わ! かった陶芸 (明窓窯)

 作陶や技術的方法、疑問、質問など陶芸全般 
 特に電動轆轤技法、各種装飾方法、釉薬などについてお話します。

ヨーロッパの陶器 1

2009-11-30 21:50:25 | 世界の陶磁器の歴史
ヨーロッパ大陸の、陶器の歴史に付いて、述べたいと思います。

 1) スペインの陶器

   .蹇璽淞觜颪衰退してから、数世紀の間、製陶技術は消え、陶器造りは、活動を

    停止していました。

   再び起こったのは、スペインで、アラブ人とサラセン人は、「マジョリカ」陶器を造り、

   領土拡大と伴に、この「マジョリカ」は、周辺に伝わりました。(8世紀頃)

 ◆.▲薀嵜佑蓮古代バビロニアで使われていた、酸化錫で造った、ミルク状の白釉を使い、

   タイルや壷等を造っています。

  作品は、多孔質の素地で、白色不透明釉を掛け、青色のエナメルで彩飾された、金ラスターが、

   有名です。彩飾された、タイルや壷は、「マジョリカ島」で生産され、イタリヤアを始め、

   世界中に輸出されていました。

 ぁ。隠雲さに成ると、「ヒスペイノ・モレクス陶器」と呼ばれる作品が、「マラガ」で大量に作られて、

   います。これは、石灰質粘土や、赤く焼き上がる粘土に、石灰石を混入した素地で、金属塩を掛け、

   強還元焼成した、ラスター釉です。

 2) イタリアの陶器

   .ぅ織螢△任蓮長い期間、スペインから輸入された作品を、模倣した物が造られていました。

    (14世紀〜15世紀に、陶器の町であった、「フレンシェ」でマジョリカが、盛んに作られています。)

   15世紀頃から、イタリア独自の作品を、造る人達が現れます。
   
  ◆。隠苅娃闇、フローレンスで生まれた、最も偉大な陶芸家の一人、「ルカ・デル・ロビア」は、

    多孔質の素地に錫釉を掛け、多色の顔料で、彩飾してあり、彼の代表作品に、浮き彫りを施した、

    直径327cmの作品が有ります。

   もう一人の著名な陶芸家に、「ジョルジオ・アンドレオリ」がいます。

    彼は、ルビー色と、黄色の金属ラスター釉を発明します。そして、それを独占せず、他の人に、

    技術を、公開したと言われています。

 3) フランスの陶器

   .侫薀鵐垢如壷や甕、施釉煉瓦などの、陶器が造られたのは、12世紀頃です。

    当時パリには、陶器の工場が、沢山存在していました。

  ◆.侫薀鵐垢悩任眞名な、陶芸家は「バーナード・パリシー」で、彼は16年の間苦労を重ね、

   自分の作品に合う、釉薬を発明したと、言われています。

   この釉薬は、酸化錫を入れた、マット釉で、施釉した上に、彩色して更に、薄く鉛釉を

   掛けた物です。 彼の死後、フランス全土に陶器の工場が、造られています。

   18世紀の中頃から、本物の磁器を作ろうと、多くの努力をしましたが、全て失敗に

    終わっています。

    しかしこの失敗から、「フランス軟磁器」(軟質人工磁器)が発明されました。

    厳密には、磁器ではなく、「フリット」を微細粉砕した物に、少量の粘土を混ぜ、

    可塑性を持たせ物です。 製陶は、かなり難しく、焼成技術も、苦労した様子が、伺えます。

    尚、ヨーロッパで最初に磁器を造ったのは、ドイツで、1768年に、磁器の原料である、

    良質の「カオリン」が、発見され、焼成に成功しました。

    その技術がフランスに伝わります。

以下次回(ヨーロッパの陶器2)に続きます。

 ヨーロッパの陶器



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ペルシャ」陶器

2009-11-29 21:10:21 | 世界の陶磁器の歴史
引き続き、古代(中世)の陶器に付いて、述べます。

4) ペルシャ時代の陶器

  |羚颪瞭器と同様に、ペルシャ時代の陶器は、世界の陶器に対して、大きな影響を、与えました。

 ◆’擦ぁ屮灰丱襯叛帖廚筺∪墜爾悩未蕕譴拭陶器の水差し等は、優れた造形美で、長い年月、

   ペルシャで、使われていました。

   ペルシャ陶器として、良く見かける作品は、「モハメット教時代」の、初期に造られていました。

  残念な事は、当時その作品を使用していた人が、死ぬと調度品を壊す風習が有り、完全な姿で、

   発掘される事が、稀だと言う事です。

 ぁ〜哀ぅ好薀犇技代(8〜10世紀)に「ガブリ」陶器が有ります。

   素地は赤く、その上に、白色の化粧土を掛け、表面を引っ掻いて、模様をつけています。

   化粧土の上に、黄色や緑色の、鉛釉が掛かり、褐色や紫色に発色し、美しい装飾となっています。

 ァ.撻襯轡稙器で、最も重要な陶器は、11〜14世紀に造られた作品で、肌理が粗い白い素地に

   透明釉が掛かり、白色、淡青色、或いは、緑色をしています。

   又、不透明な「トルコブルー」が、掛かった作品も、見受けられます。

 Α。検腺隠汗さに、「シリア」の「ラッカ」は陶器の、一大産地でした。

   特に8世紀終わり〜9世紀初めにかけて、「ラッカ陶器」と呼ばれる、形と意匠の素晴らしい

   作品が造られています。

   長い年月、土に埋もれていた為、釉が腐食し、虹彩を生じ、一段と魅力的な作品となっています。

 А 屮薀好拭珠悄廚蓮■隠汗さ以降に、発明された物と、思われます。

   この時代に成ると、現在、我々が使用している、顔料は殆ど造り出されています。

 ─。隠鏡さ以降に成ると、中国から、陶工を招き、中国の製陶技術を学んだ様子が、伺われます。

 以下次回(ヨーロッパの陶器)に続きます。

 ペルシャ陶器
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ギリシャ」、「ローマ」の陶器

2009-11-28 21:44:17 | 世界の陶磁器の歴史
引き続き、古代の陶器について、述べます。

2) 「ギリシャ」時代の陶器

  .リシャ時代の陶器は、壷や鉢、甕などに、現在「ラスター釉」と呼んでいる、わずかに光沢のある、

   薄い釉薬が掛かり、「エジプト」や「ペルシャ」のタイルやレンガに掛かっている、厚い釉薬とは、

   明らかに違い、施釉製陶技術は、「ペルシャ」から、受け継いだ物とは、思われません。

 ◆,海霊慳瑤蓮珪砂に少量の粘土と、アルカリを加え、水で練った物で、「ラスター」の黒色は、

   酸化鉄を加え、粘土中の酸化金属と、反応して、発色した物と思われています。

  古代ギリシャの陶器の特徴は、形が美しく、装飾も、華やかな事です。

   素地の粘土も現在の様に、篩(ふるい)を通し、粒子をの大きさを、揃えていました。

   素地は低温で、焼成してある為、ナイフなどでも、傷が付く程です。
   
 ぁ/Ш未蓮∪岾貎А黒、黄色の三色で、紀元前10世紀〜6世紀にかけて、「スリップ釉」が、

   全盛を極めています。

   色彩は、粘土に含まれる、着色金属酸化物が、窯の中で反応し、発色したと、考えられています。

 ァ 屮リシャ」の陶器は、装飾性に特徴があり、製陶技術は、余り発展していません。

3) 「ローマ」時代の陶器

   屮蹇璽沺廚了樌愼器は、「ギリシャ」の影響を、色濃く残しています。

   「ローマ」では、「煉瓦」と「タイル」を製造し、その「煉瓦」は主に建築材料に成りました。

   「ローマ」帝国は、周辺を征服し、植民地化により、「スペイン」、「ドイツ」、「フランス」にも、

   この技術が、伝わりました。

   「煉瓦」は最初、屋根材に使われたが、やがて、壁材料にも使われ、煉瓦建築が栄えます。

 ◆ 屮蹇璽沺廚瞭器は、赤色素地(サミアン)と、黒色素地(エトラスカン)の、二種類があります。

  顱法〜絢圓蓮独、仏、英国でも、発見されています。

   造り方は、素焼した素地に、微細の赤色粘土の「泥しょう」に浸し、乾燥後表面を研磨して、

   光沢を出してから、焼成したと考えられています。

  髻法仝綣圓蓮∧敢佞靴震效困諒瓦髻∩巴呂忘入して、強還元焼成した物です。

    表面に、泥しょうが、掛けられています。

  焼成温度は、800℃〜1000℃程度で、表面の泥しょうが、やや熔けています。

 ぁ 峺殿絅蹇璽沺廚悩遒辰拭⊃綟惨匹簓呂桶は、水を通さない、「せっ器」で、水道管は仏、伊まで延び

   今日でも、十分水を送る事が出来ます。

   (注:せっ器の「せっ」は、火偏に石と書きますが、変換できませんので、仮名で表示します。)

