きままな雑記帳

ごく普通のあんちゃんのきままに記す日常日誌

自由研究のテーマ『飽きっぽい自分が考えた作戦とは?』

2017-04-05 13:35:41 | 日記
お題「夏休みの自由研究は何した?」に参加中!
今回は夏休みなどで必ずあった『自由研究』です。

まぁ、「自由」って題しているのですから何をしてもいいだろうって思いますが、この「自由」ってのが意外と厄介な代物で。
あらかじめ決められてるとけっこう簡単なんですよね。
制約があると、その制約の範囲で燃えるタイプの子供でした(笑)

それに、夏休みだと1か月以上はお休み期間ですが、その間中に研究しなくてはいけません。
やたらと下手なものに手を出すわけにも参りません。

最初のうちは私も努力はしました。

クラスのみんなと同じく朝顔を育てる&成長日記とか。



でも、すぐに枯らしてしまったんですよね(笑)
原因は水やりなどの世話を忘れることが多かったから。

んで、次に考えたのが押し花作戦。



育てるのが無理なら、最初から観賞用として作っちゃえばいい。
でも、昆虫などは獲るのは可哀そうなので、ならば再び朝顔でリベンジ。

これは成功でしたヾ(≧▽≦)ノ
お名前.com

なんといっても育てなくていいんですから。
うっかりが多い子供だった私でもできます。

でもそう何度も使うわけにはまいりません。

はてさて、次はどうやってしのぐか・・・。



既に「どうやってしのぐか」が目的になってる段階で、本来の目的を見失ってますが(笑)、ここは真剣に検討しました。
そして出てきた答え。

「雲など空の変化を撮影して日記につけてみよう」

当時、読んでいた科学の漫画本で「天気の秘密」という本がありまして(題名はうろ覚えです)、天気図などの見方なども子供用に解説してました。
ネットオフにお売りください!読み終わった本、聴きあきたCD

さすがに天気図なんてものは作りようがありませんが、空の移り変わりなどを記録にしてみれば、それなりに「研究」ってなるのでは?と。
それに一日一回程度、自宅から適当に空を写真撮影していけばラクチンだし

我ながら、なかなかの策士です(笑)



さっそく実行。

(画像は小学生当時ではなく社会人になってからの相模原の空です)















問題は現像する際に「いつ撮影したか」がわからなくなるところ。
まとめて現像してましたからねぇ。
日記にまとめるのが意外に苦労しましたが、観察自体は楽です。

三つ子の魂百までじゃないですけど、この時の経験だからか、ブログを書くようになって、空などを撮影したり、いつ撮影したかなどを記憶することが苦ではありません。
人間、何事も経験なんですなぁ(゚∀゚)

こんなずぼらな「自由研究」ですが、今年の夏休み、どうしようかまよっていたらやってみてくださいね。
たぶん、現代のスマフォなどを使えば、もっと楽に研究できると思いますので。

以上が私の「自由研究」の思い出です。
1,500円以上お買上げで送料無料♪ ネットオフ














コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の初雪20170114

2017-01-14 12:37:20 | 日記
今週は日本列島に強烈な寒波が襲ってきておりますが、ついに本日、晴天の続いていた千葉県・大多喜町にも今年の初雪が降り始めました


画像からはわかりにくいんですけども、かなり大きな雪が降ってます。

我が家の秋田犬はさすがにこの寒さもへっちゃら。



いやいや、背中に雪が積もり始めてるって(笑)

昨年11月以来の降雪。

そうこうしたらなんと1時間後、あっという間に再び晴れ間になりました。
初雪はたった1時間程度で幕を閉じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満月の夕刻と地元中学生の挨拶

2017-01-12 09:59:39 | 日記
先日()20170111)、ハローワークにて労働基準法関連のビデオ講習に参加するため、お馴染みのいすみ鉄道さんに乗って大原へ行ってきました。



この日はいすみ350形の車両、いわゆる通勤型ですね。



小一時間ほどで港町、大原へ到着。
講習まで時間がありましたので、ちょっと街を散策しながらhローワークへと歩きます。



風は冷たいのですが、同じ房総でも山側の大多喜に比べて海側の大原の方が暖かく感じますね。
高い空を眺めながら新春の大原を歩いていきます。
ハローワークに到着すると、求職情報を検索して講習を受講いたしました。
受講は大体30分強。
労務関連の仕事でもなければ普段はそれほど気にしていないものですが、改めて講習を受講してみると新たな発見などがあっていい勉強になりました。
30分程度ってのがまたいいんですよね。2時間とかになると座っているのが厳しくなってきますから

