ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

録画DVDで鑑賞「ユージュアル・サスペクツ」

2017年01月31日 | 映画の光と影
録画DVDで鑑賞「ユージュアル・サスペクツ」

前から見たいと思っていた映画でした。ああ、見た事のある俳優さんがいる。その時は主役だったのに、今回は脇役かぁ?と思っていたら、ちゃんと最後は主役でした(笑)だから、あの俳優がこのまま終わるわけはないと思って見ちゃうから、このキャスティングは正しかったのかどうか、疑問だなぁ・・・かといって無名の俳優さんを主役には出来ないしなぁ
コメント

2016年御招待賞です。 「月の剥がれる」 劇団アマヤドリ

2017年01月30日 | そんなご舞台な2017年
2016年御招待賞です。 「月の剥がれる」 劇団アマヤドリ

いつも、御招待をしてくれる事務所や劇団に対して、その年一番感動した舞台にお礼がしたくて、毎年「御招待大賞」を発表してきました。大きな有名な劇団ではなく、コツコツと頑張っている小劇場のみなさんに、招待してくれたみなさんに贈ってきたつもりです。これまで、以下のような作品を選んで来ました。

2004年 「ストリップ」 劇団グリング
2005年 「兄妹どんぶり」 劇団道学先生
2006年 「2学期の風」 透明ランナープロジュースvol.2
2007年 「散歩する侵略者」 劇団イキウメ
2009年 「大人の時間」 ザ・ガジラ
2010年 「ポン助先生」 自転車キンクリーツ
2011年 「投げられやすい石」 ハイバイ
2013年 「花子フルメタルジャケット」 ハリケーンディスコ
2014年 「トロワグロ」 城山羊の会
2015年 「痕跡」 劇団KAKUTA

2016年、今年は、「月の剥がれる」 劇団アマヤドリに 決定します。

再演だそうですが、衝撃的な内容でした。私の好きなポリティカル内容です。しかし、そうとは見せずに展開していきます。ところが途中で、「あれ、これってものすごい事言ってるよな」って気がついてから、もう一気にのめり込みました。

昨年の前半は、「嗚呼いま、だから愛」 モダンスイマーズ@東京芸術劇場が、圧倒的におもしろかったです。9月に舞台45「月の剥がれる」 アマヤドリ@吉祥寺シアターを見て、さらに年末に「自己紹介読本」 城山羊の会@小劇場B1を見て、この3本が昨年のベスト3でした。迷いに迷いましたが、難しい内容に、果敢に攻め込んだ「月の剥がれる」に決めました。私的にはノーマークだったので、そのインパクトも大きかったです。

記念のワインです。制作の安藤さんに受け取ってもらいました(^^) ラベルに「月の剥がれる」のチラシを印刷してあります!!

舞台45「月の剥がれる」 アマヤドリ@吉祥寺シアター

9月に見た舞台ですが、あまりにも感動・衝撃が激しくて、感想書く事すら後回しになってしまいました。全く見た事もない劇団でした。劇団アマヤドリ・・・前身がひょっとこ乱舞・・・?なんじゃ・・・これ?「アマヤドリ」という劇団名からして、さだまさし風のやさしい感じの舞台なのかなぁって予想して行ったら、これがこれが裏切られました・・・最初は、バレーダンサーの踊りから始まるので、ますます甘っちょろいテイストなのかと確信を持ちましたが、なんと超硬派の剛速球!!のストーリー展開でした。「日本は、怒りを放棄する」というのが大きなテーマになっています。どういうことか?「怒り」を捨てるとは・・・今年、一番の衝撃の舞台でした。大好きですこういうの(笑) ただ、3時間近くあって、長い。しかし、その長さを感じないぐらい、衝撃の舞台でした。

コメント

「その女アレックス」 ピエール・ルメートル 文春文庫

2017年01月27日 | こらむ
「その女アレックス」 ピエール・ルメートル 文春文庫

2015年のミステリー大賞など6冠を獲得しています。さて、どうなんやろと読み始めたら、止まらない。ラストも衝撃的。久しぶりにミステリーを読んだら大当たりでした。
コメント (3)

事務所でのランチ

2017年01月26日 | こらむ
事務所でのランチ

カップラーメンとコンビニサラダ。たまには、シンプルでいいかも(笑)
コメント

カップ焼きそばの、使い捨て湯を

2017年01月25日 | こらむ
カップ焼きそばの、使い捨て湯を

信じられない使い方です!
コメント

2016年~2017年 高校サッカー選手権

2017年01月24日 | こらむ
2016年~2017年 高校サッカー選手権

等々力陸上競技場に行きました。川崎フロンターレvsFC東京戦で来た事があります。改装して初めてです。きれいになってました(^^) ここで勝った記憶がありません(笑)
コメント

