わ! かった陶芸 (明窓窯)

 作陶や技術的方法、疑問、質問など陶芸全般 
 特に電動轆轤技法、各種装飾方法、釉薬などについてお話します。

電動ろくろのコツ(問題と対策2)

2008-06-30 06:16:40 | 電動ロクロの技法
 土を挽き上げた場合の問題と対策

 1) 土が中々高く延びない。原因は

   イ) 両手の指の挟む力が弱い。

     ・ 何度も述べる様に、土を延ばす作業は、一種の力仕事です。
    
     ・ 特に左手(外側の手)の指を若干強くし、中央部をやや細くます。

        手が上まで上がったら、右手の四本の指を筒の内側に

       入れて、中央を膨らませ、全体を同じ太さにします。

     ・ 手の上昇スピードは、一定にしてください。最上部でややゆっくり

       にします。
   
 2) 粘土の高さに差が出る。 原因は、

   イ) 土に穴を開ける際、穴が中心から、ずれている為。

    ・手がしっかり固定されずに、穴を開けた為、円周上の肉厚に差が出た。

     肉の厚い所の土が高くなる。(薄い所は土が延びず、背が低い)

   ロ) 土に空気が入っていた為。

    ・ 空気が入っていると、その部分の土は延びません。

       それ故、高さに差がでます。

    ・ 土練を(菊練り)をしっかりする事です。

  ハ) 土の一部に固い土が混ざっていた為

    ・ 新しい土と、古い土を一緒に混ぜたり、二種類以上の土を混ぜた場合

      硬さに差があると、硬い部分が残り易く、その土が延びません。

    ・ 土殺し前に、土の固さを十分確認し、調整する事。

  ニ) 土が振れている状態で、土を挽き上げた為。

    ・ 土が振れて、外に傾いた側では、他の部分より外からの力が強く掛

       かります。力が強く掛かった部分の場所は、上に延びます。

    ・ 土を挽き上げた後は、必ず両手に水を付け、抱える様にして、振ら

       つきを止めて下さい。

  ホ) 土を挽き上げる際、強く「ろくろ目」をつけた為。

    ・ ろくろ目は、土の内、外にらせん状の凹凸を付ける作業です。

     (意識しなくとも、両手の指に力を加え、速めに手を上げて行くと、

      自然に、ろくろ目がつきます。)

    ・ ろくろ目は、表面が凹凸の部分で、肉厚が変化しています。

      それ故 土の上部で高さに差が出ます。

   尚 高さに差が出た場合、弓や針で上部の高さを揃えて、切ります。

    (切らずに、高さを調整する事は、困難です。)

 3) 粘土の肉厚が、円周上で差が出る。(段々が出来る) 原因は、

  イ) 土は下部ほど肉は厚くなっています。

    ・ それ故、指先に入れる力は、肉の厚み応じて連続的に弱めていく必

       要が有ります。

    ・ 力は不連続に変化すると、段々が出来る可能性があります。

 4) 粘土が「よじれ」る。 原因は、

   イ) 土は部分的に、肉厚が薄くなると、回転に合わせて引っ張られ、

    上の重みで、「よじれ」が出ます。

    又 肉が厚い場合、直径を細くすると、更に肉が厚くなり、「よじれ」や

     「ひだ」が出来ます。

    ・ 肉厚に差がで無い様にします。

    ・ 径を細くする際、厚くなった肉を薄く延ばしながら、数回に分けて

      径を絞ってください。

 5) 粘土が振らつく。 原因は、

  イ) 土の振れ止めが不十分な為。

     ・ 土が振らついたら、振れを止めるのでは無く、土を挽き上げる度に

       振れ止めの作業をして下さい。

     ・ 振れを止める方法は、両手で抱え込んで、やや径を細くする。

      又、一度やや径を外に拡げて、振らつきを止めてから、径を絞る

      方法が、有ります。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動ろくろのコツ(問題と対策1)

