まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

値上げ

2008年08月30日 | Weblog
来年の1月から電気料金が上がるという。
それも「基本料金」。
てことは、使っても使わなくても値上げってこと。
これ、おかしい。
税金で云ったら均等割の部分を上げることと同じ。
これって、広く&浅く国民から「電気料金」という名目でお金を集めること。
何もしないで増税!ってことと紙一重。
すごいことするなあ。
でも、これ、どの部分にどれだけ経費がかかるからって、マジにそれを表に出せるのか。
例えば原発がらみで何十兆円ものお金がかかるから、
だから、そこの部分の「赤字を補填するために!」と、いった理由だとしたら
それはおかしい。


この記事をはてなブックマークに追加

谷亮子

2008年08月27日 | Weblog
『谷に特別扱いなし』今日の時事通信より。

この記事を見て「何をいまさら!」って思う人は多いはず。
1試合負けただけで、強化B指定に降格する選手がいるのに
2年間という長い時間、試合に出なくても強化A指定からはずれることもなく、
また、谷に勝っても世界選手権やオリンピックにも出れず、
逆に、試合に負けても「過去の実績」で世界選手権やオリンピックに出る。

これ、そう考えても不可思議なこと。
いくら谷に勝っても上の大会に出ることが出来ない。
いくら休んでも谷は上の大会に出ることが出来る。
これ、どう考えても変!
そして、大会に出る選考基準って何?、そしてその理由を聞いても「過去の実績」としか云わない全日本柔道連盟。
これじゃあ、誰だっておかしいと思う。

でも、そうして、例えば「金」をとれば、その問題がチャラになるのか。
谷に勝ってもオリンピックに出れない選手の思いはどこにあるのか?
単に勝てばいいのか?
逆に1回戦で負けて&敗者復活戦もなかったら、
それでも「ママは…」とか云うのだろうか?
そして、全日本柔道連盟は谷に勝ってオリンピックに出れなかった選手やマスコミ、国民に対してどういった言い訳をするのか。

「特別扱いなし」
こんな言葉、何百回云っても、今は「あとの祭り」。
もう、オリンピックは終わったのだからこんな言葉は
なんの意味も&重さもないのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

地方空港

2008年08月26日 | Weblog
<石見(いわみ)空港>滑走路でマラソン 島根・益田

島根県益田市の石見空港で10月19日、滑走路を走るマラソン大会が開催される。
現役空港では初めて、参加者を募集。

開港15周年記念事業。ハーフ、10キロ、5キロなど。
コースには2000メートルの滑走路も含まれる。

朝の東京便、夕方の大阪便以外に昼間に定期便がないため実現した。
東京便51%、大阪便45%と低空飛行が続く同空港だけに関係者は「大会を機に飛躍したい」8月26日 毎日新聞

「マラソンのコースの一部に滑走路を」これ、滑走路を開放します!ってこと。
この言葉だけを聞くと「滑走路を走ることが出来るんだ。いいなあ!」って思えてしまう。また「大会を機に…」とのコメント。

このコメント「いったい何をねぼけたことを!」なのだ。
石見空港の発着について調べて観ると、確かに昼は6時間近く飛行機が飛んでない。
定期便(というか飛んでいる)は朝と夕方だけ、それ(定期便の発着)以外の時間は空港としては機能していない。
搭乗率もかなり低い。
それは空港(愛称は「萩(はぎ)・石見空港」)として意味を持っていないことの証拠。
レストランはレストランで前述したように昼の時間に発着便ががないため、なんと昼は休みになるという。
これで第三種空港(いわゆる地方空港)というのだからあいた口がふさがらない。

しかし、こういった場所に空港を作るとはさすが竹下登(元総理大臣)の地元。
だからということか、島根県は隠岐(島)を含め空港を3つも持っている。
これこそ「総理大臣(内閣官房長官・大蔵大臣・建設大臣を歴任)排出県」だからなせる技なのか?





