ハニカミ王子、ハンカチ王子、オレ八王子

ロードレーサー、畑中勇介オフィシャルブログ

今年も例のごとくの誕生日でした。ありがとうございます!

2019年06月23日 | 日記

こんにちは。

王子です。8オウジです。

オウジの変換は何度やっても王子になってしまうのですが、正確には王子ではなくオウジだと思うので毎回変換にクリック連打しています。

さて、今年もこの時期です。

全日本選手権前の誕生日!!

Facebookでのたくさんのメッセージありがとうございます!!

しかーし、メッセージが100件を超え、相変わらず全てに返信できないキャパな私、8オウジです。

一日中携帯がなっている感じでしたw

愛されてるねーw

本当にありがとうございます。幾つになっても「おめでとう」は嬉しいですね!

毎年お伝えしていますが、全日本選手権前で練習も佳境ですし、誕生日は我が家ではレース後になっているのが例年のスタイルです。今年は長女の誕生日もレース前なのですが、終わってからみんなでお祝いする予定です。

ちなみに、今年の誕生日は午前中にジロデイタリア帰りのマリアネッラ初山とサイクリングからの、なぜか持ち金が無いという理由でランチを奢らされて、そのあとは一人で全日本前合宿のために移動、マッサージからの一人ガストw

スーパーで買い出ししていたらショートケーキがあったので合宿のメンバー4人分買って行きましたw

冷蔵庫に入れて反応を見ていると、、

武山ことタケちゃんが「何すかこれ!悪いなー吉岡さん見てくださいよ!」と冷蔵庫を空けて。

吉岡こと吉岡は「んあれ、あー、あれ?」

タケちゃん、何言ってるかわからないし、吉岡は理解しているのしてないのかわからない。。

結果、タケちゃんは一人でショートケーキ食べるのは気まずいから皆んなに食べさせるという悪だと思ってたらしいし、吉岡はネットで誕生日を確認したにもかかわらず、おめでとうと言ってショートケーキを皿に出してくれることもありませんでした。

横塚こと糖分過多ゴリラは夜に自走できて不参加。

とりあえず、ケーキは明らかにスーパーの味でした。。

このメンバーで合宿しています。

なんやかんや頑張っています。

脚もそこそこ☆

糖分過多ゴリラの峠の記録をカーボンホイールまで使って抜こうとしたけど、2秒足りなかった直後の脚w

パンパンです。

強そうでしょ?

でもね、

本日のズイフトのレースは途中で棄権になりました。

キツすぎてw

てか、ジャジャーン!

エリートのスマートローラーが導入されました!!

登りでリニアに負荷が上がったりして、確かにこれならちょっとした登りですぐに反応できるので遅れにくいかも。

楽しくなってすぐにイベントレースにエントリーしたけど、10分5倍近くを踏み続けて突然辛くなってリタイヤw

勝てない。。

なんか一人だけレシオが高く出てたから、やはり何か踏み方間違えてるな。心拍計がうまく反応してなかったからかな。

明日は雨で回復走の予定なので、明日の午前はズイフト内で会いましょう☆

そんな感じで始まった34歳。引き続き頑張っちゃいます。

 

コメント

ツールドフィリピン!チーム総合優勝!!

2019年06月20日 | 日記

おはようございます。

王子です。おれ8です。

疲労困憊な朝です。

昨夜、いや、本日未明にフィリピンより帰国しました。

毎回色々あるツールドフィリピン、今年も色々ありましたが、最終的にチーム総合優勝を獲得できました!

 

ツールドフィリピン、第10回大会。

確か1回目にシマノレーシングで参加していますね。

ほぼ毎日渋滞の中を走り、「こんなのレースじゃねぇ!」と行って帰っていた欧州のチームもあったっけ、、

閉会式でUCIのコミッセールが「二度とやりません」と言った伝説回。

次に参加したのが16年。初日から渋滞バトルで、キャンセル。

個人的にも腹を壊すし、とにかくやばいのがこのレースのイメージ。

んで今回。

マニラの空港から第1ステージの地まで移動。

なんと高速道路で一瞬で郊外へ!!

マニラといえば空港でた直後からエンドレス渋滞のイメージだったので。すごい進化している!