2008-06-29 12:11:32 | 電動ロクロの技法
 電動ろくろで、土を挽き上げる際、色々問題が発生します。

  その原因と対策をお話したいと思います。

 1) 土殺しで、土が途中で千切れた。 原因は、

   イ) 手の滑りが悪い。 (水切れ)

      ・土の表面の「ドベ」が十分ではない。(少ない、乾き気味である)

      ・手に付ける水が少ない。(初心者は、やや多目に水を使う事)

      ・参考までに、左手に濡らした布を巻き付けて使う方法もあります。

      尚 千切れた土は、下の土に付きません。もう一度土練りからやり直

      して下さい。

   ロ) 力の入れ方に問題がある。

      ・ 菊練りされた土の形は、砲弾型(又は円錐状)になっています。

       即ち、下部が太く、上部がやや細くなっています。

       それ故、下部では強い力で、上部にいくに従い、若干力を弱くしま

       す。下から上まで、同じ力を入れて土殺しをすると、上部に行くほ

       ど細長くなり、千切れる原因になります。

      ・ 土殺しの際、手に掛かる力(粘土が押し返す力)を常に感じて、

       力を調整してください。

      ・ 千切れそうになったら、速めに、力を弱めて下さい。

 2) 土殺しで、土を上に上げる際、土が振らつく。 原因は

   イ) 両手の肘が、体(太もも)から離れている。

      ・ 両手の手の位置を固定して下さい。

       (ろくろの回転に、負けない様に)

      ・ 土をろくろの中心に置いてから、土殺しを始める。

       (中心に置いたように見えますが、ろくろを回転すると、ずれてい

        る事が解かります。実際には少々ずれていつのが、普通です。)

       それ故 一回目の土殺しは、強い力で行わない事です。
    
   ロ) 手の一部分しか使っていない。

      ・ 力を入れる場所は、両手の小指の付け根ですが、手のひら全体
 
        で、土を包む様にして下さい。

      ・ 土の量が多い場合や、土が硬い場合などの時は、両親指の付け根

        付近を使い、土殺しをする場合も有ります。

      ・ 左右の手は、均等に力を入れる事。

  ハ) 最上部まで、力が入ったままの為。

      ・ 上部にいくに従い、手の力を、若干抜いて下さい。

      ・ 最後は、両手で拝むようにして、ゆっくり手を離します。

 3) 土を下げると、土の外周が不規則な円となる。 原因は、

   イ) 土を上から、力で潰そうとする為。

      ・ 土の上部を右手で抱え込み、斜め左前に土を倒す様にする。

      ・ すると、土の上部が螺旋上に回転しながら、下に下がって行きま

        す。力はそれほどいりません。

   ロ) 土の外側の押さえが弱い為

      ・ ある程度土が、下がったら、左手を添えて、右手の掌で、外周を

        押さえて下さい。

      ・ どうしても外周が振ら付く場合には、スッポンジなどを、左手で

        持ち、最下部の外周を、中心に押し付け、綺麗な円を出して下さ

        い。
     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動ろくろのコツ(土を延ばす3)

2008-06-28 11:16:17 | 電動ロクロの技法
 では実際に土を延ばして見ましょう

 前々回、底作りまでお話しました。その続きを述べたいと思います。

 尚 ろくろの技法は、標準的な方法は有りません。陶器の産地(土の種類)、

   指導者(先生)に拠って、その方法は、バラバラです。

  ここでは、私の方法ですので、何の役にも立たないかも知れませんが、参考に

  して頂ければ有難いです。

   (ここでは、ろくろ回転を右=時計回転方向とします)

 1) 土の外側の手(左手)が基準になる手です。

  イ) 左手の肘を体(太もも)に固定し、人差し指、中指、薬指の三本を揃え

    その指先を、土の外側を触れます。

  ロ) 右手の肘は固定せず、自由にします。右手人差し指の側面を、土の内側

    に当てます。

  ハ) 左右の親指は組んで下さい。

   (但し、筒状の土が深くなり、左右の手が組み合わせ出来ない場合は、左右

    の手は、バラバラに成ります。それ以外は、指を組んで下さい。)

