ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

2008年6月16日(月)から

2008年06月30日 | ぼやき日誌2007
2008年6月16日(月)
カラーコピー複合機導入の、2社のプレゼンを受ける。どっちにするか迷うが、どっちかを落とさねばならない。落ちた営業マンはストレスためるだろうなぁ。夜は、D3清水監督のワークショップに行く。終電近くで帰ったが、監督は始発だったらしい(^_^;)

2008年6月17日(火)
今日もカラーコピー複合機導入の営業が続く。コピー機だけではなく、電話回線も一本化する事にする。夕方、いつもの背中の痛みが止まらず、マッサージを受ける。夜は、TOEICの学校へ行く。

2008年6月18日(水)
日活撮影所で、金子監督の「阿久悠物語」のセット撮影に行く。13番ステージいっぱいに、「スター誕生」のセットか組まれ、生バンドが入る。生バンドの迫力は最高!夜は、D3鳥井監督のワークショップに行く。生徒達にガツンと言ってやった(^_^;)

2008年6月19日(木)
朝、予算表を組んでからまた日活撮影所へ行く。午後、次の映画のオファーがあり、プロデューサーと打ち合わせをする。事務所へ戻り諸々作業。夜は、「空間ゼリー」という劇団の芝居を見る。

2008年6月20日(金)
午前中、新しいパスポートを取りに行く。そのまま、K組の撮影現場に向かう。夕方事務所に戻り作業。その夜、撮影現場からエマ-ジェンシーコールが来る。あああ・・・・

2008年6月21日(土)
昨夜のトラブルの対応。なるようにしかならないが・・・・

2008年6月22日(日)
K組の撮影現場に行く。なんとか回復して撮影は進むが、完全には対応策が成功していないので、気にはなるがどうしようもない・・・・

コメント

本間しげるライブ 

2008年06月29日 | そんなご舞台な2008
本間しげるライブ 2008・6・7

初めて見た本間しげる、かなり強烈な個性に、ちょっとびっくり。しかし安定した語りと芸風に、グイグイ引き込まれていく。一度見たら忘れられない。芝居もしっかりできそうな感じ。一人芝居だと、どうしてもイッセー尾形と比較されてしまう。その宿命と戦って生き残らなければならない。その実力は持っていそうな気がするので、ぜひ、頑張ってほしいと応援したくなる。
コメント

「プリマ転生」  ロリータ男爵

2008年06月26日 | そんなご舞台な2008
「プリマ転生」  ロリータ男爵 吉祥寺シアター

よく練習されていたと思います。その成果は十分に感じたし、なかなかおもしろかったです。ラストも破綻なく見事にまとまっていて満足でした。黒ヌリの佐藤マリさんは、どんな素顔なのかしら?ちょっぴりキュートでかわいかった。新井友香さんのセリフで「私は、じゅうごさい」には、我が耳を疑いました(^_^;)
コメント

「おしるし」 プリエールプロデュース

2008年06月23日 | そんなご舞台な2008
「おしるし」 プリエールプロデュース 赤坂レッドシアター

井之上隆志さんの追っかけとしては、絶対外せない舞台です。でも今回の井之上さんの設定は、なかなか悪い男。看護婦に手をつける医者。これだけ書けば、相当悪い男ですが、井之上さんがやると、許せる男になってしまう。脚本の田村さんも私は大ファンで、傑作「ゼブラ」の、照明の変化で、時間の壁を通り抜ける手法を今回も使ってましたね。よく考えると問題を多く抱え、解決しないまま終わっていますが、それもよしと許せる後味のよさでした。
コメント

2008年6月9日(月)から

2008年06月22日 | ぼやき日誌2007
2008年6月9日(月)
今日は、K組のクランクインの日。ロケセットなので私は参加せず、銀座に行って、パスポートの申請をする。10年間の期間が終わる。中を見てみると、出国と帰国が10個ほどスタンプがあり、1年に1回は行っている計算になるが、そんな事はないなぁ(^_^;) 昨年の御招待大賞のプレゼント授与があった。これは昨年舞台に招待していただいた中から、最も印象的だった舞台に、私からプレゼントを贈る物。それは、劇団イキウメの「散歩する侵略者」!!

