ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

「マルチュクの青春通り」

2006年09月29日 | 映画の光と影
「マルチュクの青春通り」
おもしろかったけど、韓国の学校体制に対する不満を言いたいのか、青春のほろ苦さを伝えたいのか、この映画のねらいのゴール地点があいまいで、結局見終わって、不完全燃焼でした。でも、見ている間は、とても楽しかった(^_^;)
コメント

色ざんげ」 島村洋子 中央公論社文庫

2006年09月28日 | こらむ
「色ざんげ」 島村洋子 中央公論社文庫 2006/3/25 初版
これは傑作!!阿部定をめぐる男達のインタビューと、それを受けての阿部定の回想でまとめてあるスタイル。男女の思いは、深くて長くて重いなぁ・・・阿部定はステキな女に思えました
コメント

2006年9月18日(月・祝日)から

2006年09月27日 | ぼやき日記2006
2006年9月18日(月・祝日)
久しぶりに自由時間をとった。午後から、下北沢の本多劇場で、「星屑の町・東京砂漠編」を妻といっしょに観劇する。終了後、お好み焼き屋へ行く。ここが最高にうまかった!たたねしたので、なかなか眠れず眠剤を半分飲んで、夜中の1時頃寝る

2006年9月19日(火)
朝4時30分に起きる。眠剤が効いてまだ頭が眠い。お昼過ぎまで眠かった。しかし午前6時15分出発の映画の現場に行く。終了後、電話があり、親しくしていた今井事務所の社長の今井くんが亡くなったと連絡があった。たしか、51才だったと思う。私がこの業界で親しくしていた10人の中の一人なんで、覚悟はしていたが、とてもショックだった。あああああ、また葬式だぁ・・・・

2006年9月20日(水)
午前中は、免許証の再発行のため府中の試験場まで行く。この前サイフにいれていてすべてなくしたので、サイフには入れずに、別の所に保管したつもりだったが、今度はどこにおいたかわからなくなってしまったという、アホな状態・・・トホホホ

2006年9月21日(木)
撮影の立ち会い。

2006年9月22日(金)
撮影の立ち会い。やっとクランクアップする。

2006年9月23日(土)
月に一度の、吉川事務所テニス部の日。1時間オートテニスで特訓。あとの2時間はみんなと合流して練習。もうくたくた(^_^;)

2006年9月24日(日)
朝9時から、テニススクールに行く。昨日の練習の成果はまぁまぁといったところ(^_^;) 夜は、今井君の通夜に行く。51才で死ぬなんて早すぎる!!くやしいよ!!今井!!青春の仲間が一人いなくなってしまった・・・・帰宅したのが夜中の1時過ぎだった。
コメント

「ほえる犬はかまない」 DVD鑑賞

2006年09月26日 | 映画の光と影
「ほえる犬はかまない」 DVD鑑賞

犬をあんなに乱暴に扱う点で、どうしてもついていけなくて気持ちが悪くなり、途中で見るのをやめてしまいなした・・・・
コメント

「氷雨」 韓国映画 DVD鑑賞

2006年09月25日 | 映画の光と影
「氷雨」 韓国映画 DVD鑑賞

冬山の撮影はとても大変だったと思います。でも、極限状態で思い出すのが、二人とも女性のことで、それが偶然にも同じ女性だったという設定は、あまりにもリアリティーがなく、ドラマを作るためのドラマのように思えて、途中で見る気をなくしてしまいました。
コメント

2006年9月11日(月)から

2006年09月25日 | ぼやき日記2006
2006年9月11日(月)
朝からすごい雷でした。早朝5時19分の電車に乗って、撮影現場に向かいました。

2006年9月12日(火)
今日は、始発の5時4分の電車に乗って、撮影現場の伊豆に向かいました。

2006年9月13日(水)
新感線の車内のロケーションに立ち会う。

2006年9月14日(木)
午前中は雨。でも、撮影は午後からツイている(^_^;)

2006年9月15日(金)
なんとか晴れて撮影は無事に終了する。

2006年9月16日(土)
千葉県佐倉市までロケに出る。なんとか晴れて撮影は無事に終了する。

2006年9月17日(日)
午前中は曇り。映画の現場に立ち会う。午前中で終了したので、午後から舞台を見に行く。
コメント

「ゆれる車の音・九州テキ屋一家」

2006年09月23日 | そんなご舞台な2008
「ゆれる車の音・九州テキ屋一家」 紀伊国屋サザンシアター
これも中島淳彦脚本です。期待しました(^_^;) 前半は期待以上ではありませんでした。ちょっと、しんどいかったです。しかし中盤から、セリフがビシビシ決まりだして、ラストまで一気でした。特に、たかお鷹さんのテキヤ回しが抜群でした。それに比べると角野さんは、残念ながらどうしてもテキ屋には見えませんでした。というものの、高いレベルの作品だと思いました。GSの歌は、他の選曲がよかったかもしれませんねぇ(^_^;)ともかくいろんな小ネタがちりばめられていて、そのひとつひとつを味わうのも楽しみでした。まぁ、ちょっと上品過ぎたかもしれません。最後に、なんだか、全員が舞台を広く使おうとして、横一列になるのは、ちょっとどうかと思いました(^_^;)
コメント