車の例のジプニーやバイクタクシーの割合が変わってきたのが、普通乗用車が多く、渋滞が少し減っている。

しかーし、気を抜いてはいけません。食器などは全てアルコール消毒してから使いますし、水は一切口に入れません。だって、虫浮いている、水道は濁ってるし。

気を引き締めてスタートした初日。

1st

パレード終わる前に落車。。

前のフィリピン人が突然横に2メートル吹っ飛んでから戻ってきてこけやがる。ブレーキ、止まる、後ろから同じチームのフィリピン人が突っ込んできて吹っ飛ばされる。

ハンドル曲がってるし、ホイール潰れてるし、、

とりあえず走れないし、止めようかと思いながら路肩へ行って、数分かけて自転車の調整。まぁパレード終わってないし、待ってるだろうと。待ってなかったもう追いつかないし、止めようと、そんな感じ。さすがになえますよね。。

待ってた。。

山頂ゴール。優勝こそ逃したけれど、チーム全員が上位でゴール、翌日からのレースに幅を持たせることができた。

 

 

2st

200キロほどある長距離ステージ。

10キロ地点に山岳賞があり、最初に大きな展開があると読んでいたが、登りが始まる瞬間、本当に瞬間にパンク。

最悪や、、

チームカーは前の方だったのですぐに交換できたけど、超アタックポイントであり、一人で追走に入る。

最悪だったのが、弱い選手がすぐに遅れてきたこと。

一人、また一人と遅れているのでチームカーの隊列が安定していなく、ずーっと空気抵抗を受けながらの追走になりました。

かなり踏んで頂上を超えて、下り切っても隊列が見えず、、あと180キロ、、終わったかもって少し思ったけど、逃げが決まりどうにか集団復帰。うっちー(内間選手)が入っているとの事。ヨイヨイ。

150キロ、途中オフロードを走りつつ、そこそこのペースで走り続けラストに向けてペースアップ!というところ、ラスト30キロでオフロードからのパンク!

チームカーは直前にうっちーのところに行っている。。

手を上げて集団から下がっていくが、誰も助けてくれない、、

他チームはもちろん、オフィシャルも(ニュートラルサポートはいなくなってた)助けてくれずに、集団はいなくなる。。

はーい、どうしたらいいのかなー?

バイクモトが「もう連絡はしたから」って言ってくれるけど、3分先行しているチームカーが戻ってくれるわけなく、パンクしたまま走行。すすまないとどうしようもないからね。

結局10キロパンクしたまま爆走しましたw

下りとか、40キロ出てたし、今考えるとやばいですよね、、まぁリアで良かったです。

そのうち、補給地点から追いついてきたチーム機材車が合流、ホイールはあるって事でバンの後ろを開けてごそごそ。

もう全く急いでないから、止まってコーラとか飲んだりw

ホイール変えて再スタート!って思ったらホイール割れてる!!これ、昨日俺が突っ込まれて割れたやつじゃん!!コントかw

他に替えがなくて、パンクしたホイールで再スタート。

さらに15キロ、トータル25キロパンクしたまま走って、なぜかラスト5キロに謎のホイールを渡されて、ここからプッシュしてどうにか25分遅れでタイムアウトは逃れる。。

総合11位3分遅れから、28分遅れの圏外に、、

キツすぎてもう降ろしてくれって少し考えたけど、チームのためにやれることはあるとして、翌日もスタートするのであった。

うっちー、2位で、初日のアドバンテージと足してチーム総合1位に上がる!

 

 

3st

なんだか180キロある、、長いなぁ。

逃げが決まり、リーダーチームがタイム差をキープする、そんなステージ。

通常はタイム差を得ているリーダーチームは追いつかなくても良いので、2分くらいで逃しきりたい感じ。

ステージを狙うチームがラスト2分を詰めるのだが、組織立って追えるチームが無い。。

チーム右京も4名しかいないので、チーム総合1位を守るには1人しか遅れられない。うっちーが余力を残しながらローテーションに加わってくれるも、追いつかず。うっちーいわく「この組織力では無理!」ってことで、ここは清く諦めることに。事実、少し動いてくれたうっちーはラストの丘で少し遅れてしまったので、少し危険なレースだった。

確認ですが、チーム総合は毎日のチーム内上位3人の合計タイムを足していく賞。

初日、畑中、吉岡、横塚がトップグループでゴールしてチーム総合2位へ。

2日目でうっちーが3分前でゴール、残りが集団で3分差でチーム総合1位へ。と言った感じ。

 

4st

リアルスタート0キロから2キロの山岳賞。勾配がそこまできつくなく、どうにか集団でクリア。

きつくなった山岳後に動く作戦だったが、吉岡が動いたりするとすぐに他チームのチェックが入る。

何度かメンバーを入れ替えながらアタックするがマークされてしまう。

んで、総合が関係ない少人数が先行。このまま昨日と同じか?