2008年6月10日(火)
午後、日活撮影所にある日活学院で「キヤスティング」に関する講義をする。とうとう講師という事になってしまった。こんな風になるなんて思ってもみなかった事。終了後、事務所に戻って、K組の残りのキャスティング作業をする。夜は、TOEICの学校へ行く。

2008年6月11日(水)
朝は銀行へ行く、高い高い高―――い、杉並区の都市民税を払う。O商会が来て事務機器のセールスをして帰る。夜、UクンとUクンの知り合いと痛飲。カラオケ帰宅したのが午前3時過ぎ!

2008年6月12日(木)
朝、なんと8時過ぎにちゃんと起きる。シャワーを浴びて、K組の撮影現場に行く。みんなイキイキとして撮影していた。監督とちょっとだけ、個人的な話をした。撮影監督のNさんと「吉川クンと何か仕事をしたよね、思い出さないんだぁ」と声をかけられる。私も実は・・・・イカンなぁ・・・・

2008年6月13日(金)
今日は映画「L」の中田監督の結婚式。スタッフに、この感じで良いよねと、ポロシャツとスラックスで言ったら、いやいや、式服じゃないですかとの意見。だんだん不安になって、半袖ワイシャツを買って、自宅へ戻り、フォーマルジャケットに着替えて出る。式場へ行くと、なんと有名芸能人他200人が出席する、大パーティーで、ああ着替えていってよかったと、ホッとする。

2008年6月14日(土)
夜、大学時代の先輩が再婚するというので、昨夜に引き続きお祝いの会に出席。お祝いの会といっても、主賓入れて5人のこじんまりとした会。最後にカラオケして握手して解散。先輩も再婚、相手の女性も再婚。そんなトシになっているのだなぁ(^_^;)

コメント

「夜光ホテル」 モダンスイマーズ  

2008年06月17日 | そんなご舞台な2008
「夜光ホテル」 モダンスイマーズ  

「回転する夜」「楽園」につぐ、モダンスイマーズ 3回目の観劇でした。今、この劇団と「ワンオアエイト」「シャンプーハット」「グリング」「ブラジル」がどんどん世間に認知されてきていると思います。「新感線」「大人計画」に追いつけ追い越せといった感じでしょうか。
狭い空間(小劇場だからしかたないけど)を巧みに使ったストーリーで、ぐいぐい引っ張っていきます。セリフもおかしく、痛い話なのにところどころ笑わせてくれます。うまいセリ回しです。何か考えのあるケンちゃんが、結局は単に連れ戻しに来た。それだけなのに、あのもったいぶったキャラクター付けはどうなんだろう?8ガラスをやめるなら、もっと痛めつけてもよかったかも、ケンちゃん、かっこよすぎたかなぁ。ケンちゃんをボロボロにしてほしかったなぁ(^_^;)これからも期待したい、そんな思いも再確認しました。
コメント

「立川ドライブ」 シャンプーハット

2008年06月16日 | そんなご舞台な2008
「立川ドライブ」 シャンプーハット第22回公演  シアター・トラム

期待しているシャンプーハットの公演でした。劇場が少し広いせいか、後ろの5列はガラガラでした。ちょっと心配です。「痛いストーリー」が得意な劇団ですが、その「痛い」だけではなかなかもたない部分が、出てしまったかもしれません。警官の鬱屈した気持ちが、だんだんと女神に救いを求めていくようになるのですが、現実社会では、私達もいつもストレスためながらながら生きているわけで、これくらいでストーカーになられてはたまらない、そんな気持ちになりました。もっともっと赤堀警官が、追い詰められていく場面がほしいと思いました。
コメント

「ご主人様と呼ばせてください」

2008年06月15日 | こらむ
「ご主人様と呼ばせてください」サタミ・シュウ 角川文庫 平成20年5月25日初版

「私の奴隷になりなさい」の続編?です。前作が意外とおもしろかったので、これも買ってみました。でも前作には遠く及びませんでした。何か、新鮮味がなく、ダラダラと話は続きます。なかなかSMをモチーフにしたもので、ストーリーを構成するのは至難の業のようですね。だから前作は奇跡の本かもしれません。
コメント

2007年度御招待大賞発表

2008年06月14日 | 御招待大賞
お待たせしました、2007年の御招待大賞は以下のとおりです!