舞台「夫婦レコード」 俳優座劇場

2006年09月20日 | そんなご舞台な2008
舞台「夫婦レコード」 俳優座劇場
これも中島淳彦脚本です。設定があの傑作「エキスポ」にとても似ています。突然妻が死に、残された夫とその家族の話でした。残念ながら。「エキスポ」ほどのユーモアと風刺はありませんでした。津嘉山正種さんが、残された風采のあがらない夫という設定ですが、いやいやなかなかすてきでかっこいいのです。もっと、土くさくてドロドロしたエピソードがほしかったように思いました。全体的に、品のいいお芝居になっていたようです。「エキスポ」はお母さんの謎をさぐる話でしたが、今回は残された娘の謎でした。もっと生っぽいエピソードがあってもいいかなぁと思いました。上品すぎたかもしれませんね。
コメント

舞台「トワミスト」

2006年09月18日 | そんなご舞台な2008
舞台「トワミスト」 下北沢駅前劇場
なかなかのチャレンジ作ではありますが、もう少し観客を楽しませるエンターティンメント性がほしかったですね。やりたい事、めざしている物へ対して、直球を投げています。それは評価したいのですが、もう少しなんとか楽しめるようなりませんかねぇ・・・(^_^;)ラストシーンは秀逸でした!!
コメント

2006年9月4日(月)から

2006年09月17日 | ぼやき日記2006
2006年9月4日(月)
1週間ぶりに事務所に出る。意外と机の周りは片づいていてホッとした。帰りは映画を見に行く(^_^;)

2006年9月5日(火)
午前中は歯医者に行く。午後から監督ラッシュ。来週の出演者の決定などをする。夕方事務所に戻って、バタバタと仕事する。夜は、Yプロデューサーと痛飲&シャウトする!!

2006年9月6日(水)
今日も、午前中は歯医者。午後、H監督が打ち合わせに来社。夕方からCMの打ち合わせで銀座へ行く。来月に釜山映画祭に行くことが決定したので、ちょっと英語力を回復させようと思って、英会話教室を見学。夜は、日本VSイエメン戦をTVで見るが、最低の試合だった。でもよく勝ったよ。

2006年9月7日(木)
午前中、昨夜見学した英会話教室で、契約の手続きをする。午後もう一度教室に行くと、ロビーで女性に超人気のある俳優のA君と遭遇する。デビューしたばかりの彼を、発見したのは私となっている(^_^;) それで、お互いびっくり。懐かしい話に花が咲く。彼もベルリン映画祭に行って、感動したと話していた。午後から、明日のVMのオーディションの選定作業。

2006年9月8日(金)
午後から、N監督と新宿で打ち合わせ。「デスノート・1」のカメラマンの高瀬さんが亡くなった。享年50才。若いよぉーーー!昔から、日活の撮影所で一緒に仕事をしてきた仲間だった。彼が1本立ちしてからは、「チキン・ハート」で仕事した。んんん信じられない・・・・
コメント

『ラブ・コン』

2006年09月14日 | 映画の光と影
『ラブ・コン』
なかなか楽しい映画でした。たわいもない青春映画ですが、うまくツボにはまっていて、アキずに見ました。バラエティーの乗りの構成なので、若者達も簡単に映画の中に入って行けそうに思いました。この映画もCM出身の監督らしく、画面も明るくシンプルな映像に仕上がっています。ただ危惧するのは、CM出身の監督さん達の映画の仕上がりが、けっこう似たテイストになっていて、監督自身の個性が見えにくくなっているように思いました。
コメント

『ゲド戦記』

2006年09月13日 | 映画の光と影
『ゲド戦記』
前半はとてもたるかったです。なかなか先に進ません。しかし、ラストの30分は、とてもおもしろかったです。終わりよければすべてよしでしょう(^_^) アニメの技術はよくわかりませんが、メインキャラクターの足先(履き物)、が単純な絵になっていて、私はそこが妙に気になってしかたありませんでした(^_^;) なかなか頑張ったアニメだと思いました。次回作楽しみです。
コメント

2006年8月28日(月)から

2006年09月12日 | ぼやき日記2006
2006年8月28日(月)
都内の撮影の立ち会い。なんだが、風が空きぽくなってきた。

2006年8月29日(火)
片道3時間30分ぐらいかかってロケーションに行く。往復7時間です(^_^;)日帰りです(^_^;)

3006年8月30日(水)
静岡ロケに立ち会う。宿泊。

2006年8月31日(木)
静岡ロケに立ち会う。宿泊。

2006年9月1日(金)
静岡から帰京。雨。撮影がない日に雨とはツイている。
コメント

『ミッション・インポッシブル3』

2006年09月10日 | 映画の光と影
『ミッション・インポッシブル3』
ステーキいっぱい食べた感じて、満足だったんですが、何かが物足りませんでした。すごいお金がかかっていて、映像もすごいのです。でも、なんかまるくおさまったラストで、しょせんこうなるよなぁといった、都合の良さが気になりました。次は、もっともっと心の底にシミル映画を見たいなぁという感じでした。
コメント

「ダビンチ・コード」

2006年09月08日 | 映画の光と影
「ダビンチ・コード」
原作も読んでいないのですが、まぁストーリーがよくわかりません。結局何を言いたいのか、よく掴み取れませんでした。キリストに子供がいたってことでしょうか?それを延々隠してきたという事でしょうか? イメージのシーンなどはものすごいお金がかかってるように思いましたが、だからといって心にシミル映画ではなかったように思います。なんか、もったいない映画って感じがしました。
コメント