と思ったら、暑くて頭がぼーっとしていたタイミングでアタックが開始される。リーダーチームもびっくりのラスト60キロ、まだまだ逃げも先行している段階だ。

超ペースアップでもうめちゃくちゃ。攻撃していたと思ったらカウンターを食らって守り側になったり、いつ何が起きてもおかしくない状態。

さらに長く補給ができない時間が続き、チームが崩壊する危険性も出てきた。

守りにはなってしまうが、攻撃をやめて様子を見て補給へ。

ボトルをとってきたタイミングで2名が先行。

逃げ切られてしまった。残念だが、チーム崩壊は間逃れた。

 

 

5st

ラストステージ。

アップダウンが多いコースとのことで気を引き締める。

スタート0キロで本日も山岳賞あり。総合上位の数名が先行、残りが集団でさらに後ろはバラバラと言ったところ。吉岡が先頭、残りは集団でどうにか超える。どうにか超えたのも楽ではない。ギリギリだ。

レースをぐちゃぐちゃにしたいチームと、まとめたいチームが入り乱れる。

チーム右京はその真ん中。ぐちゃぐちゃにしたいチームをまとめたいチームが鎮圧したタイミングで攻撃を仕掛けたいところ。

んが、暑いしそれどころじゃない。

どんどん遅れていく選手もいる。

チーム右京は皆がどうにか粘っている状態。

余談だが、ツールドフィリピンは突然の段差や、交通規制の甘さから、峠のコーナーで逆走車がきたり。

途中から杖をついて食堂に現れる選手が増えてきたり、ジャージがなくなったのか、スタートの段階でジャージが破れてる選手とか。。地獄か!

マリオカートみたいですが、マリオみたいに「あわわわー」では済まないので注意が必要!

ゴール。1名が完全に飛び出して優勝。彼は第2ステージでうっちーも倒してる選手だし、戦歴もすごい。マークされているのに飛び出して行ったのでレベルがちょっと違った。無念。

チームはどうにか4名全員でゴールし、チーム総合優勝した。

個人総合も7位横塚、8位吉岡と健闘できた。

タイ、マレーシア、フィリピンと日本人だけでの参戦だったが、アジアツアーで存在感は強まっていると思います。

 

 

次は全日本選手権です。

ここまで培ってきたチームワーク、個々の経験を生かし良い結果を残したいと思います!

レース中は「危なすぎる!暑すぎる!苦しすぎる!」と文句ばかりですが、明日にはまたチームメイトと合同でトレーニング開始です!

自転車レース、最高ですね。

photo by  Artur Widak

 

コメント

ズイフトで1日3レース→撃沈→ネットで攻略法を探るw

2019年06月10日 | 日記

こんばんは。王子です。

8オウジです。

さて、梅雨ですね。

このタイミングで本格的に始めたズイフト、暇なローラートレーニングの効率が数倍にアップします。

先日はレースと、あとは閾値あたりのメニューを試してみたのですが、結構良い感じ!

ということで、雨の本日は朝からローラー。

とはいえ、ただ走るのもつまらないので、イベントレースに参加。

起動させてすぐに直近のイベントをクリック。

5分後スタート、、

アップなしでレーススタートっすね。

カウントが始まり、多分みんなやっているであろう、スタート前から少しづつパワーを出している状態からスタート!

一気にFTPくらいの強度に上がる。

死ぬほど辛い!!

実走ならありえない辛さ!!

数分で落ち着くけど、もうヘロヘロ。

先頭集団の方にいたつもりが、登りが始まった途端前の方でブチブチとちぎれているではありませんか!!

少しでも遅れるともはや追いつくのは至難の技。

はい、終了。。

あとは持久走でゴールを目指す。

50人くらい出走で10位ちょいかな。

なんかレベル登録みたいなのがあって、自信満々に最上級のAをクリックしたけど、先頭集団は皆Aで、オウジ付近は皆B以下。。あれ、おかしいね。

トイレ行って、水入れ直して、ようかん食べて再度イベントをクリック。今度は50分ほど空いている。

よくわからないけど、参加人数が多いレースで、Aクラスがあり、4−5W/KGのクラスをクリックしてみてる。使い方あってるんか、、

とりあえず選んだイベントは全て20−30キロくらいだった。

んで、また同じようにスタート。

同じような遅れ方で、10番ちょいでゴール。

なんじゃこりゃ!!

