きままな雑記帳

ごく普通のあんちゃんのきままに記す日常日誌

たまには気分転換に教養系の読書はいかがでしょう?・ 『茶の湯文様ものがたり 五十帖』(木下宗周著)

2018-02-21 16:59:42 | 歳時記
先日、私の別のブログ(anchachangのブログ『茶の湯 文様ものがたり 五十帖』木下宗周著/創英社・三省堂書店 』)でも紹介させていただいた本をこちらのブログでも改めてご紹介いたしますm(__)m

『茶の湯文様ものがたり 五十帖』(木下宗周著)



茶の湯の文様と題していても、茶の湯というよりも四季折々の和歌などを掲載されていて、それに関連する文様などを教えてくれてます。

茶道や華道といったものは疎い私ですが、四季折々の花や情景などを詠った和歌などはいいもんですなぁ。

高校時代の古文の授業、もう少し真面目に受けとくんだった(゚д゚)!と思うくらいに様々な和歌を掲載しながら文様のお話などを教えてくれます。

まぁ、前回も書きましたが、まだ私も完全に読み込んだわけではありませんので、詳しいことは不明なんですが・・・(;^ω^)

さてさて、こちらの本は自費出版で製作された著作物。

私の拙い説明ではどうにも要領を得ないかもしれませんので、もし気になって読んでみたいとか購入してみたいとお考えになりましたらAmazonや自費出版ネットワークからも購入することが可能だそうです。

Amazon『茶の湯文様ものがたり 五十帖』

自費出版ネットワーク『茶の湯文様ものがたり 五十帖

あと、『茶の湯ものがたり五十帖』や『木下宗周』で検索すると様々な情報がヒットしますのでご覧ください。

楽天ブックス


紀伊国屋書店


honto

楽天市場


三省堂書店

LOHACO

などなど。

今回は本の紹介ブログでした。















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走の夕暮れはつるべ落とし~20161203千葉・大多喜~

2016-12-03 16:43:53 | 歳時記
師走に入ってから天候の良い日が続いております。
ここ、千葉県は大多喜地方は日中15度はある温かい気候で大変過ごしやすい一日。



紅葉も真っ盛りで山々を彩っております。



つい先日の吹雪が舞ったとは思えません。
いやー暖かい。
そんな昼間は猫だけでなくワンコもお昼寝をする時間。
我が家の秋田犬くんもお昼寝。



ワンコの周囲を掃き掃除しているんですけどね、まったく起きようとはしません(笑)



どんだけ肝が据わっているのか・・・。
まるで一昔前の休日のお父さん状態です。
結局、ワンコの寝ている場所は起きるまでは掃除は中断です(笑)

さて、そんな小春日和でも確実に冬に向かっているのは日暮れの早さ。
16時過ぎには薄暗くなってまいります。



16時半過ぎにはこんな状態。



早いですね、本当に。
まさにつるべ落とし。

以前は仕事で22時までは仕事してましたから夜はなんとも思わなかったのですが、やはり田舎に居ると日の出、日の入りという自然のサイクルって強く感じます。
療養中だからかわかりませんが、規則正しい生活になっている私。
22時には寝てしまいますが、そのおかげかしっかりと睡眠も摂れるようになりました。
やはり自然のサイクルに合わせる生活だと身体も調子が良くなるようです。

久方ぶりにまじまじと夕暮れを愉しむことができる2016年です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霜月の最終日 房総の里にも霜がおりてました

2016-11-30 13:53:23 | 歳時記
霜月(11月)最終日の本日、早朝の日課となっているワンコの散歩に外を歩いてみると、霜がおりておりました。



霜月というくらいですから11月は霜が降りる月。
房総の里山、大多喜にも霜がおりる季節がやってまいりました。
今朝は冷え込みも厳しく凍えるような寒さ。
軍手の手袋をしていても指先が凍えて感覚がありません(◞‸◟)
こりゃおいねーのう(これはよくない(房総の方言です))と大げさに身体を動かして血流を促進させます。
こんな寒い時期、秋田犬はさすがに寒さに強いですね。
元気にはしゃいでます。
夏場と較べて元気度が180度違います。

さて、いつもの散歩コースである里山へと向かいます。
途中の田んぼのあぜ道も霜がおりてます。



やがて人家の無いエリアまでやってきた時に後ろから軽トラが1台向かってきました。
時間帯は朝の6時台、進行方向は山の中の田んぼしかありません。
不思議に思っていると、軽トラの運転手から声をかけられました。
「すいません、ハンターなんですけどこのあたりってこれ以上奥に人家ってありますか?」
「いや、人家はありませんよ」
「奥って車でどのくらいまで行けます?」
「3分程度の距離で突き当りにぶつかります。そこまでは舗装されてるので行けますよ。あとは田んぼへの道で未舗装なので車だと危険ですね」
「ありがとうm(__)m」

というやりとりをして軽トラは先へと走っていきました。
私とワンコはその後をまた歩きます。
しばらく歩くとハンターと先行していた地元のじーちゃんばーちゃんコンビがお話してました。
内容的には私との会話とほぼ同じ。
じーちゃん、ばーちゃん「とにかくさ、イノシシだとかが家の周辺まで来て畑なんかを荒らすんだよ。数もけっこういるみたいだからさ、バンバン狩りしてくれよ(笑)」
これにはハンターさんも苦笑い。

私も「まぁ、無理しないで頑張ってください」と伝えて帰路いたしました。
我が家のワンコがやけに軽トラの荷台を見て泣いているので聞いてみると、どうやらハンターさんの猟犬が乗っているとのこと。
我が家のワンコは友達になろうとしているみたいなのですが、相手はこれからお仕事ですので、お邪魔しないように帰りました。

帰路の朝焼けの空はもう冬支度。



明日から師走です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレンダー