ハニカミ王子、ハンカチ王子、オレ八王子

ロードレーサー、畑中勇介オフィシャルブログ

ツールド熊野出場メンバー

2019年05月28日 | 日記

こんばんは、オレ8です。8です。

ツールド熊野、上記のメンバーで戦います!

かっこいい風に腰に手を当ててポージングしてますが、なんか横塚選手だけ個人的に違和感があります。

個人的にです。

なので、多分問題ないですw

先週まで残っていたメンバーでプチ合宿をしていて調子も上々。

疲れが残っている感じですが、サポートしていただいている相模原市藤野のやまなみ温泉で超回復もしてるので大丈夫でしょう。

やまなみ温泉には自転車のディスプレイがあり、チーム右京グッツも一部置いてあります。

シャツとか、8も欲しいものもありw

準備中ですが、ショートTTもあれば山岳ステージもあるツールド熊野なので、準備がちょっと大変。

ヘルメットもエアロモデルのバレットと軽量のZ1の両方を持って行きます。

かさばるものですが、サポートしてもらっているシマノのバックが優れもの。

ヘルメットを取り付けられるアタッチメントが付いています。

外にZ1を、中にバレットとシューズが入っています。

よく、一点であごひもを締めて止めている人がいますが、歩くたびに右へ左へプラプラ。

人に当たらないか気を使いますね。

でもシマノのバックは2点で止めているので安定しています。プラプラしません。

T23っているモデルです。

ブラック以外にもカラーがあるようです。

自転車用に特化しているので、自転車乗ったり、遠征にはもってこいですね!

アジアツアーで海外の選手に「それシマノなの?いいな!」って言われたこともあります。

そんな感じで、用品も身体もいい感じなので、ちょっくら頑張って来ます!

唯一の不安要素は、、

移動が長いことですね、、、

 

コメント

富士山登ってきました。TOJやってました!

2019年05月24日 | 日記

ジャーン。

こんばんは。オレハチです。 

今日はチームの拠点から50キロほどの富士山で日本最高峰のステージレース、ツアーオブジャパンが行われているってことで、皆に挨拶に行ってきましたw

会場について、早速レース観戦に来ていた方に「頑張ってー!」って声援を受ける。

まぁなりますよね。

スタート前は多少ピリピリしているので、チームメイトとスタッフに挨拶だけして、スタートを見送る。 

その間に道の駅すばしりでちょいと休憩。

富士山ステージはパブリックビューイングや表彰、出店が道の駅内で行われています。

わー、栄光のグリーンジャージが飾ってあります!

係りの方、「これは2017年のチーム右京のリーダージャージなんですよ!」とか「このトロフィーは2018年の本物なんですよ!一緒に写真撮りましょうか?」とか説明してくださった。

すいません、さすがに断りましたw

大会スポンサーのNTNさんのブースでしたが、ベアリング作成体験などおこなっていました。

よく回るー、みたいなCMでおなじみですね!

子供用のベアリング教室?みたいなのが行われていたりして、地元の保育園や幼稚園から子供が参加していました。

良いですねー

ある意味、本当に生きてくる授業です。

今後もNTNさんには日本最大のステージレースを支えていってもらいたいです。

そんで、とりあえず須走を登り始める。

喋りながら、「どこまでいくー?とりあえず馬返し?今日はあったかいね〜」なんて言ってるうちに山頂まで行きましたw

いや、楽勝って意味じゃないですよ?

あせボタボタ落としながら、「きちー!なんじゃこりゃー、まだ4キロあるんか!」とか言いながら。

ギヤ比も普段用だったので、途中は筋トレメニューのようでした。

若手が若干「どこで折り返すんですか」オーラを出して来たが、無視w

だって天気いいんだもん。

ウインドジャケットどころか、ベストも持って来てなかったから、寒かったら下れなくなるので引き返しましたが、今日はいけました。こんなの初めて。

頂上行って、場内アナウンスで「あー、Team右京の選手が登って来ました!」とか言われつつ、写真を撮りました。

あれ、でも富士山バックだと微妙に低くなった山だなw

逆サイドの下界バックの方が良かったのでは?ミスったかな。

んで、少し降ってラスト2キロ地点で応援。

先頭10名ほどは決死の形相でしたが、途中からは通る選手の9割がこちらをみて何らかのアクションを起こしてくれました。

誰とは言いませんが、叫びながら通過したり、明日が怖いと言っている選手、帰りたいと言ってるのもいたw

まぁ気持ちはわかります。

しかし優勝はあいさんさんの岡本選手。

何をしたとは言わないけど、一緒に応援していた横塚は「あれ、バクですか?怖かったです」とのこと。。

そんなこんなでラストは仕事した選手やスプリンターの蛇行を見送って帰路につきました。

自転車レースを自転車で見に行くと楽しいですね!

