まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

これが

2013年09月30日 | Weblog
ケータリング。

以下「葉加瀬太郎」さんのブログから転載。

『大阪:梅田芸術劇場

コンサートはホントに様々な人に支えられています。
ツアースタッフは勿論ですがコレとは別に公演地ごとにお世話になる人達もいます。
各地のコンサート・プロモーターが手配してくれる「ケータリングさん」と呼ばれる人達です。

最近では、日本も裕福になったようで、ホームパーティや企業のレセプションでの出張料理サービスを専門に行う「ケータリング・サービス」と言う職種も出来ましたが、呼び名の基本的なルーツは一緒です。
演劇等の世界では「お茶娘(おちゃこ)さん」と呼ばれているようです。
また、大都市で行われる公演の場合、楽屋の食事をこの「ケータリング・サービス」の業者にお願いする事も有るのですが、僕等は区別する意味も含めて、この食事の事は、「ホットミール」と呼んでいます。

今回は、お茶娘な方の「ケータリングさん」の話です。

基本的には、各地のプロモーターが集めているアルバイトの女の子なのですが、既に10年以上も続けている「ケータリングさん」も珍しく無かったりします。
会場ごとに2〜3人の「ケータリングさん」一日中、楽屋にいます。とにかく楽屋周りの準備や雑用を全部、彼女達が行います。

朝9時にツアースタッフと共に会場入りして、トラックから機材を降ろし終え一息入れに楽屋へ戻るとクーラーBOXには冷たい飲み物が用意され、落としたての珈琲が用意されています。
それこそ夏の暑い日に、自分達も9時にワゴン車からクーラーボックス等の備品を搬入し始めるのに、30分と経たないうちに冷たい飲み物と珈琲がチャンと用意されているのですから驚きです。 何か急冷のウラワザが有るのでしょうか???

楽屋の廊下や楽屋の中に何カ所もケータリングセットが配置されるわけです。

お弁当が届けば、スタッフ楽屋、メンバー楽屋、本人楽屋、バイト君用のロビーへそれぞれ分けて運び、当然、弁当の空き箱を片付けるのも彼女達です。
衣装のボタンがとれれば「ケータリングさーん!」、コピー取るのも「ケータリングさーん!!」、爪切り借りるのも「ケータリングさーん!!!」タオルが必要なら「ケータリングさーん!!!!」30人近いツアークルーが、とっかえひっかえ何か有る毎に「ケータリングさーん!」なワケです。

事前に予想出来る事は「手配書」と呼ばれるマニュアルに添って指示されています。

ちなみに、この買い物籠は、2部7曲目が始まったら、用意して下さい。と「手配書」よって指示されたモノで、
ツアマネ北澤君がアンコール前に舞台袖に運びます。
アンコール用ですから「ザックリ」していますが、開演前の本番用は、それこそ水が何本、スポーツドリンクが何本、その内常温が何本、タンブラーに用意するモノや、スクイズボトルに入れるモノ、キャップに穴開けてストローを刺す人もいれば、さらには、キャップを取った後にボトル側に残るプラスチックのリングを切り外して下さい、なんて事も有るワケです。

20年程前にジャクソン・ブラウンの「手配書」見る機会が有りました。それこそ、アチラは全てが契約事でのお仕事ですので、手配書が2センチも有る本になってました。

・珈琲はアッパー何ガロン、ローアー何ガロンの間でキープしてくれ とか、
・40分以上たった珈琲は廃棄してくれ とか、
・サンドイッチは、ビーフ、ポーク、チキン、ターキー、最低4種類 とか、
・Aさんの楽屋に入れる林檎は1/8にカットして皮は剥かない とか、
・Bさんの楽屋の林檎は剥かずにペティナイフを添えて とか、20年前に、ヴィッテルやペリエなど水の指定まで事細かくです。
それはそれは、事細かく指示されていて、本になってて当たり前な感じです。

この、全国にいる「ケータリングさん」の90%はアルバイトなのですが、(残りの10%は、プロモーターの社員だったり、コンサートのアルバイトを集める会社の社員だったり、東京から「ワードローブ」と言うセクションとしてツアーを廻っている場合もあります)アルバイトと言えども、かなりのプロ意識を求められます。

人気者、スパースター、ロックスター、スーパーアイドル、と、呼ばれる人達が目の前にいるワケです。一日中、それもかなりプライベートエリアな楽屋でそばにいるワケです。しかし、個人的に話しかける事もなく、サインして!とか握手して!なんて言ってる人をヒトリも見た事ありません。

超高級ホテルのベルボーイが荷物を持ってくれつつエレベーターに同乗しドアが閉まった瞬間に「握手して下さい」って目をキラキラさせた場面に立ち会った事も有りますが、それでは「ケータリングさん」勤まりません。
プロモーターのチケットセンターや、ロビーのアテンダント、goods販売、これらのアルバイトを経験しつつ「この娘なら!」と引き抜かれてケータリング担当になる事が多いようですから、プロ意識が高いのも頷けます。

このタダでさえハードルの高い「ケータリングさん」に、我が葉加瀬ツアーは、更なる無理難題を平気な顔で突きつけます。
コレをクリアするのですから、葉加瀬現場の「ケータリングさん」はスゴイです。

この、無理難題が何かは、コンサートにいらした方は、気付いているかも?ですが、いずれこのブログで、、、』

※ここまでとはいわないが、近いものは出来る。それが「もてなし」。しかし、ここに書かれている「ケータリングさん」は素晴らしい。

この記事をはてなブックマークに追加

分かっている

2013年09月30日 | Weblog
そう思ってること、それが一番危ない。

なにかをする。その時は第三者の目で確認、それが大事。

そうでないと「おかしい」とか「間違っている」ことが、「おかしい」、「間違ったまま」になる。

例えば、一人でなにかをしてると、その世界に入ってしまい、間違いを間違いとおもわなくなることがある。

これが危ない。

必ずサポート(違う人の目で見るなど)を!

この記事をはてなブックマークに追加

楽しい

2013年09月30日 | Weblog
面白い、そういったことをしようとして、で、それをするのに足りないものがあったら、それは自前(自費)で用意する。

これ、当たり前のこと。

ちなみに今回(10月のイベント)は必要なものを購入するのに現時点で300,000円以上使った。これ、もちろん自腹。

だが、それでいいのだ!






この記事をはてなブックマークに追加

甘えない!

2013年09月30日 | Weblog
1年間の話だが、いいこと言うな。

『高田延彦氏 “絆”ムードに違和感「他人に頼り切るのは迷惑」

東日本大震災からはや1年3か月以上、原発問題はいうまでもなく、津波被害の復旧さえままならないこの国の現状に、多くの日本人が閉塞感を感じている。その反動だろうか、「夢」や「絆」といった誰も文句のつけようがないポジティブな言葉が、世間を覆っている。

新刊『覚悟の言葉~悩める奴らよでてこいや!~』(ワニブックス)を上梓したばかりの元格闘家の高田延彦氏は、その現状に違和感を感じているという。以下、高田氏の言葉だ。

「もちろん、夢や絆という言葉が嫌いなわけじゃないんです。そういう言葉には、もともと良い意味しかありませんから。でも一方で、ポジティブな意味だから、みんなが、それをムリヤリにでも受け入れて、全員、右へならえをしなきゃならないっていう雰囲気は、どうなのかな?」

「私個人の気持ちでいえば、友達が多ければ良いとは思えないし、『夢を持て』って合唱したって、持てない人は持てないわけだから……あんまり、ポジティブを強要されると、追い詰められてしまう人たちだっているんじゃないでしょうか。私もそうです。いま夢なんか持ってないし、友人だって、他人に自慢できるような数じゃない」

「どうしても前向きになれない人は、あるがままで貫き通して生きても良いと思います。同じ意味で、繋がりたいポジティブな人は、そうやって生きれば良いわけだ。経済的な意味でも、政治的な意味でも、危機的な状況にあるからといって、一つの生き方だけが正しいってことにはならないはず」

「“親友”はいらない」
「いま輝いていないとしても、それでも生きる」

一見、誤解を生みそうな言葉を次々と口にする高田氏だが、あえて時代の流れに逆行する真意はどこにあるのだろうか。

「親友はいらないといったのは、“親友”という言葉に代表される他人という存在に頼り過ぎるのはいかんのではないか、という気持ちがあるからです。苦しい時代になってくると、誰もが他人に期待したくなる。期待したくなるぐらいのレベルならまだしも、頼り切ってしまうのは単純に迷惑でしょう。

他人に期待しすぎるとは、見方をかえれば、自分では何もやらないのと同じです。まずは、苦しいけど一人ずつで頑張ろう。それぞれの人が、それぞれの立つ場所で、自分のできることとやるべきことをやることが大切なのではないでしょうか」』

※他人に頼らない・甘えない、それが出来ない・しない。あるのは「強要」と「右へ習え」。それがこの国の多くの人々の考えと行動。

この記事をはてなブックマークに追加

明日は

2013年09月29日 | Weblog
オフ。

でも、そんなこと関係なく、打ち合わせをいくつか。

まあ、その位しないと楽しいと思えるモノは出来ない。

これ、常識。

でも、それもしないのがこのまち。

この記事をはてなブックマークに追加

2013年09月29日 | Weblog
いうことで、この2人に助っ人を頼もうかと。

この2人のうちの1人はこのまち出身で県内を中心に頑張っている。

だが、この街はサポートしない。

これ、不可思議。

「高校生プロレスラー」にしてもそう。

プロサッカーにしても、自治体のホームページにリンクも貼らない。

そのチームのホームページには自治体のホームページがリンクされてるというのに。

このまちはおかしい!