  ニ) 左右の手の指で、内、外から土を締め付けます。

    すると、土は上に延びて来ます。

    その際、手が滑る様に、両手又は土に水(ドベ)を付けて下さい。

  ホ) 締め付ける際、外側の手(左手)を強く中心に押し、土が外に広がらな

    い様にします。(土が太鼓型に成らない様に注意)

    又 最上部に手が移動し、手を離す際には、回転スピードをやや遅くし、

    手をゆっくり離して下さい。最上部でない所では、土から手を離さないで

    下さい。(振らつきの原因になります。)

 2) 土を一度に上まで挽き上げず、2〜3段に分けて挽く。

   (小さな作品では、一度に挽き上げる)

  イ) 下から土を薄く延ばして行くと、上部に肉の厚い土が乗っかり、手が

    スムーズに上に移動できず、手が止まり易くなり、止まった部分の土が

    どんどん薄くなり、千切れてしまう恐れが有ります。

    又「よれ」の原因にもなり易いです。

  ロ) そこで3段(又は2段)に分けて、挽くと上部が薄くなるので、手が止

    まらず、スムーズに挽き上げられます。

   ・ まずドーナツ状の土の上部1/3を、薄く延ばします。

     次に、中段の1/3の土を延ばす。最後に下段の1/3の土を延ばします

   ・ 3段挽き上げたら、最下段から上まで、もう一度挽き上げ、段差を無く

     します。

  ハ) 土を上に挽き上げる作業は、力仕事に成ります。

   ・ 表面を撫ぜる様ですと、土は上がって来ません。

     両手の指に力を入れて、挟み込みます。(かなり強い力が必要です)

   ・ 慣れない内は、力の入れ具合がどの位なのか解かりません。

     指導者(先生)に手を取って教えてもらう必要が有ります。

   ・ 土が軟らかいと、力は若干弱くても、土は延びますが、肉が薄くなりま

     せん。(初心者は、やや柔らか土を使い、延びる触覚を味わて下さい)

 ニ) 土延ばしは、スピディーに行う事

   ・ 時間が掛かると、土に水が回り、軟らかくなり、幾ら頑張っても、土が

     延びません。(短時間で土を延ばす様に、心掛けて下さい。)

  

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動ろくろのコツ(土を延ばす2)

2008-06-27 17:47:15 | 電動ロクロの技法
 電動ろくろで難しい作業は、土を如何に薄く、上に延ばせるかと言う事です。

 1) 薄く延びるには、幾つかの要素が有ります。

  イ) 粘土の種類 何処で採れた粘土かに拠って、土の延び具合が変わります。  

    (延びやすい土、延びにくい土と、土にも個性が有ります)

  ロ) 土の水分の含有量。(土が硬い方が、上に良く延びる)

  ハ) 土の粒子の荒さ。(粒子の細かい土は、延びずらい)

  ニ) 最大の要素は、その人の技量に拠って、左右されます。

 2) 実際に土は、どの位上に延びる物でしょうか。

    勿論、土の量が或る程度多い程、土は高く延びます。

   ・ 例として、ごく一般的な「信楽の並漉し」で見てみましょう。

   ・ 底の肉厚を、1.0 Cm にし、内側に5本の指(親指は内側に折る)が入

     る口縁の太さの円柱にすると、最大高さは(およそ)

    a) 0.5Kgの土で、高さ約14〜15Cm程度です。

    b) 1.0Kgの土で、高さ約22〜23Cm程度です。

     (因みに、目標を20Cm以上延ばせる様にしたい物です)

    c) 手の入らない程、細くした場合には、約30Cm程度まで、土が上が

      ります。(この場合、内側に柄コテを使います)