   衛生陶器の製造も行われ、高度に完成されていました。

 ァゝ元4〜6世紀の、ヨーロッパの民族大移動で、製陶の技術は、衰退、消滅していきます。

以下次回(ペルシャ陶器)に続きます。

 参考資料: 「図解 工芸用陶磁器」ー伝統から化学へー (素木洋一 著)技術堂出版(株)

 古代ギリシャ、ローマの陶器
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼き物の始まり

2009-11-27 22:34:08 | 世界の陶磁器の歴史
 粘土質の土は、太陽に当て、乾燥させると、硬くなりる性質が有る事は、大昔(有史以前)より、

知られていました。そこで、天日干しの「レンガ」が、一般的に造られ、建物等に使用されていました。

 更に、火で焼く事により、水に対しても、強度が増す事が、解かる様になり、焼成の技法も、発展します。

この粘土質の土で、器を造る様に成ったのは、氷河期の紀元前15,000年頃と、言われています。

 日本以外でも、「北アフリカ」、「北アメリカ」、「南アメリカ」など、各地に同時発生的に、出現し、

何処か一箇所の、発明が、全世界に広がったのでは無いと、考古学的に検証されています。

1) エジプトの陶器

   \こΔ悩任盡鼎て器は、ナイル盆地の墓から、発掘された、「テラコッタ」製の壷で、

    赤と黒の模様があり、表面が磨かれていました。時代は、紀元前5,000年頃と、言われています。

  ◆ゝ元前3,500年頃には、釉薬が掛かった「タイル」や、陶製の棺桶なども出現しています。

   その技法は、型を使った作品や、精巧な轆轤(ろくろ)も使われていました。

    又、焼成も、野焼きではなく、専用の「窯」も存在しています。
   
  ぁ″橄發蓮男性の仕事で、手細工(手ひねり)の作品は、主に女性が担当していて、この現象は、

    面白い事に、世界共通の事柄の様です。

  ァ℃慳瑤糧見は、珪砂とアルカリ類(Na,Ka,Ca,Kなど)の混合物が、火の作用で、「ガラス」質になり

    偶然発見された物と、思われます。

    当時は、粘土質の素地と、「ガラス」との関係の知識が、有りませんでしたので、

    多量(90%以上)の珪砂が、入った素地に、施釉し焼成し、多孔質な素地に、釉が浸透し、

    強度を増す働きが、ありました。

  Α―藉の色釉は、銅を使った青色で、中近東の代表的な色と成ります。

    以後、「マンガン」を使った、黒と紫の色が、造り出され、長い年月使われ続けます。

  А 屮┘献廛函廚波明された、製陶技術(轆轤など)は、北方と西方に伝わり、「ギリシャ」、

    「メソポタミア」、「ペルシャ」へ広がり、やがて「中国」にも届きます。

 以下次回に続きます。

 エジプトの陶器

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

j縄文土器(まとめ)