さて、講座も終わりハローワークを後にしたのが15:40。
次の汽車の時間が16:12。
駅まで約10分の距離なのでやや急ぎながら駅へと向かいます。
この時間帯はちょうど高校生の下校時間ともぶつかるらしく駅までの道は高校生の集団下校状態。
ようやく駅に到着です。



まだ汽車は到着してませんでした。
しばし待っているといすみ350形がやってきました。
乗降客を降ろすと方向幕を変更しますが、この日はちょっとしたサプライズがありました。
なんと「特急」の表示。
運転士さんが間違えたのかそれともちょっとしたサプライズなのかはわかりませんが、これを見た地元高校生。
「この列車、特急なんだ・・・」
いやいやそれはないだろうと隣にいた高校生の友人がツッコミを入れておりました。
画像を押さえたかったですが、私はトイレを優先したので、戻ってきた時は「ワンマン 上総中野」の通常表示になってました。
うーん、残念。
でも、この車両は車内にトイレが無いタイプなので大原駅でトイレに行かないとトイレが近い私にとっては危険なのです(笑)
担当する運転士さん、サービス精神旺盛の方らしく、車内の空調など乗客にも声掛けして気にかけてくれてました。

さて、上総中野へ小一時間かけて汽車は走ります。
到着したのは17時過ぎ。
すでに周囲は薄暗くなっております。
小湊鉄道が反対ホームで待ってました。



満月もキレイに輝き始めてます。



両鉄道が入線して、夕暮れの上総中野駅も賑やかです。



駅前には地元の小学生や中学生の送迎も兼ねてか小湊鉄道バスが2路線待ってました。



私が駅から自宅へ徒歩で戻ろうとしていたら駅のロータリーにやってきたウィンドブレーカーの集団がやってきました。
どうやら地元(大多喜西中学校)の生徒さんのようです。
薄暗い状態なのでただでさえ視力の良くない私ですが、ここでこの日のサプライズ。
なんと中学生が全員で私にこんばんはとご挨拶してくれました。
いやぁ、これには驚きましたね。
故郷に戻ってきてから、たしかに挨拶を交わすことが多くはなってましたが、まさか見ず知らずの人にも挨拶する生徒さんと出会うとは。
そこにはジャージ姿で引率してきた先生も居て、この武井壮みたいな先生も生徒と同じく私に「こんばんは」。
私もつられて「こんばんは」と返し、何度もお辞儀までする始末です(笑)

でも、これって観光客とかはうれしいもんなんですよね。
知らない土地で挨拶されたり鉄道に乗っていて手を振ってくれたりすると、なんだか気持ちも温かく感じます。
都会で声などかけるとキャッチセールスなどと間違われますけど、田舎だとこういったさりげないことがまたおもてなしになるんですね。
私の母校でもある中学校の生徒がそんなにお行儀よくなっているとは。
自分達の時代ではそんなこと考えもしてなかったので、20年以上も時間が経つと変わるものです。
あと、生徒さんの下校に先生が引率するってのも我々の時代ではありませんでしたので、これも新鮮に驚きでした。

さて、糖尿病の関連で眼が見づらくなっている私。
この日は夕暮れの夜道を歩くこともあり、懐中電灯を持参してました。
ただ、LED電灯でも見づらいので用心して歩いていると中野山水神社の前でいきなり「こんばんは」と声をかけられました。
私からは真っ暗闇ですからかなりびっくり。
よく見ると中学生がジャージ姿でトレーニング中のようで、私を見かけて挨拶してくれたようです。
私も挨拶を返しましたが、真っ暗の中からいきなりの挨拶には面喰いましたな(笑)

最後は落語のオチみたいな感じで無事に帰宅したのでしたm(__)m



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンコ脱走事件20170109

2017-01-11 09:42:21 | 日記
昨年暮れ近くから我が家のワンコに異常がありました。
左前脚の付け根部分に擦り傷が。
とりあえず様子を診ていたら、散歩中にへたり込むようになってしまいました。



これは大変!!と年明けの連休中ではありましたが診察してくれる動物病院へ受診に行ってきました。
ところが我が家のワンコ、大の自動車&病院嫌い。
大人2人がかりでなんとかライトバンに乗っけて(餌などで釣りながら)片道1時間程度の隣町にある病院へ。
病院に到着してもなかなか診察室に入ろうともせず、やっと看護師(女性)になだめられて診察することができました
さすが女好きのワンコ
診察結果はとくに病気でもなく、コンクリートの床で寝起きしているうちに前足を傷つけてしまったとのこと。しかも自分の体重が重いから症状が悪化していたらしい。
食欲は旺盛なので体調面は問題ない。
とりあえずコンクリート床の上にシートを敷いて対応するように指示を受けました。