この記事をはてなブックマークに追加

北京オリンピック

2008年08月25日 | Weblog
口(くち)パクにCGの花火、そして少数民族といってじつは漢民族の人たちがほとんど。
「おかしいじゃない!」と云って
「それは演出!」と云われたら、
次の言葉が出てこない。

いつからオリンピックの開会式&閉会式が「ショウ」になり「演出」になったのか、
そこ(原点)に戻っていかないと、今回のオリンピックの開会式が「変」とは言い切れなくなってしまうのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

メタボ

2008年08月21日 | Weblog
これまで「日本」という国はメタボの第一条件として「腹囲」を前面(シンボル的存在)に押し出していた。
ところが、それが国際的に見て「おかしい!」ということになった。
で、やっと「腹囲」を必須条件からはずした。

当たり前というば当たり前のことだが、男性のウエストより女性のウエスト(おへそ周り)の方の値が高い(男性が85cm、女性が90cm)というのは、誰が見てもおかしい話。
また、身長が2mの人と1m60cmの人を同じ数値で判断したり、プロレスラーやアスリートと、何も運動をしないで「お腹周りが?」ということを比較するのも無理がある。
用は見た目だけで質をとって(求めて)いなかったといわれても仕方がなかった。

そして、その基準(男性が85cm、女性が90cm)を使ったらかなりの人というか何千万人もの人たちが「メタボ」及び「メタボ予備軍」になり、そう健康診断などで決め付けられたら、これから先は薬漬けがまっている。
そして、それは「メタボ」の人のためではなく「製薬業者や医療関係者の利益のためと云っても過言ではない!」「この国のお役人は国民の方を見ていない。見ているのは業界や政治家の方!」そう、以前にこのブログで書いた。

で、やっとその基準が見直された。それは前述したように日本国内からではなく、国際的に日本の基準が奇異だったということが大きい。日本国内で多くの人が「おかしい!」と云ってきた(云い続けてきた)が、この基準を変えることがなかった(しなかった。)。

いくら「腹囲だけではなく他の要因も!」そう云っても、実際は「腹囲が1番手」に上げられているのだから、これは奇異に見えるのだろう。

やっとだが当たり前のことが当たり前になった。


この記事をはてなブックマークに追加

大雨洪水警報

2008年08月19日 | Weblog
一番近い気象台まで5キロ以内。
ところが、実際にデータ(警報当)を使うのは、はるか90キロも離れた所にある気象台が発表のもの。
しかも、その気象台が発表するデータの元になるところまではここから30キロ以上も離れていたうえに、そこには機材だけしかない。
さあ、これ、どっちのデータを使う?

一般的には、近い方のデータを使う。
これ当たり前だけど、アホ&おばかは人たちはそんなことはしない。
遠い方のデータを使う。なぜかというと近場の5キロは他県で遠い90キロが自分たちの県だから。
そして「警報」等が発令された時に対応なども、お金をかけた分厚い冊子を業者に作らせ、そこに&マニュアルに書いてあることをそのまま使う。だから「大雨洪水警報」が発令されても、現実には地元には雨が降らないことも多い。
ところがその逆の時(近い方からの「警報」発令時)は何もしない・動かない。
でも、実際はそっちの方が近いので「警報」&実際との精度は極めて高い。

お金でマニュアルを作る。立派な冊子が出来上がる。
そこには自分たちの考えなんて何にも入っていない。
しかも出来たら出来たで、棚の中に飾っておいたりしてある。
だから、遠い方で警報が出ていないのに、近い方の気象台発表で「大雨洪水警報」が出て、実際に大雨で道路が何箇所も冠水したりしても、いろんなところで被害が出ても、遠い方にいる人たちは、遠い方を発表を気にしている人たちは何も分かっていないから「対策本部」も作らない。
大雨になって被害が一杯出た、その時に作ったのは「近くの海岸で船が転覆したから、その船の油が流出…そのために」というとんでもない理由。遠い「まち」のことはまったく相手にしなかった。

