きままな雑記帳

ごく普通のあんちゃんのきままに記す日常日誌

米軍戦闘機の騒音問題

2013-05-30 12:41:37 | 悩み

私は相模原市に住んでますが、近くに厚木飛行場があります。

なので米軍戦闘機の低空飛行訓練等の騒音がひどい地域でもあります。

F18

Ea6b

昨日、今日と騒音がとくにひどいですね。

昨日は昼から夕方19時ごろまで低空飛行を行っていたのか爆音で窓を閉めていてもテレビの音などは聞こえない有様でした

ある程度、日本の国防の為であれば仕方ないとは思ってますが、電車や車の騒音とは次元がまるっきり違う騒音なので、こちらに住んで15年以上の私もさすがに慣れるということはできませんね。

この騒音がなければ静かな住宅街なんですが・・・。

相模原市のホームページにも在日米軍機による騒音問題受付ページがあります。

このクレームを元に国(防衛省)や米軍に物申すってことらしいんですが、実際はなかなか難しいようですな。

騒音と低空飛行による恐怖。

沖縄の問題(規模は違うかもしれませんが)もこんな感じなのでしょう。

実際に目にするとかなり怖いもんですよ、戦闘機や運搬機が屋根近くを飛ぶ光景って

これが米軍から自衛隊に切り替わってもすぐには問題は修正されないとは思いますが、騒音はなんとかならないもんだろうか?

たとえばですが、自動車で電気自動車やハイブリッド車はエンジン音とか走行音って静かですよね。

これを戦闘機にも応用できないものか?

アメリカ人にはできなくても、日本人の技術力でもしかしたらできるかもしれないじゃないですか!?

低燃費で低騒音の戦闘機。

なんか日本だったら作れるかもしれない・・・

なにしろ、自衛隊で使用しているトラックは荷台のゆれを低減する仕組みの世界でも珍しいトラックだそうです。

もちろん国産製。

実際に騒音で苦しむ地域に住むと、こんな発想も浮かんできます。

それくらい、戦闘機の爆音はすさまじいものなんです

でも、国防を考えたらあんまり文句は言えませんしね。日本の周囲を考えたら軍隊を無くせとは言えませんよ。

だったら、そんな低燃費で低騒音のハイブリッド戦闘機なんてのを日本が作るって考えもありだと思います。

中小のメーカーさんの技術力と大企業の交渉力、国の補助をうまく使ってやれば新しい産業が育つかもしれませんしね。

「軍需産業はだめ」ってお話もあるとは思いますけど、たとえ話で考えることはいいと思います。

それに、技術や産業って、こういった苦情から進歩してくる面もありますしね。

それに「戦争」は基本的に消費する経済ですから。

人命もそうですけど、武器弾薬、兵器に国土等、消耗していくだけですからね。

ですので、戦争期はインフレなんです。

限りある資源を有効に活用するには、日本の省エネルギー対策ってそういった場でも活用してもいいと思いますね。

もちろん、戦争がいいとは言いませんが。

孫子も言ってます「戦わずして勝つが最上」と。

とりあえず、戦闘機の騒音はなんとかしてもらいたいもんですね。

コメント

ほっけ定食と残念なお店

2013-05-29 15:26:47 | 食・レシピ

さぁ、本日「食・レシピ」の第三弾。

今回は食事のことよりもどちらかといえばお店の環境についてメインに書いていこうと思います。

先日ランチで入店した職場近くの居酒屋さん。

そこのお店は夜も安く提供するためになるべく店員さんを配置しないお店で、ランチは基本的にセルフサービスです。

ただ、セルフサービスならば食券機で事前にメニュー券を購入するやり方が一般的と思いますが、ここのお店はそうではありませんでした。

なんと、入店して店員さんがメニューを伺ってから客はお盆を持ってご飯等を盛り付けられて席に着くシステム。

お金はお盆を持つ寸前でメニューを店員に伝えて現金支払いするやり方です。

私は初めて入店しましたので、まずこのシステムに戸惑いましたが、事情を把握するととりあえず指示通りにメニューを伝えてランチをいただくことにいたしました。

コストを抑えるやり方なのか、店員さんは基本一人で対応(私がお店を出る頃には二人出てきました)、客から受け取った現金はそのまま放置(椅子に茶箱が置かれてそのまま無造作に現金が入ってました)されてまして、ある意味で泥棒されても仕方ない状態です。

私はほっけ定食を選択。

Photo_6

しょうゆを使おうとしましたら「しょうゆさし」はなく、業務用の小さい版がテーブルに置かれているだけ。

よって適量のしょうゆをさすことができません。

ほっけ自体は美味しいものでしたが、私はこの様子をみて「この店は長くはないな」と思いました。

500円のランチではありますが、あまりにコスト削減(とくに人件費)を行い過ぎた典型と見たからです。

いわゆる「安かろう、悪かろう」の類です。

付近では同じ500円ランチでももっとサービスはいいですし、べつに500円より高くてもいいんですよ、私個人的には。

現に700円~900円のランチ定食を食べたりしてますから。

味がよくて、夜も利用したいなと思えるお店が私にとっては「また来たいお店、友人に紹介したいお店」なのですが、こちらのお店はまったくお勧めできないお店でした。

デフレの世の中ならば生き残れるタイプ(それでも厳しいでしょうけど)だとは思いますが、これから景気がよくなってくれば生き残れないタイプのお店でしょうね。

私は次は行かないと決めたお店です。

「いい仕事するには経費をケチってはできない」んですよ。

今回はまさにその典型例を体験したお店でした。

コメント

しょうが焼き定食とおかわり

2013-05-29 15:03:44 | 食・レシピ

先日、ランチに以前来店しました神保町にある九州居酒屋さんを利用いたしました。

前回は「がめ煮定食」(がめ煮とは筑前煮のことです)を注文しましたが、今回は別のメニューを注文することにいたしました。

Photo_5

画像が縦になってしまってすみません

「しょうが焼き定食」です。

こちらのお店、私はぜひ夜にも利用したいと考えておりますが、それはなぜかと言いますと「飯が旨い」から。

ご飯がまず旨いし、品書きを見ると「馬刺し」やら刺身がかなり充実しているのです。

お酒も焼酎がかなり充実(九州居酒屋だから当たり前かもしれませんが)しておりまして、一度は夜の時間帯にでも足を運んでみたいと考えております。

さてランチ飯ですが、しょうが焼きとキャベツ、そして乱暴に添えられたマヨネーズがたまりません

濃い目の味付けのため、ご飯がどんどん進み、私はなんとおかわりをしてしまいました

それだけおいしいのですが、ついでに味噌汁もおかわりしまして、ランチを大変に満喫させていただきました。

美味しいランチは非常に人を幸せにさせてくれますね

ただし、その後は満腹感と睡魔との闘いでしたが・・・

皆さんも食べ過ぎにはご注意ください。

コメント

ナポリ食堂での夕食

2013-05-29 14:49:37 | 食・レシピ

私が働いている職場近くのイタリアンレストラン「ナポリの下町食堂」。

ここに夕食を食べに行ってきました。

Photo

まずは鰯のオリーブオイル和え(?)です。

これは苦味が多少ありますが、熱々になった鰯は骨までしっかりと食べられます。

ニンニクが添えてありますので、これから暑くなる季節にスタミナをつけるにはいいメニューですね。

Photo_2

こちらは「ロマーナ」というピザです。

トマトとチーズがふんだんに盛り込まれていて美味しかったです

ピザ生地もふわふわに焼かれていて美味しいですよ。

Photo_3

そしてペペロンチーノ。

こちらはお店一押しメニューだそうです。

こちらはさっぱりとした味わいで、女性でもぺロリといけるくらいです。

私はこちらのお店で一番押したいのが「ジェラート」です。

Photo_4

このジェラート。

以前も違う種類を食べましたが、本当に旨いですよ

ぜひ来店しましたらお試しください。

これは次も来店しなくては・・・と思うお店でした。

なんでもチェーン店らしいので、他の場所のお店を利用してみるのもいいかもしれませんね。

コメント

日暮れ時の夕日と満月そして焼き鳥

2013-05-24 20:44:30 | ブログ

今日は家から比較的近い場所で仕事でしたので、珍しくまだ夕暮れぎりぎりに地元駅に到着することができました

そこで見たものがこちらです。

Photo_3

そして満月

Photo_4

Photo_5

まだ夕暮れ時で太陽の光が残っている空に輝き始める白い満月です

私はこの時間帯のこの空が好きです。

まだ明るいんだけど白く浮かぶ月。

しかも今の時期は日照時間も長くなってきている時期。

たまに空を眺めるのもいいもんです。

今日は近くの本屋で軽く立ち読みして気分転換もできました。

そして、スーパー近くに来ていた移動式の焼き鳥屋さん。

Photo_6

スーパーでビールを購入し、肴に焼き鳥で今日は楽しみます。

コメント

カレンダー