わ! かった陶芸 (明窓窯)

 作陶や技術的方法、疑問、質問など陶芸全般 
 特に電動轆轤技法、各種装飾方法、釉薬などについてお話します。

釉の熔融(剤)について 2

2008-12-24 19:42:13 | 釉薬に付いて 釉薬の種類 熔融剤
前回の続きを述べます。

 ぁ.螢船Ε爐砲弔い

  ・ リチウムは、釉の光沢や、機械的強度を増し、風化に対しても、強い物質です。

  ・ 更に、熔融剤としても強いので、珪酸、アルミナ、石灰を多量に使う釉に対して、有効です。

  ・ 酸化リチウム(Li2O)を、0.5 % 入れると釉の流動性を増し、光沢が出ると伴に、

    ピンホールの予防にも成ります。

  ・ 又、釉を安定化させ、銅の色釉では、美しい青色が出ます。

  ・ 釉の原料として、ペタライト(Li2O・Al2O3・8SiO2)や、炭酸リチウムが有ります。

  ・ クロム緑やピンク釉に、亜鉛華(ZnO)は使えず(発色を阻害)、貫入が出や易いですが、

    リチウムを入れる事によって、貫入を予防出来ます。

 ァ\亞イ砲弔い

   石灰は、殆どの釉に使われています。それは、

  ・ 硬度を増し、磨耗に強く、耐水性に優れ、更に風化に対しても強いからです。

  ・ 又 他の熔融剤と比較すると、引っ張り強度を増し、熱膨張(収縮)率を著しく、低くします。

  ・ 石灰の量が、ある範囲以上に成ると、耐火度が増し、冷却時、灰長石と言う結晶が

    細かく分離し、マット釉に成ります。

    マット釉を作る際、この石灰を多く入れる方法が、一般的です。

    但し、過剰に入れると、結晶が気泡化を起こします。その際には、珪酸を少量入れると、

    気泡を抑える事が出来ます。

  ・ 石灰石は比重が軽く、釉薬中で他の原料を浮かせる、役目もします。

 Α.泪哀優轡◆MgO)について

  ・ マグネシアは、高温で強力な熔融剤に成り、流動性を増大させ、他の熔融剤より、

    膨張係数を低下させます。貫入防止剤にも成ります。

  ・ 低温では、逆に難熔性で、1100 ℃以下では、0.2 〜 0.4 モル程度で半艶消し〜艶消し釉

   (マット)に成ります。

  ・ 釉の原料としては、マグサイト(MgCO3)、安価なドロマイト(MgCO3・CaCO3)、滑石(タルク)

    を使います。

  ・ マグネシア釉の、表面張力の大きさを利用した、装飾方法として、以下の方法が有ります。

    素焼素地に、光沢色釉を全面塗り、その上から、マグネシア釉をスプレー掛けし、焼成すると、

    下掛け釉が、熔けて流れ、マグネシア釉が熔ける際、下の釉に引っ張られ、色々の場所に、

    貫入の様な筋が出来ます。

 А〇晴愁丱螢Ε爐砲弔い

   他の成分との化学反応が弱く、更に耐火度が高い(熔け難い)為、あまり利用されませんが、

   熔け難い事から、逆に艶消し(マット)釉として利用できます。


以下次回に続きます。
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釉の熔融(剤)について 1

2008-12-23 22:15:23 | 釉薬に付いて 釉薬の種類 熔融剤
 釉が素地に融着するのは、熔けた釉が、素地の隙間に入り込み、化学結合物を作り、

 冷えて楔状に固着するからです。

 又熔け方も、ある温度に成ったら、各成分が一斉に熔けるのでは無く、熔け易い物質から

 順次ガラス化していきます。

 物質は、どんな物でも、高温に成れば、必ず熔けます。

 ・ その中で、特に熔融剤は、釉薬を熔かし易くする、材料です。


では各物質の熔けた場合を見ていきます。

  〃昌澄淵轡螢)は、熔融剤とは呼ばれませんが、釉の主成分の一つです。

  ・ 珪酸が多過ぎると、熔けなで、釉の中に残り、透光性が減り、マット状に成ります。

    その為、表面が「あばた」に成り、釉飛の原因に成ります。

  ・ 逆に、少な過ぎると、素地との結合が弱く、素地に吸収されたり、素地から

    流れ落ちたりします。更に釉が「煮える」状態で、気泡が発生し易いです。

 ◆.▲襯潺福Al2O3)も釉の主成分です。

   この物質も、珪酸同様、熔融温度を、上げる作用が有ります。

  ・ 量の大小や、温度変化によっても、物理的な性質は、大きく変化しません。

    即ち、釉に硬さを与え、風化や化学的侵食を少なくします。

  ・ 釉に透明性を与え、失透や、結晶生成を防止する作用が有ります。

  ・ アルミナは、釉の粘度を増し、流動性を調節し、素地に安定的に融着します。

  ・ アルミナが多過ぎると、粘度は急激に増し、気泡が発生が発生します。(0.4 モルを超えない事)

  ・ アルミナの原料は、長石からも採れますが、カオリンから採ると、素地に良く付着します。


 これから熔融剤について述べます。

  ジェーゲル(ゼーゲル)式で、R O に相当する物質を熔融剤と呼びます。

  特にアルカリ (これから述べる物質)は、強力な熔融剤で、釉の流動性や、光沢を増し、

  色釉の発色を促進させる、重要な原料です。

  ・ 熔融剤は、2種類(出来れば3種類)の原料を使って下さい。その効果が著しく成ります。

  カリ、ソーダについて

  ・ カリ(K2O)は、長石釉では一般的に、使われます。又ソーダ(Na2O)と置換され、

   より、熔け易く成りますが、光沢はやや落ちます。

  ・ カリやソーダを増すと、光沢は増しますが、風化に対する耐久性は劣ります。
  
  ・ 石灰をソーダと置換すると、R O のモル数が多い場合、貫入が増える傾向になります。

    ソーダは珪酸塩ガラスの中で、膨張(収縮)係数が最大ですので、貫入が発生します。

   ・ 尚、純粋なカり長石や、ソーダ長石は産出しません。お互い少しづつ混ざりあっています。

   ・ 次に、ソーダとカリの熔融剤による、金属の発色の違いを表にしました。
     
      熔融剤 ソーダとカリによる、金属の色変化
  
           ソーダ    カリ    還元        酸化

  コバルト     青     青     青藍(桃紅色)   青藍

   銅      空青  トルコブルー  赤、紫褐     緑、青緑、暗緑

  クローム   草緑    黄緑     青緑       帯黄緑、青緑

  マンガン   暗黄     紫     褐、黒褐     黄褐色、黒褐

  ニッケル    褐      褐     灰色         緑色

   鉄    帯褐黄色    褐     青緑、褐黒    黄赤褐、黒

  チタニウム   黄      黄     暗褐、茶褐    橙黄、 茶褐

以下次回に続きます。

 陶芸釉薬の熔融剤 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釉薬の調合 (SK-8の釉薬を作る2)

2008-12-21 21:58:35 | 釉薬の調合と釉を掛ける
前回に引き続き SK-8(1250℃)の、釉薬(石灰系透明釉)の調合の、話を進めます。

 前回のおさらいです。

 SK-8の釉薬を作るには、ジェーゲルコーンのSk-2a(1120℃)の番号の組成で、作れば良い、

 事を述べました。

 そのジェーゲル式は、以下の様に表示され、福島長石、福島珪石、朝鮮カオリン及び石灰石から

 調合する事にしました。

    ・ 1R O の成分は簡単にするため、CaO = 0.6   K2O、Na2O = 0.4(モル) とします。

    ・ 即ち 1R O ・ 0.652 Al2O3 ・ 5.687 SiO2 と成ります。 (単位はモル)


  今日の本題に入ります。 (数字に付いては、前回の表を参照して下さい)

