ハニカミ王子、ハンカチ王子、オレ八王子

ロードレーサー、畑中勇介オフィシャルブログ

僅差で勝利!Jプロツアー 西日本ロードクラシック

2014年06月23日 | インポート
Cw_nishiroad29
シクロワイアードより PhotoByHideaki TAKAGI

僅差でJプロツアー西日本ロードクラシックの連覇を達成しました!!

本当にうれしいです。

レースは雨の中スタート。

ツールドコリアで体調を崩して思うように体調を作れていなかったので、全日本選手権に向けて最後の追い込むチャンスだった今大会は高いモチベーションで望む。

雨のレースはモチベーションで大きく成績が変わってくるのだ。

序盤、安定しているように見える集団だったが、実際はハイペースを刻んでいて、後方に乗り残されてしまう有力選手も続出した。

雨で滑りやすくなっていたので、集団の中でも脚を使うシーンが増える。

徐々に人数を減らす集団の中で8王子自身も結構キツかった。

後半戦、序盤から運悪く後方に残されていたブラーゼンの佐野選手やアンカーの清水選手が追いついて来て、そのままアタック!ここからレースは動き出した。

メンバーを残していたのはシマノとブリッツェン。
どちらのチームも決してマークは外さない。あわよくば有利なメンバーで決めたいと考えながら展開する。

そんな中、ブリッツェンの増田選手とシマノの入部で先行する。

8王子の経験としてはこれは決まったとおもった。
あとはどこまで有利に逃げを利用するか。

これはブリッツェンも同じ考え。
ブリッツェンはダブルの鈴木選手が積極的で、ここを見つつ8王子も狙う。

タイミングをみて一人で飛び出して前に合流。
この時点ではシマノが超有利!
このまま決め切りたいと思ったが、そんなに簡単にはさせてくれない。
鈴木真理選手(師匠)が追いついて来た。さらに登り切りで増田選手がアタック、すこしアドバンテージを取られる。

ここで入部が力を発揮してくれた。
先頭を捕らえ、そのままゴールへ。

入部の先行でスプリントへ。

真理選手(師匠)がこしをあげる。同時に8王子も左からスプリント!

んが、ゴール前のフェンスの左が狭まっている。

一瞬悩んだが、もう力が無いので、そのまま左から真理選手(師匠)に並びかける。

正直、真理選手(師匠)が締めて来ていたら危険だったかもしれない…

しかし、真理選手(師匠)はギリギリ1台分残してスプリントしてくれた。確実に意識して。

結果は最後の一瞬でほんの数十センチ8王子が前に出て優勝。

もちろん嬉しい勝利だった。

しかし、それより何よりフェアプレイで勝負してくれた真理選手(師匠)の器の大きさに感謝したいと思います。

今回はそんな感じで、展開やフェアプレイに助けられて優勝出来たが、来週の全日本はコースも単調で力勝負になるに違いない。

今回の優勝を弾みにしつつ、さらに最後の調整をうまくやって、全日本選手権に望みたいと思います。

そんな誕生日翌日でした。

たくさんのお祝いメッセージもありがとうございました!

コメント (1)

ニュアンスハートにて、軽量化☆

2014年06月20日 | インポート
こんばんはー

TOJ、熊野、コリアと忙しくて、更に体調崩したりでほったからしにしていた髪の毛を綺麗にしてもらいました☆

かなり軽くなったので、ダンシングが良い感じになるかも?!

Dsc00950_6
じゃーん!

今回は長くなってたので「長さを生かしつつの軽量化」ってオーダーしたら、めっちゃ良い感じで綺麗になりました☆

って、なんか鮮やかな人達…

実は今回はダレンも一緒にお願いしたの!青いのね。

8王子は緑で、1ドル90セントくらいで買ったTシャツ。2ドルだったかな?

そんで、赤はダレンのガールフレンドね☆

休暇を利用して遊びに来てくれたんだって!よいね~

あと、全然関係無いけど、安岡チーフと8王子が「トゥース」してるようだけど、よくみるとピースだからね☆

チーフの流行だとかw

パクろw

さて、明日は広島移動です。

広島は得意なんだな~




コメント

ツールドコリア その後

2014年06月18日 | インポート
こんにちは。

ご無沙汰しています。

なにせ、思い通りに行かない日々は良い感じで無い訳で。。

ツールドコリアからチームが戻って来たので、ここから一気に戻して行きます!!

