ハニカミ王子、ハンカチ王子、オレ八王子

ロードレーサー、畑中勇介オフィシャルブログ

某峠でアベ1キロ落ち… あと、去年の最高記録にフラグが!

2016年09月21日 | 日記

こんばんは。

レモン牛乳かと思ったらがぶ飲みレモンソーダでした。

そんな事より、練習仲間から連絡がありました。

「先輩、先日のインターバルで使った峠の速度、ネット上で平均時速1キロ負けてます!!」って。

ネットでタイムを争う、アレですよ。

スタート地点がしっかりは分からないのですが、トップタイムから大体時速1キロ負けてる感じでした。

14分弱で2本、最後の一本を10Wアップさせたのですが、それでも負けている。。

全力ではなかったけど、そこそこ追い込んだのですが…

後日更新狙ってきますw

あと、関東で一番有名な峠の記録をカーボンホイールを使って更新した去年の記録が何故かフラグがたてられて消えています…

去年の5月くらいだったかな。かなりベストな状態でもがいたので、もう一度更新しにいくのはダルいし…

なんか「移動に何か使ったでしょ?」的なフラグです。…使ってません。超もがいただけです。

誰かどうしたら修正できるかしりませんか?

もう一度カーボンホイールを用意して、サドルバックを後輩に持たしてトライするかな…

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やまなみ温泉でしょうが焼き定食!

2016年09月17日 | 日記

こんばんは。

突然ですが、神奈川は相模原市の藤野やまなみ温泉はteamUKYOのメンバーにとって重要スポットです。

温泉内にあるやまなみ食堂のしょうが焼き定食が無ければ今頃選手達はハンガーノックで倒れていたでしょう。

それくらい頻繁に利用させて頂いているやまなみ温泉ですが、物産コーナーの一部でなんとteamUKYO応援グッツが販売されています!

タオルを持ってこないでも日帰り入浴できますよん!teamUKYOタオルが売ってますからねw

お湯も良いし、食事もうまい!さらにタオルもゲット出来るんだから行かない手はないですよ!

ぜひ利用してみてください!

スペイン語が聞こえたらほぼ間違いなく彼らでしょうからw

ほな、明日もがんばりましょー

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FTPで1時間。家の敷地内で100キロ走ったよ!!

2016年09月14日 | 日記

こんばんは。

八王子出身の自称8王子です。

ウィキペディアでは八王子のスーパースターってなってます。

そのうち超スーパースターとか、スーパースター改とかになるかなぁ。

そんな事より、雨がおおいですねー。

GTローラーやりまくりっす!

家の敷地内で100キロ走りました!っていうと、どこの油田の持ち主かって話ですが、ローラーがあれば一畳スペースで3時間100キロいけます。

実走の負荷を再現するために30キロ/hを180W〜200Wくらいに負荷設定しています。信号ないから調子いいw

そんな中でインターバルもしてます。FTPパワーを数回に分けて、トータル1時間ほどしてると練習仲間に話すと「変態」のレッテルを貼られてしまいました。。

そんな練習仲間に大人なガリガリ君を買ってもらいました!!

あれ、でもこれガリガリ君リッチではないやつか?100円だな。

他にも車が出れないように嫌がらせしてくる後輩が居たりと、俺はホンマに恵まれてるなー。

そんな最近でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日は…

2016年09月08日 | 日記

GTローラーでーす


何度もいいますが、外よりも効率よくこなせるメニューがあります!

ダンシング無しで加速してFTPの95パーセントを維持。時間と本数は内緒(笑)

どこかの誰かが言っていたように、既存のパフォーマンス値の評価は時間を乗らなければ上がりにくいので、確かに数値ではそこまで追い込んでない事になってます。

インテリでは無い8王子はデジタルに補正できないので、仕方ないからメモ帳にアナログに記入して補正とさせて頂きます!

室内トレーンングのメリットはそのままウエイトトレーニングに移行出来る事。

筋トレして、すぐにバイクに飛び乗れれば、更に効率よくバイク用の神経&筋肉を意識できます。

落としました…

10日以上遠征してたので、弱ってましたね。

引退したらベンチプレスもやろうw

ここから雨が多そうですね?

GTローラーとウエイトの頻度が増えそうです!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツールド北海道終了 

2016年09月05日 | 日記

こんばんは。

第4ステージを終えて八王子に帰りました。

最終ステージは約220キロのロングレース。

チームとしてはリーダーの増田選手から1分ビハインドで2位から15位まで並んでる総合順位を上げる事。ベンジャミンね。

レースはスタート直後から17キロ地点で800メートルまで登る峠での戦いから始まりました。

総合順位のシャッフルを狙うチームが激しく揺さぶりをかけていました。

ブリヂストンなんかは特に強く攻撃をしていました。

登りという事もあって、リーダーの増田選手自ら動く場面も多く、後半は荒れるだろうと予測していました。

登りでは一時20名チョイが先行していましたが、残り200キロもあるので下り切りでペースダウン、4名の逃げとなりました。

メンバーの中に1分ビハインドメンバーの吉岡選手が入っていたので、他のチームとタッグを組めば容易くキャッチ出来ると思っていました。

特に、上位に2名入っているチームやリーダーチームが優先的にコントロールしてくれるだろうと予測。その場合は優先順位では低いけど、責任を果たす為にもチーム右京からもメンバーを送り込むつもりでした。

が、距離が長いからか、登りを越えて各チーム疲労していたのか100キロを越えるまで動き出さず、12分弱まで差が広がりました。

こりゃマズいと思い始めたところで各チームがメンバーを前方に送り込んできました。

ラスト110キロで11分。まぁ最終なタイミングかな。チームスカイならもうちょいいけただろうけどw

5分までつめましたが、先頭もペース調整開始。詰めづらくなってきたタイミングで追走集団もばらけ始める。精神的な勝負もありますからね。

ラスト30キロにして、最後の峠で最終バトル開始。

8王子はここで遅れました。。

先頭ローテーションは加わっていないけど、ちょくちょくペース維持の為に踏んだので意外と疲労していたのか…

とにかく、あとは総合上位陣のバトルでベンジャミンの好成績を願うばかりでした。

結果は流石にトップ集団は逃げ切り、吉岡選手はギリギリで総合優勝を逃し、あとは大きく変化無しでした。

 

チーム右京としてはジョンのステージ1勝でしたが、総合で勝負する事が出来ずになってしまいました。

残念ではありますが、やはり公道を使うラインレースは身体だけじゃなく頭も使う本物のレースで、走っていて毎日がワクワクでした。

総合優勝者が普段はJプロツアーで戦っている増田選手だったので言い訳としても通用しなくなってしまいますが、やはり本物のレースをたくさん経験しなくてはという思いが強まります。

UCIレースは次はジャパンカップまで空いてしまいますが、その間にはJプロツアーでも特に厳しい公道レースが続きます。

もちろん増田選手もいますw

リベンジの為にも引き続き、正しい事をしてがんばります!!

そんな事を思う、そんなツールド北海道でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加