ハニカミ王子、ハンカチ王子、オレ八王子

ロードレーサー、畑中勇介オフィシャルブログ

10月17日はデジタルJAPAN CUP!

2020年10月16日 | 日記

こんにちは。
オレ8です。

さて、ついに前日です。

明日はJAPAN CUPです。

もう何回挑戦しているだろか。

13回かな。多分。

この1999年のJAPAN CUPを現地で見て、衝撃を受けてこの世界へ人生をかけることを決意。

選手を目指すきっかけとなったこのレースをプロとして走るようになり、そして優勝することが最大級の目標になった。

最高順位は10年の3位。ダン.マーティンの独走勝利だった年。

優勝に一番近かったのは11年の数名でのゴールスプリント。ものすごく伸びていって、勝つかも!って感じだったけと、とある選手のほぼ故意の斜行によってブレーキ。5位だった。本当に悔しかった。

そのあとはギリギリで10位に入るのが数回の後、近年は20位以降になっている。

なかなか…

それで今年!

新型ウイルスの影響で中止が発表される。

本当に残念。

そんな中で開催されることになったデジタルジャパンカップ 。

話題のネットを使ったバーチャルライドでの開催となりました。

アバターのジャージもチーム右京が用意されてやる気もアップ!

あっ、プロフィール写真がなんか間違えて2008年のランカウイでの廣瀬さんになってるけど気にしないでください。なぜか更新できないので...

プラットフォームはROUVY[ルービー]というもので、初めて使ったので慣れが必要だけど、ズイフトで培ったバーチャルレースのテクニックを使って優勝を目指します!!

参加はワールドツアーからEFプロサイクリング、ミッチェルトンスコット、NTTプロサイクリングが。そして、スペシャルライダーにコンタドールとバッソの名前がある!

コンタドールの最近公開しているライドデータは現役でも上位クラスのパワー出してたし、普通に強敵だ。

ちなみの、観戦は「YouTubeジャパンカップ公式チャンネル」および「YouTube J SPORTS公式チャンネル」でライブ配信されるようです。

レースは明日、10月17日の18時スタート。17時20分からセレモニー等あるようなので、ぜひ見にきてください!!

ちなみに、調子の方は、、、

今日は久しぶりに子供を一人で見ていて本当に疲れましたw

本当のUCIレースではないけれど、たくさんの人が注目するイベントだし、デジタルでもジャパンカップだし、今の最高のパフォーマンスを出してきます!

では、明日、バーチャルの世界であいましょう!!

 

 

コメント

Jプロツアーチャンピオンシップ、経済産業大臣旗

2020年10月13日 | 日記

こんばんは。オレ8です。

今年参加できるレースで最大級の目標レース、Jプロツアーのチャンピオンシップであり経済産業大臣旗のかかった大会を終えました。

結果は横塚選手の8位がチーム最上位で、オレ8氏14位でした。


レースは180キロの長丁場。

しかもチーム総合成績や個人総合成績も本日の結果で全て変わる接戦だったので、チーム右京としてはそこをしっかり突いていく作戦を話し合っていました。

最初の動きはチームで動かせる駒が少ないので見送り。想定通り個人総合の逆転を狙う愛三工業が集団をコントロール。

その後ろにはチーム総合、個人総合ともに王手をかけているマトリックスが陣取り、その前後で距離を消化していく。

途中、不利にならないように無線で連絡を取り合いながら集団の中で力を温存。

先頭とのタイムがつまり、次の動きがありそうなタイミングでチームで対応。

↑チーム右京の選手が全て先頭付近で次の動きに対応。

ここから決定打になりそうな動きには全て誰かが対応出来ている。

が、あまりにもマトリックスの結束力が強かった。。

マンセボ選手がチームに合流してからのマトリックスにはもう隙が全く見えない。

ラスト3−40キロの逃げの動きにも睨みを利かせてコントロールをするので全く攻撃できなかった。

ラスト2周、10キロからはもういかにしてマトリックスの次に有利な場所で走るかが全ての選手に残された対応でした。

最後、ラスト3キロの1分だけの登り。

先頭で最高速で突っ込むマトリックスの後ろから登り始めたけど、残念ながらドロップ。

横塚選手だけ残れたように見えたけど、マトリックスの3名はその集団より先行していた模様。。

チームで考え、対応し、ミーティングで話していたことはほとんど出来ていたのに力勝負でしっかり負けてしまった。

これはもう出力を上げるしか無いです。

練習や生活を見直してあと5−10%の出力アップをするしか無いです。

このレースで個人総合、チーム総合ともにマトリックスの優勝でJプロツアーを終えました。


今年はイレギュラーな活動が多く、10月中にレースが全て終わるのも初めてです。

しかし、逆に今年しか出来ない活動がここから満載です!