イキウメ 「散歩する侵略者」 青山円形劇場

2007年度に、
招待していただいて見た舞台が、50本。
その中で最高にシビレタ舞台に、御招待大賞を贈ります。

この、「散歩する侵略者」のラストはすばらしい。
「その愛、もらうよ」と小声でささやく侵略者に、
私はノックアウトされました。

この舞台を見たきっかけで、
日下部そう君は、矢口監督の映画「ハッピーフライト」に出演してもらいました。
この秋東宝系で公開されます。

そしてイキウメの新作が、
すぐ7月2日から紀伊国屋ホールで上演されます。
その後、福岡と大阪で上演されます。
もう期待せずにはいられません。
「散歩する侵略者」で、
作者前川さんは、ある頂点を極めたと確信します。
次の頂点はさらに高みにあるはずです。

その高さは並大抵のものではないでしょう。
そのプレッシャーはきついでしょう。
そこへ到達するために も、
これから何度も反吐を吐くような苦しみも待ってるでしょう。
それにひるま ず、さらなる前進をめざして頑張って下さい。
プレッシャーにイキウメにならぬよう、
大勢の観客でイキウメになってください。

なおプレゼントしたTシャツとエコバックは、
映画「ハッピーフライト」の記念品です。


吉川威史






「散歩する侵略者」 イキウメ 青山円形劇場

SFラブ・ストーリーでした。そして今年ナンバーワンの舞台でした。
すばらしい出来上がりで、感動しました。小説にされているようですが、映画になってもおかしくはないでしょう。「愛を奪う」。参りました!

強いて言えば、ラストは短くしてもよかったように思います。
ラストシーンは二人のカットバックで、クレーンカットで、
小さくなった二人っきりですね(^_^;)

日下部そう 抜群の宇宙人でした。すばらしい才能です!
岩本幸子  普通の人妻の感じの方が、泣けたように思いました
安井順平  難しい役をイヤ味なく演じていました
瀧川英次  笑いをとってましたね。ちょっと調子に乗りすぎる感もありました
浜田信也  瀧川クンとのバランスをうまく取っていました、賢いです。

観劇後の吉川ブログより

コメント

2008年6月2日(月)から

2008年06月13日 | ぼやき日誌2007
2008年6月2日(月)
朝から空模様が怪しい。今日はワールドカップ3次予選の日本VSオマーン戦がある。チケットは勝ったが、雨の中の観戦はどうも気がすすまない。午前中はK組の衣裳合わせ。午前中立ち会って、明日からのオーディションの仕込みのために、渋谷の事務所に戻る。結局サッカー観戦は中止の自宅TV観戦。やはり後半から雨になった。試合は3-0の完勝。オマーンは日本に対する戦い方を間違えていた。あれでは、日本の思うつぼ。

2008年6月3日(火)
今日は、K組の私のアシスタントで付いているF嬢の誕生日。みんなでケーキとプレゼントでお祝いをする。隣の部屋で、オーディション。明日K監督に、今日選抜したメンバーを見せて決める。さてうまくいくか? 夜は、TOEICの括弧へ行く。

2008年6月4日(水)
午後から日活撮影所で、K監督立ち会いのオーディションがある。昨日の残った4人を監督に会ってもらう。なかなか勝ち抜くのは大変だ。で、一人が勝ち残り決定する。夜は、D3のワークショップの見学に行く。

2008年6月5日(木)
朝から雨模様。完全に梅雨入りしている。梅雨らしい梅雨だ(^_^) 経理作業をしていると、K組の俳優さんが、海外ロケが長引いて帰国できないという事になり、別にキャスティングしなくてはならなくなった。やはり海外の撮影は本当に信用できない。それが、海外で当たり前なのか、日本人が細かいのか・・・さぁまた面倒だ。夜は、矢口組の打ち上げに参加する。

2008年6月6日(金)
朝起きて体重計に乗ったら、1,5キロ増えていた!!!ガーン!!信じられない。何かの間違いじゃなかろうかとうろたえてしまった・・・・ショック

2008年6月8日(土)
K組のお祓いに出るために、日活撮影所に行く。無事に撮了する事を祈る。
コメント

「役に立たないオマエ」 ブルドッキングヘッドロック

2008年06月10日 | そんなご舞台な2008
「役に立たないオマエ」 ブルドッキングヘッドロック第14回公演  サンモール・スタジオ

なんかホッとした。というのは、ここ続けて見た舞台が、どうもよく見る舞台特有のセリフ回しで、そんなしゃべりかた普段しないのに、舞台になるとそうしちゃう、それが許されちゃう事に、はっきりとしない不安感があって、この舞台が始まった瞬間に、おうそうだよ、普段こういう風にオレ達しゃべってるよ、という安心感がありました。本編はちょっと長いかもしれませんが、今年見た舞台の中では上位に入ると思います。高校時代のあのイヤーな感じを、大笑いしながら見ました。
コメント