2009-11-18 22:24:15 | 縄文土器の話、骨董の話
縄文時代は、約1万年程続き、縄文土器と言う、独自の焼き物を造り出しました。

土を焼き、器を造り、主に「煮炊き用」に使い、今の釜や鍋の用に、使用しました。

又、食器用や、貯蔵用として、縄文人には、欠かせない、大事な実用品でした。

時により、祭祀の用具として、使用されたと、思われます。

縄文時代の気候は、現在より寒く、動植物の分布も、現在と、大きく変わり、生活様式も、

(類推するしか有りませんが、)或る意味、豊かな時代だったのかも、知れません。

1) 発掘された、住居跡や、貝塚などには、必ず土器が出現します。一家に数個の土器が、

   使われていた事が、解かります。この状態は、日本全国に及んでいます。

2) 土器の発明により、狩の生活(労力)や、食料の料理方法、保存方法、その他、健康や寿命にも、

   大きな変革がなされました。より生活が、豊かになった結果、人口も増加したはずです。

3) 時代により、土器の形、文様が変化しています。或る時期では、全国的に、同じ様式が、

   流行しています。文物の交流も、活発に行われていた、証拠です。

4) 土器造りは、女性が、主たる造り手ですが、「野焼き」などは、部落の一大、「イベント」だったと

   思われます。

5) 中期以降、土器を造る、専門家が、出現した可能性が有ります。

   あの精巧な、形や文様は、現代においても、斬新な感覚を感じます。

6) 土器は600〜700℃程度で、焼成されている為、脆くて弱く、水を通し易い物ですが、

   色々工夫して、使用に耐える、用具に仕上げています。

7) 「野焼き」の際に出る灰は、温度が高くなれば、釉薬(ガラス質)となり、より強く、美しい色の、

   土器に成るのですが、縄文時代では、今だ、釉薬の概念はありません。

   釉薬の発見(発明)までには、「窯」の発達(発明)を待たなければ、成りません。


縄文土器について、色々述べて来ましたが、ここでひとまず、終わりにしたいと思います。

 次回から、別の「テーマ」を、取上げたいと思います。

縄文土器



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野焼き(縄文土器の焼成)3

2009-11-17 21:16:48 | 縄文土器の話、骨董の話
5) 野焼きの手順
                                   
   |鰐未凌緤を蒸発させる(地面を乾かす)

    地面が、濡れていると 焼いた時に、土器の水分が、中々抜けず、割れてしまいます。

    天日干しした後の作品でも、かなりの水分を、含んでいます。(特に肉厚の場合は、顕著です)

    この水分を含んだ状態で、温度を上げていくと、水蒸気が、表面から抜け切らず、

    水蒸気爆発を起し、破裂します。それ故、地面に水分が、残っている様でしたら、焚き火などで、

    地面を乾かします。その際、周りに土器を並べて、器面を暖めます。

  ◆|羶瓦謀擺錣鮹屬

    地面の湿気が、取れたら、中央に土器を、並べます。

   顱法…樟榁鰐未法置く方法

      均等に、熱が伝わる事が、第一条件です。又、作品が安定に置ける事も、大切な事です。

      お互い、寄りかかる様にし、焼き上がるまで、安定していなくては成りません。

    ・ 注: 十分乾燥させた作品は、「野焼き」程度の温度では、ほとんど収縮しません。

      作品の大きさ、高さなどを考慮して、詰め過ぎず、開け過ぎ無い様にします。

   髻法〆酩覆鮠し浮かせる方法

      地面に着いた所の温度は、中々温度が上がりません。

      作品の下に、空間を造る為に、石などの上に置いたとも、思われます。 
  
   遠火で、土器を暖める。

   作品の周りを、枯れ草など、着火し易い燃料で囲み、その外側に、枯れ木など、やや燃え難く、

   火持ちの良い、燃料で囲みます。空気の供給も、大切な事ですので、十分空気が入る空間も、

   必要です。全ての準備が出来たら、点火します。

   土器の器面が、充分に熱くならない内に、炎が当ると、割れてしまうので

   段々と遠くから(周囲から)、火を燃やして行きます。

 ぁ ̄蠅覗澗里鯤颪

   水蒸気が出なくなったら、火力を強めます。

   土器の上の方にも燃料をかぶせて、全体をドーム状にして、熱が蓄積するようにします。

   この段階では、薪の様な、木の燃料を多く使い、「焼きむら」が出ない様に、状況を見ながら、

   燃料を供給し続けます。その際、燃料が、作品に当らない様にします。

ァ〔郛討の終了

   「焼き見本」を取り出し、焼き加減を見てから、燃料の供給を止め、自然鎮火するのを、待ちます。

   顱法ヾ袷瓦膨嘆个垢訌阿法⇒遒鼠佞筺⊃の葉等をくべ、黒い煙(煤)を発生させて、

     土器を黒くする(黒陶)事もしました。

   髻法…嘆个靴討眥召阿砲蓮∈酩覆麓茲蟒个擦泙擦鵝自然冷却で、手に持てる様に成ったら、

      取り出します。冷却は、遅いほど、作品「冷め割れ」を、防ぎます。

 以下次回に続きます。

 野焼き

  



