わ! かった陶芸 (明窓窯)

 作陶や技術的方法、疑問、質問など陶芸全般 
 特に電動轆轤技法、各種装飾方法、釉薬などについてお話します。

素朴な疑問  286 陶芸の手順とは3(轆轤作業の手順3)。

2017-05-19 17:06:35 | 素朴な疑問
陶芸に限らず、何事にも手順があります。手順を忘れたり、手順前後の誤りにより、思いも拠らない

結果を招く事は多いです。

1) 全体の手順

 ① 陶芸の作業の手順。

 ② 轆轤作業は特に手順を大切にしますので、轆轤を例にとって述べます。

 ③ 成形の手順

  ⅰ) 轆轤上の中央に、土を据え密着させる為、土を強く両手で叩く。

  ⅱ) 土殺しを行う。(センター出し)

  ⅲ) 作品の底を作る。  

  ⅳ) 土を上に伸ばす。  以上が前回の話です。

  ⅴ) 形を作る。 

   私し流は土を可能な限り薄く伸ばしてから、形作りを行う方法です。

   形を作る以前に当然「どの様な作品にしたい」かは、頭に無ければなりません。 出来れば

   紙に描いて見るとより形がハッキリします。 湯吞みの様に、単純な形も有れば、急須など

   の様に、やや複雑な形もあります。複雑な形の場合には、図を描く事を薦めます。

   尚、轆轤で出来る事は、背を高くする事、直径を大きくする事と、小さくする事のみです。

   イ) 作品の形にする為には、土が十分伸び、必要な高さ以上に成っていなければ成りません。

    但し、直径を細した作品を作る際には、成形途中で細くするに従い、背が高く成りますが、

    径を大きくする場合事には、成形途中で背が低くなります。それ故十分の高さが必要です。

    轆轤に慣れた方では、斜め方向に土を伸ばす事も可能ですが、形を崩さずに十分薄く伸ばす

    事は難しいです。

   ロ) どの部分から形を作り出せば良いのか?

    底の広い皿類は、十分底の広さが必要です。後から底を広くする事は、限界があります。

    始めに底径を十分大きく取ります。大き過ぎる場合には、成形途中で狭く出来ますが、

    手順を誤り、狭い底を無理に広げると、上部に載る土の重みで作品の側面が下に落ち、

    傘が「おちょこ」の様な姿になって仕舞ます。

    口縁が広い作品では、口縁を所定の寸法に広げてから、胴、腰、底と上から順番に形作ると

    土も安定した状態で形になります。

   ハ) 径を広げる事と狭める事。

    直径は内外の力の強弱(バランス)によって変化します。即ち、内側が強いと外に広がり、

    外側が強いと径は狭まります。常に壁の内外の手指が向かい合った状態で、一方を強くする

    事は、他方は力を弱くしなければなりません。広げる場所が口縁の場合、内側の壁に掌を

    当て、外側に倒す様にすれば口径を自然に広げる事ができます。胴体や腰の部分を広げる

    には、外側の指をやや高めにし、内側の指を若干低くし段差を付け、内側の指で少しずつ

    外側に押し出す様にします。慣れない方は、押し出す回数を増やして対処します。

    一度に強く出すと、作品の形が破れたり崩れます。回転速度も関係しますので、遅すぎない

    様、早過ぎない様にバランスをとる必要があります。

   ニ) 径を広げる事は容易ですが、狭める事はやや難しくなります。

    轆轤は回転していますので、常に遠心力(外に向く力)が働きます。それ故、さほど苦労す

    る事も無く、径を広げる事ができます。逆に径を細める事は、遠心力以上の力で内側に押す

    必要があります。押す力は形に従いますので、常に一定である事は少ないです。当然径を

    急激に細くする場合は強く 押す必要があります。但し、急激に細くすると、上部が落ち

    込む事になります。慣れない方は良く起こす事例です。

   ホ) 径を変化させる事による肉厚の変化。

    一見径を広げると、肉厚が薄くなる感じがしますが、径を広げても、肉厚はほとんど変化し

    ません。但し背の高さは確実に低くなります。一方径を細くする場合には、肉厚の変化を

    伴います。即ち、肉厚になります。そのまま続けると側面に拠れ(よれ)が発生し、形も

    歪みますので、薄く伸ばしてから径を細くする必要があります。それ故、背の高さは次第に

    高くなります。

  ⅵ) 形を作った後に行う作業。

以下次回に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問  285 陶芸の手順とは2(轆轤作業の手順2)。

2017-05-12 14:20:44 | 素朴な疑問
陶芸に限らず、何事にも手順があります。手順を忘れたり、手順前後の誤りにより、思いも拠らない

結果を招く事は多いです。

1) 全体の手順

 ① 陶芸の作業の手順。

 ② 轆轤作業は特に手順を大切にしますので、轆轤を例にとって述べます。

 ③ 成形の手順

  ⅰ) 轆轤上の中央に、土を据え密着させる為、土を強く両手で叩く。

  ⅱ) 土殺しを行う。(センター出し)

  ⅲ) 作品の底を作る。  以上が前回の話です。

  ⅳ) 土を上に伸ばす。

   轆轤で出来える事は、土を薄く上に伸ばす事と、直径を大きくしたり、小さくする事のみです。

   この組み合わせで作品を形造ります。

   尚、紐土を巻き上げてから、轆轤作業を行う方法については後で述べます。

   a) 土を薄く伸ばす前に、周囲の肉厚が一定である事、高さに狂いが無いかを確認します。

    即ち、現状は底が成形された背の低い円筒形に成っています。筒の内側に両手の親指を当て

    筒の外側には、他の四本の指を当て、更に筒の口縁には、親指と人差し指の付け根で押さえ

    込みます。同時に外側に力を入れ、直径を小さくするのがコツです。内外上を押さえ込み

    肉厚と高さを補正します。但し、口縁を極端に肉厚にしない事です。

   b) 出来るだけ肉を薄くする為には、土を垂直方向又はやや鼓(つづみ)型に伸ばす事です。

    鼓とは中央がやや細くなった状態で、中央が膨らむ太鼓型にすると土は薄く伸びません。

    即ち、土を薄くするには、その上の土を保持する形が必要があるからです。

    作者によっては、形を作りながら肉薄にする人もいます。轆轤に慣れた方には容易な方法

    ですが、慣れない方の場合、全体に肉厚に成り易いです。

   c) 土は上部より薄くする。

    下部から薄く伸ばすと、頭(上部)が肉厚になり、上部の重みを支え難くなる為、振れの

    原因となる他、全体が潰れる恐れも出てきます。その為、全体を薄くする事が出来ません。

   d)  背の高い作品の場合、土の量も多くなります。その場合、上部、中部、下部と三段階に

    分けて、順次肉薄にしていく方法があります。各段を肉薄にすると、どうしても境目(段差)

    が出ますので、段差を消して滑らかにし、指に当たる力を極端に変化させない様にします。

   e) 土を薄く伸ばす「コツ」は、

    イ) 左右の指同士を同じ高さで向かい合わせ、やや外側に力を加え、径が広がらない様に

     下から上へと両手の指を挙げていきます。即ち、左手(轆轤が右回転の場合)が主役に

     成りますので、左手の肘(ひじ)は太ももに付け、しっかり固定します。

     尚、両手の指の位置を内外で若干の差を設けて、薄く伸ばす方法もあります。

    ロ) 左右の親指が繋がる高さ(深さ)であれば、しっかり組み合わせます。

    ハ) 左右の指の位置は、時計の針で、7~9時の範囲内にある事です。(右回転の場合)

     10,11時と成るに従い、体が伸び力が入りません。

    ニ) 必ず口縁まで両手の指を上げる事です。途中で手が止まり、手(指)を離すと、

     必ず作品は振れます。表面を撫ぜるだけでも良いので、心掛けてください。

     土から手指を離す際には、一呼吸置いてから実行して下さい。「振れ」の原因になります

    ホ) 力を有効に使う為に、向かい合わせた両指は、点又は線状に使う事です。掌など

     面状に使うと、力が土に伝わらず、中々土は伸びません。

    ヘ) 一度口縁まで手指を挙げると、土の表面の泥を剥ぎ取り、水不足になりますので、

     次には水で濡らした両手で土の表面を撫ぜ、表面を濡らします。

    ト) 土を薄く伸ばすのは、単に腕力だけではありません。勿論腕力があれば、肉薄にでき

     ますが、それよりも轆轤の遠心力を利用した方が、より少ない力で土を薄く出来ます。

     即ち、外に向く遠心力を外側の手(左手)で阻止し、上向きの力に変換させます。

     その為、轆轤の回転をやや速くし、遠心力を強くします。但し、口縁近辺では回転速度を

     若干落さないと、「ふらつき」ます。

    チ) 指の使い方には、各自その人なりの方法があります。統一した基準はありません。

   例えば、両手の人差し指を折り曲げ、爪の部分を親指で押さえ、指の第一、第二関節を

     壁の内外に当て、締め上げる様にして土を伸ばしん¥ます。

     又、コテや牛ベラを利用して土を薄く伸ばす人もいます。要は自分に合った方法を会得

     する事です。

    リ) 轆轤に慣れた方は、土上げの回数が少なく、目標の高さまで伸ばす事ができます。

     何度も試みると、土は水分を吸い過ぎ、土の腰がなくなりますので、素早く作業を終わる

     様にします。大きな作品は、固めの土を使うと、水を使い過ぎても、腰が残ります。

  ⅴ) 形を作る。     

以下次回に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問  284 陶芸の手順とは1(轆轤作業の手順1)。

2017-05-09 17:48:25 | 素朴な疑問
陶芸に限らず、何事にも手順があります。手順を忘れたり、手順前後の誤りにより、思いも拠らない

結果を招く事は多いです。経験者であれば、手順の理由をある程度理解していて、手順を誤っても

カバーできますが、慣れない方はどんどん誤りが増幅され、手におえなくなり易いです。

手順はある意味その人の身に付いたリズムと見る事もできます。物事がスムーズに運ばれる為には、

リズムに載る事も大切です。一々次の工程を意識しなくても、自然と行動に移せる程度に慣れるまで

練習を続ける事が早道になります。

具体的に、陶芸に対する手順とはどの様な事でしょうか?

1) 全体の手順

 陶芸作業は、以下の手順を踏んで作業を進めるのが一般的です。

 勿論、人によっては、以下に述べる通りとは限りませんが、その人が何らかのトラブルが発生

 しないので有れば、その人の手順で物事が進めても何ら問題になりません。

 ① 陶芸の作業の手順。

  成形(轆轤、手捻り、鋳込み、その他)-> 乾燥 -> 窯詰めー> 素焼き -> 施釉 

  窯詰め -> 本焼き ー> 窯出し

  但し、焼き締め陶の様に、素焼きや施釉せずに、即本焼きの方法もあります。

  個々の作業にも手順が存在します。

 ② 轆轤作業は特に手順を大切にしますので、轆轤を例にとって述べます。

  轆轤は以下の手順を踏んで作業を進める必要があります。

  (但し、私流です。他の人とは異なるかも知れません。)

  ⅰ) 作りたい作品の形、大きさを決める。又、作品に施す装飾も考えておく必要があります。

   但し、轆轤では円形の作品は得意ですが、四角形や不定形等は、轆轤以外の何らかの手段を

   講じなければなりません。轆轤で各パーツを作り、組み合わせて作品にする場合には、

   各パーツまで形を分解し、手順良く作る必要があります。

  ⅱ) 土の準備(使用する粘土を決め、必要量を集める。)

   「一土、二焼き、三細工」と言われる程、使う土を吟味する必要があります。

   土の種類は無限と言って良い程存在し、陶芸材料店にも数十種類あり、市販されています。

   作品の種類や細工によって、土の種類を変える事は理想的な事です。

   但し、多くの方は常日頃使う土は、おおよそ決っている事が多いです。   

  ⅲ) 使用する粘土の空気(気泡)を抜く為に、土練をしておく必要があります。

   一般的には手練(菊練)又は土練機(真空)で行います。

  ⅳ) 轆轤作業の用具を揃える。

   水桶、竹へら、なめし皮、トンボ(スケール、コンパス)、スポンジ、弓、切糸、その他。

 ③ 成形の手順

  ⅰ) 轆轤上の中央に、土を据え密着させる為、土を強く両手で叩く。土の裾野から水が入り

   込まな様に轆轤に密着。密着が不十分であれば、作業中に土が動き、作品を作る事が出来

   ません。

  ⅱ) 土殺しを行う。(センター出し)

   a) 先ず、両手に水を付け、粘土を濡らしながら、泥(ドベ)を出しをします。

    轆轤を回転させながら、両手で粘土の表面を下か上に撫ぜ、泥を出します。

    轆轤の回転はやや速め、手の移動はゆっくり、粘土の頂点まで移動させます。最低三回

    撫上げます。強く押し付ける必要はありません。水不足に成らない様に、気を付けます。

    (毎回手に水を付ける事)

   b) 土殺しとは、使用する粘土を轆轤の中心に据える事です。

    この作業は轆轤作業で最も重要な事とも言えます。(特に初心者には)

    轆轤の中心に載っていないと、土の重心がずれ、綺麗な回転になりませんし、次に行う

    土の中心に穴を掘り込んだ際、周囲の壁の厚みに狂いが生じます。これは又土を上に薄く

    伸ばした際、高さの狂いと成って現れます。

  c) 土殺しの実務とは。

   両手の掌(てのひら)又は小指の付け根で土を挟み込み、土の中心に向かって力を加え、

   下から上に両手を挙げていきます。途中で手が止まると、その部分でネジ切れる恐れもあり

   ます。土を高く山形にします。高ければ高い程良いと言われています。その際両肘は太ももに

   固定し、両手が「ぶれる」のを防ぎます。(延べ上げ)

   土の天辺に凹みが出来るのは、力が土の中心まで届かず、周囲の土のみが上に伸びた結果で

   力不足が原因です。次に右手の親指の付け根を、上記山形の頂き付近を抱え込み、左斜め

   方向に押し倒す様にして、手を下に下ろしていきます。(轆轤右回転の延べ下げ)その際

   右手と左手で土の円周を押さえ込み、綺麗な外周を作りだします。一度では綺麗に成りません

   ので、3回程繰り返します。この際にも水切れを起こさない様に、毎回手に水を付けて行います。

   ◎ 土殺し終了の確認は、轆轤上の土を左で抱え込み、手が「ぶれなければ」終了となります

  ⅲ) 作品の底を作る。

   a) 土の量が多い時は両手の親指で、少ない時は左手の親指で穴を掘り込んでいきます。

    その際、肘は太ももにしっかり固定します。親指が届かなく成ったら、右手中指一本で堀

    進みます。途中水切れになりますので、指で水を掬い穴に流し込みます。

   b) 底の厚みは高台の高さによって左右されます。一般に輪高台や碁笥底高台など削り

    高台が多いですので、最低でも10mm程度残します。ベタ高台の場合は5~8mm程度

    底の厚みを計る針等があれば便利です。釘と割り箸で作る事が出来ます。

   c) 底の内側を平らに広げる。

    使用時に底の内側が見える食器等は、綺麗に作る必要があります。袋物と呼ばれる作品は

    内側の底は見えませんが、綺麗に作った方が良いでしょう。特に食器の場合、中央がやや

    凹むのは良いのですが、中央が盛り上がった場合には、残り汁が輪状に残り、見苦しく

    なります。

   ⅳ) 土を上に伸ばす。

以下次回に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問 283 轆轤挽きで使う小道具(用具)とは 6

2017-05-08 12:08:26 | 素朴な疑問
3) 皮、布、スポンジの使い方。

 ④ スポンジの使い方。

  轆轤作業では、スポンジは主に水を取り除く際に利用します。逆に水分を含ませて、土に水分を

  与える際にも使用します。

  ⅰ) 器の底に残った水を取り除く際に使用する。

   轆轤作業では水を多量に使って、作品を成形します。その為、轆轤挽きが終了した段階でも、

   底の内側に水が多く残るのが一般的です。この水を残した状態で轆轤作業を終了すると、

   乾燥時に底割れを起こします。即ち、水に濡れた部分は、乾燥が周囲より遅くなります。

   その結果、周囲の土に引っ張られ、股裂き状態になり、底に直線状又は「S字状」にひび割れ

   が発生します。乾燥時にひび割れを起こした作品は、素焼きをせずに廃棄処分として、土に

   戻し再利用します。ひび割れの状態は、素焼き、本焼きと作業を進める程、拡大しますので、

   素焼きせずに壊し、土に戻すのが肝銘です。ひび割れを防ぐ為に、底に残った水を綺麗に取り

   除きます。取り除く道具(用具)としてスポンジが最適です。

  ⅱ) スポンジは特別な物ではなく、家庭用の台所用品として、市販されている物で十分です。

   100円均一で3個入りの物を使います。但し、固いフェルト状の物が付いている物はその

   部分は取り除き、柔軟性を持たせます。目の粗い物と細かい物がありますが、細かめの方が

   水を吸収し易いです。

  ⅲ) スポンジの使い方。

   a) 作品の口が十分大きく、片手が入る場合には、スポンジを半分に折って親指と他の指で

    掴み、轆轤を回転させながら、スポンジを底に押し付けます。スポンジを引き上げ水桶の上

    でスポンジ絞り、再度、作品の底の水を取り除きます。スポンジ使用後、内部の底を覗き

    込み、光の反射が無ければ、水が無くなった事に成ります。底に押し当てるのは、底の凸凹

    を無くす事と、土を締め底割れを防ぐ役割もあります。

   b) 口の狭い作品の場合には、スポンジを長めの竹棒等に巻き付けて使用します。

    巻く為には、薄手(厚み3cm程度)のスポンジを使います。棒の先がスポンジより2~3

    cm内側とし、先端部分はスポンジのみにします。スポンジを2~3巻きしたら水糸等で

    止めます。水糸とは工事用のナイロン糸の事です。使い方は、棒を鷲掴みにし、しっかり

    持ち、口からスポンジの付いた棒を差し込み轆轤を回転させながら、底に押し込み底の水を

    取り除きます。一度で取り除け無い場合には数回繰り返します。尚、作品によっては極度に

    狭い口縁の場合もありますもで、巻いたスポンジの太さの異なる物を用意して置けば、

    より作業がし易いです。轆轤を回転させながら縁口に当てれば、自然と内側に入り込みます

  ⅳ) その他のスポンジの使い方。

   スポンジは水を十分含ませる事ができます。それ故水切れ防止用として使用する事もあります

   例えば、作品の最下部(轆轤に接している部分)は肉厚に成り易いです。肉薄にするには、

   作品の内外から土を締める様に強く押します。その際、外側の手(右回転では左手)に濡ら

   したスポンジ持ち、水切れがしない様にスポンジを押し当てる方法があります。

   その他にも、スポンジの使い方はあると思いますので、各自工夫してご利用下さい。

4) その他の用具類。

   亀板を利用する。 大皿等の大きな作品は、轆轤挽き後に轆轤上から他の場所に移動する際

   土が柔らか過ぎて、容易には移動できません。そこで亀板を使います。

   以前ですと、轆轤上に粘土を敷き、その上から亀板を載せ、叩いて止める方法が取られて

   いました。亀板全体を水平にセットする必要があり、又、大きな亀板では、ドベ受けが邪魔に

   なり、意外と扱い難い用具でした。現在では、直接轆轤上にセットす亀板が市販されていますが

   容易いに自作する事もできます。水平度も出易いのが利点です。

   厚手の合板の四隅を三角に切り取り、轆轤の天板の直径に合わせて、合板の裏からネジ止め

   します。ネジは調整用ですので、隣会う両隅のみとし、他は接着剤で固定しても良いです。

   轆轤の天板の直径を計り、コンパスで円を描くとおおよその取り付け位置が決ります。

   天板に押し当てた際、若干キツメになる様に取り付けます。緩いと亀板が動いてしまいます。

   但し、亀板を使用する際には、キツク絞ったスポンジで亀板を濡らすと土の貼り付きも良く

   成ります。又、亀板上に鉛筆などで真円を描くと土を燃せる際の目安になります。

以上で 「轆轤挽きで使う小道具(用具)」 の話を終わります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問 282 轆轤挽きで使う小道具(用具)とは 5

2017-05-01 17:43:22 | 素朴な疑問
3) 皮、布、スポンジの使い方。

 ③ 布の使い方。

  主に布は水切れ防止として使う事が多いです。その他、紐作り後轆轤挽きする際にも利用します

  ⅰ) 水切れ防止として利用。

   轆轤挽きでは水切れは大敵です。作業する手指が作品上を滑らかに移動できる為には水切れ

   しない様にする必要があります。水を含む布を使う事は理に叶う事になります。

   布を使う事で、手指を使う方法よりも、強い力で粘土を押す事が出来ます。その為、土を

   綺麗に回転させる(整形)事が出来ます。

  ⅱ) 使用する布は、薄手の物とやや厚手の物があります。

   薄手の布は、日本手拭(てぬぐい)等の薄手の布を、幅約10cm、長さ15~20cmに

   切った物を使います。やや厚手の布は、表面が滑らかで、毛羽立ちが無い物を使用します。

   大きさは小さな物から、大きな物など使う目的によって様々です。

  ⅲ) 薄手の布の使い方。

   a) 布の端は切断面になり、毛羽立ち易いですので、布を内々に折り、切れ端が隠れる様に

    します。 即ち、幅10cmの両端を布の中央まで折り、更に中央部分を谷折りにし、

    幅約2.5cm長さ15~20cmの短冊状に折ります。使う時は折口が左側に成る様に

    します。(轆轤が右回転の場合)これは、袋状になった口から粘土がは入るのを防ぐ為です。

   b) 両手を使う場合。

    大皿を作る際、底を拳で叩き締め、周囲を土手状に盛り上げる様にして作るのが、一般的に

    行われている作り方です。土手状の部分は高さも狂えば、外周も内側も凸凹です。

    轆轤挽きする前に高さを揃え、外側も綺麗な円にする必要があります。その為濡れた布を

    使います。布の使い方は、前回なめし皮でお話したと同じ方法で使います。

    即ち、右側の親指を土手の外周に、人差し指を内側当て、外周の真上は左手の人差し指で

    強く押し付けます。内外上の三方を強く押さえ込む事で綺麗な円にする事が出来ます。

    布が濡れている為、押さえ込む時間が長くなり、押さえる力も強く出来る利点があります。

  c) 紐作りで筒状に高く巻き上げてから轆轤挽きする方法でも、布を使うと作業がし易いです。

    即ち、各段の繋ぎ目を指で綺麗に消す作業をしても、表面の凸凹は残ります。薄手の布を

    濡らして左右一枚づつ持ち、轆轤を回転させ、内外の壁を滑らかに整形してから、本格的な

    轆轤挽きに移ります。筒の高さ(深さ)によっては、両手が繋がらない事もあります。

    手順としては、最初に濡れた布を、両手の中指と人差し指の先端に巻き付け、親指で端を押

    さえます。膜方向は轆轤の回転で布が解けない方向にします。即ち轆轤が右回転ならば、

    巻く方向も右巻きとなります。軽く内外から挟む様にして、泥(ドベ)をだします。

    次に、両手の布を下から上、上から下へ布を滑らせます。基本は肉の厚い方向から薄い方向

    になります。最初は轆轤の回転を遅くし、凸凹が少なくなったら、回転を速くします。

    表面の凸凹が無くなれば、布を取り外します。

  d) 背の高い作品を作る際、上下を別々に作り、下側がある程度乾燥したらその上に継ぎ足す

    方法があります。即ち切継ぎ、碗継ぎと呼ばれる方法です。

    継ぎ足す際、合わせ目の肉厚を一定にする為、繋ぎ目が無くなる様にする為、濡れた布を

    使う事があります。当然繋ぎ目の大きさは略同じ様にすると同時に、糊代となる部分は肉厚

    に成りますので、繋ぎ目の肉厚は他よりも肉厚になります。この部分を布を用いて他と

    同じ厚みに仕上げます。基本的には肉厚の部分から、肉薄の部分に土を滑らせ移動し、

    しっかり接着した後、轆轤挽きして薄く伸ばします。両手に持った薄手の布で挟み込み

    ます。手の入らない場合には、次に述べる柄コテを使います。 

  e) 柄コテ(鏝)の先に濡れた布を巻き付けて使う方法。

    口縁が狭い作品では、手が中に入らなくなりますので、柄コテを使います。内側は水で濡

    らす事は難しくなりますので、水切れし易いです。そこで柄コテの先に濡れた短冊状の布を

    巻き使います。但し、轆轤の回転が右であれば、巻き付ける方向も右にします。さもないと

    轆轤の回転と共に布が解ける事になるからです。(指に巻き付ける時と同じ)

  f) ハゼ石の入った粘土や目の粗い粘土を使う場合、指を保護する目的で濡れた布を使います。

    土殺しの時に大量の土を使う程、掌や指び付け根などに強い力が必要になります。

    強く押し付けると石等で手や指を切る恐れが生じます。特に女性に向いた方法とも言えます

    使い方は、掌(てのひら)側の人差し指、中指、薬指の指の付け根から指先に掛けて、

    濡れた布で覆い、一端は、小指と薬指の間を通し、他端は親指と人差し指の間を通し、

    挟み込んで保持します。この場合掌全体が濡れた布で覆われている訳では有りませんので、

    親指の付け根付近は無防備になります。掌全体を覆うのでしたら、五本の指全部を布を巻き

    付ける必要があります。厚手の布であれば、掌の保護になるのですが、掌の感覚が鈍くなる

    のが欠点となります。

 その他に濡れた布を上手に使っている方もいらっしゃる事と思います。各自工夫して使う事を

 お勧めします。

 ④ スポンジの使い方。

以下次回に続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問 281 轆轤挽きで使う小道具(用具)とは 4

2017-04-28 14:24:58 | 素朴な疑問
3) 皮、布、スポンジの使い方。

  皮は主に作品の口縁や表面を滑らかにする為に使います。布は轆轤作業で水切れを防ぐ為に、

  スポンジは作品内の水分を除去する為に使う道具(用具)です。勿論これらの使い方や使い道は

  個人によって様々です。これから述べる事柄はあくまで、私個人の方法です。

 ① 皮の使い方。

  ⅰ) 皮はなめし皮と呼ばれる薄手の鹿皮製のものです。

   陶芸材料店で購入すると、比較的高価ですので、一般にはセーム皮と呼ばれる安価な皮が

   大きな工具店(ホームセンター等)で売られています。主に自動車の洗車後の拭き取りや、

   貴金属、カメラのレンズ、各種家具や漆器、ガラス、ゴルフクラブ等の手入れ用として使われ

   ている物です。大きなサイズの物も市販されていますので、鋏(はさみ)等で好みの大きさに

   切て使います。使い勝手の良いのは、薄手の皮です。厚い物は柔軟性に欠ける為、使い勝手が

   悪い様です。

  ⅱ) 轆轤作業で使う場合は、水又はぬるま湯に浸して使います。

   轆轤作業では口縁を滑らかにする為に、仕上げ作業の時に使うのが、一般的な用法です。

   皮は、幅2cm、長さ10cm程度の短冊状にして使用します。

  ⅲ) 口縁を親指と人差し指で摘みますが、口縁と指との間に皮がくる事になります。

   皮の一端を右手の人差し指と中指で挿み(はさみ)、他端は左手の親指と中指でしっかり持ち

   ます。皮をピンと張り、両端の中央付近を上から右手の親指を当てます。左手の遊んでいる

   人差し指で、右手の親指と人差し指の中間に半円形の輪を作ります。輪の大きさは口縁から

   どの程度の深さまで拭くかによって、大きさが変わります。

  ⅳ) 轆轤を回転させながら、前記半円の輪を口縁に被せ、右手の親指と人差し指で摘み、

   轆轤が二回転程したら指を静かに離します。必ずしも長く行う必要はありません。

   一般に親指が作品の外側で、人差し指が内側になります。(轆轤が右回転の時)

   注意点は、左手で皮の一端をしっかり持たないと、皮が回転(摩擦)で持って行かれてしまい

   ます。皮に「ドベ」等が付いていると、「ぬめり」の為、指から皮が逃げる易くなります。

  ⅴ) 拭き方(摘み方)によって、口縁の形も変化します。

   a) 摘む力が強いと口縁の肉厚は薄くなります。

    その為、皮で拭く前に、出来るだけ口縁の肉厚を、内外上と三本指(親指、人差し指、中指)

    で押さえ、厚くしておく事です。

   b) 皮で拭くと、口縁の角が取れ丸味を帯びます。内外対称形や外又は内側の「R」を大きく

     する事も可能です。

     口縁を角張らせるには、口の上部と外側を摘み、次に上部と内側を摘む様にして拭きます

   c) 皮を捻る(ひねる)事により、口縁を外に広げたり、逆に狭める事が出来ます。

    摘んだ作品の外側の親指を下に下げ、人差し指をその親指に被せる様ににすると、縁縁は

    外側に開きます(端反る)。内側の人差し指を下げ、親指が上から被せる様にすると口縁は

    内側に反り返ります。皮の使い方は、慣れない方は難しい様です。

  ⅵ) その他の皮の使い方。

    作品の口縁以外の部分も、皮で拭く事で、表面を滑らかにする事ができます。

    例えば、作品の胴体の外側に付いた傷や、細かい轆轤目などを皮で撫ぜる事で滑らかにでき

    ます。皮の両端を両手の親指と人差し指で摘み、両手の親指の腹で皮の中央部分を押さえ、

    皮を胴部分に押し当てて、轆轤を回転させながら、傷や細かい轆轤目を消します。

    皮は下から上又は上から下へ移動させます。親指に力が入り過ぎると、作品が振れますので

    力の加減が必要です。その為、思った通りには完全には、傷も消せません。

 ③ 布の使い方。

以下次回に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問 280 轆轤挽きで使う小道具(用具)とは 3

2017-04-23 16:26:09 | 素朴な疑問
4) 竹べら(箆)や木べらの使い方。

 ① 竹べらには、「撫ぜべら」と「切りべら」があります。

  先端がナイフ状に成った物を「切りべら」と言い、左右が円弧状になり中央が尖がった形の物を

  「撫ぜべら」と呼びます。前者は主に直線的に仕上げる場合で、後者は曲線的な仕上げの際に

   使う事が多いです。「へら」の他端は直角にし、角張せます。(即ち長手方向に直角)

   又は、一本の「へら」の両端を使い両方の形にする場合もあります。「へら」の持つ手に他の

   手を沿え、「へら」がブレナイ様ににして使います。

  ⅰ) 箆(へら)の持ち方と、へらの使う部分

   一般に箆は鉛筆持ちで使います。使う部分は箆の側面が多いです。

   円筒形の竹を縦方向にす数個に分けて分割します。当然、そのままでも、側面は本体の厚みが

   徐々に薄くなりかなり鋭利に成っています。先端部分は、鋸(のこぎり)やカッター等で形作

   ります。「ササクレ」部分を紙やすり等で取り除き滑らかにします。

   竹べらは横幅1.5~2.5cm程度、長さが20cm前後が多く使われています。

   市販品を使う事もありますが、自作する事も出来ます。

  ⅱ) 「切りべら」は主に粘土を切る時、又は切り取る時に使います。

   いずれも水で濡らして使うと、抵抗が少なくなり、作業がし易くなります。

   轆轤作業の場合、時計の針で言うと6時又は7時の位置で行います。真っ直ぐな刃の部分全体

   を作品の側面に当て、表面の「ドベ」を取る様にして、垂直に下に降ろすと丸味のある側面の

   形状は、直線状になります。又、轆轤上で作品の側面や口縁周辺を、角張らせる場合にも使い

   ます。即ち轆轤上の粘土を、上下又は左右から「切りべら」を、角にしたい部分に移動させ

   ます。その際、「竹べら」を当てる反対側は、掌で軽く押さえ、「竹べら」による力で作品が

   変形しない様に支える必要があります。

  ⅲ) 「撫ぜべら」の円弧状の側面を利用して、曲線的な作業に適しています。

   側面が曲線の作品は非常に多いです。この曲線を滑らかにする場合に、側面に沿って上から下

   へ「へら」を滑らせ形を整えます。下から上に移動させない方が無難です。

   即ち轆轤挽きされた作品は、下部に成る程肉厚になる事が多く、切り取る量も多くなります。

  ② 轆轤作業で「竹べら」が一番活躍する場面は、作品を切り離す際の位置決めとして印を付

   ける時です。即ち、数挽き(一塊の土から複数個を作る方法)の際、挽き上がった作品を下の

   粘土から糸等を使って切り離す際、「竹べら」を使い位置を確定する事です。又一個作りの際

   にも、高台脇など轆轤に接した部分の余分な土を取り除き、綺麗にします。

   ⅰ) 位置決めには「撫ぜべら」を用います。轆轤を回転させたまま、「撫ぜベラ」の先端で

    切り取る部分に水平な線を(くさび状)、やや深めに入れます。ここが糸を入れる場所です

    注意する事は、切口が周囲の土より高い位置に無ければなりません。周囲の土の方が高いと、

    その高い場所に糸が入ってしまい、底抜けや厚みの薄い底に成ってしまいます。

   ⅱ) 差し込んだ「竹べら」の尻(先端と反対側)を下げる事により、周囲の粘土を下に下

    げる事ができます。

   ⅲ) 楔(くさび)状態にする事で、作品の底は面取りされた状態になります。

    この面取りが不十分な場合、轆轤挽き後の乾燥で、底の周囲から「ひび」が入り易くなり、

    しかもその「ひび」は時間と共に、中心に向かい拡大します。    

  ③ 箆(へら)目を着ける際にも使用します。

   箆目は筒状の作品の側面に縦、横、斜め方向に傷を付ける行為です。箆先を作品に押し込む様

   にして、やや幅広の溝状の凹みの傷となります。

  ⅰ) 箆目を付ける事で、作品はやや歪む事になりますが、作品に荒々しい動きが出ます。

  ⅱ) 箆目は曲線的に入れるば場合もありますが、多くは直線的に入れる事が多いです。

   一本線もありますが、交差させる事もあります。即ちカタカナの「メ」の様に入れます。

  ⅲ) 箆hなるべく作品の面に沿う入れます。即ち箆の平たい面を下にして、上から人差し指で

   押さえながら、滑らす様に傷を着けます。作業は一発勝負ですので、慎重にそして勢い良く

   思い切って傷を付けると、見栄えのする作品になります。箆を入れるタイミングも重要です。

   なるべく作品の表面が濡れている状態で箆目を入れると、ササクレ(バリ)も発生せず綺麗な

   線に成ります。

  ④ 「木べら」は松(赤松)を縦方向に割って、薄い片状にした物です。「へら」の表面が凸凹

   に成っています。必ずしも紙やすりで磨く必要はありません。但し棘(とげ)が無い様に。

   先端は、鋸やカッターを用いてナイフ状に加工します。用途は主に抹茶々碗の高台及び高台内

   を削る際に利用します。轆轤を回転させずに、作品を手に持って消すります。この箆で削る事

   で、趣きある削り跡となります。

   赤松を使う理由は、土離れが良くなる為です。市販品もありますが、余り見掛けませんので、

   興味のある方は、自作すると良いでしょう。

3) 皮、布、スポンジの使い方。

以下次回に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問 279 轆轤挽きで使う小道具(用具)とは 2

2017-04-21 16:44:26 | 素朴な疑問
2) 太い針は、空気(気泡)や異物の除去に使います。

  土練(菊練)が不十分の場合、轆轤挽きの際、粘土が薄くなるに従い、空気が石の様に感じられ

  作業が非常にし難くなります。更に、空気の部分は肉厚が薄くなりませんので、高さなどに狂い

  が生じます。その為、空気を抜く必要があります。

 ① 空気のある位置は見付け難い。

  粘土が回転している場合には、空気の存在は手で触れれば、直ぐに判るのですが、回転を止める

  と判り難くなります。大きな気泡であれば、土の径を細くすれば、内側に凸(出っ張り)が出来

  ますが、小さな気泡では難しくなります。但し、円周上のどこかは不明ですが、高さは判るはず

  です。それ故、空気の有りそうな場所近辺を針で刺す様になります。

 ② 針は向こう側まで突き刺す事。突き刺す数は一個とは限りません。その周辺数箇所刺します。

  刺した部分を指で撫ぜる様にして押しますと、空気が抜ければ、その部分が凹みます。

  凹み部分は轆轤作業中に自然に埋まります。

 ③ どうしても見付けられない場合には、轆轤を回転させ粘土の内側の空気の有りそうな高さに針

  を刺します。螺旋状の線が残りますが、その状態で下から上に轆轤挽きすると、空気が抜けて

  いる場合が多いです。試して下さい。いずれにしても、土練が慣れるに従い、空気が入らなく

  なります。

 ④ 粘土の中に小石や木片等、異物が入っている場合もあります。

  異物は空気と同じ感じになりますが、針で刺しても凹む事はありません。それ故、粘土の中から

  掘り出す必要があります。その際、太めの針を使います。異物の周囲に針を差込、ほじくり出し

  ます。異物の大きさによっては、大きな穴が開く事もあります。その場合、濡れていない固めの

  粘土で穴を塞いでから、轆轤挽きします。 本体や粘土片が濡れた 状態では接着できません。

  葉や木片等の異形な異物は、何処まで埋まっているか判ら無い場合が有りますが、根気良く

  ほじくり出してください。傷口が大きい場合には、固めの粘土で補修後轆轤挽きします。

3) 其の他の針の使い方。

 ① 底の肉厚を計る。数挽きでなく、一つの粘土の塊より一個の作品を作る際に使います。

  轆轤挽きでは、作品を作る際、土の塊の中央に穴を掘り込む作業が行われます。その際、底抜け

  に成らない様に、底に土を残します。当然、削り高台の場合と、ベタ高台では残す厚みに差を

  設ける必要があります。又高台を高くする場合には、厚く残す必要があります。轆轤に慣れた方

  では、底の残り粘土の厚みは判り易いですが、慣れない方は薄過ぎたり、厚過ぎたりし易いです

  薄過ぎる場合には、高台内を削る事は出来ませんし、厚過ぎる場合には、削り作業が出来ても、

  所定の厚みに削らないと、底割れを起こしますので、適量の厚みにする必要があります。

 ⅰ) 肉厚を測る針は、細長い木の軸に釘先を嵌め込み、軸より5、8、10、15mm等の長さ

  を突き出します。上記寸法は残すべき肉厚です。5mmは一般的なベタ高台の場合で、8mmは

  花瓶など下部に重みを付ける彩のベタ高台の場合です。10mmは、一般的な高台(輪高台、

  碁笥底高台)の場合です。15mmは高台を特別高くする際に利用します。

  各々の針は厚みが判る様に、違う色のビニールテープを巻き付けると便利です。

 ⅱ) 粘土の中央に穴を掘り込み、おおよその厚みの時、轆轤を止め穴の中心に針を刺します。

  針が中心に無い場合、轆轤を完全に止めないと、底が丸く切り取られますので、完全に止めます

  粘土の底に木軸の跡が、わずかに付けば所定の肉厚と成ります。その際、中心に残っている水は

  スポンジ等で、吸い取って下さい。又、木軸で針が下に差し込めない場合がありますので、

  強い力で押し込み、針が轆轤面まで届いた事を確認します。その為、やや太めの針となります。

  深く掘り過ぎると土を足す事に成りますので、なるべく堀足らない程度が理想で、一度で決めず

  に数回に分けて行う事です。針の穴は完全に塞ぐ必要があります。周囲の内側の壁の土を中心に

  移動させながら、完全に針の穴を閉じます。素焼きご作品の中心に針穴が残る事もありますが、

  施釉する事で完全に塞ぐ事が出来ます。

 ② 針は作品を細工する際にも利用します。

  ⅰ) 当り線を描く。線描きや浮き彫り、掘り込み模様、掻き落とし等の際、針先で作品に当り

   を付けます。最初は薄めの当りとし、確定したらしっかりとした線にします。浅い当りは指に

   水を付け、表面を撫ぜる等の方法で、容易に消す事ができます。

  ⅱ) 透かし彫りの際にも利用できます。針は細く丸や角、不定形など自由に動かす事が出来る

   為、便利な道具です。軟らかい粘土の場合には、壁の向こう側まで一気に差込、当り線上を

   トレースする事で、透かし彫りが出来ます。固めの粘土の場合には、針先を水で濡らし、

   少しづつ、溝を深くしていきます。口径の小さな作品の場合、抜いた土が内側に落ち込まない

   様にする必要があります。即ち、針の切り口がやや外向きになる様にします。  

4) 竹へら(箆)や木へらの使い方。

以下次回に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問 278 轆轤挽きで使う小道具(用具)とは 1

2017-04-19 16:39:44 | 素朴な疑問
電動轆轤で作品を作る際、幾つかの小道具を使います。

水桶、コテ類、トンボやカンナ(鉋)類、切糸(シッピキ)、パス(コンパス)、湿台(シッタ)、止め土等

はご存知の道具(用具)類ですが、その他に、針、竹箆(へら)や金箆、弓、皮、布、スポンジ等が

あります。

各々個別の用途があり、その使い方にも独特な物もあります。尚、使い方にも、人によって違いが

ある事が多いですので、ここでは私なりの方法をお話します。

1) 弓(ゆみ)、細い針: 高さを調整する小道具です。

 轆轤挽きに不慣れな方では、轆轤挽きの途中で高さに狂いが出る場合があります。高さに狂いが

 あると、作品が歪む原因にもなりますし、例え歪んでいなくても、轆轤を回転させると、歪んだ様に

見えます。その際粘土の高さを切揃える用具として、弓や細い針があります。弓と細い針の違いは、

 弓が2mm以上切り取る必要があるのに対し、細い針は狂った部分のみを切り取りますので切り

 取る高さは、1mm以下で済む場合があります。弓が初心者向きなのに対し、細い針は、上級者向

 きとなります。

 ① 弓は10~15cmのバネ製の部材(竹ひご、鉄板など)を「U」の字型に曲げ、細い糸を

  両端に巻き付け、ピーンと張った状態にした物です。糸はなるべく細い糸を使います。

  ⅰ) 弓は片手又は両手で持ちます。

   片手の場合は五本の指でしっかり握ります。その際もう一方の手で手首などを支え、弓がブレ

   無いようにします。両手を使う場合は、弓の両端を両手の親指と、人指しと中指で支えます。

  ⅱ) 弓の一端を作品(轆轤)の中心に向け、他端は作品の外側になる様に構えます。

   糸は真下にし、切り口が水平になる様に糸も水平にします。その際、糸に水を付けると、

   滑らかに切断できます。バネの効力が無くなり、糸が弛む様でしたら、両端を引っ張り糸の

   張りを持たせます。

  ⅲ) 轆轤の回転は若干速めにします。弓を入れる場所は片手なら時計の針で6時の位置で、

   両手の場合は9時の位置です。(轆轤は右回転の場合)

   躊躇せず一気に所定の高さ(切りたい位置)まで、弓を差し入れます。二回転したら素早く、

   弓を真上に引き上げます。一回転目は糸の高さが安定しませんので、ここで引き上げると綺麗

   な高さには成りません。 又3回4回と回転数が多くなると、弓の糸がブ振れ切り口が二重

   三重になる恐れが出ますので、二回転がベストです。引き上げる高さは、切り取った粘土が

   本体から十分に離れる必要があります。又、糸の高さの保持に自信の無い方は、弓を持たない

   手の親指と人指指で本体を抱かかえ、その親指上に糸を落とし込む事で安定させる事も出来

   ます。

  ⅳ) 切り取った粘土は、輪に成っていなければ成りません。

  ⅴ) 切り取りは、肉厚の粘土の方が容易です。薄くて「ヨレヨレ」の状態では、上手に切れま

   せん。

 ② 細い針を用いて高さと、肉厚部分を切り取る。

  縫い針程度の細さの針を、細い木の軸に差込み接着します。針の長さは、軸より3~5cm程度

  出っ張る様にします。

  ⅰ) 狂った高さを切る。

   作品の径によって、内側又は外側から針をいれます。即ち、径の細い場合には、外側から、

   太い場合には内側(場合によっては、外側)から入れます。針は水で濡らす事により、より

   スムーズに切る事が出来ます。

  ⅱ) 切り取る量は最小限に抑える事が出来ます。

   轆轤に回転を掛けながら、針を本体の側面に当て、少しずつ押し込んで行きます。回転数の

   決まりはありません。完全に切れるまで行います。

   その際、針を持つての肘(ひじ)は、太腿に当て固定し、針を持たない手の親指は針又は針を

   持つ手と連結し、針の振れを押さえます。

  ⅲ) 針先と針を持たない手の人差し指は、向かい合わせます。人差し指に針先を感じたら、

   切断完了ですので、素早く真上に針を持ち上げます。

  ⅳ) 切った粘土が本体真上に残る場合があります。

   弓で切った場合はこの現象は見られませんが、針の場合起き易いです。その際には濡らした

   針を、本体切り口上を滑らせます。若干浮き上がる様にすると、粘土が針に付いてきます。

  ⅵ) 縁の肉厚の狂いを針で切り取り、同じ厚みにする。

   真上の高さの狂いは、上記の他肉厚の差として現す事が出来ます。即ち、本体の縁を親指(外)
   

   中指(内)、人差し指(縁の真上)の三本指で押さえ、高さを一定にすると、背の高い部分は

   肉厚に成ります。この肉厚の部分を針で、切り取ります。

   a) 針を親指、人差し指、中指で垂直に持ちます。(針先が真下を向く)

    薬指を本体の縁の内側に沿わせます。細い針は予め水で濡らせておきます。

   b) 針と薬指の間隔を一定に保ちながら、轆轤を回転させ針を、徐々に真下に降ろしていき

    ます。 間隔を一定に保つのも慣れないと、結構苦労します。

    本体の縁は肉厚の部分のみを切り取り、他は針が撫ぜる又は、空振りする程度とします。

    切り取った粘土は針に絡み付きます。場合によっては、粘土が本体側にくっ付く事もあり

    ますが、使った針や竹ヘラ等で容易に取り除く事が出来ます。

2) 太い針は、空気(気泡)や異物の除去に使います。

以下次回に続きます。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問 277 陶印の作り方とは?

2017-04-17 17:13:41 | 素朴な疑問
自作の作品に銘(サイン)を入れる場合、陶印を捺す事があります。

陶印は粘土を使って自作する事も容易ですので、使われている方も多いです。

陶印の作り方をお話します。

例として、生の状態で、長さ約60mmで、印面が両端面にあり、20mmと15mmの大小二面の

正方形とします。素焼き後に使用しますので、7%程度縮みますから、出来上がりが若干小さく

なります。

1) 印の本体を作る。

 ① 細かい細工に成りますので、粒子の細かい粘土が適します。

 ② 直径2.5~3mm程度の丸い粘土棒を作ります。長さは100mm程度にします。

 ③ 丸棒を角棒に変形させる。

  ⅰ) 丸棒の長手方向を下にしてテーブルに落とします。手に持った状態で、人差し指を背に

   当て、テーブルに押し付ける様にしても良いです。一面が平らになるはずです。

  ⅱ) 棒を九十度回転させ、同じ様に平面を作ります。同様に九十度回転させ三面と四面を

   作ります。

  ⅲ) 四角棒の端面の一方を大きくし、反対面を小さくする。

   四角棒の一方をテーブルに強く叩き付け、細長くします。

  ⅳ) 両端面をカッター等の刃物で切り、長さを約60mmとします。

  ⅴ) 両端面をテーブルに軽く落とし、四角棒と直角になる様にします。

  ⅵ) 印面が正方向に成る様に、四角棒を軽くテーブルに叩き付けながら、整形します。

    同時に四角棒自体も叩き締め、強度を持たせます。

  ⅶ) 細工(彫り込む)し易い程度に乾燥させる。

2) 印字を決める。

 ① 印面は20mm四方と15mm四方ですので、多くの文字(又はマーク)数は望めません。

 ② トレーイングペパー(トレペ)を用意し、印面の大きさを写し取ります。

  即ち、トレペの上に印を垂直に立て、周囲を鉛筆で囲みます。大小の二個が必要です。

  印面を中心にして、一辺50mm程度のトレペが必要です。

 ③ 四角く囲んだ部分に文字(マーク)を書き込む。ギリギリの大きさではなく、若干小さくし

  ます。大小の文字や書式は必ずしも一致する必要はありません。

  印を凸にする場合(印の周囲が凹む)は、トレペを裏返し反対側から文字を「なぞり」ます。

  印が凹む場合にはそのまま使います。細い逆さ文字を彫るのは難儀しますので、出来た印を粘土

  に押し、それを印面に貼り付けて印を作る予定です。後で述べます。

 ④ トレペの文字を本体(四角棒)の端面に押し当て、周囲のトレペは折り畳む様にして本体に

  巻き付け、セロテープ等で固定します。

3) 文字を印面に写し取ります。

 ① 細い鉢を用いて、トレペの文字を順々に突き刺し、ミシン目の文字にします。

 ② ミシン目の文字を連続する線にします。

 この段階で気に食わない場合には、端面をカッターで切り取れば、再度挑戦する事が出来ます。

4) 印を彫る。試し捺し。

 ① 彫る道具は太めの針、彫刻刀、鉤型の針(用具)、その他手近な物で結構です。

  「バリ」(毛羽立ち)が出る場合は、素地が軟らかい場合で、削り難いのは乾燥し過ぎです。

 ② ある程度彫り終えたら、軟らかい粘土上に試し捺しをします。

  当然、印の方が乾燥していなければなりません。さもないと、印面が崩れます。

  印面に片栗粉を振り、型離れを良くし、軟らかい粘土に捺印します。

  文字の太さ、文字の出っ張り具合などを確認します。直す処があれば直します。その度に試し

  捺しをします。

 ③ 小さな面にも同様の作業を行います。

  但し、印には上下関係(天地)がありますので、大小の印の天地は揃えておく事です。

  大きい面の印は大物の作品に、小さな面の印は小物(一般的に手に持つ作品)に多く使います。

  それ故、小さな面の印を使う事が多くなります。

5) 全体を整える。

 ① 捺し易い形状である事。

  ⅰ) 印面の中央に文字が有る事(傾いていないか)。上下左右の隙間は、バランスが取れてい

   るか等です。

  ⅱ) 印面の面取りを行う。

   四角い角は欠け易いですので、1~2mmの面取り(45度で切り取る)し、予防します。

  ⅲ) 手に持つ印の本体の角は、若干丸味を持たせます。

 ② 印の天地が判る様に印を付ける。

  捺印の際、天地を印面を見て確認する必要はありません。

 ③ 印の保管。

  印をご自分で保管する場合と、陶芸教室の様に、共同で一つの場所に保管する場合があります。

  後者の場合、一目で自分の印であるのが判る、何らかの目印が有れば便利です。

6) 印字を凹ます場合。

  表文字で印面に彫り込みます。軟らかい粘土(厚さ2~3mm)に捺印します。

  印字は逆さ文字に成ります。この逆さ文字の粘土板を印面の大きさに切り取り、若干乾燥させて

  印字面に貼り付けます。但し、表文字の印は貼り付ける直前まで、削り取らない事です。

7) 素焼きして完成です。

  勿論、本焼きしても良いのですが、本焼きすると型離れが悪くなりますので、場合によっては、

  片栗粉を塗って使う事になります。

  素焼きで有れば、吸水性がありますので、型離れも良くなり、そのまま捺印できます。

  素焼き後でも若干補修する事も出来ます。

  陶印はある意味消耗品です。長く使っていると印面や角が摩滅します。その際には新しく作り

  換える事です。又、短時間で作れるので気に入るまで作り直す事です。


  

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加