  以上の様に、土が2倍になっても、高さは2倍にはなりません。

  上の土を支える為、下の土の肉厚を、どんどん厚くしなければならない為です。

  ・ 土の量を幾ら増やしても、ある一定以上の高さにはなりません。

    上部の土を切り取っても、同じ高さまで、土を延ばす事ができます。

   尚 紐作りで、どんどん巻いて高くし、その後電動ろくろで挽く方法ですと

    割合高く上げる事が出来ます。

 3) 土を上に延ばす時の注意点

   イ) 触覚を大事にする。

    ・ 人間は、視覚が特に発達していて、視覚に囚われ勝ちですが、錯覚と

      言う言葉も有るように、だまされ易いものです。

    ・ 指の触覚は、視覚以上に、物事を正確に把握出来ます。

    ・ 特に、肉厚、全体の形、表面の凹凸など手で触ると、その様子が解か

      ります。

   ロ) 指の位置に注意

     土を両手の指で挟み、土を延ばしますが、その際、土を押す位置は、

     時計の8時又は9時の位置に置いて下さい。(ろくろは時計回転)

     (この位置が、一番力が入る位置で、10時、11時となるに従い、

      体が伸びて、力が指先に入りません)

   ハ) 土は手だけで挽き上げず、体で挽き上げる様にする。

     ・ 手だけで挽く場合、目と手との距離がどんどん短くなってきます。

     ・ 手を上に上げながら、手に合わせて、背筋を延ばし、目と手の距離

       を一定に保つ様にして下さい。

   ニ) ろくろ作業は、腰を折り前屈みになり、腰を痛め易い姿勢です。

     特に時間を忘れて作業に没頭しがちです。なるべく同じ姿勢を長く取ら

     ずに、ちょくちょく、立ち上がり、腰を伸ばしてください。

      (1〜2分程度でも有効です。)

     
  



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動ろくろのコツ(土を延ばす1)

2008-06-26 17:02:51 | 電動ロクロの技法
 土殺し、(土取り)が終わればいよいよ、土を薄く延ばして行きます。

  薄く延ばす前に、必要な作業が有ります。

 1) 粘土の中心に、穴を掘ります。

  ・ 掘る方法は、作品が小さい場合(土の量が少ない)には、水で塗らした左

    手の親指を差し込んで、深く掘り込みます。

  ・ 土の量が多い場合には、両手の親指を揃えて、土の中心に置き、掘り込み

    ます。この際、口縁部分をやや広く拡げる。

  ・ 掘り込んで行くと、水切れの状態になりますので、水を手で救い、穴の中

    に流し込みます。

  ・ 次に、右手人差し指、中指、薬指を3本を揃え、中指を穴の中心に置き

    更に堀進みます。

  ・ 掘り込む際、親指が常に中心に有るようにし、中心からずれない様にする。
 
   手の肘を体に固定し、手が振れない様にします。

   (手が振れると、ドーナツ状の土の肉厚に差が出て、土を延ばす際、部分的

    に土が延びる所と、延びない所が出てしまいます。)

  ・ 底の厚みを残し、掘り込みます。 底の厚みは、削り高台では約1Cm、

    ベタ高台では約0.5Cm程度です。作品に拠って各自決めてください。

 2) 底を作る。底を締める。

  ・ 底の厚みが決まったら、底の部分を拡げます。

     (当然作品に拠って、その広さは決まります)

  ・ 底の土を締める。指を底に押し付ける様にして、中心から外側に、外側か

    ら中心へと2〜3度繰り返します。

    (土締めが弱いと、底割れの原因になります。必ず実行して下さい)

  ・ 底を作る場合、作品の底から腰にかけての形状によって、内側の角を、丸

    くしたり、角ばる様にします。
   
   器の外側が角ばり、内側が丸いと、腰の部分が肉厚になり、作品が重くなる

   逆に、外が丸、内が角の場合、肉厚が薄くなり、底削りで穴が開く場合も有

   ります。

   外が丸なら、内も丸。外が角なら、内も角にし、形を合わしてて下さい。

 3) 肉厚の調整、振らつきを止める。

   土を薄く延ばす前にする、必要な作業です。忘れずにして下さい。

   ・穴を開ける際、肉厚に差が出た場合、又 振らつきを止める為に行います

    (土が振らついた状態で、次の作業を進めると、振れはどんどん大きくな

     ります。)