交通規制とか自転車から降りてしか通行できない場所とか、会場によっては行きにくいけど、富士山はレース中も勝手に走れるし、ある意味見やすいですね。

明日は難所の伊豆です。TeamUKYOは総合2位のベンジャミンの戦いが注目です!

そして日曜日はトランプ大統領の来日の関係で大井の周回のみになった東京ステージ。

最後まで注目ですね!

さぁ、応援はみなさんに任せて、こちらは練習練習。

ほな、またー

 

 

コメント

TOJの裏で。bryton with Light&camera 練習用装備紹介します。

2019年05月20日 | 日記

こんにちはー

おれ8おうじです。

今日も良い練習できた!

チームはツアーオブジャパンの第2ステージを戦っていましたが、こちらは残った1軍メンバーと合宿中。

練習の途中でレース速報とかみながら。

でもなんかどこから情報得ていいかわからないから、結局は吉岡選手にTwitterで調べさせて、それを聞いてるだけw

前情報では我らがbrytonが完全サポートって話もあったようですが、今年はまだ試験段階とかかな?

ツールド台湾はBrytonが中継とタッグを組んでいて、各選手、逃げや集団のタイム差、残りの距離やコースマップがリアルタイムで確認できて良かったんですけど。

あれ、それともどっかで見れるのかな?

まぁそれより自分だw

練習練習。

今日もBrytonと吉岡選手の尻を凝視な日々。

登りの個人走では表示される数字をただただ追い求め、複合練習走では強烈に引っ張る吉岡選手の尻を追い続けるって感じです。

そんな今日はオレ8FUJI2019年SL1.1のハンドル周りを紹介します。

はい、メーターはもちろんbrytonのAero60です!

練習やレースに必要なソフト面はもちろんの事、このモデルはAeroと言うモデル名の通り、空気抵抗を減らしたエアロモデルです。

メーター単体では無く、マウントと合わさって低ドラッグを実現しています。

レースではこれだけで走りますが、練習ではそのマウントに台座をつけてライトをつけています。

しかーし、これはただのライトではありません!

なんとドライブレコーダー機能が付いています。

万が一用ですね!

今のところこれを提出しなければいけない事態にはなっていませんが、有名な中高大一貫の学校法人バスが嫌がらせの幅寄せしてきたり、どうやっても避けられないママチャリ決死のアタックの映像を残してあります。

ママチャリ決死のアタックは1センチくらい止まれなくてソフトタッチだったので「気をつけましょうね」でした。

転んでカメラが傾いた時、自動で映像をロックする機能もあるのですが、それってひき逃げされて動けない状態って事ですよね、、避けたい。。

古い映像から自動で消していくと言った、車用のドラレコと同じような機能で、大体6時間の練習でもバッテリーが持つモデルは今のところこれだけかな?

 

fly12っていうライト&カメラですねー。

写真をクリックするとアマゾンに飛びます。

ちなみに、過去にアマゾンから1円もいただいていません!w

んで後ろを紹介。

先日、練習中に愛用のテールライトが飛んで行ってしまったので、100均のライトを仮使用。

スペインのデカトロンで買ったサドルバックとそれにつけていたUSB充電できるテールライトでしたが、バッグのライト取り付け部分がちぎれて飛んで行きました。

15分メニュー中で「カラン」って音がしたので、ハンドル周りや背中のポケットから物が落ちていないことを確認して練習続行したのですが、まさかのライトでした。翌日探しに行ったけど見つからなかったです。悲しい。

後ろのドラレコも欲しいのですが、お高いので今は検討中。

ヨーロッパ転戦組の誰か、デカトロンのサドルバックとライトのプレゼントをお待ちしてまーす。

以上、練習専用装備の紹介でした。

さて、本日は予定通り雨なので、ローラーで回復走。

TOJはチーム右京の次に応援している正太朗がステージ2位で、総合も2位みたい!

みんな頑張れー

ほな

 

追記

その後、TOJオフィシャルサイト内にブライトンがコラボしている動画を発見しました!

ライブ映像に加え、ハイライト映像なども観れます→TOJサイト内、動画

ブライトンが距離やタイム差、速度まで出してくれて、観ていて臨場感があります!

良いですねー

 

 

コメント

JPT宇都宮2連戦&久しぶりの出会い。

2019年05月15日 | 日記

こんばんは。

王子です。ハチオウジです。又の名をオレ8です。

さて、先週末はJプロツアーの宇都宮ロードレースとクリテリウムでした。

ロードレースの方はスタートからもう全力気味。

何せ前戦の群馬がつまらなかったので、選手みんなが楽しく走ろうって感じだったかな?んなことじゃないか。

コースも集団で走ると結構キツイし、何より観客の多さに皆ハッスル!

基本は赤いチームの応援ですけどねー

ヒール役になるべく準備をして臨んだんですが、なんか調子悪い、、、

喘息気味。。

序盤超速くてただ単に限界超えた説もあるけど、超辛い。

そしたらパンク、、、

オワタ。

でもパンクしたのがホームストレートで、200メートル先がピットでした。

ワンコーナーリアタイヤをドリドリさせながらホイール交換して、誰もいなくなったコースをTTポジションで走行。

UCIレースなら車の隊列の最後尾くらいで走り出せそうなタイミングだったんですけどね。

何せ何もいませんw

おわたーって思いながら走っていると、なぜか集団が見えてくるではありませんか!!

岡兄弟の逃げを一旦承認したらしく、集団がスローダウン。

復活!

でも一向に心拍が落ちない。この時は分からなかったけど、その後呼吸ができないことに気がついたから、やはりアレルギー系の喘息でしたね。

集団も群馬の記憶があるのか、そこそこ追ってる?と思ったけど、追いつきすぎたタイミングでスローになったりしたから、もう無茶苦茶踏んでアタック!!

かき乱すぜ!って思ったけど、、

逃げを吸収したタイミングで捕まって、そのまま遅れました。。通常なら普通に集団に戻るってところなんですけどね。

大勢の観客の前を遅れて走りたくないので、脇道に逸れてコース離脱。

あまりにもひどい走りで、何もしたくなくなって、田んぼ道の横で綺麗な空を眺めたり、アメンボが行ったりきたりするのを30分ほど眺めてゴールと共にホームに戻り、撤収。何でしょね。

あー、アメンボって飛べるんですね。

 

翌日、クリテリウム。

喘息は感じない。

治ったw

スタートから前の方で展開。

コースのせいか、前にいただけで振り向いたら逃げになってたw

シマノが4名も送り込んでて積極的に逃げを牽引。他もチームは1か2人だったけど、みんな回るから逃げが決まった。

これは決まるかな、って思ったら、逃げ集団内にいたキナンのトマ選手が先頭交代拒否からの、集団に牽引の指示を出しとる!

やめてくれ。

キナンさん、アジアツアーで鍛えた牽引力を生かし、ハイペースで追ってくる。

何周もチェイスしました。

みてる方にはどう見えたか?

走ってる方は楽しくて仕方なかったです。マジのチェイス。

あっ、途中のスプリントポイントはBSの橋下選手に全部取られた。

一回だけ挑戦したけど、2踏み目で離れていって、隣で同じく離されたシマノの横チン、いや横山選手と目が合って苦笑。

さすが、スプリンター。

ラスト7周、つまりラスト20キロくらいで集団に捕まりそうだったので、もう一度アタック!

全力ね。

シマノの正ちゃん、いや入部選手と2人になったw

楽しすぎる!いや、辛いっすよ?!でも楽しすぎで、全力でローテーション。

二人の楽しいランデブーを邪魔してきたのはUMA、いや小石祐馬選手チーム右京w

3人になって再加速したけど、場内放送で増田選手が追ってるとか情報が。。やめてくれー

んで、ラスト5周のスプリントポイント前に吸収されましたとさ。

集団も全力で追ってきていたので、縦1列になっていて、そのまま前5番手くらいでラストコーナー。

やベーやつ、いやBSの窪木選手がもがいたので、反応してみたけど、全くダメ!

