まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

県下ワースト1

2009年08月31日 | Weblog
昨日行われた衆議院議員&県知事選挙の投票率。

県選管の発表を見ると
「やはり」というか、いつものようにこのまちは県下ワースト1だった。
それも県下の他の自治体をぶっちぎってのワースト1。

これ、この秋に行われる市長選や来年の県会議員選挙などでの投票率と比べたら面白いことが分かるかも?

それは、地元の選挙になればなるほど、一般的にも投票率は高くなるが、このまちは今回の投票率のの差がどれだけ開くか?。

そして、それが開けば開くほど、このまちに住んでいる人たちが国政に関心を持っていないということになるのだ。

で、数字が変わらなかったら、

うーん、これ、実に興味深いものだ。


この記事をはてなブックマークに追加

代表、党首

2009年08月31日 | Weblog
そして「幸福実現党総裁」も落選。

東京ブロック(比例区)から近畿ブロック(比例区)へ、

総投票数の1%もとれないこの事実を、この「総裁」はどう党員及び会員に説明するのか?


この記事をはてなブックマークに追加

比例区に

2009年08月30日 | Weblog
重複立候補していない。
これ、選挙前はミエとメンツとそして絶対に落選しないという自信があったから。
なにしろ、なんみょー党の党首が「比例区と重複」では党にとっても学会にとってもとんでもない話。

しかし、そんな自信は完璧なまでに崩された形で、小選挙区(東京12)で23:43時点で民主党の青木愛氏に約10,000票もの差をつけられてしまい、そしてそして、まさか、党の代表(党首)が小選挙区で負ける(落選する)とは本人も党員も、そして学会員も思ってもいなかったこと。

これ、前代未聞の出来事であり「信心云々」という言葉が、今回の選挙で通じなかったということになるのだ。

どうなる、なんみょー党?

この記事をはてなブックマークに追加

惨敗

2009年08月30日 | Weblog
東京12区。
今の時点(午後10時現在)では得票数はほぼ横並び。
ところが、横並びの民主党の青木愛が比例区で当選が決定しているので、
まあ、最終的に小選挙区で勝てばいいことなのだが、
なんみょー党の代表がこれでは党員&学会員は冷や汗どころか、とんでもないことになっているのでは。

で、もし、小選挙区で勝っても「信心が…」とか云うのだろうが、
小選挙区で負けて比例区で当選しても同じことを云うのだろうか。
そして自信たっぷり(それとも背水の陣?)で比例区に重複立候補していなかった、なんみょー党幹事長の北側や元国土交通大臣の冬柴、そしてなんみょー党では副幹事長もも落選。

先に行われた東京都議会議員選挙ではかろうじてなんみょー党は議員数を維持(現状維持)したが、今回の衆院選は大幅に減。
これでは、上からとんでもない怒りが?

もし、云ったのなら、この人たちは「個がない」どころではなく、洗脳されていて周りを見ることも空気を読むことも出来ない、そうしか思えない今日この頃なのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

投票率

2009年08月30日 | Weblog
投票日当日の投票率は前回並み?

それ、当たり前の話。

「今回の選挙は関心が高い、だから投票率も!」と煽ったのはマスコミ。

実際に選挙に関心を持っている人たちの多くは期日前投票を済ませている。

なんだかんだ云っても、口だけで投票に行かない人は行かない。
だから、テレビのインタビューなどで「用事が」とか「変わらないから」とか「私は行かなくても同じ」とか大口開けて云っているアホ&おばかは「ゴー・トゥー・ヘル!」なのだ。

何かをしなければ、何かを変えることは出来ない。何もしないで口だけで云ってるのはどうしようもないこと。変えるには動くこと。動かないで云ってもそれはただの「戯言」。
当日投票に行くことが出来ないのなら「期日前投票」をすればいいこと。それもしないで「~だから」などど言葉をいう資格はこいつらにはないのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

投票時間繰上げ

2009年08月30日 | Weblog
「大事な選挙」なら、20時(午後8時)まで投票させるのが当たり前。

ところが、今回の選挙では全国の自治体のうち、3割の自治体が18時~19時投票終了という、いわゆる「投票時間の繰上げ」をしている。

これ、18時(午後6時)終了というのは、いったいどんな理由があるのか?
「今回の!」というか選挙はみんな大事なこと。
特に今回はこの国の行方を決める選挙に!