※こういったことを何十回も書いているが、その間、なにも変わってない、そう見える。まちづくりは人づくり、こういわれて久しいが、それは、そこに住んでいる、働いている人があってという意味で、で、そこを大事にすることで、まちづくりにつながる、ということなわけだ。だが、ここには、そういったことが見えない。

この記事をはてなブックマークに追加

NHK

2013年09月29日 | Weblog
まずは「Eテレ(教育テレビ)」で10月12日(土)の夕方(17:55~)、

で、来年1月に完結編として、2回に分けて特集が組まれ、放送される。

小学生の時から練習に参加、中学生でプロレスラーになり、昼は高校のアマチュアレスリングスクールでトレーニングをし、そして週末は道場(アイスリボン)のある蕨(埼玉県)まで片道3時間かけて練習&試合に通っている。

これはNHKでなくても、放送、取材等の対象になる要素は十二分にある。

なので、この一か月の間でも、「フリーペーパー」や「新聞(地元紙)」など複数から取材を受けている。

で、10月20日の「トーク」や、12月7日の「凱旋試合」にもNHKが取材に(1月放送の取材)。

しかし、地元にこういった形で頑張っている子がいるのに、その子を自治体としてサポートしない(していない)のは、なんともだな。

ということで、前述したように10月20日(日)に「来て!」と頼んで「トーク」をしてもらう、また、そこで12月の試合の告知(アピール)をしてもらうことに。

これが「サポート」。

※出来ることをする。だが、それを放棄してはいけない、のだ。

この記事をはてなブックマークに追加

有終の美

2013年09月29日 | Weblog
今年度で活動を休止。

「ということなら、ここで踊って」と云うと

「いいんですか!」と

「どうぞ!」ということで、午前と午後、1日2回踊ってもらうことに。

これで、「保育園児」から「おばぁ」までが参加

これこそ「生涯学習」の成果の発表の場。

こんなこと、今まで皆無。

まあ、どうやっても出来なかっただろうし、今後も出来ないだろうな。




この記事をはてなブックマークに追加

インパクト

2013年09月29日 | Weblog
キャプションで売る。

『「美人すぎる市議」立川氏、居住実態なし認める- スポーツ報知(2013年9月29日08時00分)


「美人すぎる市議」として話題を集めた埼玉県新座市の元市議・立川明日香氏(28)が27日深夜放送のTBS系番組「有吉ジャポンSP」にVTR出演し、当選無効の理由となった「選挙区での居住実態」について「実は住んでいませんでした」と初めて認める発言をした。

昨年2月の市議選で初当選した立川氏は、後に市から「居住実態なし」と認定され、当選無効に。県選管への異議を申し立ても棄却されると提訴に踏み切るなどし、一貫して選挙区内に居住していたことを主張していた。

昨年12月に議員辞職した後は写真週刊誌でセミヌードを披露するなどして活動している。』

※ばっかじゃない。「市議会議員レベルでは」と但し書きをつけてでしょ!


この記事をはてなブックマークに追加

食べるな!

2013年09月29日 | Weblog
これが一般的というか普通。

『給食パンにハエ「除いて食べて」 岐阜・可児

今月、岐阜県可児市の市立小中学校の2校で給食に出されたパンにコバエが混入し、市学校給食センターが児童生徒にハエを取り除いて食べるよう指導していた。市教育委員会への取材でわかった。市教委は取材に、対応のミスを認めた。

市教委によると、混入したのは体長1~2ミリの「クロバネキノコバエ」。2日に市立蘇南中の丸パンに1~4匹の混入を生徒が見つけた。個数は不明。9日には、市立東明小でクロワッサンへの混入を児童が見つけた。約100個で、1個当たり1~4匹入っていたという。学校から連絡を受けた同センターが「コバエは毒性がなく安全上問題がない」として、取り除いて食べるように指導した。

同センターはマニュアルに沿った対応と説明していたが、マニュアルでは異物が「数十件」の場合、「混入のあった料理等の飲食を中止する」としている。市教委の篭橋(かごはし)義朗事務局長は「東明小の場合、取り除いて食べる指導は間違いだった。早急にマニュアルを見直す」と話した。 』

※「除いて食べて」とはめずらしいというっか、まあ、マニュアルに添ってしたんだろうが、なにせ、「食べ物」。それでままずいでしょ。で、こういうことがないと見直さない、いいや見ないのが常。

この記事をはてなブックマークに追加