確かに実走と違って、足を止めて休む瞬間がなく、平均パワーは50キロのJPTのクリテリウムより高い感じだけど、逆に高強度はレースで出せる半分の時間で終わっとる。。

ダンシングは効率悪くなるし、休めないしで多分きついんだろうな。

んで、もう一回。

今度は10分後w

今回は一発目の登りを無理やりハイパワーで乗り切る!!

シッティングで2分7w/kgとか、もはや限界レベル。休めばなんどもこなせるが、ここでは休めないの。

多分このあたりに脚力的なズイフト問題と、あと位置どりやパワーのセーブのやり方があるんだろ。

はい、2周目の登り2分で千切れましたw

このあと独走していると、日本人と思われる方がずーっと5w/kgで走る集団が来るので乗ってみる。

あっ、スリップに着くとパワーをセーブできるんですよ?!でもこれ、実走と違って、プログラム上のことなので、多分慣れるともっと楽に走れるはず。

んで、その日本国旗の方、そのまま5w/kgでゴールまで先頭固定でした。。

強すぎるやろ!

優勝した選手も平均が5w/kgくらいだったかな。

普通に出せるはずなんだけどなぁ。なんか違うんだよなぁ。

今日はこれで限界。3レースともほぼ同じ内容でした。

ローラーを降りてすぐにスマホで「ズイフト テクニック」と検索w

出てきました!

が、書いてあることを読むと、、

どれも普通に頑張れ的なこと、むしろこんなトレーニングメニューをしたら対応できる!みたいな、普通に強くなれってのもありました。んなことわかってる!

あとはローラーの種類とかもあるみたい?スマートローラーの導入が待たれるが、「きつくなる」ってな情報もあり。。これ以上きついのは無理よ。

ちょっとこれはありだなって思ったのは視点を変更するとか。

確かに全体を見渡せればいつは休めるのか、今は踏む時だとか分かるかも。気が付いたら離れてたパターンが多かったから。グランツーリスモでも視点変えたら楽勝でゴールド取れたりねw

ゲーマー要素もあるし、普通に実走より効率的な部分もあるので、ちょくちょくやっていこうと思います。

ってことですが、明日からフィリピン行ってきます。ツールドフィリピンUCI2-2ですね。

実走は得意なので頑張ってきますw

あっ、写真撮り忘れた。

何にもないなーって思ったけど、携帯見てたらこのTシャツが出てきた。

7日だったかな?

ユニクロで発売開始されたKAWSとのコラボTシャツ。

中国で殴り合いながら買い求めていた動画があったりしたやつで、転売目的で10倍の値段になってたとか。

夕方にたまたまユニクロがあったので寄って見たら既に人気なのは売り切れていれ、この少しだけKAWSなTシャツが無残に落ちていたので買ってきました。それでもラスト数枚。

着るんか?

知らんけど、とりあえずTシャツ多すぎ。

ほな、また。

コメント

ツールド熊野撃沈 金曜日のバーチャルレースは11位くらい。。

2019年06月08日 | 日記

はい、王子です。8王子です。オレ8です。

フォトby沼澤マネージャー

ツールド熊野でおなじみ、ポディウムガールと謎の写真。

顔がアレですねw

確か、なんか言ってからんで行ったけど、反応に困られて、こちらも困るという、地獄のような瞬間ですね。

二人とも困ってます。

今年も飴ちゃんを配っていました。

お気に入りはミルク系です。

そんなのいいか。

レースですよ、レース。

プロローグは20位。

優勝はブリヂストンの沢田選手。トラック競技のスペシャリストだが、ロードも走れる。

今までの日本にいなかったタイプ選手だが、世界的にはトラックのスペシャリストがロードを走るのは普通。

ワールドツアーに所属している選手も多いし、むしろトラックの中距離以上の競技だとほぼロードで聞いたこと選手が世界トップにいるので、彼らのような選手がロードも走ってくれると日本も何か変わるかも。

でもまぁ負けたくない派のオレ8としては最近の若い選手のトップスピードに対応するのはちょい大変!がんばろ。

んで、第1ステージ。

はい、1周目で20人に先行されました。。

40番目で登りに入って、スピードが上がっていたのでやばいと思ってどんどん前に行きましたが、下り切ったらもう離れていました。。コースが難しくなってるよ。。

最悪。。

あとはただ走ってました。

ただ、ラストは6分でタイムアウトって言われて、集団でペースを上げて結構疲れました。

150分のレースとして、6分って、4パーセントとか?

