるのだけは絶対イヤ。」という気持ち。実際の人生なら、
確かにそういうものかもしれないけど、ドラマであるなら、
何か具体的なエピソードを、一つ噛まして欲しかった。
上戸彩は好きですが、相武紗季や大塚ちひろの役の方が
魅力的に見えた初回でした。
コメント (12)   トラックバック (10)

佐津川愛美さんの似顔絵。「ギャルサー」スタート!

2006-04-17 02:27:46 | 有名人似顔絵【さ行】


あまり実感した事がなかったんですが、子供って純粋だなぁと
思った事があるんですよ。
僕の妹の娘が小学生の頃、おじいちゃん(僕の父親)に
宛てた年賀状で「少し早いけど、明けましておめでとう。」って
書いてたんです。
つまり年内に書いた年賀状だから「少し早いけど」ってなってるわけで
正月早々笑った事を思い出しました。
そんな純粋な目で現代を見てみると・・って発想で、
このドラマは生まれたのかもしれませんね。

始まって15分くらいは「藤木さん、仕事選んでよ・・」と
思ってたんですが物語が進むに連れ、カウボーイ(藤木直人)と、
渋谷の少女(戸田恵梨香)や、警察官(佐藤隆太)のトンチンカンな
やりとりに、思わず笑ってしまってました。
この「ギャルサー」、意外に楽しみかもしれない(笑)

似顔絵は、「がんばっていきまっしょい」「蝉しぐれ」にも
出演された佐津川愛美さん。
公開が控えてる映画「笑う大天使」も楽しみです。
佐津川さんの、クキッとした顔だちは画面映えしますよね。
コメント (6)   トラックバック (11)

山下智久クンの似顔絵。「クロサギ」スタート!

2006-04-16 23:59:42 | SMAP・ジャニーズ似顔絵


山下智久クン主演「クロサギ」。同名漫画が原作。
原作はまったく知らないんですが、プロの詐欺師相手に詐欺を仕掛け、
被害者にその騙し取り返した金を返すという、現代版・ねずみ小僧の
要素があるとの事。
毎回ゲストを迎えての、1話完結方式のドラマのようで、
初回のゲストは杉田かおるさん。役所は「財団融資詐欺」の新川浪江役。
本来の見どころとしては、詐欺師(杉田かおる)と向き合って、
逆に金をだまし取ろうとする一連のやりとりなんでしょうが、
今回1時間の中では、そこに視聴者を引き付けるまでの時間がなく、
登場人物の紹介がメインという様相でしたね。
来週以降に期待しています。
コメント (7)   トラックバック (6)

QUEEN フレディ・マーキュリーのイラスト(待受)第7弾。

2006-04-14 12:57:30 | QUEENイラスト


QUEEN フレディ・マーキュリーのイラストも第7弾です。
今回はダンシングベイビーをモチーフとした「ダンシングフレディ」。
ちょっと検索してみたんですが、ダンシングベイビーは
1999年にトヨタのCMに登場してるんですね。

そして今でも数々の話題を提供してくれてるQUEENのニュースとしては、
昨年のジャパンツアー「QUEEN+PAUL RODGERS / SUPER LIVE in JAPAN」の
DVDが、4月28日に発売されますね。
その他でもCM曲、パチスロ機と話題は尽きません。
昨夜もスポーツ番組を見てたら、バックで流れてるインスト曲が
QUEENの曲でした。
どんなものに使用されようが、QUEENの曲は負けてないですよねー。
主張し続けるQUEENの世界を、これからも笑える角度から
描いていきたいと思います。

↓au・ドコモ対応の、待受も作ってますので、ご利用ください。

http://ww2.enjoy.ne.jp/~kohkoku/queen7

※QUEENのイラストは、左の「QUEENのイラスト」カテゴリの
中にもあります。どうぞご覧ください。
コメント (21)   トラックバック (7)

ボブ吉待受「ボブのソナタ」

2006-04-13 04:45:56 | オリジナルキャラクター「ボブ吉」


これも2回目の登場です。
ボブ吉待受「ボブのソナタ」。略して「ボブソナ」(笑)
前回アップした時、タイトルの注意を受けたので、
ちゃんと修正してみました。
なんで今、「冬のソナタ」?と、思われるかもしれませんが、
ほら、「CRぱちんこ冬のソナタ」って今出てるじゃないですか?
僕はパチンコは興味ないんですが、やはり韓流ブームに
乗ったおばさま方は、今パチンコ屋に集結してるのかな?と
そこには興味があったりして(笑)
QUEENのパチスロ機「ロックユークイーン」も出てるし、
他にどんなものがあるんだろう?と検索してみると・・
●CRエースをねらえ!
●CRマイケルジャクソン
●CR新がきデカ
●CRFインディ・ジョーンズ
●CRコント55号 
などなど・・と驚くほどのラインナップ(汗)
それぞれのキャラクターとの契約料、デザインが出来上がる工程なども
気になるところですよね。
そのうち、「CRベイシティローラーズ」とか、
「CRビートルズ」なんてのも、出てくるんでしょうか(汗)
さすがにビートルズは、禁断の聖域ですよね。。。

※画像は、AU・ボーダフォン「待受プロ」登録画像です。
「ボブ吉」は、AU・ボーダフォン「待受プロダクション」
登録キャラクターです。
「待受プロダクション」au、ボーダフォン共通URLは、次のとおりです!
http://charapro.handybitway.com/

「ボブ吉」の画像を検索したい時は、キャラクター名「ボブ吉」
ではなく、作者の私「SHINGO。」 の名前で探してくださいね。

コメント (8)