振り向いて合わせる余裕を見せてきやがる。やべーなw

超強い!でもスプリント前にわざと蛇行するの要らないからね。

一応、10秒で1000W超えてスプリントしたのにあれだけ離れるんだから、窪木選手はどんなやねんってね。でも少しだけ良い感覚も何ヶ月ぶりに感じたので、ポジティブにとらえましょう。

んで、ラスト4周。

ゴールは横塚に頑張ってもらおうと、もう一度チームとしてお仕事を!と思ったら最終コーナーでリアタイヤがドリフト!

またパンク

オワタ。

でもまたピットまで200メートルだったので、交換して再スタート。

さすがにもう追いつかないので、一人で練習のつもりで踏み切ってみた。

でも2分半離れてた。

30秒のホイール交換と、加速で多く見積もって30秒のロスってことは、1分半は離れていないと逃げきれないって事ですね。

あっ、パンクは私たちが使っているタイヤのせいではありませんでしたよ。

1日目は誰かのゼッケンから落ちたと思われる安全ピンが、2日目はキンキンに尖った石が刺さっていたようです。珍しいです。このタイヤはかなり耐久力が強くて、本当に久しぶりのパンクでした。

余談ですが、ヴィットリアのコルサの新型のチューブレスタイヤを使い始めてみました!

かなり低圧でも軽い走行感で、グリップ、乗り心地も向上。もうちょい乗ってみますが、かなり良いです。

チームとしては優勝争いに加わっていないので問題、課題の残るレースでしたが、個人的にはクリテリウムの方で少しだけ良い感触も感じたので、ここからしっかりやればイケるような、そんなレースでした。

さて、レース外でびっくりな出会いが!

何と、去年乗っていた日本チャンピオンカラーのFUJIトランソニックの新オーナーと出会えました!

あれ、オーナー楽しそうじゃない?
いや、楽しそうに話しかけてくれましたよ!

写真使っていいですかと聞くと「僕、フリー素材なのでOKデス」とのことw

このフレームの情報が出てすぐに手を上げてくださったようで、本当に嬉しいです。

走行距離も短いし、お得ですしねw

このカラー、日本パラサイクリング連盟のバイクにも使われています!

私がカラーオーダーシステム、FUJIのリミックスを使って作ったカラーなんですけど、日本チャンピオンカラーはそりゃ日本ナショナルチームカラーに転用しても似合いますよね!

白ベースに赤ライン。これはいいです。

FUJIのロゴの色、皆はグレーや赤と言いました。

しかし、オレ8は昔BSアンカーが当時の日本チャンピオン、藤野さんのために作った白とゴールドのフレームに憧れてロゴをこの色にしました。

皆、若干反対でした。。

でも、出来上がってみたら結構いい!って話になって、そのまま使われています。

あれ、印税的なのは入っていませんね。そんなの無いか。

また特別カラーのバイクを作ってもらえるように頑張りましょうね!

ほな、明日はちょっとした撮影をしつつ、引き続きの合宿を頑張ります。

コンセプトはTOJより長く、多く、強く、ですw

 

コメント

JPT宇都宮とジロデイタリア

2019年05月10日 | 日記

こんばんはー

王子です。ハチオウジです!

明日のJプロツアー宇都宮ロードレースの為、宇都宮に宿泊しています。

コースは過去のジャパンカップの周回コースの大周りの部分を使った、いわゆる鶴カンの周回です。

周回方向はジャパンカップとは違いますが、ゴールは確か同じだと思われます。

好きなコースなので、楽しみです!

前回のJPTの群馬では少しばかり消極的なレースになってしまったので、今回は攻める形が作れたらな!と思っております。まぁコースがキツいし、同じにはならないだろうけどねぇー。

実は前回のレース、あまりにも調子が悪かったのですが、チームの合同練習を経て徐々に上がってきているので、今回は良いレースができるのでは?と思っています。

頑張ります。

 

全く別件ですが、明日からジロdeイタリアがスタートしますね!

今回はNIPPOさんから何と2名の日本人が出走します!

ご存知、初山選手は出身クラブが同郷のYOUCANで、チームは違えど毎年毎回時間さえ合えば一緒に練習していた仲です。

西村選手は高校の後輩になります。なんか分からないですが、とにかくすごい奴ですw

今年のジロは個人的に、人生で一番楽しみなジロになりました。

マジで頑張ってもらいたいです。

間違って山岳賞とかとらんかなw

 

もう一個別件

娘がついに泣かずに抱っこさせてくれました。

たまたまか?

もう一回様子をみます。

では、明日頑張りまーす。おやすみなさい。

 

 

 

コメント