   ・ ドーナツ状の土の内側、外側、上を押さえ込みます。

   ・ やり方は、両手の親指が内側、人差し指と中指で外側を、親指と人差し

     指の間の根元で上を押さえ込みます。若干ドーナツ部分の肉を厚くする。


 私のHP明窓窯です。

   興味が有りましたら、御覧下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動ろくろのコツ(4 一個作り他)

2008-06-25 23:04:16 | 電動ロクロの技法
電動ろくろで作品を作る場合

 1) 作品一個分の粘土を、ろくろ上に用意する方法

 2) 多量の粘土を用意し、上部から順に一個一個作品を作る方法

  があります。

 前回は1)の場合の土殺しをお話しましたが、2)の場合の土殺しに付いて述べ

  ます。

 土殺しの方法は、1)の場合と同じですが、違いは、土殺しの量の違いです。

 即ち、2)の場合は、作品に必要な粘土の量の1.5倍程度の量の土殺しをすれ

  ば良いのです。それ故 多量の粘土の下部は、綺麗に中心が出て、回転してい

  る必要は有りません。

  一個の作品が挽けたら、糸で切り離し、取上げます。

  そして又、上部を土殺しします。

  常に必要な量の1.5倍程度の粘土の土を殺して下さい。

 
1)の方法と2)の方法の比較

  (以前この事に関して述べたと思いますが、再度お話いたします)

 イ)土を練る(菊練)の場合は、粘土が多過ぎると(2坩幣紂暴蘓桓圓脇颪

  いです。 (逆に、500g以下の粘土を練るのも難しいです。)

    それ故、多量の粘土を取り扱うのは、初心者には向きません。

 ロ)1)の方法では、作品の必要量のみ秤で計ります。それ故 同じ寸法の作品

   を作る場合、粘土の過不足が有りません。

  ・2)の方法では、多量の土から「土取り」と言う方法で、必要量を決めます

  ・「土取り」は、土をある太さの円柱形にし、土の上部を左手で抱え、作品が

   小さい順に、中指、薬指、小指の何れかを使い、その指に力を加え、円柱形

   に溝を付け、その溝より上の土を使い、一個の作品を作ります。

  ・「土取り」は初心者に取って、難しい作業です。

   (円柱の太さ、どの指を選べば良いか、等判断に迷い気味です。)

 ハ)挽き上げた作品を、ろくろ上から取り上げる際、まだ軟らかいので、歪みま

   す。特に直径が大きな作品(皿など)は、歪みが大きくなります。

   2)の方法では、出来た作品を速く取上げないと、次の作品が出来ません。

  ・ この場合、少々歪んでも良いから取り上げ、後で歪みを無くす様に、作品

    の腰で調整する方法。(決して、口縁で直さない事)

  ・ ドライヤーなどで、作品を1〜2分乾燥してから、糸で切り離して、取り

    上げると、作品の歪みは少ない。

  ・ 理想的には、ろくろの上に、もう一枚の着脱自在の板(亀板)を載せ、

    その上で一個の作品を作り、亀板ごと取上げれば、作品が歪む事はありま

    せん。(市販されてもいますが、自作する事をお勧めします。数枚用意

     できれば、便利です。)

 ニ) 1)の方法では、底の肉厚を針を刺して計る。

   (肉厚を測定する針を自作してください。針先が0.5、0,8、1,0、1,2、cm

     の針を用意できれば充分です)

     2)の方法では、底の肉厚を計る方法は、

    ・粘土の中心に開けた親指と、「土取り」時の他の指との、位置関係から

     推測する方法

    ・「トンボ」を使い、内側と外側の差から、肉厚を計る方法

 ホ) 尚 ろくろに慣れた方、作品を大量に作る職人さんは、2)の方法で作陶

   するのが普通です。(作品を速く、大量に作るのに適します。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動ろくろのコツ(3)

2008-06-23 22:28:10 | 電動ロクロの技法
 電動ろくろは、どの位(年数、時間)やれば技術が習得できますか?