  K2O と Na2O の0.4 モルを福島長石から、求めます。その重量は

   0.4 / 0.167(K2O + Na2O = 0.111 + 0.056 モル)* 100 = 239.5 g

 ◆,海涼罎砲蓮Al2O3 と SiO2 が以下のモル数で、含まれています。

    Al2O3 は (239.5 * 0.182) / 100 = 0.436 モル

    SiO2 は  (239.5 * 1.111) / 100 = 2.661 モル

  0.6 モルの CaO は、石灰石から採り、その重量は

    (0.6 / 0.983) * 100 = 61.0 g です。

 ぁ”要な Al3O2 のモル数は、0.652 で、0.652 - 0.436(長石分) = 0.216 不足です。

   この不足分を、朝鮮カオリンから、採ります。

   0.216 / 0.366 * 100 = 59.0 g

   この中に含まれる SiO2 のモル数は、(59.0 *0.767) / 100 = 0.453モルです。

 ァSiO2に対しての、不足分は、5.687 -( 2.661 + 0.453) = 2.573 モルで、

    福島珪石から採ります。

    (2.573 / 1.643) * 100 = 156.6 g

 Α^幣紊侶彁桟覯未ら、Sk-8 の調合は次の様に成ります。

   福島長石   = 239.5g

   福島珪石   = 156. 6g

   朝鮮カオリン =  59.0g

   石灰石    =  61.0g
   
  単位をgに表記していますが、割合ですので、1/10や、1/100の少量で調合し

  テスト焼きをて下さい。

 尚 何度も言いますが、上記データは、理論値です。

   窯の状態、上昇温度、焼成時間、燃料などの差によって、実際には、溶け不足や、

   溶け過ぎなどが、起こる恐れが有ります。その際には、上記データの割合を変えたり、

   溶媒に成る他の R O 成分を加える等して調整してください。


調整については、以前にも記しましたが、再度書いて置きます。

 顱法R O 成分に Mg O 、Ba O、Fe2O3 などを加えると、融点は下がる。

 髻法ZnO (亜鉛華)などを入れると、融点は下がる。

 掘法Al2O3、SiO2 を少なくすると、融点は下がる。

   などです。

陶芸釉薬調合 
   
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釉薬の調合 (SK-8の釉薬を作る1)

2008-12-20 21:45:17 | 釉薬の調合と釉を掛ける
、ジェーゲル(ゼーゲル)式を基にした、釉薬の例として、Sk-8(1250℃)の釉薬を調合します。

 釉薬としては、ジェーゲルコーンのSK-8よりも、5番少ない番号Sk-3a(1140℃)を使う様にと、

 前回まで述べて来ました。

 ・ 但し、ジェーゲルコーンは、1時間当たり100℃の割合で、温度上昇させ、その温度で、

   コーンが軟らかく成り、頭が床に着くと言う事を意味しています。

 ・ 即ち、Sk-8(1250℃)は12時間30分の焼成の結果です。

 上昇温度は、窯の大きさ、作品の量、燃料の違い、粘土の違い、その他の条件によって、

 窯毎に違います。

 現在の市販されている窯は、もっと短時間で、焼成する窯が一般的です。

  それ故、更に溶けやすくする為に、もう1番下の番号を、選んだ方が無難です。

 ・ 結論として、Sk-8で溶ける釉薬は、Sk-2a(1120℃)のジェーゲル式を使う事です。

1) では実際の調合例を述べます。

  SK-2a のジェーゲル式は、(前々回述べましたが、)以下の様になります。

   MgO=0.096   CaO=0.599  Na2O=0.085   K2O=0.220   B2O3=0.170
 
    Al2O3=0.652   SiO2=5.687   

    ・ 1R O の成分は簡単にするため、CaO = 0.6  K2O、Na2O = 0.4 とします。

    ・ 即ち 1R O ・ 0.652 Al2O3 ・ 5.687 SiO2 と成ります。 (単位はモル)

       (石灰系の釉薬に成ります)

   (注: R O に相当する成分は各種有りますが、溶媒(=溶け易くする物質)と言います。

    溶媒としての働きは、同じ様ですが、色釉の着色金属との反応や、酸化、還元焼成では、

    各々独自の作用が有ります。 詳細は、後日説明致します。)
    

  ◆℃慳瑤慮粁舛箸靴董∧‥臘浩弌淵リ=正長石)、福島珪石、朝鮮カオリン、石灰石を

    使い、釉を調合します。

   ・ 上記物質の、100g当たりの、化学分析値、及びモル数を記します。

       Al2O3   SiO2   FeO3   CaO   MgO   K2O   Na2O

 長石    18.57  66.74   0.18   0.24    ー   10.42   3.48

  モル数  0.182  1.111                  0.111   0.056 

 珪石     0.56  98.62   0.03   0.39   ー    0.05   0.28

  モル数       1.643

 カオリン  37.27  45.82   0.58   0.60   0.25  0.54   0.46

  モル数  0.366  0.764

 石灰石   0.20   0.40   0.02   55.05  0.04   0.05   0.20

  モル数                   0.983

                (前回紹介した「入門やきものの科学」より)

 以下 次回に続きます。

 陶芸釉薬の調合 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釉薬の調合 (ジェーゲル式3)

2008-12-18 22:40:03 | 釉薬の調合と釉を掛ける
前回の続きを述べます。

 前回のジェーゲルコーン(錐)のS K 値と化学組成の、表から解かる事は、

  R O 成分が多くなると、融点は下がる。

 ◆R O 成分を多くし、更にAl2O3、SiO2を少なくすると、更に融点は下がる。

 又 表には現れていませんが、

  R O 成分の、ZnO (亜鉛華)やPbO(鉛)が入ると、融点は下がります。

 尚、釉薬としては、コーンの番号より100℃程度低い温度(S K 値で5番程度低い)で、

   調合する様にします。(再確認)

ロ) 釉の状態に付いて。

  釉が透明か、不透明か、光沢釉か、マット釉かが推測れきる。

  Al2O3 と SiO2 との比(モル数)によって、釉の状態が変化します。

  (以下に述べる事は、理論値です、使用する際には、若干の手直しが必要かも知れません)

  _召法⇔匹ゎ慳瑤箸蓮光沢が有り、透明に溶ける釉と言う事にすると、

  R O 1モルに対し、Al2O3 : SiO2 = 1 : 7〜11 位が経験的に、良い釉薬になります。

  例 Al2O3=0.2(モル)  SiO2= 2.5(モル)で透明(灰釉系)

    Al2O3=0.4       SiO2= 3.5 で透明 (磁器釉系) 

 ◆.泪奪肥悄扮霈辰月悄

  透明釉より、Al2O3 を多くし、SiO2 を少なくすると、マット釉に成ります。

  例 Al2O3=0.45     SiO2= 2.5   でマット釉

  乳濁釉

  透明釉より、Al2O3 を少なくし、SiO2 を多くすると、乳濁釉に成ります。

  例 Al2O3=0.30    SiO2=4.0  で乳濁釉

ハ) 失透釉に付いて

  透明でない釉薬、乳濁、結晶、マットを、まとめて、失透釉と言います。

  結晶釉: 釉のガラスの中に、微細な金属などが、浮遊している場合です。

        結晶の大きさも、目に見える物から、結晶状態が良く解からない物も、あります。

       一般には、光沢が有ります。

  マット釉: 微細な結晶が存在していても、光沢の無い釉を、マット釉と呼びます。

  乳濁釉: ガラスで有りながら、釉の中で、成分が溶けても、混じり合わない場合(分相という)

  又 失透釉を作るには、失透剤(乳濁剤)を加えると、効果が有ります。

   ・ 失透剤には、骨灰、酸化チタンを少量加えると、分相を起こし、乳濁します。

   ・ ジルコンを加えると、冷却時に、結晶化し失透します。

以下次回に続きます。

 参考資料を挙げて置きます。

   崙門やきものの科学」 田賀井戸秀夫著 共立出版 科学ブック28

 ◆ 嵜涓髻々芸用陶磁器」 素木(しらき)洋一著 (株)技報堂出版

 陶芸釉薬の調合 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釉薬の調合 (ジェーゲル式2)

2008-12-17 23:24:23 | 釉薬の調合と釉を掛ける
前回の続きを述べます。説明がダブりますけれど、ご容赦下さい。

 前回ジェーゲル(ゼーゲル)式は、以下の式で示される事を、説明しました。

   R O・m Al2 O3・n Si O2

R O 1モルに対して、Al2 O3 が m モル、Si O2 が n モル、の関係にある事を示しています。

  R O を構成する酸化物は、以下の様な原料が有ります。

    K2O1、Na2O、CaO、MgO、BaO、ZnO、FeO、MgO、PbO、CdO、CuO、NiOなど

 ◆Al2 O3 を構成する原料は

    Al2O3、B2O3、Fe2O3、Sb2O3、Cr2O3、Mn2O3 など

  Si O2 を構成する原料は

    SiO2、TiO2、SnO2、MoO2 などが有ります。

1) この式の利用方法

  この式から、以下の事が解かります。

  .献А璽殴詒峭罅SKで表される)から、m、n の数値が決まり、溶ける温度が、推定できる。

 ◆℃悗透明か、不透明か、光沢釉か、マット釉かが推測れきる。

  原料の割合が計算でき、容易に調合する事が出来る。


イ) では,ら詳細を述べたいと思います。

  ジェーゲル錐(コーン)は SK-022(600℃)〜Sk-42(2,000℃)まで作られています。

  陶芸で(特に本焼き)必要な範囲は、SK-5a(1180℃)〜SK-10(1,300℃)位です。

  但し、ジェーゲル錐が倒れる温度では、釉薬は十分溶けません。溶ける温度で調合するには、

   ・100℃程度低い温度の、ジェーゲル錐の番号を選びます。

  ・ 即ち 1,230℃の釉薬を作るには、SK−2a の数値を使います。
     

  この範囲の数値を入れて見ましょう。(単位はモルです)

            MgO  CaO  Na2O  K2O  B2O3  Al2O3  SiO2

SK-01a(1,080℃) 0.151  0.541  0.134   0.174   0.268   0.625   4.931

SK-1a(1,100℃)  0.122   0.571   0.109   0.198   0.217   0.639   5.320

Sk-2a(1,120℃)  0.096   0.599  0.085   0.220   0.170   0.652   5.687

Sk-3a(1,140℃)  0.067   0.630   0.059   0.244   0.119   0.667   6.083

Sk-4a(1,160℃)  0.048   0.649   0.043   0.260   0.086   0.676  6.339

SK-5a(1,180℃)  0.032   0.666   0.028   0.274   0.056   0.684   6.565

Sk-6a(1,200℃)   0.014  0.685  0.013   0.288   0.026   0.693   6.801

SK-7 (1,230℃)   ----   0.7    ----   0.3   ----     0.7     7.0

Sk-8 (1,250℃)   ----   0.7    ----   0.3   ----     0.8    8.0

SK-9 (1,280℃)   ----   0.7    ----   0.3   ----     0.9    9.0

SK-10(1,300℃)  ----   0.7    ----   0.3   ----    1.0    10.0


以下次回に続きます。

 陶芸釉薬の調合 ゼーゲル式   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釉薬の調合 (ジェーゲル式1)

2008-12-13 23:18:25 | 釉薬の調合と釉を掛ける
釉薬の調合

2)ジェーゲル式

 ジェーゲル(又は、ゼーゲル=Seger)は、ドイツの化学者で、主に釉薬に関した研究をした人です。

  尚 ゼーゲルコーン(三角錐)は、窯の中の温度を、測る物ですが、彼が考案した物です。

 彼は、原材料の配合によって、釉が何℃で溶けるか、又どのように釉が変化する物なのかを、

 調べました。


 では本題に入ります。

  .献А璽殴觴阿蓮以下の用に表記されます。

   R O・n Al2 O3・m Si O2

   (化学式では、元素記号の後の数字は、小さな文字で表記しますが、ここでは表記できません、

   よって普通の文字の大きさで、表示しています。)

 ◆\茲困海亮阿琉嫐から、説明します。

  a) R O はアルカリ土金属(ナトリュウム、カリュウム、カルシュウム、マグネシュウムなど)の

    酸化物を表しています。

    (単位は、分子量に相当する、重量です。以下同じ)

  b) Al2 O3は、酸化アルミニュウムです。

  c) Si O2 は、酸化シリカ(珪素)です。

  d) (m)および(n)は、定数で、単位はモルです。

    尚 R O の前に(1)と言う数字が入りますが、省略されています。

   e) 即ち、1モルの (R O)成分に対して、(Al2 O3)成分がmモル、(Si O2)成分が、

     nモルである事を示しています。

  分子量とは、各原子は原子量(重さ)を持っています。又原子は他の原子と結びつき、

   分子と呼ばれる様に成ります。この分子も、分子量と言う重さを持ちます。

  ・ モルとは、各1分子量に、グラム(g)を付けた物を、1モルと言います。

  例1 Al2 O3の分子量は (Alの原子量は、27.1で、O は16です)

     Alが2個とO(酸素)3個の結合なので

     27.1*2 + 16*3 =54.2 +48= 102.2 と成ります。

     Al2 O3の1モルは、102.2gと成ります。

  例2 Si O2の分子量は (Siの原子量は、28.1)

     28.1 + 16*2 = 60.1 と成ります。

     Si O2の1モルは60.1gと成ります。

 尚 各物質は、複雑な化合物として存在しています。それ故、化合物の化学記号が

   解から無いと、必要なモル数が解かりません。

  ・ 例として、カリ(正)長石を見ると、化学記号は、Al2 O3・6Si O2・K2 O です。

    この分子量は 556.51ですが、酸化アルミと 酸化珪素と 酸化カリの化合物です。

   

以下次回に続きます。

 陶芸釉薬の調合 ゼーゲル式     


   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釉薬の調合 (三角座標)

2008-12-12 22:28:21 | 釉薬の調合と釉を掛ける
釉薬の調合方法を、述べたいと思います。

 調合は、各原料の合計が、基本的には100%に成るようにします。

 ここで注意すべき点は、その割合が、容積比なのか、重量比で表された物か、と言う事です。

 ・ 容積比と、重量比では、当然その内容が違います。

 ・ 古い時代では、計量に、枡(マス)を利用していましたので、容積比で記録されていました。

 ・ 現在では、重量を測る秤(最小5〜10mmg程度まで測れる)が普及していますので、

   重量比で表記された物が多い様です。

本や参考書を利用する場合、この点を確認してから、仕事を始めて下さい。


 1) 三角座標による調合方法

 2) ジェーゲル式による調合方法

 上記二点の方法をお話いたします。

  ・ 色々の割合で調合した物は、各々テストピースに塗り、望みの温度で試し焼きします。

    その際、ゴスや鬼板などで、下絵を書き、裏側にデータを記入し、釉の溶け具合や、

    絵の発色具合を見て、良いデータの物を選び、候補を絞り込み、更に細かく調合し、

    選別する事を、繰り返すます。

  ・ 自分で、一つの釉薬を作り出すまでには、かなりの手間隙が、必要です。

1) 三角座標による調合方法

  例として、色釉を作る際の、基礎釉の調合について述べます。

   仝矯猯舛蓮長石、珪石(又は陶石)、石灰(又は土灰)を使います。

    各材料は、乳鉢などを使い、粉末状にしておきます。 

  ◆\技鯵儼舛鯢舛、各頂点を長石、珪石、石灰の基準点とし、各辺を10等分した線を描きます。

   各線に1〜9の番号を振ります。(1〜9の番号が、各々3組有ります)

  ぁ,海了伊椶慮鬚錣訶世、各材料の割合(重量比)と成ります。

  ァヾつかの例を述べます。

   a) 長石 70  SK-8(1250℃)で、溶け具合良好、

     珪石 20  透明、 ゴス、鉄絵が良好

     石灰 10

   b) 長石 60  溶け具合良好

     珪石 30  乳白色

     石灰 10

  Α〕詫参硬戮髻低くしたい場合

   a) 石灰や土灰など(塩基成分)を多くする。

   b) 亜鉛華(ZnO)を入れると、低くなります。

 イ) 次に、調合の仕方を説明します。
  
   ヾチ腓靴栃緩化した材料を、秤で測り、決められた割合で、乳鉢に入れる。

  ◆‘棒で百回以上掻き回し、良く混ぜます。

   次に、水を加えます。水は少しずつ加え、一度に入れない事です。

  ぁ々垢貌棒で撹拌します。水の量が多過ぎると、やり難くなります。

    全体に水が行き渡り、乳棒がスムーズに回転できるまで、動かします。

 ロ) 施釉の仕方(テストピースへ)

   〇遒慧匹蝓А〜脳討稜吠劼謀匹蝓平擦掘筆、流し掛けなど)、接着具合を見ます。

  ◆‥匹辰榛檗釉に「ひび」が入ったり、めくれ現象が起きるのは、良くありません。

   釉掛けの厚みにより、泡や「あぶく」の出る物も、悪いです。

  ぁ仝く掛けたい場合には、薄めの釉薬を、数度塗り重ねて下さい。

    又水分が少ないと、「割れ」や「ひび」が発生します。

  ァ℃慳瑤魍櫃韻詈法は、他に、スプレー、スポイト掛け、刷毛塗りなどが有ります。

後は焼成し、結果を見ます。一度や二度では、上手くいきません。

又窯によって、溶け具合や、透明度などに差が出ます。

 それ故、他人のデータは、そのまま使える事は、少ないです、参考程度にする事です。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釉薬の原料 (灰以外)

2008-12-11 23:00:15 | 釉薬の調合と釉を掛ける
釉薬は、焼成すると、ガラス質になります。

 ・ ガラス質に成り易い成分は、一般的には、珪酸(シリカ、SiO2)、硼酸(ホウサン、B2O3)、

  酸化鉛(PbO)、燐酸(P2O5)などが有ります。

 ・ 更に、安定的に溶け、冷えて固まり、ガラス状態を保持する為や、望む温度で、溶け易くする為に
 
   石灰(CaO)、アルミナ(Al2O3)、マグネシュウム(MgO)、燐酸などを、加えます。

1) 珪酸質の原料

   |狼緇紊痢岩石や粘土類の主成分は、珪酸(シリカ)です。

  ◆|餌里箸靴討蓮珪石や珪砂、水晶などです。

    鉱物名は、石英やオパールなどが有ります。

    (不純物として、アルミナ、酸化鉄など、数%含みます)

   シリカは、釉薬の原料になるだけでなく、陶磁器の素地の重要な原料です。

2) 長石質の原料

  長石も、釉薬以外に、磁器の原料に成る物質です。

   …浩个砲蓮▲リ(正)長石(カリ成分が多い)、ソーダ長石(ナトリウム成分が多い)、

    灰長石(カルシュウム成分が多い)が有ります。

  ◆^貳未法長石は、他の不純物を含む為、その軟化温度は、1250℃程度と言われています。

    又、上記長石が、混ざり合うと、融点は著しく下がります。

   場所によっては、石粉と呼ばれ、単に木灰を配合しただけっで、釉薬に成る物も有ります。

    石粉には、三河石粉、波佐見石粉、釜戸石粉、千倉石粉などが有り、長石の半分解物を

    含んでいます。

3) 石灰質の原料

   \亞ダ弌蔽沙瀬ルシュウム)は、天然物として、石灰岩、大理石、方解石として、存在します。
  
  ◆ヽ殻も炭酸カルシュウムです。貝殻を焼いて、水と伴に細かく砕き、使用します。

   石灰では有りませんが、同じ様な作用をする物に、マグネシュウム分の

    ドロマイト(白雲石)、や骨灰(牛骨、燐酸カルシュウム)が有ります。

    尚、安定した、合成骨灰(石灰石と第二燐酸カルシュウムを化学合成した物)も有ります。

    (ボーンチャイナなどに使われています。)

4) その他の原料

   .螢轡Ε燹А.螢轡Ε爐魎泙犹晴淑(炭酸リシウムなど)は、融点を下げる作用が強く、

    釉の流動性を増し、ピンホールを少なくする、有効な材料です。(1%程度で十分です)

    又、光沢も増します。

  ◆.織襯(滑石): マグナシア分を30%程度含みます。

    亀裂防止や、白色度を増す為に、使われます。

   炭酸バリウム、亜鉛華(ZnO):  溶融剤や乳濁剤として添加。

  ぁ〇晴愁船織縫Ε燹А“鷯錣卜匹ぁ白色乳濁剤と成ります。

  ァ‘石: 花崗岩、安山岩、石英粗面岩など、長石質の岩石が風化した物です。

    陶石に30〜50%の木灰を入れても、釉薬として使用できます。

    (いす灰、橙灰など、鉄分の少ない灰を使うと、白く焼き上がります。)

   ・ 陶石には、天草陶石、有田泉山陶石、錫谷石、柿谷石、飛谷石(出雲地方)、

     鵜の崎石(砥部地方)などが有ります。

  Α.侫螢奪(白玉): 以前にも述べましたが、水に溶ける材料や、鉛釉の材料(鉛丹、鉛白など)は

    有毒ですので、そのまま使えません。一度溶解した後、急冷しガラス化した物です。

    このフリットを、他の材料と調合し、比較的低温の釉薬を作ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釉薬の原料 (草木灰2)

2008-12-10 22:30:13 | 釉薬の調合と釉を掛ける
前回の続きを述べます。

1) 土灰について

  前回 お話した様に、土灰とは、色々な木や草などを、焼いた残りの灰です。

  それ故、自然の土灰は、組成的には、種々の灰から成り、その成分(作用)も千差万別です。

  ‥擲イ蓮他の木灰よりも、マグネシウムや、鉄分を多く含みます。

 ◆,修豸痢飴釉、黒天目釉や他の天目釉など、黒い釉薬を作る際、土灰が使用されます。

   但し、土灰だけでは、鉄分が不足する場合、酸化鉄や弁柄、鬼板、来待石や、

    鉄分を多く含む粘土(赤土)を混ぜます。

  マグネシウムの成分は、含有量によって、飴〜漆の黒まで変化します。

   色調も、結晶釉や、マット釉にもなります。

 尚 黒さを増す原材料には、マンガンが有効で、松や樫(かし)の灰に、多く含まれます。

2) 藁灰について

  ]里覆鼻別盂漫糠)の灰は、珪酸成分を多量に含み、乳濁釉を作る際に、使われます。

 ◆]里覆匹鯒海笋靴審イ蓮■械亜鸛宛紊涼坐琶が残ります。実際に調合する時は、その分、

   差し引いて(灰の量を多くして)、調合します。

  備前焼の火襷は、藁を灰としてで無く、藁そのものを、作品に巻きつけ、緋色を出します。

   これは、備前の土と、藁の珪酸が化学変化し、緋色が出ると言われています。

3) いす灰について

  ‥簡の少ない灰で、有田焼きなどの、白い磁器釉を作る際に、使用されます。

 ◆‘向産(宮崎県)が有名です。

4) 灰の成分について

  前に述べたように、自然の灰は、同じ物はありません。

   (安定的に使う場合は、合成の灰を使うと良い)

  この灰を、自分なりに調合して、釉薬を作れば、変化に富んだ色が出せます。

 尚 灰には、鉄分、カルシュウム(Ca)、マグネシュウム(Mg)、カリュウム(K)、

   ナトリュウム(Na)、マンガン(Mn)、リン(P)などが含まれ、その割合も、木の種類などに

   よって、又その他の違い(産地、季節、部位など)によって、大きく変わります。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加