ハニカミ王子、ハンカチ王子、オレ八王子

ロードレーサー、畑中勇介オフィシャルブログ

シクロクロスのメカニックに勝手に仕立てる。

2011年11月30日 | インポート
普段シマノレーシングの選手のブログを見て頂いてる方はご存知だと思うが、ロードレースの補給や機材トラブルは後方に待機するチームカーですべてをまかなう。

途中で補給ポイントがあって、マッサージャー等がサコッシュと呼ばれる袋にボトルや補食を入れて、それを受け取るポイントが設定される場合もある。

UCIレースの国際カテゴリーのレースは両方で対応している場合が多い。

が、シクロクロスは一周6分から8分くらいのオフロードコースなため、サポートは所定の位置(ピットエリア)で待機してまっていなければならない。もし、機材トラブルがあってもピットエリアまでいかなければならない。
シクロクロスではこのピットエリアでの対応でレース結果が大きく変わる。

極力空気圧を落としたタイヤはパンクが多発で自転車交換作業も増える、泥が詰まったホイールは全く回らないので1周ごとに機材を換えるレースもある。

そんな時こそ力の見せ所のメカニック&サポートの力!

交換時間をロスを減らすために常に神経を尖らせる。泥のついたバイクを瞬時に洗車。

F1000479
そうなってくると、洗車道具にウエア、即座に対応するための工具や水の確保等、多くの準備が必要となる。

そんなメカニックの世界に、後輩の無茶な要望により踏み込まざる得なくなってしまった飯野先輩。。

が、そこは元選手。

経験をいかして、完全な体制&準備で初のメカニックをこなしていました。

これは、バレないように少しずつ定番化させて、8と真琴あたりがレースに集中できる体制を整えてしまおう。

そんな話でした。

コメント (2)

野辺山シクロクロス 撃沈

2011年11月29日 | インポート
それはまさかの事態だった。

10秒前のコールの後、約5秒で力なき笛の音が、「ぴぃ」と鳴った。

間違いだとおもったが、それがスタートのコール。1秒ほど出遅れた8は一気に後方へ追いやられる。

ちなみに、ルール上10秒以下のカウントからのコールは不要らしく、今回のも正当なルールだったらしい。

また新たな経験をした。

そんな感じで、真琴より後方からのスタートになってしまったが、そこからはさらに酷かった。

全く曲がれない!

いや、やれるんだろうけど、あまりにリスキー。

かなりの上級オフロードバイカーですら固い路面に浮いている砂にタイヤを取られて一気に地面に叩き付けられる。

あれだけハードにいくと、骨までいきそうな路面。

リスクは絶対に負いたくないので、超低速でクリアする。完全に走るシケインだ。

申し訳ないとおもいつつも、これもレースだ。と、勝手に解釈。

Cwnobeyama58
フォトbyシクロワイアード

←サイト内では8を応援する新城幸也と紹介されているが、実際は「こけろ」と連呼している。

8はそれに「それどこじゃない」と返答していた。

余談だが、数日中に飯を食わしてもらう予定。

とにかく、こげる所だけ全力ダッシュでどうにか完走したが17位~19位くらいだったかな?w

そんなこんなで撃沈だった野辺山シクロクロス。日本一標高の高い駅があったり、おいしいチーズケーキがあったりと楽しかったが、なにより会場の雰囲気が最高だった。

まるで本場ベルギー!シクロ行ったことないから知らないけど。たぶんこんなだろう。

このレースを開催することを夢見て、尽力してきた人たちのおかげで実現した、最高のレース環境!
全国の自転車レース計画の模範のようなレース。いつかは八王子も8オウジあたりでロードのクリテリウムやりたいな。もとい、8オウジも八王子あたりでやりたいね。

まぁ今は選手なので、レース運営には関われないが、走りでレースを面白くできたらいいな。と思いました。

なんのこっちゃ分からないですが、とりまゼッケンは8番だったってことですよ。




F1000480


コメント (4)

第三回美山シクロクロス。

2011年11月25日 | インポート
本日は非公認レースの美山シクロクロス。

主催、不明。

出走、8 ぺ ゆずる アベタカ チェロ 美山の石田さん。

レースはスタート直後から事件を連発する。

スタート直後にぺ選手が落車(笑)

理由はここでは語らない。

優勝候補のアベタカはロードバイクでのオフロード走行に手こずり、戦線離脱。

美山の石田さんは途中、見せ場を作るも、ラストは謎のプロ集団に撃破される。

強かったのは借り物マウンテンバイクで出走のゆずるとチェロ。今年のハンデはマウンテンバイクにかなり有利で、追走するのがかなりキツかった。

ゴールはチェロがロングスプリントを仕掛け、ゆずるが絶好のポジションで飛び出す。

が、ここはマウンテンバイクより最高速に有利なシクロバイクの8がラスト50メートルで差し込み、優勝!