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野焼き(縄文土器の焼成)2

2009-11-16 08:11:19 | 縄文土器の話、骨董の話
前回に続き、「野焼き」について、話を進めます。

4) 野焼きの場所

    ーりに、何も無い広い場所

     実際に野焼きする場所は、余り面積は取りませんが、数人の人が、自由に動き回れる

     「スペース」が必要です。又、暑い熱を避ける為にも、火との距離が必要です。

     更に、当時の、竪穴式住居の屋根は、萱や草で出来ていますので、簡単に、燃えてしまいます。

     それ故、広い場所で、野焼きし、「飛び火」にも、注意する事に成ります。

     たぶん、皆が集まれる、広い場所は、必ずあったと思われます。

  ◆〔郛討の地面の状態

   顱法〆酩覆安定に置ける場所。人が安心して、動きまわれる場所。

      早期の土器は、尖底土器で、底が尖っています。それ故、地面に、突き立てるか、

      寝かせて置くか、寄りかかって置くか、石や砂利、砂などで根元を固定したか、

      何らかの方法を、とりました。

      尚、大きな作品の内側に、小さな作品を入れる事(入れ子)は、何の問題も有りません。

   髻法|鰐未乾燥している事。又は、地面に石などを敷き、安定化させると同時に、

      熱が地面に逃げない様にします。

      冷め難い石を、下に敷く事は、鎮火後の、冷め割れを防ぐ、効果が有ります。

   鵝法〆酩覆鮹鰐未筺敷いた石の上に置くのではなく、太い木で「井桁」に組んだ上に、

      載せた(又は、中に入れた)かも、知れません。

      炎は上の方が熱いです。なるべく作品の下や、横から、燃やす方が、高い温度で焼く事が、
   
      出来ます。 但し、焼成途中で、「井桁」が崩れると、作品が転がり落ち、壊れます。

      なんらかの対策は、取ったはずです。

   堯法〆酩覆蓮一段高くなった場所に置く。

      広場の中央を高くし、そこに作品を置き、低い周囲から点火し、遠火で「あぶり」をした

      可能性も有ります。

 5) 野焼きの手順 

                                 
 以下次回に続きます。

 野焼き 縄文土器の焼成
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野焼き(縄文土器の焼成)1

2009-11-15 14:38:47 | 縄文土器の話、骨董の話
土器は 粘土で形を造った後、充分に乾燥させてから、焼いて完成と成ります。

縄文時代には、窯がなかったので、「野焼き」といわれる焼成方法で、焼き上げました。

 野焼きに付いて、考えて見たいと思います。

 1) 野焼きの温度

    熱を閉じ込める窯が、有りませんので、温度は高くなりません。大体600℃〜800℃程度が、

    一般的で、部分的には、1000度位まで、昇温したかも知れません。

  ・ 粘土は、560〜570℃位で、結晶水が抜け、質的変化を起し、水を加えても、元の粘土に、

    戻れなく成ります。それ故、土器として使用するには、600℃以上で、焼く必要が有ります。

    現在の陶芸での素焼は、一般に、700〜800℃で行います。

    土器の強度は、素焼程度だと、思って下さい。

  ・ 温度が高ければ、高い程、土器の強度は増し、壊れ難くなります。当時の人は、当然その事を、

    知っていたはずです。温度が高くなる方法を、色々工夫したに違いありません。

 2) 野焼きの時間

   〔郛討の作業は、ほぼ1日仕事でした。日の出から日没まで掛かり、場合に拠っては、

    夜中や、翌日まで掛かった可能性も、あります。

    その間、燃料を補給し、良く燃える様に、棒で中を、かき混ぜたり、不用な灰を、取り除いたり、

    火の番をする事以外に、かなりの仕事量が、有りました。

  ◆〆能蕕裡苅娃亜酊度までは、ゆっくり焼成します。(現代でも同じです。)

    この間が、一番作品が壊れる温度ですので、土器の内部に残っている、水分を、蒸発させる為、

    6時間以上の時間を掛けます。

    それ以上の温度に成ると、どんどん温度を上げる事が、可能になり、燃料の消費量も増えます。 

   温度計の無い当時は、どのよう様に、この温度を見分けたのでしょうか?