 と聞かれる場合が、多々あります。

ろくろ6年(ろくろ10年)と言う「ことわざ」があります。

 これは、電動ろくろの無い時代から、言われている「ことわざ」です。

 ・ ろくろを手(又は足)で回転させていました。

 ・ ろくろの回転スピードが急激に変化しないように、回転盤(ろくろ面)が

   重く作られていた。それ故 ろくろ挽きは、主に男性に限られていました。

 ・ それでも、最初は速く、そしてどんどん遅くなるを、繰り返す。

   (回転スピードが、刻々変化するし、軸受けも悪く、ガタガタし振れ易い)

 ・ 趣味でろくろを挽く人は、ほとんど居なかった。

  (窯元などの下働きとして働き、自分の仕事が終わった後、初めてろくろの

   練習ができるが、教えてくれる人も無く、先輩の仕方を見よう見真似で覚え

   るのが、一般的でした。)

この様な条件で、技術取得に6年(10年)掛かると言われているのです。

現在では、割合簡単に電動ろくろを操作する事が、出来る様になりました。

 又、技術を教えてくれる所も多く、女性でも取り組める様になり、技術取得に

 以前ほど、時間は掛からなく成りました。


 では最初の質問に答えたいと思います。

 ・ 一通り電動ろくろが出来る様になるのに、 約500時間

 ・ ほとんどの作品を作れる様になるのに、 約1000時間

 ・ 人に教える事が出来る様になるのに、  約1500時間

 以上は、あくまでも目安です。

  物覚えの良(悪)い方、器用(不器用)な方、年齢の若い(高齢者)方、

  力の強い(弱い)方、男女の差、熱心差(意欲の差)、継続性の有無など

  色々な条件で、取得までの時間に差が出ます。

例えば  4回/月 1回3時間のろくろ作業では

     4(回)x 3(時間)x 12(月)= 144(時間)/年

     それ故 500時間までには、約3年半程度 掛かると言う事です。

 
 電動ろくろのコツの続きを述べます。

  ろくろ作業は、土殺しから始めます。

   一つの塊の粘土から、1作品を作る方法と、多量の粘土の上部から、順次

   1個1個の作品を作っていく方法とが有ります。

 1) 土殺しのコツ(1作品を作る場合)

  イ) 粘土をろくろの中心に置く。ろくろ面に円が書かれている場合は、その

    中心に菊練をした土を、両手で叩き付ける。

    叩き付けると、まず中心にきません。根元(ろくろと粘土の接する所)を

    横から叩いて調整し、中心に持って行く。

  ロ) 根元が円の中心に有れば、その上部が狂っていても、土殺しは容易に出
   
     来ます。

    根元を中心にする他の方法は、ろくろを回転しながら、根元を竹ヘラ等で

    円からはみ出した部分を、切り取ります。

  ハ) 手に水を付け、3回程度粘土を撫ぜ、「ドベ」を発生させて、手が滑る

    様にします。

  ニ)  土殺しは、両手で土を強く挟み、上に移動します。

   ・ 両手の肘は、両太ももに固定します。

   ・ 水切れに注意し、手を濡らして、「ドベ」が常に土の表面にある様にし

    ます。(手が上まで良くと「ドベ」を取ってしまうので、手を濡らす。)

   ・ 両手の挟み付けが弱いと、土の表面だけが上に移動し、土の中心が凹み

    ます。

   ・ 手の移動スピードは、ゆっくりで、一定速度で上に上げます。

     最上部で粘土から手が離れる時は、力を弱め、ゆっくり離してください

   ・ 手が滑らず、力を入れたままですと、途中で土が「ネジ切れ」ます。

  ホ) 上げた粘土を、右手で包み込み、斜め前に倒す様にすると、強く力を

     加えなくとも、最上部が螺旋状に回転しながら、下に降りて行きます。

   ・ この様にして、土の上げ下げを、繰り返します。

  ヘ) 土殺しが出来ているかは、土の上部を、左手(時計回転の場合)で抱え

     込み、その手が固定されていれば(手が振れ無い)、十分です。

  ト) 土殺しは、出来るだけ、速く(回数を少なく)終わらせて下さい。

    (土が水を吸わない様に、出来れば3回程度の、上げ下げで終わらすの

     が理想的です。)