2年ぶりの優勝であった(笑)

美山シクロでなにより重要なのが、ブラッキー氏撮影の映像。

今年は雨の影響で少し緩い展開だったが、例年通り爆笑の映像がとれたので、大成功と言えよう。いつか、総集編を発表したいくらい。

レース後は美山の食材をふんだんに使った食事をごちそうになったり、美山ライブハウスでの生演奏を聞いたりと、最高に楽しい時間を過ごす。

F1000476_3

生演奏に感激していたのだが、ラストは最近色々な場面でものすごいポテンシャルをみせるチェロ柳がすべてもっていった感じで終了。

そんなこんなで楽しい一日でした。

さて、明日の午後には長野でUCI公認レースの野辺山の試走してます。

すごい日程だけど、頑張りまーす☆

コメント (5)

シクロクロス琵琶湖マイアミ  ~2週連続の~

2011年11月21日 | インポート
ちゃー。

琵琶湖マイアミのシクロクロス、6位でした。

レース後、応援しにきてくれた方等に挨拶しにいきたかったのですが、沖縄に続き2周連続のドーピング検査対象にえらばれてしまい、行けませんでした。

優勝後の検査はいいですが、微妙な順位でのランダム検査対象はツイてない感じ。

綺麗な女性とのフォトチャンスも逃したし…すんませんでした。

レースへは関西シクロクロスになれているシマノドリンキングチームにサポートをお願いし、島田元選手と作戦を立ててスタート。

が、スタート直後にその作戦会議は全く意味が無い事が分かる。てか、分かってはいたが。

Cwmiami06
フォトByシクロワイアード

1周目の地獄絵図。。

自転車で走るとこちゃうやろ!毎年言ってますが。。あと、この時点では島田が前にいる…作戦も何も無い。ただ全力。

例年の8オウジならこの砂浜にパワーを取られて、さらにランニング区間で遅れるを繰り替えして撃沈する。

が、今年は違った!

力をセーブして砂浜とランニング区間をクリアしたことにより、舗装路区間でうまく踏めている!

砂浜とダッシュを無難にクリアして舗装路で詰める、を繰り返し、混戦グループから上位グループにジャンプアップしたのだ。

安定走行に移ってからは個人タイムトライアルだ。

この間、色々な応援を頂く。

「ハチオウジ頑張れ~!」は分かるけど、そのうち「かっこいい!」とか、「すげー速いぞ」と、褒めてのばす作戦に変更したらしい。

褒められてのびるタイプの8。

この応援作戦が功をそうしたのか、どんどん前を抜かしていき、6位に浮上!

ここからは王者、辻浦選手から逃げるのみ!(周回遅れってことね)

先頭から規定の時間に遅れるとレース除外されてしまうのだ。

ゴールは規定ギリギリに一人ゴールスプリントではいる。

3年目の正直。

3年目にして、初めて辻浦選手から逃げ切った!(周回遅れからね)

ゴール後は達成感でいっぱいだったが、帰るころには体中バキバキ、脚からは謎の流血で相当なダメージ感だった。

1月中旬からランニングなんてした事無かったから、一瞬で筋肉痛です。。

まぁ、オフトレとしては成功ってことだ。

こんな調子で25日の美山シクロも狙っていくぜ!

んで、27日の野辺山を走って、12月11日全日本シクロクロスだ。

冬も自転車に乗って勝負出来るなんて、最高だね☆

8ってば、キツい事大好きだね








コメント (2)

自転車好きですね。。

2011年11月19日 | インポート
シーズンオフの今、なぜかレース用の荷造りしてます。。

明日は琵琶湖マイアミでUCIカテゴリーのシクロクロスだからです!本当にもの好きだと思いますよ。。

自分でレースバイクとスペアバイクを用意して、タイヤをセッティング。

ものすごい時間かかったけど、自転車いじるのも楽しいね。

言ってもオフシーズン、本日はマックを食ったった。



F1000470
レース前日に考えられない暴挙ですが、今は問題無し☆

KBQバーガーってやつ。

ハンバーガー無料券付いてきたからまた行こっと!

では、明日は「いまもてる」力を出し切って頑張ります




コメント