   顱法^貳峅鬚りやすいのは、水蒸気の発生状態を、見る事です。

     (現代での窯では、200℃程度までは、蒸気の発生も少ないですが、除々に発生量が多くなり、

      250〜300℃で、 最高になり、後は少しづつ減少します。)

      盛んに発生していた蒸気が、段段少なくなり、ほとんど発生が、認められない状態に成れば、

      問題なく、温度を急に上げる事も、出来ます。

    髻法〃亳蛎Δら割り出す

      燃料の消費具合、炎の色や燃え具合、土器の表面の様子、焚いている時間など、

      今までの、経験から割り出したかも、知れません。

    鵝法‐討上がりの温度は、粘土片等の「焼き見本」を置き、炎の中から棒等で、取り出し、

       冷却後、強度などを調べて、判断した事でしょう。

       (現在でも、本焼きで、同じ様な事を、行っています。)

 3) 野焼きの時期(季節)

   〔郛討をする前に、準備する必要が有る物

   顱法”要量の作品の数(数十個の作品)が、出来上がっている事。

      それらは、天日干しし、十分に乾燥してある事です。

    ・ この段階で、作品に「割れ」や「ひび」が、入っていたら、この作品は、焼けません。

      補修もほとんど、不可能です。水を加えて、粘土に戻し、最初から造り直したはずです。

   髻法’確舛、十分集められている事。

      枯れ葉や、枯れ草、枯れ枝、枯れ木(薪)など、野山で集める事が出来る季節で有る事。

   鵝法〔郛討は、人手が必要です。女子供だけでは、無理ですので、男手がいります。

      その男達に、手伝う時間が有る事。尚、縄文中期には、野焼きをする、専門の「窯を焚き」が

      存在していたと、思われます。

      彼らは、報酬を得て、「窯焚き」を請負い、村々を巡回していたかも知れません。

  ◆‥係に恵まれている事

    顱法〔郛討当日だけでなく、数日前から、晴天の事(少なくとも、雨が降らない事)

       土器を乾燥させるのは勿論、燃料を乾燥させ、更に野焼きする場所も、十分乾燥させて置く、

       必要が有ります。

    髻法〔郛討当日は、絶対に雨が降らない事、及び大風が吹かない事。

       朝は晴天でも、急な夕立等が無いと、確信出来てから、野焼きを、始めます。

       雨が降ると、火が燃え無いばかりではなく、最悪、生の作品が溶け出し、壊れます。

       又、少しの風では、火は燃え易く成りますが、急に大風が吹くと、飛び火し、

       火事や、山火事などを、引き起こす恐れも有ります。

  以上の事を、満足する季節や、日にちを、選ぶ事に成ります。

 4) 野焼きの場所

 以下次回に続きます。

野焼き
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縄文土器(土器の形)3

2009-11-14 21:47:09 | 縄文土器の話、骨董の話
陶芸の「ルーツ」である、縄文土器の話を、続けます。

 6) 縄文土器の特徴

   ‥擺錣侶

  鵝法仝經から晩期までの土器

   a)  後期の形と、文様

     後期に入ると、文様、形に、大きな変化が現れます。器形は、薄手になり、

     厚手の大きな土器は、次第に薄くなり、用途に応じた、土器が造られていきます。

     即ち、深鉢、浅鉢、甕、壷、注口、台鉢等が、一般的に造られています。

     又、釣手形土器、蓋付土器、双口土器など、非実用的と思われる、器も造られ、

     変化に富んでいます。

     文様は、「ヘラ」状の道具による、沈線文のほか、磨消(すりけし)縄文の手法が発達します。

     特に、磨消文様は、後期の中頃に、盛んに作られ、全国に普及しました。

     同じ技法の文様が、全国に広がり流行したのは、これが始めてです。

   ・  注: 磨消文様とは、 土器の表面全体に、縄文を付けた上から、線描で文様の輪郭を描き 、

        そこから、はみ出た縄文を、「ヘラ」等で磨り消して、輪郭内の文様を、

        浮き出させる技法です。

    b) 晩期の形と、文様

     晩期では、亀ヶ岡式土器(青森県、亀ヶ岡遺跡) が、代表的な土器です。

     東日本を中心にB・C10世紀〜B・C3、4世紀に栄え、器形を磨いた土器で、

     縄文土器、最後の華と、言うべきものです。

     繊細精緻の造りで、豪快な中期の作品とは、対称的です。

     薄手小型の精製土器と、大型で粗雑な作りの粗製土器があり、後者は、内面に、

     炭化物が付着し、日常的な什器として、使用されたと、思われます。

     亀ヶ岡式精製土器の特徴は、一見理解不能な多様で、複雑怪奇な文様が描かれ、

     赤色塗料が、塗布されている点であり、器種も複雑に分化し、装飾も繁煩を極めています。

     尚、西日本の地域の晩期は、縄文土器の衰退が続き、次の弥生式へと、移って行きます。

  堯法‘貶己顕宗陛擺錙砲僚末

     縄文土器が終末期になると、段々と無文で、赤焼きの物が増え、器形も整い、穏やかになり、

     弥生(土器)化していきます。

     弥生文化は、大陸から伝来した稲作が、早いスピードで、全国に広がり、農耕生活となり、

     生活が一変した結果、その用具(土器)にも大きな影響を、与えています。

 7) 縄文土器の焼成(野焼き)

 以下次回に続きます。

縄文土器の形 文様

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縄文土器(土器の形)2

2009-11-13 21:54:47 | 縄文土器の話、骨董の話
陶芸の「ルーツ」である、縄文土器の話を、続けます。

 6) 縄文土器の特徴

   ‥擺錣侶

  髻法〜梓から中期までの土器

   a)  前期の形、文様
   
     早期の、底の尖った、尖底土器は、次第に消滅し、平底深鉢土器が一般化し、東日本では、

     繊維土器が普及します。
 
     ほかに浅鉢・台付き土器も出現し、前期後半では、土器の種類も増え、甕、鉢、壷、椀も、

     作られて、縄文文様の最盛期に成ります。甕や壷は、食料の貯蔵用に、使われました。

     新たな形の土器に合わせて、新しい装飾も生まれました。

   ・ 東日本では、最初は紐を簡単に、撚り合せた施文具(模様を付ける為の、道具)でしたが、

     次第に複雑な施文具が、考案され、百種類程度が、確認されています。

   ・ 西日本では、繊維土器は無く、やや薄手で、条痕文、ミミズ腫れ貼付文、爪形文が普及し、

     東日本の様な、施文具も無く、発達した模様は少ないです。

   ・ 前期後半になると、東西の交流も増え、お互いの文様にも、影響が出て着ました。

   b) 中期の形、文様

   ・  関東、中部地方では、 縄文土器を代表する、作品群が、登場します。

     口縁部を炎の様に、飾った火焔(かえん)土器(新潟県、馬高遺跡出土)や、

     水焔土器(長野県、井戸尻遺跡出土)と呼ばれる、渦巻き文の、大把手(おおとって)深鉢、

     その他、口縁に鍔(つば)を、はめ込んだ様に、突き出た、有孔鍔付土器が等が有名です。

     ほかに深鉢形・注口土器も作製され、渦巻文など、文様が複雑化します。

     注口土器は、液体を入れた物ですが、酒を入れたかどうかは、不明です。

   ・ 作風は、厚手で大きく、装飾も立体的で、力量感に溢れ、豪華に飾り立てています。

     又、隆起文を全体に施し、人面や、蛇の文様をつけたり、踊る人形文や、三本指文や、

     人頭把手を付けた、大甕など、豪快な作品に、仕上げています。        

   ・ 形も大型化し、高さが50〜60cm以上の物も、珍しく有りません。

     この様な大きな作品は、女性や老人の様に、力の弱い者には無理で、文様の複雑さからも、

     男性の土器造りで、専門家(集団)が居たとするのが、妥当です。

   ・ この様な複雑な形の土器は、機能的、実用的とはいえません。

     祭祀の際に、使われた物と見られ、宗教的な意味が、込められていると、思われます。

   ・ 中期も後半には、東日本の土器が、「加曾利E 式土器」(千葉市、加曾利貝塚)に、

     統一されていきます。即ち、派手な隆起文も、曲線化し、把手も小型化して行きます。

 鵝法仝經から、晩期までの形、文様


 以下次回に続きます。

縄文土器の形
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加