ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

2008年3月10日(月)から

2008年03月25日 | ぼやき日誌2007
2008年3月10日(月)
朝一で近くの整骨院に行き、セット撮影に向かう。初めての、座骨神経痛。バットで尻をなぐられたかのような痛み。撮影が早く終了したので、渋谷のカイロプラクティスに行く。アルコール断ちを、きつく言われた。

2008年3月11日(火)
映画の撮影の現場に立ち会う。

2008年3月12日(水)
映画の撮影の現場に立ち会う。

2008年3月13日(木)
映画の撮影の現場に立ち会う。早く撮影が終わったので、駒場アゴラに舞台を見に行く。

2008年3月14日(金)
映画の撮影の現場に立ち会う。撮影終了後、6月インのTVの打ち合わせに参加。なかなか大変な番組になりそう。

2008年3月15日(土)
映画の撮影の現場に立ち会う。

2008年3月17日(月)
久しぶりに事務所に出る。今やっている映画のギャラ交渉をすすめる。今回は予算が厳しく、言い出すのもツライ金額。いつもそうかもしれない。花粉症用の注射をうちに行く。先週したかったんだが、体調が悪く今日まで延びた。矢口組の準備稿が出来たので、各事務所に連絡する。夜は、赤坂で舞台を見る。ちょっと期待はずれ・・・・

2008年3月18日(火)
事務所でキャスティング作業。夜は、TOEICの学校へ行く。今夜は「時制」の問題がテーマだった。
2008年3月19日(水)
事務所でキャスティング作業。午後、吉本興業のマネージャーさんと打ち合わせ。

2008年3月20日(木)
映画の現場に立ち会う。朝から雨が降り続く。室内の撮影でよかった。

2008年3月21日(金)
午前中は事務所でキャスティング作業。午後から6月の仕事の打ち合わせで六本木へ行く。終了後、今度は5月の映画の打ち合わせで、表参道へ移動。夕方、なんとか事務所へ戻るが、とても疲れてしまった・・・

コメント

「親族代表ライブ 発電所」

2008年03月21日 | そんなご舞台な2008
「親族代表ライブ 発電所」  シアタートップス

とてもレベルの高いライブだと思いました。全く飽きさせない、ノンストップの90分。十分納得できるパフォーマンスでした。野間口ファンとしては、大満足。
コメント

「ラムネ」新宿FACE

2008年03月18日 | そんなご舞台な2008
「ラムネ」新宿FACE

いかん、感動してしまった!こんな甘チョロいミュージカルに。さすが作・演出田村孝裕!甘チョロい姿に見せて、冷静に品よくそして隙のないミュージカルに仕上げていた。うまいです。見事!田村孝裕!日本人が感情移入出来るミュージカルは、見事に構築されていました。特に、松田沙紀さんの若々しさ!野添義弘さんの若々しさ(^_^;)本当に若手を引っ張っていて、やりたい放題でしたネ(^_^;) ここで本当に考えさせられたこと、「ボクを含むオヤジ達は、オヤジ役を演じさせられていないか?」詳しくは別のところで・・・・
コメント

「床下仙人」  原 宏一 祥伝社文庫

2008年03月16日 | こらむ
「床下仙人」  原 宏一 祥伝社文庫 平成19年12月25日 第12冊

我が愛用の啓文堂書店のおすすめ文庫第1位なら、読まずにいられない。まんまと書店の営業戦略にはまってしまった。表題の「床下仙人」もなかなかおもしろかったが、まぁ結幕としては予想の範囲内で、そんなにインパクトはなかったが、シューシャイン・ギャングはけっこう映像的に刺激的で、好きなストーリーだった。
コメント

「眠りのともだち」 イキウメ  

2008年03月12日 | そんなご舞台な2008
「眠りのともだち」 イキウメ  赤坂レッドシアター

前作が見事だったので、期待するし期待されるプレッシャーもあったでしょう。前作のように、過去と現実を行ったり来たりするパターンは同じでした。ですからどうしても新鮮味に欠けて感じてしまいました。時間の観念を、少しもてあそび過ぎたかもしれませんね。小島聖さんと、他のキャストのバランスも、あまりしっくりこない感じもしました。あまりも前作に感動したために、以上の期待を持ってしまって、ちょっと辛口の批評になったかもしれません。
コメント

2008年2月18日(月)から

2008年03月11日 | ぼやき日誌2007
2008年2月18日(月)
映画のスチールロケの立ち会いする。夕方事務所に戻って、一週間留守していた整理をする。仕事終了後、初台のリハビリセンターにHさんのお見舞いに行く。