まず、17日夕方から中止になってしまったジャパンカップの代替え大会、デジタルジャパンカップに参加します!

これは普通に全力で走ります!!

次、翌週には今までツールド沖縄が終わるまで参加できなかったシクロクロスに早めに参加できます。

茨城、幕張を走り、マキノも可能なら。そして、ランキング次第では全日本選手権も?
まだ未定ですが、来年のロードレースに向けて身体を作っていく予定です。

公式レースは終わりましたが、スペインで行われたUCIレースでの日本人選手たちの走りに刺激を受けてやる気がすでに高まっています!!

まだまだ、ここからだ!!!

以上、そんな感じでした。

 

PS,全然関係ないけど、アマゾンのセールで交換を悩んでい車用のバッテリーが見たことない価格に下がっていました。これは買いです!関係ないっすねw

 

 

 

コメント

無念、おてて痛い。

2020年10月05日 | 日記

こんばんは〜

王子です。オレ8です。

広島のレースからそのまま大分へ向かい、練習してレースにのぞみました。

土曜日のクリテリウムはスタート直後からスムーズに先頭付近に陣取り、マトリックスがコントロールする集団で楽々と走っていました。

なんかバトってたチームもあったけど、「あれ、疲れないかなぁー?」なんて思いながら。

17年のプロ生活、数百レースの中で一番楽な状態でラスト1キロへ。

周りに各チームのスプリンターがいて、その中でも先頭から6−7番当たりのベストなポジションでラストのコーナへ!

謎に「あー、今日は勝ったな、久しぶりだな」なんて思ってたら前の選手が飛んでった。

全力のコーナリング中に飛んできた自転車に乗り上げて軽くジャンプ。

しかし信じられないくらいの集中力で「まだいける!」って感覚があり、フェンスに左肩をぶつけながらも考えていました。

そんな感覚だったんだけど、フロントタイヤがパンクしたままアウトに膨らんでいって、さらに左の手やブレーキレバーがフェンスにぶつかっている状態でハンドルが左のとられていてそのままどうにもならずにクラッシュ。

落車した選手はすぐに周りで倒れている選手に謝って回っていました。

「レースだからしょうがない」

全くを持ってその通りだからそれはいいとして、生活のほとんど全てをレース中心に考えて生きていて、その中でも数少ないチャンスが巡ってきたときにそれが一瞬でなくなるのは辛いっす。

救護室で怪我した選手たちが怪我の処置をしているけど、皆ギリギリ話を弾ませながらそんな辛い気持ちを紛らわせてたんだけど、オレ8の番がきて、先生が手を見たとたん「うーん」と…

看護師さんも「あぁ」って言ってる。

むむ!

先ほどまでの感じじゃ無いじゃん!やめてくれ!

直前までヘラヘラしていたオレ8ですが、ビビり始めました。

フェンスで手の甲をえぐっていたのですが、血が流れてくるからどれくらい深いが分からなかったのですが、なんか結構深かったみたいです。。

すぐに休日のセミ救急で病院へ。

四針ほど縫ってきました。

この日の夜は心も痛いし、指が曲がらなくて痛いし、明日のロードレースは走れないだろうなぁ。試走だけして一応試してみようかな。なんて思ってたら

レース走り出して10分で痛みを忘れてましたw

本当に夜中に指が痛くて起きたりしてたし、試走中は段差ごとに「痛っ」って感じだったのに。

レースって本当にすごいですねw

レースは重要な逃げに小石が入ってくれたので集団待機。

とはいえ、特になんの動きもなくてもコースがキツすぎて100人越えの出走がゴールは25名のサバイバルレースになりました。

オレ8も流石にキツく、ラスト2周で集団最後尾で登りきり。

ラストラップに入る直前、比較的余裕がありそなチームメイトのために先行している2人を少しでも近づけるべく、最後の力を使い切って離脱。

その二人にブリッツェンのアベタカが合流しての優勝争いでした。

あぁ、あの2人に追いつけるくらいアシストできなければね、、

15位でした。

レース終わったら途端に手がジンジンしてきたよ。。

調子は悪く無い感じなので、今週末の今期最大のレース、経済産業大臣旗をいっちょ頑張って勝ってきます!