  尚、初心者の方は、硬い土より、やや軟らかい土を使うと「コツ」が、飲み込

   み易いと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動ろくろのコツ(2)

2008-06-22 17:22:19 | 電動ロクロの技法
 電動ろくろは、丸(円)形の作品を作るのが、得意な道具です。

電動ろくろで、出来る事は、以下の3点です。

 1)直径を広げる。

 2)直径を狭める。

 3)高く上に延ばす。

この3点の組み合わせで、作品を作ります。

 更に手を加える事により、丸でない形の作品を作る事が出来ます。

  イ) 丸のままの形の「パーツ」を組み合わせる。(急須など)

  ロ) 変形する。(徳利の注ぎ口、花びら型の皿、四角形にするなど)

  ハ) 丸の一部を切る。(多角形に切る、縦に裂き平らにし、俎板皿を作る)

  ニ) 型に入れて変形する。(皿などの表面に、凹凸模様を入れる場合、模様

     の入った型に、ろくろで挽いた作品を押し付け、模様を付ける)

話を元に戻します。

 電動ろくろで出来る3点の中で、一番容易なのは、

 1) 直径を広げる事です。 ろくろは回転している為、常に遠心力が働き、外

   に拡がろうとしています。それ故、径を拡げる事は、一番容易な事です。

  ・ 径を拡げるには、外側の手(左手)より内側の手(右手)の力を強くする

    事です。

  ・ 右手で外に押し出したら、左手はそれに合わせて、外に逃げて行かなけれ

    ばなりません。初心者の方は、左手(外側の手)が頑張り、径が中々拡が

    らない傾向が見受けられます。(左手が基準の教えを守った為か?)

  ・ 当然ですが、径を拡げる事は、高さを低くする事になります。

  ・ 「石ハゼ」などの入った粗めの土の場合、皿のように極端に径を拡げた時

    縁の部分が切れ易くなります。縁の土を締めながら、縁を拡げる事。

 次に容易なのは

 2) 径を狭める事です。

  ・ 1)とは逆に外側の手(左手)で強く押す事です。

  ・ 内側に手が入らない程狭い場合には、両手で外から力を加えて細くします

    作品の直径の太さに拠って、細くする方法が違います。径が太い順に、

   イ) 両手の手のひら全体で抱え込み細くする方法。

   ロ) 両手の親指と人差し指の間で、細く締める方法。

   ハ) 両手の親指、人差し指、折った中指の関節の6点で、細くする方法。

   ニ) 両手の親指、人差し指の腹の4点で、細くする方法。

  ・ 指の使い方で注意する事は、細く締めて行く段階で、部分的に土が逃げな

    い様にする事です。指と指の隙間を均一にして下さい。

  ・ 径を細くして行くと、肉が厚くなります。 そのまま更に細くすると、

    「よれ」が生じます。これを防ぐには、厚くなった肉厚を、やや薄く上に

    延ばしてから、更に細くする事です。

  ・ 細くする上で大事な事は、肉厚が薄過ぎると、細くならない事です。

    薄いと「よれ」が生じるだけで、細くする事は困難です。

以下次回に続きます。


私の H P 明窓窯です

興味が有りましたら御覧下さい。

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動ろくろのコツ(1)

2008-06-21 18:08:54 | 電動ロクロの技法
 前にも述べましたが、電動ろくろには、統一した(標準的な)技術は有りません

 個々の陶器の産地や、指導者(先生)に拠って、その技術(指導方法)は色々

 異なります。

  ここでは、一般的な事を述べたいと思います。

 1) ろくろの回転方向 (電動なので、左右どちら回転でも可能ですが)

  ・ 日本では一般的に右(時計方向)回転です。欧州や南北アメリカ等では左

    回転です。

  ・ 理由は電気の無かった頃から、ろくろは存在していました。

    その頃からの伝統が、現在も続いているものです。

    (あくまで、習慣ですので、必ずしも伝統に従う必要はありませんが)