なら、なぜ、投票時間を繰り上げるのか?
時間外を出したくないから?
それとも、投票時間が短ければ短いほど政権政党(自民党)に有利=投票数が減になる?

しかし、前述したように「予算が…」などど、ばかげたことを行政側(選管)が云って、で、繰上げになったとしたら、

この「まち」もだが、
なんでもありの阿呆太郎みたいで

しかし、特別な事情があれば最大4時間まで投票時間を繰り上げることが出来るけれど「期日前投票が浸透してきたから」では、理由にはならないのだ。
なんといっても、今回の選挙はこの国の行方を決める選挙なのだ。

この件について、この「まち」の選管にも、その理由を聞いてみないといけない!

質問はただ1つ。
「県議会議員選挙」と「市会議員選挙」そして「市長選」でも『衆議院議員選挙みたいに繰上げ投票をするか?』
これだ!

さあ、どんな答えを出すか。
少なくても「期日前で!」という答えは出せないはず。
もし、出したとしたら、その理由を聞きたい!

この記事をはてなブックマークに追加

歴史が変わる

2009年08月30日 | Weblog
その瞬間が目の前に。

でも、変わった後が大事。

政権政党だけでなく、
その政党を選んだ人たちすべてが「投票したから!」ということではなく、その後の検証をしなければいけないのだ。

政党も国民も投げっぱなしは駄目。
投票した側もされた側も責任を持たなければいけないのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

品がない

2009年08月30日 | Weblog
中傷ビラに中傷テレビCM。

「何をいまさら!」というか、
まあ、党首が党首(阿呆太郎)だからってことではなく、
昔からこの党には品(&品格)のかけらさえなかっただけ。

で、それが「あがき(断末魔)」って感じで表に出てきたのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

ラリピー

2009年08月29日 | Weblog
「芸能界追放!」とサン・ミュージック
ところが、メディアは逆にラリピーの拘留が伸びれば伸びるほど、その間にネタが増えると喜び、またテレビなどでは数字が取れると毎日ラリピーのことばっかり放送している。
で、さらに数字を取ろうと、関係者へのインタビューや、どうせ執行猶予がつくだけのラリピー本人へのインタビューや拘留が解けた後での独占手記などへの期待している。

これ、みんなメディアが飛びつくネタばかりで、
でも、これって、前述したようにM単なる数字(視聴率・販売部数等)だけで、ネタ枯れしているメディアにとっては、元がラリピーだけに、多少「ネームがある」ことで自分たちの飯のタネになったというか、まあ、なんにしてもただそれだけのことなのだけれど。

この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず

2009年08月29日 | Weblog
「ビール!」ではなく、
とりあえず「民主党!」

明日、投票が行われる衆議院議員選挙。
今回の選挙は前述したように「理由があって民主党に投票」ということではなく、
自民党はもうだめ、だから一種のムーブメントのような、とりあえず「民主党」といった感じがしてならない。

マスコミはマスコミで、ついこの間まで小沢のことをぼろくそに言っていたのに、民主党の勢いに「さすが小沢」って、手の平を返して今は「300議席に手が届くか!」と民主党を賞賛している。

ということは、共産党や社民党に入れてきた人たち(特に「浮動票」といわれている部分)のなん%、いやもっと多くの人たちが、今回はそれらの党ではなく、民主党に投票するのではないか、そう思う。

これ、あまりにも短絡的な考えと行動にしか見えない。
「真剣に考えて、考えたうえで行動!」ならいいのだが、
そうでない、そんなことで1党に大量の票が入っていくのだから、これは郵政民営化で大量得票した小泉自民党の時とある意味、同じことを繰り返すわけだ。

なので、1党にそれだけの力を集めてしまうことのおかしさは、この国の国民はよく分かっているはずなのに、今回また同じようなことをしている。

政治家だけでなく、学習能力のないのは国民も!ということなのだ。

だから、少数でもきちんと意見の云える、行動できる政党などにも、票というパワーを与えてあげなければいけないのだ。

「多数決」の中の少数意見を大事にする、そんな政治をしてほしいのだ。

この記事をはてなブックマークに追加