ハニカミ王子、ハンカチ王子、オレ八王子

ロードレーサー、畑中勇介オフィシャルブログ

からの、JPT美浜クリテリウム優勝!!

2015年10月28日 | 日記

シクロワイアードより、フォトbyHideaki TAKAGI

そんなこんなで前夜は午後12時前には就寝。

就寝直前に同じくさいたまを出発したチームカーが到着。普通ならこれでも大丈夫だが、大事なレースだからね。

翌日の朝の目覚ましは8時半。普通からしたら良く寝る人ですよね?w

ぼけーっとしていたらGMからのモーニングコール

「朝食9時までだよ?」

もう57分です。。

申し訳ない感じでレストランの方にあいさつして朝食。さらにその後に朝食にくるスタッフもいたので、むしろオレ8はセーフwではないか。

レースは午後からだったので、10時のチェックアウトまでダラダラして、会場へ。

会場爆風…

なんでも、別カテゴリーのレースで落車が多発してレース不成立になったとかで…

トップカテゴリーのレースなので、大丈夫だとは思うがちょい不安。

 

 

そんでレーススタート。最初から速い。。

本当に速い。キツい。

エース級のみのエスケープが出来たので、全力で入り込む。18人。メンバー最強。

これで決まりだと思っていたが…

キナンの選手の謎のペースアップを繰り返す。独走したいのか??

分からないが、みんな出し切って停止。逃げ終了。8王子から言わせれば、うまくやれば楽勝だったろうに…

キツすぎて本当にヤバかったが、追いついた集団はほぼ全員いる…

やはり、動いてるメンバーにはキツいが、向かい風区間で誰でも簡単に上がって来れてしまうのが影響している。

チームUKYOは5名しか出走していないのと、ノーオーダーの作戦なので、他チームに合わせて走り、ラストへ。

マトリックスが強い!ベンジャミンのアタックは愛三が対処していたか?本当ならチームUKYOもやるべき。でもノーオーダーで…

ラインを変えながらゴールスプリントへ。向かい風でいつもみないような選手も簡単に上がってきている。弱カオス。

でも落車は無い。みんな他の選手、チームをリスペクトしている模様。すばらしい。

むしろ最後ちょいと無理してオレ8がラインをとる。

何か分からないがスプリント開始。

たぶん5秒ちょいしかもがいてない。後ろからスプリントした選手の方が速いからね。向かい風だから。

一番でゴール。

手を挙げようと思ったけど、風が強くてバランスを崩しそうだったので、片手で…

状態を上げたらすぐに失速。向かい風だからね。

とにかくまた勝った。10万円相当の花瓶を2013年に続いてゲット。

今回の優勝は…まぁ色々たまたまうまくいった。って感じですね。

今回のポイントでツアーリーダーも決定。謎の緊張からも解放された。

ハードな日程だったけど、何とも充実した週末でした。これで大分と沖縄に向けてさらにアゲアゲで臨めるでしょう。

今回一番言いたいのは…

落車がほぼ?無かった事がすごくよかったかなと。

ワールドツアーでも落車が増えています。若い選手や新興国な選手達の集団内での暗黙のマナーやリスペクトが減っていると某ワールドツアー選手が嘆いていました。

競技である以上、一定の危険があるは仕方ないですけど、怪我したら痛いですからねw

シーズン後半ってのもあると思います。

宇都宮クリテリウムはひどかったので…

シーズン最初はまだ各チームの力関係が分からないし、チャンスを掴んでやろうとするのでしょうが怪我したら台無しですからね☆

シクロワイアードよりフォトbyHideaki TAKAGI

引き続き、皆で良いレースをしますので、大分と沖縄と、ぜひ応援よろしくお願いします!

コメント

さいたまクリテリウムとその後の個人のレース的な…

2015年10月26日 | 日記

フォトby絹代

こんばんは。

さいたまクリテリウムbyツールドフランスのポイント賞を獲得した8王子こと畑中勇介です。

言ってしまえばマイヨベール着用者的なw

 

レースは先に行なわれたポイントレースから高速で進みました。

2013年のポイントレース覇者の8王子としては、なんとか今回もバレないようにちゃっかりポイントを重ねて、最後フルモガきして優勝する算段をたてる。

なぜバレないようにかと言うと、奴らを本気にさせるとマジで強いからw

が、バレる前に普通に本気でやられて、ちゃっかり狙いの日本人は全滅。。明らかに数名、ちゃっかりを狙っていたが…

そんな感じで失意のまま、たった20分後にはメインのクリテリウムがスタート。本当にキツかったです。

レーススタート直後に一応チームメイトの窪木がメチャクチャ攻める。

8王子はあまりにもキツくて一旦見逃し。

ポイント賞に向けてタイム差を詰めていく集団コントロールはさすがのプロツアー。

1度目のポイント賞通過後のカウンターアタックに便乗すると4人での逃げが決まる!

新城選手にバルデとペトルと言う何か凄いメンバー…

山岳賞狙いのバルデとゴール狙いの新城選手との逃げで、間をついてポイント賞を獲得!

やはり持っている…メンバーや展開に恵まれたポイント賞。サガンが来ていたら絶対に取られていただろうし…

そんなこんなで終盤。もう足がつっていました。平均速度が45キロだったそうですもの。

普通に集団ゴール。

たくさんの観客の中で走れ、うれしかった。もちろん、プロツアー選手の効果と分かっていても、それでも自転車レースの認知度が多くなってるのはとてもうれしかったです。

その中で対等に戦う別府選手、新城選手は本当にすごいですね。

 

 

しかし、問題はその後でした…

まだJプロツアーポイントが接戦だった頃に、自分への投資として予約していた羽田発、中部空港行きのフライトが6時50分。

5時20分の電車がデットラインで、さいたまクリテリウムゴールが4時半。表彰台に乗らなければ全く問題無い予定が…

Jプロツアーのポイントに余裕が出て、調子に乗って表彰台に乗ってしまった…

予定では5時に表彰式終了。間に合う!オンタイムでいってくれれば間に合うじゃん!!

4時50分表彰式スタート。

4時55分ポイント賞の表彰。行ける!!と、おもったら「全員で写真があります」…

5時3分、表彰者全員で写真撮影

すでに少しオーバー。

表彰式でもちゃっかりフルームの横のベストポジションゲット?

いや、反対側が山岳賞のバルデだったので、結果的にただしいポジションになってるわけですね。

しかし、この時の8王子はそれどころじゃない。

降壇の合図が曖昧だ…

勝手に片足を降ろしてみたり、でもまだ終わってなくて戻ってみたりして5時8分ちょいにすべての行程終了。

ここからダッシュ!

レーサージャージの上からジャージだけ着て、人ごみの中をさいたま新都心駅に向けてダッシュ!ヤバい人だったと思う。

そして、まさかのホームに5時16分着。間に合った。が、ナビタイムでは20分の平塚行き。

ホームでは19分の蒲田行きが表示されている。

「あれ、おかしい。でも蒲田の方面だよな?」と悩んでいると…

「畑中選手ですよね?お疲れさまです。何してるんですか?」と観戦に来ていた方。

8「羽田に行きたいのです」

観戦の方「あれ、なら20分の高崎線の快速の方が速いですよ?!」

8「マジっすか!!ならそれでいきます!!ありがとうございます。さいなら!!」べつのホームにダッシュで、滑り込みセーフ。

品川乗り換えで6時28分着予定。飛行機6時50分。いわゆる、限界のやつ。

結果的には6時2分品川で、まさかの6時3分の京急に飛び乗り17分着。さらに飛行機が10分遅延で余裕のトイレで着替えw

午後8時にはセントレアで9時前に食事で9時半には洗濯&風呂で10時すぎに部屋でストレッチ。

なんとすばらしい!

これで翌日のJPT美浜クリテリウムに万全の体制で臨めるのであった。

めでたしめでたし…

いや、あのホームで間違いを指摘して頂いた方が居なければ大変な事になっていた。。

ほとんどお礼も言えなかったですし…

もし、今度イベントやレースで私を発見したならばぜひまた声をかけて下さい。

今度はちゃんとお礼をいいたいので…

 

そんなこんなでさいたまクリテリウムbyツールドフランスのポイント賞に輝いた8王子は翌日のJPT美浜クリテリウムに参加するのであった。

続く

 

コメント

からの、さいたまクリテリウム2015

2015年10月23日 | 日記

こんばんは。

埼玉にいます。

明日のさいたまクリテリウムbyツールドフランスに出場するためです。

いやー、なんか結構忙しいです。

最大目標のジャパンカップが終わって気が抜けて、アフターパーティーではSOSOして、何が起こったか分からない感じだったのに、もうすぐにレースです。

そんで日曜日、名古屋は知多の美浜でJプロツアーです…

ツアーリーダーとしてベストな状態で臨むべく、飛行機移動なんですが、よく考えたらさいたまクリテリウムの表彰式おわってから20分以内に電車に乗らないと間に合わない計算。これは表彰台に乗ってる場合じゃない?w

まぁうまくやります。

多くのお客さんがきてくれると思うので、まずは安全に走ります!

ジャパンカップのクリテリウムはトラックな方々が転けまくっていたので、今回はどうにか…

 

あっ、ジャパンカップのアフターパーティーでSOSOして、せっかく話しかけて頂いたのに、何言ってるか分からなかったと思いますが、懲りずにまた会いにきて下さい。サインも結構書いたけど、大丈夫だったかしら??今度はちゃんと話します。。

あと別件。

ブログやフェイスブックのプロフィール写真が古いのです。

ジャパンカップやさいたまクリテリウムで良い写真があったら使わせて下さい。よろしくお願いします。

 

コメント (1)

JAPAN CUP2015 終了

2015年10月21日 | 日記

こんにちは。

今日は練習後にそのまま倒れ寝て、気がついたら日が落ちてました…

普段はこんなに倒れるほどの練習内容では無かったのに…

理由は簡単。

「ジャパンカップが終わったから」。

最大目標のジャパンカップは10位でした。

公言していたように、優勝を狙っていたので、なんとも言えない順位ですが、ベストを尽くしての結果です。

脚質や展開、コースを考えて、作戦は「プロツアーチームの最後の攻撃に耐える」でした。

つまり、ある意味では逃げたり、奇襲を仕掛けたりでは無く、真っ正面から彼らに立ち向かう作戦。悪く言うと人任せ作戦。

実際、これで戦える可能性を感じていたからです。

 

 

 

スタートは最善列。各プロツアーチームの思惑を探るため。

なんとまさかの最初から蓋作戦!しかも全プロツアーチームが共同で。

過去にも同じ様な作戦が取られていましたが、プロコンチームや、英語出来ない風のイタリアチームが若干抜け駆けをする所を見てきましたが、今回はカンチェラーラが最前列で逃げるメンバー一人一人を選別していた影響で、皆素直に従っていました。すごい。

5人くらいの段階でもういいだろう風な空気感を出してきていましたが、チーム右京は入っていません。作戦では入る予定。

キョロキョロしていると「お前いけや」って、お尻つつかれまくる始末。自分は待機の作戦だったので、拒否してると土井選手が割って入ってきて、そのままアタック。ここで蓋が完全起動。「ラスト、ワン!!」って叫んでるプロツアー選手達に混じって「ラスト、ラスト」と一緒に叫んでみたりw

そのまま一回目の古賀志林道は先頭付近で走行していましたが、SKYの選手辺りはわざとブツけてきて後方に追いやろうとします。まぁそんなもんだよね。

このまま展開待ちで後半へ。

ちなみに、タイム差をコントロールしてるメイン集団ですが、逃げが速ければ速いほど調整が難しく、プロツアーのアシストが減っていきます。

そうするとラスト1~2周のレース展開に少なからず影響が出てきます。なので、逃げの選手はリアルに重要なんですよ。実際、ほとんどのアシストを使い切ってくれた年は日本人が多く上位でゴールしています。

そんな感じでラスト4周。

ブリッツェンのエース級選手とアンカーの初山あたりがアタック!これは、ありだと思ったが、声をかけてもらっていなかったので、間に合わず待機。そしてランプレペースアップ。

ここからの登りはすべて3~4分、7W/kgを超えています。

かなりキツかったですが、これはかなりチャンスが増えたと感じながらラスト2周の登りへ。ここが勝負なのは誰でも分かっていました。

プロツアーの隊列の最後尾付近に待機。コースが変更になり、比較的この位置でも問題無いと判断して、最後の勝負に挑みました。

3分でパワーは7.9W/kg。限界です。むしろ、人生最大だったような…いや、2011年のツールド北海道前の3分走で1度8W/kg出したかな…今回はレース中ですが。

付いていければ勝機がある!数秒遅れても、リスクを負って下れば勝負出来るかも!!

ギリギリ残った集団の前方に数人の選手が見える。追いつかなければ!でも一人では追いつけない。周りと協調したかったですが、うまく行かずに終了。数秒前に見えているが、力足らずで終了。

ラスト1周の登りは7W/kg以下でも少し遅れる。出し切ったのだろう。

下りで追いつき、ゴールは全力で10位。

 

 

練習もうまく出来ていたしモチベーションも良し、展開も悪くは無かったですが、最後は納得の力負けでした。

沢山の応援をして頂いたのに、結果を残せなかったのは残念ですが、少し、ほんの少し強くなれば…引き続きがんばりますので、またよろしくお願いします。

少し気が抜けましたが、Jプロツアーも大詰めですし、最後には大事なツールド沖縄もあります。

集中してシーズン最後を戦います!!

 

 

コメント (1)

明日はジャパンカップ2015

2015年10月17日 | 日記

CTL110オーバー

ストレスバランスプラス10

完璧や!

また明日会いましょう。

おやすみなさいzzz 

コメント