これ、地域が「まち」の大きさ(広さ)が合併によって変わったから、そういった問題ではなく、現実を見ない・把握しない、やる気がないことに問題があるのに、自覚さえないから困る。
今までのことをチェック(確認)さえしない。

また、注意しても答はいつも同じ。
「マニュアルに書いてあるから」
「じゃあ、直したら」そういうと、
何も答えない。
そう、この人たちは自分の頭で考えたものでないから、自分たちの意見も考えもないから何も答えられないのだ。





この記事をはてなブックマークに追加

安全協会

2008年08月19日 | Weblog
免許の書き換えで
「協会に入りますか?」
と、安全協会の受付のお姉さんに尋ねられる。
これ、毎回のこと。
そして「入りますから決算書を下さい!」と毎回云う。
これ、云うたびに受付のお姉さんは困ったように置くの方に座っている人の方に行って相談する。
で、答は「ノー!」
なので「入りません」と答える。

その理由はお金の使い道。
安全協会内での飲食(安全協会仔細の大会の飲食や記念品等)などに相当のお金を使っているから。
なので「会費を払うから、会費の使途の明細を!」というのは極めて当たり前のこと。

ところが「入りません!」ってだけで
なんで「おかしい!」って云われないのか、不思議。
ほんとに必要なところに会費が使われているとしたら、
その部分だけは払っていいのだけれど。

そのためにも免許の更新のたびに決算書を渡してほしいのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

TBS

2008年08月18日 | Weblog
またまた「やっちまったなー!」。
8月16日(土)の「ガンバ大阪対大宮アルディージャ」
相も変わらず判定が「?」な家本SR(スペシャル・レフェリー)。
ジャッジについてはまあ、予想どおりかな。

ところが、一つ問題が。
家本SRのジャッジ(1発レッド:退場)に対して、まるでおちょくったように、サポーター(応援団)のコールに「最低」というテロップをつけて放送したTBS。
ここだけ見たら「また?!」って風にしか見えない。

ところが、これ、よく聞くと「最低」ではなく「佐伯」コール。
「SA(ア)・I(イ)・TE(エ)・I(イ)」と「SA(ア)・E(エ)・KI(イ)」。( )中だけ見ると「ア・イ・エ・イ」と「ア・エ・イ」これだけ見ると確かに似ている。
実際はどうか、実際は「大宮アルディージャのサポーターがピッチに倒れている大宮の佐伯選手に励ましのコール(佐伯)」をしたもの。
それを「佐伯!」と書くところを「最低」と作り変えた。
これ、してはいけないこと。
事実に反すること。
TBSも相変わらずめちゃくちゃ&ひどいことをしている。

この記事をはてなブックマークに追加

パクリ

2008年08月17日 | Weblog
キューブ、ランティス、アクセラ、ストリーム。
これは他社(日産、マツダ、ホンダ)の車。
で、bB、ラクティス、オーリス、ウイッシュ
これトヨタ。
デザインを「真似る」ではなく「パクる」
で、真似した車たちより少し安い値段で売る。
これ、昔から云われていることで「サントリー(マネトリー)」や「松下(マネシタ)」と合わせ、御三家ともお家芸といわれている。
さすが「マネタ」。

この記事をはてなブックマークに追加

すごい

2008年08月15日 | Weblog
国。
いろんなところで書かれているけど
オリンピックの開会式で「口パク」にCGの「花火」
そして「少数民族」といいつつ、実は一般の人々を使う。
それらをおかしいといわない、平然と「演出」と言う。
これ、中国なら当たり前ってこと
それを世界中に「それのどこがおかしいんだ!」と言い切る。
中国ってやらせばっかり、ドキュメントは存在しない、なんでもあり、なんだな。

この記事をはてなブックマークに追加