「恋する病室」  東京おいっす第10回公演

2008年06月09日 | そんなご舞台な2008
「恋する病室」  東京おいっす第10回公演

最初の10分見た時は、アカン寝ようと思いましたが、だんだんとストーリーのおもしろさと複雑さに、結局最後まで引き込まれました。このストーリーの人間関係の複雑さは異常です。こんなん見たことない。そこは大好きです。しかしながら、座長の奥原邦彦さん以外の俳優陣の力不足を感じました。特にセリフ回しに違和感がどうしてもありました、舞台だからこれでいいという、エキスキューズがあって、いかにも舞台特有のセリフ回しは、それはどうも納得がいきません。普通にしゃべれば、もっともっとおもしろかったと思うと、残念でなりません。舞台特有のセリフ回しで、最初はイヤになったわけですが、この複雑なストーリーにはブラボー!です!
コメント

2008年5月26日(月)から

2008年06月06日 | ぼやき日誌2007
2008年5月26日(月)
結局TOEICの試験は受けられなかった。午後から、日活撮影所でオーディションがあったため。残念ながら・・・・・今日は、真夏のような暑い1日だった。事務所のクーラーも感じないくらいに暑かった。本格的に夏になるとどうなる・・・・

2008年5月27日(火)
K組のキャスティングもなんとか進んで来たけど、最後のつめがもう少し。午前中に、知人のH監督が来て、次回作の本を読んでおいてくださいと頼まれた。有り難い事です。H監督とは、私がチーフ助監督の時、頑張ってくれたセカンド助監督で、楽しい思い出がいっぱいある。青春の日々でした。で、彼が監督になり、私がキャスティングという道を進む事になる。彼も、なかなか映画監督だけでは生活できないよう。頑張ってください。夜は、英語の学校だったけど、体調悪く休んでしまった。残念・・・

2008年5月28日(水)
なんが、ダルイ。体が重い・・・・燃え上がるようなパッションがわかない。なんだろう???バリバリ働きたいのだが、どうも力が出ない。別に落ち込んでいるわけじゃないんだけど・・・背中が張っていると、いつもこうなる。背中のコリが原因だよなぁ・・・・

2008年5月29日(木)
朝から強い雨。CMの撮影は出来るのだろうか、と心配しながら午前中は自宅でキャスティング作業。午後から日活へ向かい、K組の美術打ち合わせに参加する。途中で、監督とキャスティングの話をする。結局20時過ぎまでかかる(^_^;)

2008年5月30日(金)
先週の金曜日が、私の恩師である熊井啓監督の一周忌だった。はやいもので、あの衝撃の日から1年がたった。いずれは来る日とは思っていたが、その日は突然に来た。次回作のキャスティングの話など、何度も連絡をとりあっていた。監督に最初に出会った日の頃を、いくつか思い出す。何も知らない、高慢ちきな若造(私の事ね)を、親切に業界へ導いてくれました。感謝です。天国の熊井監督へ。

2008年5月31日(土)
K監督のスペシャルドラマの、衣裳合わせで、調布の大映撮影所へ行く。
コメント

アイフォン

2008年06月05日 | こらむ
「アイフォン」

ソフトバンクが「アイフォン」という物を出すらしい。NTTドコモと争って勝ったらしい。新し物好きのボクとしては、興味をそそるなぁ(^_^;) ボクの携帯はドコモだからなぁ、どうなるんだろう? 楽しみ楽しみ(^_^)
コメント

日本VSオマーン

2008年06月03日 | にわかサッカーファン
ワールドカップの、3次予選「日本VSオマーン」のチケットは買っていたんですが、天気予報が雨だったので、悩んだ末に自宅TV観戦にしました。へなちょこサポーターの私です。

これまでのトルシエ、ジーコ、オシムが率いた日本代表の試合の中で、一番最高の試合だったかもしれません。圧勝だったんですが、ただ、オマーンの対日本との作戦は、大失敗だったと思います。日本と戦うには、あの戦法は最悪だったと思います。マチャラ監督なら、絶対違う戦法で来たと思います。だから、まだまだ油断は禁物だと思います。それがどういう戦法かというと・・・言えなーーーい あの戦法で来られると、きっと日本はバタバタするに決まってるんだけど(^_^;)
コメント