イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アブドゥッラーギュル大統領の日本訪問

2008-06-09 23:16:49 | Weblog


トルコのアブドゥッラーギュル大統領が6月4日から8日の日程でトルコの大統領として初めて日本を公式訪問されました。5日間の日程を終えて今日9日無事にトルコのアンカラエセンボア空港へ到着した様子を今朝のニュースで見ながら思わず「おかえりなさい~」と言ってしまいました。「日本はどうでしたか?」とあれこれ聞きに行きたいくらいです。夫は「どうして私たちを連れて行かなかったのー」と。




美智子皇后陛下の微笑みはいつも光り輝いています。
以上の3写真はHURRIYET新聞より拝借。


日本のTVや新聞では余り大々的に報道されなかったようですが、目的は日本とトルコの経済・文化の交流と振興発展、ということでした。天皇陛下に謁見、福田総理との会談、日本を代表する大手企業の代表と朝食を共にした他、大統領の来日にあわせてトルコ大使館が開催した文化行事「シャーマン舞踊団による公演」「オスマントルコ時代の女性用民族衣装展」などにも出席されたようです。


シャーマン舞踊団の公演を鑑賞される大統領ご夫妻。
写真は日本のトルコ通友達tonicanが写して送ってくれました。



帝国ホテルで開催された「オスマントルコ時代の女性用民族衣装展」での
高円宮妃殿下と大統領夫人。



以上2枚もtonican撮影。

またイスラム教徒にとって大切な金曜日の礼拝を「東京ジャーミー」で行ったり、日本とトルコの友好関係の始まりとも言える1890年に起きたトルコの軍艦エルトゥールル号の遭難慰霊碑(和歌山県串本町)も訪問されたそうです。

日本から見たトルコ、余り興味ももたれていないし重要視もされていない、まだまだ誤解や間違ったイメージが一人歩きしているような気もします。またトルコ側も「日本、日本人大好き」と言いながら中国も韓国もフィリピンも日本も一緒くただし、なんだか違うんじゃないの?と言う思い込みの日本の紹介があったり…。このエルトゥールル号の遭難者を命がけで助けた118年前の日本人、そしてNHKの「プロジェクトX」で放送された「トルコ航空によるイラン在留邦人救出」、自国の飛行機が救助をしなかったにもかかわらず1985年のイラン・イラク戦争でイランに取り残された邦人を救助する為に自国の飛行機を送ったトルコ人、利害関係なく見返りを求めずに助けようとした姿勢が胸を打ちます。

おりしもエルトゥールル号事件から120年目の節目を迎える2010年は「トルコにおける日本年」が実施されるそうです。トルコが大好きで縁あってトルコに住むようになった一人としてイメージだけではなく本当の意味で日本とトルコのお互いの正しい理解が深まっていくといいなあと思います。



☆エルトゥールル号遭難事件とイラン・イラク戦争時の救出について興味のある方はWikipediaでご覧ください。→ エルトゥールル号遭難事件

☆エルトゥールル号の遺品発掘作業についての動画をこちらから見ることができます。
→ http://zoome.jp/uncommon/diary/61/





舞踊公演を行ったシャーマングループのサイトはこちらをクリック。
            






☆現在のイズミル☆

ジャンル:
ウェブログ
コメント (34)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SARDES(サルデス)へ... | トップ | EKMEK(エキメキ=パン) »

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (koepekkaya)
2008-06-10 06:13:13
私もこの間ネットの新聞記事で知りました。
日本の印象はどうだったのでしょうか??
2010年はトルコにおける日本年なんですね・・・日本のことを好きになってくれるトルコ人が増えるといいな~と思います。
それと同時に、トルコのことに興味を持ってくれる日本人も増えるといいな。
もう (cake)
2008-06-10 09:02:16
無事にお帰りになられたんですね。
残念ながら、日本ではあまりニュースには上りませんでした。大統領夫人は綺麗な方ですね。どうしてトルコの方は、あんなにスマートにスカーフを巻けるものかと感心します。コンヤのレストランで、近くの席に若い女性3名が座ってらしたんですが、スカーフをとっても綺麗に巻いていて、その巻き方に興味が沸き、チラ見してました。私は本当に失礼な奴です。