4%はちょっとひどいですね。。

ツールド沖縄の逃げは20分先行したことありますからねw捕まりましたけど。

とにかく、すでに総合成績は無くなりました。。

第2ステージ

良い結果を残したことがない、山岳ステージ。

えーと、一番の山場、札立峠に入るところでタイミング的に少し集団を牽引しなくてはならず、超最高の状態でギリギリ超えられるかもと思っていた峠だったので無念にも遅れる。

遅れてからも出し切れとの指示があったレースだったので、ずーっと頑張ってたらラストの千枚田の登り始める瞬間に先頭集団に追いつく!

その時、顔を上げると、集団の先頭をチーム右京が固めている!

吉岡選手がブーストして、サム、ベンジャと攻撃を仕掛ける!

が、そのブーストの波が集団最後方に届く頃には後ろの選手たちは木っ端微塵。。

ほぼ停止している吉岡選手に「すまん、今さっき追いついて、何もできんかった」と、言い訳と謝罪してゴールまでまた踏み始める。

下りも踏んで、ゴールまでの10キロもシマノの横チン、あっ、横山選手と湊選手と頑張ったけど、集団には追いつかずに終了。

ちなみに先頭は集団から飛び出していたキナンのトマ選手。

トマ選手はマルセイユやエクスの方の峠のストラバのランキングでたくさんKOMを持っているような選手。

2位から10位がワールドツアー選手みたいなのもあったり!

それくらい登りが強い選手で、今回は総合も遅れていたので、そこをついてしっかりチームの地元で優勝した。

第3ステージ

1日中地獄。。

チームとしてはレースをかき乱したい思惑でスタート。

が、スタートと同時に雨が降ってきて、パイロンで区切られた区間からの登り、縦1列で降った先のコーナ後の登りと、後ろの選手がドンドン地獄になるレース。

地獄や。

レースをかき乱したいが、もはや後ろで一人、また一人と消えていくレースで、オレ8はもうずっとほぼ最後方でゾンビになる恐怖に怯えているだけだった。

てか、5回くらいゾンビになって復活したり。。。それはもうすでにゾンビですね。

結局、ラスト20キロ、チーム右京のサム、ベンジャが攻撃した途端にちぎられて、グルペットで終了。

ゴミのような内容でしたが、レース初日は100名ほどスタートで、完走は40名ほどなので、きついレースではあったのでしょう。

良い方に考えれば良い感触もあったのでポジティブにとらえます。

とはいえ、ジロデなんとかで初山選手が頑張っているのに、ゾンビ化と戦っているなんて、なんとも言えませんね。。初山選手はその日、ジロデなんとかで完走していました。素晴らしい。

 

2日間回復走で、あとちょっとした仕事とかしたり、あまり良い感じで追い込めていなかった今週ですが、金曜日にバーチャルレースしてきました。

ズイフトってやつです!

良い写真撮り忘れた。。

やり方がわからず、イベントレース8分前にスタンバイに入ったら、誰もいなくて、一人でスタートラインに並んでいる図ですw

ズイフト、知ってますか?

もうポピュラーですね。

ネットに接続して、仮想のコースや、ロンドンのオリンピックコースなどで、同じくログインしている世界中の人たちとサイクリングしたり、レースをしたりできます。

パワーメーターや、ネットに接続したローラー台からパワーが送られて、アバターが走るっていう仕組みです。

今回はノーマルのローラー台でやりましたが、近々エリートのスマートローラーが導入される予定です。

スマートローラーとは、ズイフトと通信して、登り区間に入ると抵抗が上がったり、下りは高速で回ったりする最新のローラー台です。これは楽しみ!

レースはスタートで出遅れて、トップに置いていかれましたw

だってやり方わからなかったんだもん!

でも、後ろの集団でローテーション回したり、登りでもがいたりして、1時間くらいのレースで11位くらいでした。微妙w

実走と違って、足を止めることがなかったので、負荷的にはすごく大きく、練習には効率的でした。

仕事が忙しい方など、実走と使い分けていけば確かに良い練習になると思います。

もうちょい使い方テクってきたり、スマートローラーが導入されたらまた報告しますね。

あっ、アカウントネームは、Y.Hatanaka

本名ですw

 

コメント (1)