2008年2月19日(火)
今日は経理のOさんが来る。来週の映画の整理をする。

2008年2月20日(水)
週末から岡山ロケがあるのだが、天気が悪いのが心配。事務所で映画の整理をして、夜は、コクーンで観劇「恋する妊婦」 サッカー東アジア選手権2008で日本V中国戦を録画で見る。なかなかプレッシャーのある試合で、なんとか1―0で勝つ。良かった・・・

2008年2月21日(木)
午前中は、東京現像所でラッシュを見る。ここでも、岡山ロケの天候が話題になり、最悪中止の可能性も出てきた。困った・・・・夜は、新宿シアター・トップスで「親族会議」を観劇。

2008年2月22日(金)
事務所で明日からの撮影の連絡に没頭する。

2008年2月23日(土)
新幹線で、地方ロケに出発。着くと小雪が・・・・

2008年2月24日(日)
映画撮影の現場に立ち会う。

2008年2月25日(月)
映画撮影の現場に立ち会う。

2008年2月26日(火)
映画撮影の現場に立ち会う。

2008年2月27日(水)
映画撮影の現場に立ち会う。

2008年2月28日(木)
映画撮影の現場に立ち会う。

2008年2月29日(金)
映画撮影の現場に立ち会う。

2008年3月1日(土)
映画撮影の現場に立ち会う。

2008年3月2日(日)
やっと映画が一段落したので、午前中はテニススクールに行く。久しぶりなので、少し不安になる。それが的中して、なかなかうまく出来ない。うまく出来ないと、気持ちも後ろ向きになって来る。いかんいかん、テニスは強気強気とつぶやきながらプレイする。そして終了30分前ぐらいからサーブの練習に移る。で、ボールを2個手にして、1個をジャージのポケットに入れようとした時、何か変な事に気がついた。普通、ボールをポケットに入れる時は、前向きに入れるが、今日は女子風になんだか後ろ向きにボールを入れるようになる。あれ、変だな?ってジャージのズボンを確認したら、前後ろがさかさまにはいている!だからポケットの向きが逆になっていたんだ。そうか、そうか・・・わかった! このジャージが後ろ向きになっているために、気持ちも後ろ向きになってしまったんだ。いかんなぁ・・・後ろ向きは。この事をコーチやいっしょにプレイしている仲間達に告白したら、みんな大笑い。全然わからないよと言ってくれた。そこで、最後のオチで、「気持ちが後ろ向きだったのは、このセイだったんです」とまとめて、みんなでまた大笑い。

2008年3月3日(月)
久しぶりに事務所に出る。午前11時から、俳優さんの相談をうける。いつもの相談だが、みんな悩みながら俳優を続けようとしている。夜は、イキウメの芝居を見る。行くと、知り合いの猛者女性陣(アマゾネス3人組)に遭遇拉致され、中国料理の奥地に迷い込んでしまいました。

2008年3月4日(火)
今日は経理の日。経理のOさんが朝から来て大忙し。午後2時からアルタミラで、矢口組の打ち合わせ。夜は英語の学校。この日の授業は目からうろこ!!!関係副詞のWhere と関係代名詞のWhich の選択問題!! 知ってるつもりが、ひゃー!! おまけに自動詞、他動詞、副詞がからんできて・・・

2008年3月5日(水)
今日はうちの石垣さんの誕生日。私は映画の現場から、石垣さんの誕生パーティー会場に駆けつける。場所が渋谷の円山町の、ホテル街の真ん中にある遊郭を改築した「お好み焼き屋」さん。みんなでプレゼントを渡し、ぱくつく。私はワインを飲んで、鉄板でやけどした。

2008年3月6日(木)
午前中は、スタジオで監督ラッシュ。すぐ事務所に戻り、次の企画の台本を読む。アルタミラで、この次の映画の打ち合わせ。バタバタと次の企画が進行していく。体が保つかなぁ(^_^;) でも、仕事をいただけるのはありがたい事です。感謝です。皆様。

2008年3月7日(金)
朝は銀行に行って、税金の支払い。事務所にて出演交渉と、来週の映画の予定入れ。

2008年3月8日(土)
今日はオフで、サッッカーの開幕戦を見に味の素スタジアムへ行く。試合開始直前に、私の携帯に何か緊急の着信がある。すぐ電話をすると、どうも月曜日の天気予報が、大きく変わり雨らしい。急遽予定を変更するという連絡。
コメント

「二人の約束」  パルコ劇場

2008年03月10日 | そんなご舞台な2008
「二人の約束」  パルコ劇場

中井貴一・段田安則・りょうの3人芝居でした。とても、ハートウォーミングな芝居で、あちこちですすり泣きが出ていました。りょうさんも初舞台でしたが、なかなか頑張っていました。出だしが堅い感じがしましたが、後半はスムーズに流れの中にとけ込んでいました。まぁ、この芝居は、中井・段田を堪能の一言です。終了後、りょうさん中井さんに挨拶しました。中井さんに久しぶりに会えました(^_^)
コメント

「偉大なる生活の冒険」 

2008年03月08日 | そんなご舞台な2008
「偉大なる生活の冒険」  五反田団第35回  駒場アゴラ

見終わって、自分がゴキブリになってしまったかのような衝撃を受けた。この意味はこの舞台を見た人でないと、わからない表現かもしれません。この作者によって、私はゴキブリにされてしまったかのような敗北感を、自分に感じました。ニートの30才の男と、同居(同棲ではなさそう)している女(しっかりと働いている)との、たわいもない会話が延々と続きます。最初は会話の妙だけで見ていたのですが、そこにだんだん作者のねらいも見えてきて、綿密に考えられた会話は、精巧なミステリーのようで、圧倒的でした。ラストもなんという終わり方でしょうか、あんまりの終わり方に、客席からも爆笑がもれました。すごいです!!若いってこわいものしらずです。クリエーターは若いことが必須です。ああ、うらやましいです。今年前半戦、1番の舞台でした。
コメント

「ウラノス」

2008年03月08日 | そんなご舞台な2008
「ウラノス」  青山円形劇場

脚本がイキウメの前川知大、演出がグリングの青木豪とくれば、期待せざるを得ません。イキウメの昨年の「散歩する侵略者」には強烈な衝撃を受けました。今回も、SF的でラストは圧倒的な盛り上がりを見せました。しかしながら今回は、前半が全く盛り上がらず、つらかった。どうしても傑作「散歩する侵略者」と比べてしまいます。あのロマンティックさが、もう少しほしかった。テーマをあまりにもストレートに叫びすぎたために、なんだか図式的になってしまったようにも思えました。私のアイディアとして、ラスト暗転して、あの布袋の中から、「節子」が登場すと、びっくりするかも(^_^;)
コメント

2008年2月4日(月)から

2008年03月07日 | ぼやき日誌2007
2008年2月4日(月)
事務所でキャスティング作業に終始。マネージャーさんと打ち合わせ。

2008年2月5日(火)
経理作業。夜はTOEICの学校に行く

2008年2月6日(水)
午前中は、映画の「お祓い」に参加する。午後からオールスタッフ打ち合わせ。だんだん天気が雪模様になってくる。夕方から、子役のYクンの練習。夜は、ワールドカップの日本VSタイ戦をTV観戦。日本の圧勝!

2008年2月7日(木)
事務所でキャスティング作業に終始。夜は、パルコ劇場で芝居を見る。中井貴一、段田安則、りょうのトリオの「二人の約束」

2008年2月8日(金)
事務所でキャスティング作業に終始。新しい映画の脚本が届く。急いで読んでみる。明後日からインする映画の予定表が届き、急いで各事務所に連絡する。

2008年2月10日(日) 映画の現場立ち会い。
2008年2月11日(月) 映画の現場立ち会い。
2008年2月12日(火) 映画の現場立ち会い。
2008年2月13日(水) 映画の現場立ち会い。
2008年2月14日(木) 映画の現場立ち会い。
2008年2月15日(金) 映画の現場立ち会い。
2008年2月16日(土) 映画の現場立ち会い。
コメント

「星屑の町 新宿歌舞伎町篇」

2008年03月04日 | そんなご舞台な2008
「星屑の町 新宿歌舞伎町篇」  新宿コマ劇場

前川清を銜えて、ハロー・ナイツがなんとコマ劇場に登場した。それだけでも感激物です。おまけに、高橋由美子がハロー・ナイツのボーカルになっている。そして彼女は歌がうまい!ストーリーはもうひとつアイディアがほしかったが、最後の、前川清オンステージで満足(^_^;)おまけに中日の日曜という事で、本物のクールファイブのメンバーが登場。もう最高でした。ずっとこのシリーズやってほしいなぁ。いくとこまで来たこの「星屑の町」この後は、どんな展開になるのだろう・・・
コメント

「ガラスのお面」 ラブリーヨーヨー  

2008年03月03日 | そんなご舞台な2008
「ガラスのお面」 ラブリーヨーヨー  下北沢オフオフシアター

くだらなくて、楽しくて、おかしな、そんな典型の舞台でした。しいて言えば、先が読める事。でも、それが楽しいのかもしれません。あとは、もっと観客を巻き込んで、笑いに持ち込む余裕があってもいいかもしれませんね。それぐらいやってもいいでしょう(^_^)
コメント