トルコと日本の関係は、イラクからの飛行機での脱出も、エルトゥールル号も、ロシアとの戦いの話も少しだけ知っていますが、最も大きいのはトルコの国民の心だと思います。同じ事を某国に行っても感謝どころか・・・以下自粛。
私も、もっとトルコが知りたくなりました。yukacanさんは、とても上手にトルコの便りを送って下さいます。どうもありがと~~♪
おかげさまで・・・ (そふぃー)
2008-06-10 12:40:36
yukacanさんのブログのお陰で、トルコのことを知ることができ、
ありがとうございます。
大統領が来日されたことは、残念ながら知りませんでしたm(u_u)m

トルコ地震のとき、地元のカトリック教会で、
ヴァイオリン、ピアノ、フルートでチャリティー・コンサートをしたことを思い出しました。

yukacanさんが、トルコを好きになられたきっかけを
お聞きしてもよろしいですか?
Unknown (tomo38)
2008-06-10 16:09:57
トルコの大統領が日本に来ていたんですね

yukacanのブログを読んではじめて知りました。
私も日本にどんな印象を持ったのか、興味があるので聞きたいです

エルトゥールル号の発掘調査の映像はとても素敵でした。海の中の発掘はきっと大変だと思うけれど、こうした活動から国交が結ばれていくんですね
頑張って頂きたいです。
素敵なニュースの紹介ありがとうございます
Unknown (不思議な世界旅行)
2008-06-10 18:08:37
そういえば大統領がおいでになっていたのですね。
ニュースになっていないので、すっかり忘れていました。
ニュースにならないのは日本とトルコの間にあまり問題がないからだと思うことにしましょうかね。
Unknown (maviko)
2008-06-10 18:40:11
トルコの大統領が日本に来てたのしらなかった。。。日本のマスコミよもっと報道しろ

7月のとある日にトルコへ行こうと思ってたのですが。。。チケットが取れなかった。。。涙

次、秋にチケット狙ってます。取れたあかつきにはよろしくおねがいしやす
でも現地では (mulayim)
2008-06-10 23:31:33
和歌山新聞では、たしか朝刊一面だったと思うよ。
衝撃的な事件もあったし、そんなもんでしょう。
kopekkayaさん (yukacan)
2008-06-11 00:59:26
なんかね、天皇陛下ご夫妻の礼儀正しさとか静かさとか質素さに感動したらしいよ。
2010年の日本年、なんちゃって日本年にならないようにしてもらいたいよね。日本を好きだというトルコ人多いけれどただイメージで言っているだけの人多いから、正しい情報をちゃんと流してほしいわー。その逆も同じように言えるよね。
cakeさん (yukacan)
2008-06-11 01:05:42
あんなに長い飛行時間なのに人のことだとすぐ帰って来ちゃった様に感じました。ハイルニサ夫人、いいですよね。首相の夫人よりもずっといいと思います。スカーフの被り方は色々なタイプがありますね。普通の田舎風被り方とか、この方達のようにちょっとハイソな被り方とか…。トルコ航空のお姉さん達が首に巻いているスカーフの巻き方にしてもこういう小物の使い方がうまいなあと思います。顔が派手だから映えるんですよね。
串本のお年寄りの話を聞いていると本当に心が温まります。自分達だって知らないはずなのに年寄りたちから聞いたことを昨日のことのように話していましたね。cakeさん、もっとトルコを知る為に是非是非お待ちしておりまするう。
じゃああんん!!!クムルちゃん第3回目御産卵(?)ひゅうひゅう~!!!
そふぃーさん (yukacan)
2008-06-11 01:08:48
書きたかったことと少しずれてしまったんです。難しいですよ…。でもそう言ってトルコに興味を持っていただけるととても嬉しいです。上越までニュースが届きませんでしたか…。
トルコの地震の時のチャリティーコンサート、そふぃーさんも参加されたのですか?トルコ大統領になりかわり御礼申し上げます。
後でメールしますね~!

コメントを投稿

関連するみんなの記事

トラックバック

5周年 (おねむねむねむ)
 会社設立5周年となりました。人を雇っていない、事務所を借りてないからギリギリやってられる感じなので、もうちょっと固定売上を増やさないと危ないなあ。がんばって会社の経費で馬を預託できるくらいにしたいもんです。  去年はケーキを買って食べていますが今年は特...