録画DVDで鑑賞「ペーパー・ボーイ」

2017年01月19日 | 映画の光と影
録画DVDで鑑賞「ペーパー・ボーイ」

副題が「真夏の引力」 映画見て、副題に納得はするが、ぱっと見映画に吸い寄せられるような魅力の副題ではないなあ。映画自体は、なかなかパワーがあり、ニコール・キッドマンのセクシーさには圧倒される。でもかわいそうな女だったなぁ・・・・
コメント

録画DVDで鑑賞 「天の茶助」

2017年01月17日 | 映画の光と影
録画DVDで鑑賞 「天の茶助」

強引な展開で、なかなか感情移入する事が出来なかったのが本音かなぁ。もう少し、どこかを短くしたりして、展開を早くする必要があったかもしれませんね。ただ、思うように脚本が進まない悩みは、監督の気持ちが十分に伝わってきて、にやりとしました・
コメント

じゃんがらラーメン

2017年01月16日 | こらむ
じゃんがらラーメン

東京にあるとんこつラーメンの中で、「唐そば」とここの「こぼんしゃん」が私の双璧です(笑)
コメント

録画DVDで鑑賞 「青春の殺人者」

2017年01月13日 | 映画の光と影
録画DVDで鑑賞 「青春の殺人者」

1973年、長谷川和彦監督作品。今村プロ・綜映社・ATG製作であり、製作進行に、現在は現映画監督の榎戸耕史・平山秀幸らの名前がある。60代の年齢の映画ファンなら見ていない人はいないだろう。私も、何度も映画館で見た記憶があるし、当時ナンバーワンの映画だとも思っていました。この映画をもう一度見るには、やはり勇気がいりました。だって、当時のバイブルともいえる映画ですから。親殺しから後半にかけては、ほとんど忘れていました(笑)薄暮の撮影が、かなり効いている事も、今になってはよくわかります。原田美枝子の若さの爆発も、当時の自分にはまばゆいばかりで、視線を避けていたかもしれません。初々しい私です(笑)
コメント

うちの猫

2017年01月12日 | こらむ
うちの猫

みーちゃんといいます。言うことをききません。体が弱いです。すぐ吐きます。
コメント

舞台2 高校演劇サミット @こまばアゴラ

2017年01月11日 | そんなご舞台な2017年
舞台2 高校演劇サミット @こまばアゴラ

精華高校「大阪、ミナミの高校生」
純愛でしたね。高校生のピュアな感じがとても出てた。でもなんだか頑張り過ぎちゃってる感がしたなぁ。名前をミッキーとかローラにするのもなぁ・・・難しいテーマを選んでしまったのかもしれない。大阪では、よくある話なんだろうけどね。

都立駒場高校「かわいいそうのうそ」
20人以上の部員たちが、動いて、しゃべって、圧巻の構成力でした。隣の席の観客は号泣していました。だた、一般演劇の、「新感線」や「野田秀樹」なのどの影響を強く受けてる感じがして、高校演劇では、まだそっちへは行かないでもいいんじゃないかと思ったりしました。

甲府南高校「歩き続けてときどき止まる」
日常の世界を、うまく取り入れて印象よかった。ただ、サムシングニューがほしかった。ちょっとネタに困った感じもあったのでは・・・あの圧倒的傑作「秘密の花園」を超えてほしい!
コメント

舞台1 「ゴトーを待ちながら」 演出:柄本明 @下北沢スズナリ

2017年01月10日 | そんなご舞台な2017年
舞台1 「ゴトーを待ちながら」 演出:柄本明 @下北沢スズナリ

翻訳物は苦手なんだけど、柄本佑・時生兄弟で満足だ(笑)いい兄弟に成長したなぁ。うらやましい。
コメント

舞台63「コーラないんですけど」 渡辺源四郎商店第26回公演@下北沢スズナリ

2017年01月06日 | そんなご舞台な2016年
舞台63「コーラないんですけど」 渡辺源四郎商店第26回公演@下北沢スズナリ

青森県で活動している劇団ですが、すごくレベルが高くて、東京公演がある時はいつも楽しみにしています。今回も、その期待に十分納得出来る仕上がりになっていました。登場人物は、わずか3人です。近未来で、軍隊とボランティアと引きこもりと母親、そしてコーラです(笑)ラストはハンカチ必須でした(^^;)とても考えさせる内容でした。これを見ると、東京の小劇場のレベルの低さにガッカリしてしまいます。2016年最後にいい物を見ました。
コメント

ソニー・スマートセンサー

2017年01月05日 | テニス日誌
ソニー・スマートセンサー

いよいよ手に入れました(笑)ソニー・スマートセンサー。サーブのMAXスピードが127キロ出ました(笑)普通ですね(笑)
だいぶ、使い込みましたが、フォアハンドの平均スイングスピード80、ボール速度も同じように平均80。これっって、だからどうなんだ? ダメなのか、普通なのか、すばらしいのか、その物差しがないから全然意味がわからないのが、残念・・・・

コメント