さて、診察の帰りです。
またまたライトバンに乗せようと四苦八苦していたところ、なんとワンコの首から首輪がスポっと抜けてしまうアクシデントが発生しました。
ちょうど雨、風、そして暗くなった午後6時過ぎ。
普段なら首輪が外れてもしばらくは立ったままなのですが、この時はまさに脱兎の如く逃げ走りました。
お前はドロボーか(笑)


首輪も外れているので単なる野良犬状態の我が家のワンコ。
しかもなじみの薄い街。
小型犬ならまだしも大型犬。

まいったなー。
飼い主の我父上殿、探しながらも頭を抱える始末
私もとりあえず対策を練ります。
動物病院にご近所から何かしらの連絡が入る可能性がありますしワンコ自身が病院に戻ってくることも想定できますので、事情を話して助けてもらえるようにお願いに行きました。
対応してくれた看護師さんはワンコをなだめてくれたお姉さん。
快く引き受けてくれまして、私も捜索に出ようとしましたら、看護師さんに呼び止められました。
なんと、ちょうど近所の方よりワンコが居るので引き取りに来てもらいたいと連絡が入ったのです。

さっそくライトバンでお宅にお邪魔いたしました。
お邪魔すると我が家のワンコが呑気にご家族の方に懐いております。
まったく(一一")
そして通報を受けてやってきたお巡りさん2名。
大雨の中を駆り出されてイラついていたのか一人のお巡りさんは事情を手早く聴取すると所轄署へ連絡するように私に指示。
警察署に連絡して無事に捕獲完了いたしました。
ちなみにもう一人のお巡りさんと警察署の電話対応してくれたお巡りさんは非常に丁寧な口調で最後に「ご連絡ありがとうございました」とどこかのデパートのような対応ぶりでした。
こちらが逃がしてしまった非がありますので怒られても仕方ない状況ですが、やはり言葉遣いってのは大切なんですね。
お邪魔したご家族も本当に良い方々で、我々も恐縮しきりでした。
本当にありがとうございました。
お騒がせして失礼いたしましたm(__)m

さて、そのお騒がせの張本人はというと、ライトバンの後部座席にて呑気に寝そべっておりました
帰る途中でワンコ用のシート(ちょうど良いサイズが無かったのでヨガ用のマット)を購入して帰宅。
薬とシート設置を雨の中行って、なんとかこの騒動にピリオドを打ったのでした。



現在、すっかりワンコのお気に入りの場所としてシートも活躍しております。
端っこにはワンコが齧った箇所もありますけども(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒲鉾や松前漬け、酢漬けなどが理解できる歳になってまいりました

2017-01-04 14:17:23 | 日記
正月三が日も終わり、本日から仕事始めの方もいらっしゃると思います。
年末年始のお食事、ご家族で食卓を囲んで食事をされた方もいらっしゃると思いますが、40代に突入して気づいたことがありました。
それは、お肉や伊達巻などのお正月での定番メニューよりもお魚の酢漬けや蒲鉾、松前漬けなどに食お好みがシフトしていること。

量は30代半ばを過ぎてから現象傾向にあることは自覚しておりましたが、味の好みもいよいよ大人な味わいを本格的に好むようになってきた年代を迎えているようです。

まず、年越しそば。
これは以前は天ぷらそばやらラーメンがメインだったのですが、今年は控えめにご飯と野菜中心のおかずのみで終了。
べつに糖尿病を患っているからというだけではありません。
なんとなーく、天ぷらなどの揚げ物はキツイな・・・と判断したから。
以前は好んで食べていたカキフライなども食べる回数がずんと減りました。

お正月といえばお節料理。
以前であればお肉料理などを好んで食べたものですが、今年は伊達巻を一口二口程度であとは蒲鉾、秋刀魚の酢漬け、松前漬けをメインに餅を食べるだけに終始してました。




あとは栗きんとんを少々・・・ってくらい。
栗きんとんは甘味が欲しいと感じたので食べたのですが、まだ30代の弟夫婦は肉料理などをバクバクと食していました。

やはり年齢なんでしょうなぁ(^。^)y-.。o○
大量に食べなくても満足感を得られる『大人』になってきたとこの時に気づきました。
蒲鉾もわさび醤油をチョイとつけて食べる。
うーん、乙ですな
秋刀魚の酢漬けや松前漬けを肴に日本酒などを呑んだらおいしいんだろうなと思いつつ、体調のこともあるので緑茶でまさにお茶を濁します。

粋ってのはこんな感じで愉しむことができることなんじゃないだろうか?

そんなどーでもいいことを正月は考えておりました。
最近は珈琲のうまさも理解し始めてますしね、山葵のうまさなんてのも以前に増して強く感じられるようになりました。
ちゃんと大人に近づいていくんですな(笑)

私も蒲鉾の旨さが理解できるようになりました(*^▽^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレンダー