あれこれ散歩道

散歩道は鴨川のほとりです。
鳥、花、犬、人…、出会いはあれこれ、楽しい一日が始まります。

ちどりが “ちどり” を見つけた!

2019-03-21 16:01:30 | Weblog
「二条城に “ちどり” がいるの知ってる?」
「えっ、まさか!」
お城の近くにお住まいのMさんから聞かれて、
チドリと言えば、鴨川のチドリしか出て来ないわたしは
半信半疑のままでいました。

ある日、思い立って “ちどり” 探しに行って来ました。



水面に映る東南隅櫓を見てすぐ、東大手門です。



「さ、どこかな?」
Mさんがいたずらっぽく笑っています。
「この門のどこかにいるよ」

ずーっと近づいてみます。



「??・・・」



「あった〜」
思わず大きな声になり、
“ちどり” が飛んでいるのを見つけました。




大手門の右下の隅の飾り金具の中にひっそりと・・・。
でも、なぜか誇らしげに
「ここにいるよ」と言っているように見えます。

このちどりは当時の飾付け師の遊び心でしょうか。
ボランティアガイドのおじさんは
「ま、日光の眠り猫みたいなものかな」ですって。
二条城にお越しの節は、ぜひ確認してくださいね。




コメント (8)

長徳寺のオカメザクラ

2019-03-16 15:31:29 | Weblog
今年も早々とオカメザクラの出番です。
この暖かさで5部咲きからあっという間に満開になりました。



一昨年までは枝を大きくのばし、見事でしたが、
昨年大きな幹が伐られ、さらに台風の被害にもあってみじめな姿。
でも、下の方の枝はきれいに咲いています。



その分、隣の木が大きくなってきました。





お寺の本堂を覆い隠すように咲いているオカメさんの横で、
左隅に小さいけれどもカンヒザクラが真っ赤な花をつけています。

下向きに咲いた八重桜です。

連日カメラマンで大賑わい。
サクラの開花を待ちこがれる人々にとって、
ソメイヨシノより一足先に咲くオカメさんは人気モノです。

鴨川の土手ではトサミズキが咲き、


モズが何かを狙っていました。





コメント (8)

城南宮のしだれウメ

2019-03-11 11:26:47 | Weblog
春の香りが漂いはじめ、河原の緑も日に日に増えて、
華々しい季節の予告です。
じっとしていられなくなり、
城南宮を訪れました。

城南宮は
国家の安泰と都の守護を願って、創建されてから1200年、
「方除け(ほうよけ)の大社」として知られています。
明治の幕開けとなった「鳥羽・伏見の戦い」が始まったところで、
この参道から大砲が放たれたようです。





ここまで外国の観光客は来ないだろうと
タカをくくっていったら大違い。
東門をくぐって朱の大鳥居を通り過ぎたら
梅園への入園の長蛇の列。
狭い遊歩道はなかなか進みません。








すこし盛りが過ぎていて、
散った花びらの絨毯、



一郭にはフキノトウも花を咲かせていました。



ひと回り済んでやれ帰ろうというとき、
何か物足りない? 
そうだ、本殿に参拝していないわ。
ウメに気をとられて神様を忘れていた・・・。
また引き返します。



こちらは静かでした。


寄り道したり、レストランを探したりして
よくよく歩いたと万歩計を見れば 12,650 歩。
体調を崩して出不精になっていたのが、
やっと自分のペースに戻ったと、
自信を取り戻した一日でした。


コメント (8)

河津桜が咲いた

2019-02-27 13:38:19 | Weblog
このところの暖冬に誘われて
河津桜が咲き出しました。
ずいぶん早いですね。

堀川通、「戻橋」の脇で咲いているサクラです。
戻橋は、はじめ平安京造営の時に架橋され、
平成になって架け直された橋です。
さまざまな言い伝えの多い由緒ある橋で、
近くには晴明神社もあります。





こちらは二条大橋のそば、
リッツカールトンホテルの脇に植えられた河津桜です。




いずれも、お花見にはちょっと早めですね。

チンチョウゲも咲き始めました。


赤いツバキも目立ちます。
コメント (10)

春のきざし

2019-02-22 12:48:55 | Weblog


4月?の陽気に誘われて川べりに出てみれば
寒々とした風景の中にも
潜んでいる春の声が聞こえそう。
でも、風は冷たくて襟を立てたくなります。

  ♬春は名のみの 風の寒さや
   谷のうぐいす 歌は思えど
   ときにあらずと 声もたてず
   ときにあらずと 声もたてず♬

ソメイヨシノのつぼみが大きくなってきました。


ホトケノザが小さくつぼみをつけ、


フラサバソウがひっそりと咲いています。


白梅も
まだ咲いてるよ と言わんばかりに
青空にのびています。



水辺はさびしいのひと言。
ユリカモメは全然、1羽もいません。
暖冬ではや帰ったのかもしれません。
キンクロハジロ、カワアイサ、カワウ・・・。
それに少数のカモたち。

オオバンがやっと1羽、
わがもの顔に水辺を独り占め。
日に映えて漆喰の黒です。




暖かい春近しですね。

コメント (8)

また 冬休み?

2019-02-15 10:04:55 | Weblog


早春の息吹を感じるこの頃ですが、
体調をくずしてしまいましたので、
このブログをしばらく休ませていただきます。
コメント (5)

再び 梅見に

2019-02-07 14:34:55 | Weblog
寒暖の差が激しくて外出をためらうこの頃ですが、
今日は暖かそうなので、
気になっていた御苑のウメをまた、見に行ってきました。
紅に混じって白も咲きかけていましたが、まだ早いようです。











カメラを向ける人はちらほら。
ナンバーをつけたレンタルチャリンコの観光客が数人
ウメには興味ないのか颯爽と通り過ぎていきます。
(こんなにきれいなのに見ないの!)

おじいちゃんと若者が石柱に腰掛けて
犬談義でしょうか、楽しそうです。
足元では退屈している2匹の犬。

広場の奥の建礼門は一部に
工事用のシートがかけられ
真冬の静寂さがよけい身にしみます。

途中で見つけたツバキとスイセンです。









コメント (8)

梅はまだかな?

2019-01-25 09:50:17 | Weblog
梅の香に誘われて目覚めました。
目覚めたものの、寒さは募る一方、また眠くなるかも???

京都御苑の休憩所が改装されてきれいになったと聞き、
あ、そうだ、梅は咲いてるかな?と出かけてきました。

相変わらず静寂な雰囲気の建礼門前の広場です。
この広場にはケモノ道?は出来ません。
ここを通って近道をする人はいないからです。


梅苑に直行、でも早すぎました。
紅梅がちらほら、あまりきれいではありません。




むしろ数本のソシンロウバイが小木ながらも満開でした。



鴨川に出ます。
冷ややかな風景の中でセンダンの実が白く、
ヒヨドリやムクドリが啄む姿は
少ない冬鳥の中にあって目立ちます。





水辺ではコサギとカワアイサが仲良くお休み。




何を話し合っているのでしょうね。
コメント (13)

ただ今冬眠中・・・

2019-01-14 11:16:49 | Weblog


寒い寒いと眠ってしまいました。
しばらく失礼いたします。
コメント (8)

謹賀新年

2019-01-02 20:24:31 | Weblog
明けましておめでとうございます。

平成31年元旦、午前7時、日の出前の風景。
日の出が近づいて、北山は東側が赤く染まってきました。
赤富士ならぬ赤北山です。


山の麓に層雲がたなびき、その奥に
アルプスを思わせるような
陰影をはっきりとさせた山々の
ほんのひとときの美しい風景。



  春はあけぼの。
  やうやう白くなりゆく山ぎわ、
  すこし明かりて、
  紫だちたる雲の細くたなびきたる。・・・

を連想したくなります。



7時36分、東山から日が出ました。
2019年、平成最後の年の夜明けです。


今年もよい年でありますように・・・。
拙いブログも細々ながら続けていきたいと思いますので、
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
コメント (9)