さて、そんな感じで久しぶりに出場したツールドコリア。なんか凄かった。

てか、出場の一ヶ月くらい前までUCIクラス1とは知らなかったw
コースプロフィールとか要項を見ていて、「なんかしっかりしてるな。」って思ってたら、前よりクラスが上がっていた。前って、2008年かなw

ソウル、インチョン空港に着いてすぐに送迎用のバスでホテルまで移動。
ホテルはオリンピックパークホテル。
ソウルオリンピックの地を利用した施設だと思われるが、スポーツをモチーフにしたしっかりしたホテルは日本ではあまりないよね?
スポーツ宿泊施設→合宿所。みたいになるやん?
ここは普通に高級ホテルな感じ。

日本のレースは過去には良いホテルだったけど、最近は結構変更されているので…

んで、レースはやはりカテゴリーアップによって参加チームのレベルも高いし、何より選手達のモチベーションが高く、厳しいレースだった。
体調が悪くて、しっかりレースに参加してないのが何とも悔しい。

その後、ホテルは毎晩スポーツ関連施設だったがどれもしっかりしていて、食事もスポーツ選手用に作られた特別なものだった。

3日目だったかな?テコンドーの総本山的な施設に泊まったのだけど、その施設のあまりの規模にマジでびびったよ。
超デカイ大学みたいな感じ。

日本にはこんな規模の各競技専門の専門施設は見た事無いなぁ。

この後も韓国を堪能する予定が、ここで8王子は高熱を発生。リタイヤとなったのでした。
無念。
しかし無念とか言ってるレベルじゃなく辛い。
体温計は40を指している!

大会の救急車で病院に運ばれ、点滴と薬の処方でなんとか38度まで落ちて、翌日帰国となったのでした。。

余談だが、カザフスタンの選手は腹痛を訴え、同じく救急搬送。
診断は「盲腸」。
普通だったら頭を抱えるが、彼が言ったのは…
「やったよ、韓国で盲腸の手術出来るなんて。母国だったら傷跡が数倍になるからね」って。
すごい発想だ。

こうして8王子は200キロのタクシー移動の後、釜山からLCCで関空に帰ってきましたとさ。

タクシーのおばちゃん運転手とはなぜか別れ際にハグしたし、発熱によって通常のアテンダント業務以外にたくさん助けて頂いたキムさんにもメッチャ感謝しています。

その後8王子はすっかり体調も戻り、ここから調子もあげて行こうかと思っている次第です。

今週末はこれまた得意な広島でのJプロツアー。

うまく走って、調子を整えたいと思います!!

ほならまた




コメント

大阪に戻りました…

2014年06月11日 | インポート
こんばんは。

大阪にいます。

そうです、リタイヤしました。

第3ステージの早朝から、苦しさに悶絶して起床を向える。

朝食会場に時間をかけてたどり着くと、すでに選手は食事を終えている。
しかも全く食えない…

自己防衛でリタイヤを告げる。

熱を計っても37度くらい。

走る選択肢もあったが、今回は違いを感じていた。

案の定、補給バスの中では38度。

レース終了時39度。

ホテルで悶絶していると40度に達しました。

監督と大会スタッフが救急車を手配してれ、本当にギリギリの力を使い病院へ。

適切な処置をして頂き、見る見るうちに熱は下がり、どうにか乗り越えました。

40度はマジでヤバかったです。何も見えないし聞こえない。そんな感じ。

普通に「死ぬかも」くらいキツかったス。

しかもみんなに「精子しぬでー」って言われて、ビビってググったし…
しかもそんな事なかったし…

そんで色々あって今帰り付きました。

また、ちょっと落ち着いたら短期コリア滞在な話でもします。

ほなら、はよ寝ます。



コメント (2)

ツールドコリア 第2ステージ

2014年06月09日 | インポート
200キロ、ゴールしました。

ちょいとダメダメでした。

パワー的には本来の調子を取り戻せていないので、こんなものかなと。

やはりダメな状態でレースを走るとダメージも大きいですな。

長めのステージレースは総合成績が落ち着いてからまた別のチャンスがあるので、それまでに整えたいと思いまーす。

それにしてもおにぎりもカップラーメンも超辛い。

ホテルでは選手用のヘルシー&高エネルギーな食事が提供されるが、ゴール後にいち早くエネルギーを補充するためにチームスタッフに用意してもらうおにぎりが超からい。

今日はもう結構な田舎な地域で、コンビニなんてないので、先に調達しておいたカップラーメンを食べる事に。

もちろん、良い栄養だけでは無いが、早くに何か食べないといけないので。

Dsc00939_2
ちなみに、入部選手はブラジャーを被っている訳ではありません。

なんでも、立体アイマスクだとか。

カラーは野中選手が選んでくれたらしいです。

ほなら明日もちばりよー


コメント