 

コメント

プロの仕事! 「ぞっこん!相模原」にオレ8氏が登場しています!

2020年09月16日 | 日記

こんばんは。

王子です。オレ8です。

され、先日収録した「ぞっこん!相模原 2020年9月放送分「東京2020オリンピック競技大会 自転車競技・ロードレース」がyoutubeで公開されています!

ぜひ観てください⭐︎↓

ぞっこん!相模原 2020年9月放送分「東京2020オリンピック競技大会 自転車競技・ロードレース」

オレ8的には「これは!」って感じです。

実は撮影が前日か2日前くらいに代役で決まったんですよね。

まぁそれは問題無いのですが、当日行ったら「一人でこのコースの良いところを喋ってください!」って言われまして、、

私、多分このパターン、弱いっす。。

ひな壇のガヤの方が得意かも。そんな仕事無いけど。

んで、撮影ポイントに移動しながら考えるけどうまくまとまらず、「えー、ここはですねぇ」とか「あーっと、この登りは、、」とか、ダメな感じ。

撮影クルーの方は「OK!良い感じです!」って言ってくれたけど、こうやって自分でやるとテレビでしっかり話してるプロや、なんなら嫁こと絹代の喋りとかが本当にすごいんだなって実感します。

「大丈夫です、編集もあるんで!」なんて言ってくれたけど、完成を観てびっくり!

そこそこ問題なくなってる!編集で!

いやー、編集スタッフの方にはご迷惑をおかけしました。

しかしまぁプロの仕事はすごいっすね!

とはいえ、最後の締めの部分はノーカットなので若干困っている感じが伝わってきますねw

演者の質はともかく、来年の2020のオリンピック、そして決定した2021のツアーオブジャパン相模原ステージに向けて皆で盛り上げていきましょう!!

 

コメント

Jスポーツ、ツールドフランス第9ステージのゲスト解説をしてきました。ちょっと不完全燃焼w

2020年09月07日 | 日記

こんばんは。

お久しぶりの王子です。オレ8です。

いやー、本当にお久しぶりですね。ちょっとね、まぁ色々あってね。

レースはその後、Jプロツアー宇都宮、広島と走っていましたが、何せダメでしてね。まぁそれだけなんですが、スポーツ選手なので、逆に言うとそれが全てですからね。とにかくダメだったんですよ。

そんなちょっと調子の良くないオレ8ですが、9月6日のJスポーツ、ツールドフランス第9ステージのゲスト解説を務めてまいりました。

じゃーん。

なんと飯島誠アニキと一緒です。ディレクターの人選よw

飯島さんとは2006年から2年間チームメイトで、いろいろ教えて頂きました。

とはいえ、一つ一つ優しく教えてくれるようなタイプの先輩ではなく、背中で示すタイプの選手だったわけで、いっぱい怒られました。

そんな面白い話を混ぜ込みながら、、、って思っていたのですが、コースプロフィールからも想像できたのですが、中継がつながった瞬間からゴールまで目の離せない展開が続いていて、のんびり面白い話をする時間がありませんでした。

1級山岳を超えてからスプリントポイントがあり、サガン率いるチームBORAが先頭を固めるのかなぁーって思っていたら、総合系選手、チームが積極的が動いたことでもう一瞬も見逃せない展開。

ラスト2キロまで独走したサンウェブのヒルシ選手の逃げ切りギリギリの走りもあって、ずーっと画面に張り付いていました。

結構身近な方からは放送後「あれ、大人しかったですね」って言われる始末w

あの状態で自分の話はあんまりできないですよね。。

レースはUAEのポガチャルが優勝でした。若い選手ですが、積極な走りで勝利を修めました。

レースはまだ中盤、総合成績も1分以内に7名ほどいる状態で目が離せません。

ここからの展開が楽しみですね!

ぜひあと10日間ほど、Jスポーツで観戦してみてください。

あとは「畑中の解説は良かった」と言っといて下さいw

さて、次のレースまで3週間弱あるのでしっかり準備して本業でがんばってきます!

ほなまた、ボンニョイ。

 

コメント