    日本では、手(右手)で回転させていました。

     (右手に、回転させる為の棒を持ち、ろくろ面の端にある穴に棒を差込

      回転させます。すると、右回転の方が回転し易いです)

     それ故、右回転になります。

    西洋では、足(右足)で蹴って回転させていました。 

    (蹴りろくろの様に、ろくろ面と同軸の下部の回転盤を蹴る)

     それ故、左回転になる。と言われています。

  ・ 回転方向が、左右逆だと右、左の手の位置が逆になります。

    即ち、右回転の場合、右手が作品の内側を、左手が外側を触る事になりま

    す。左回転の場合には、左右の手の関係が逆になります。

  ・ 基準になる手は、作品の外側を触っている手です。

    (右回転では、左手が基準になる手となります。)

    基準の手の肘は、体に付けてしっかり固定します。

  ・ 回転方向は以下の3通りになります。

    イ)作陶も、底削りも、右回転

    ロ)作陶は右、底削りは左回転

    ハ)作陶も、底削りも左回転

    先にも述べました様に、あくまで習慣ですので、自分に合った方法でして

    下さい。 (最初に学んだ方法が、その人の方法になるのが一般的です)

 2) 回転速度(スピード)

   ・ 回転速度は人により、速いほうが好きな方、逆に遅い方が好きな方と

     人により異なります。一般的には言えることは、

   ・ 直径が大きい作品の場合は、回転速度は遅く

   ・ 直径が小さい作品の場合は、回転速度は速くする。

   即ち 手に触れる粘土の速度を一定にする、と言う事です。

   ・ 土殺しはやや早め、 土から手が離れる時はやや遅めにします。

 

私のHP明窓窯です

  興味が有りましたら御覧下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手捻りと電動ろくろ(3)

2008-06-20 20:37:35 | 電動ロクロの技法
 手捻りを長くやってた方が、電動ろくろの技術を習得しようとすると、その経験

が害になる理由を述べたいと思います。

 1) 電動ろくろの長所は、作品を速く、成型出来る事です。

   逆に 「速く作らないといけない」と言う事でもあります。

  ・ 電動ろくろは、別名「水挽き」と呼ばれ、水を多量に使った作り方です。

    手捻りは、粘土表面の乾きを押さえる程度の、少量の水で済みます。

  ・ 速く作らないと、粘土に水が入り込み、軟らかくなり、中々形にならず、

    場合によっては「土がヘタリ」、作品が崩れます。

  ・  手捻りでは、必ずしも急いで作陶する、必要は有りません。

    それ故 手捻りの感覚で、作陶すると失敗する事に成ります。

  ・ 但し、初心者が、電動ろくろで速く作る事は、かなり難しい事です。

 2) 手捻りでは、作陶中に手を休めて、考えながら作業を進める事が、可能

    ですが、電動ろくろの場合には、途中考える時間は、ほとんど取れません

    すばやく作らなければならない、からです。

 3) 電動ろくろでは、制作途中での設計変更が、難しいです。

    (手捻りでは、比較的簡単に、設計変更が可能です。)

    それ故 作品に取り掛かる前に、大きさ、形、装飾(細工)等を十分に

    検討(設計)して置く必要があります。

 4) 電動ろくろでは、制作途中で粘土を足す事は、ほとんど不可能です。

    途中土が足りないと解かったら、土の量を増やして、最初からやり直した

    方が、時間的にも速く、作品も綺麗に出来上がります。

    (勿論、土を乾燥すれば、その上に土を足す事も可能ですが)

 以上の理由に拠って、手捻りの習慣を、電動ろくろの場合に持ち込まない事です

 そして、経験に囚われず、臨機応変に頭を切り替えて下さい。


 前にも述べましたが、もし電動ろくろを習いたいのなら、最初から教えてくれる

 指導者や、陶芸教室などを探す事です。

   どうしても、手捻りをやってから教えると言う所ならば(大部分の所はこの

  タイプです)、なるべく速く、電動ろくろを教えてもらう様に頼む事です。


私のHP明窓窯です

興味が有りましたら、御覧下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加