ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

ソニー・スマートセンサー

2017年01月05日 | テニス日誌
ソニー・スマートセンサー

いよいよ手に入れました(笑)ソニー・スマートセンサー。サーブのMAXスピードが127キロ出ました(笑)普通ですね(笑)
だいぶ、使い込みましたが、フォアハンドの平均スイングスピード80、ボール速度も同じように平均80。これっって、だからどうなんだ? ダメなのか、普通なのか、すばらしいのか、その物差しがないから全然意味がわからないのが、残念・・・・

コメント

2015年 テニス初打ち

2015年01月04日 | テニス日誌
2015年 テニス初打ち

今年も、テニス三昧です。カゼをひいても、脚が痛くてもテニスしたくなるのです。うまくなりたいです。まだ、伸びしろあると思うし(笑)
コメント

テニス日誌25 「ガットが合ってないんじゃないですか?」#4

2014年10月31日 | テニス日誌
テニス日誌25 「ガットが合ってないんじゃないですか?」#4

渋谷に行って、ガットのリサーチをしてみた。この執念は、自分でもすごいな(笑)

「エクセル125を張ってるんですが、もっと早くて強いボールを打ちたいんです」と、それぞれのお店の店員さん伝えて、答えてもらった。当然、ラケットの種類によっても違うとは思うけど、ラケットの種類に関係なく質問してみた。


渋谷A店
ゴーセン 「AK」
これを推薦されました。ガットについては詳しく説明していただきました。確かに詳しい店員さんではありました。最初に入ったお店だったので、記憶が・・・・(笑)

渋谷W店
テクニファイバー「XR3」
お目当てのガットを唯一お勧めされました。「ゴーセンAK」ついては、テンション維持が心配らしい。バボラのエクセルの感触を続けたいのであれば、「バボラのファイバーはどうでしょうか」という推薦。

渋谷T店
ゴーセン 「モノドミネター」
トアルソン「ライブワイヤー」
全く知らないガットばかりを答えてくれて、新鮮(笑)でした。信じていいのかどうか?使用しているラケットもバボラエアロと伝えると、「しなって飛ぶラケットなので、これらのガットでいいんじゃないですか」と自信満々。テクニファイバーとかバボラには、目もくれない感じが若干不安かな・・・

コメント

テニス日誌24 「ガットが合ってないんじゃないですか?」#3

2014年10月29日 | テニス日誌
テニス日誌24 「ガットが合ってないんじゃないですか?」#3

さっそくテクニファイバーRX3に張り替えた、ヘッドのラッケトで打ってみた。「いいじゃん!!」 超、ビックリ。確かに感触はエクセルに近くて、ボールをつかんだ感触で、はじき飛ばす。相手のスライスサーブで、右へ走らされた時、ランニングショットで返すと、何の無理もなくスムーズに返せた。すごい! 問題はストロークだ! まだスパーンという早いタイミングで、飛んでは行かない。エクセルのつかんで離す感触が残る感じが残る。でも、コントールしている感じがあって、自分が操っている感じがある。もしこれ以上、早いタイミングで飛ばすと、コントール出来なくて、ロングオーバーする不安もある。これぐらいのガットで今はいいのかな? もっと強い球離れするガットがいいのかな? そんなガットあるのかな? ガットって、奥が深い・・・探して見たいなあ(笑) それより、自分の技術アップが先だろ・
コメント

テニス日誌23 「ガットが合ってないんじゃないですか?」#2

2014年10月28日 | テニス日誌
テニス日誌23 「ガットが合ってないんじゃないですか?」#2

「ガット、張り替えに来たんですけど・・・ラケットはヘッドのインスティンクトSです」
「どんな、ガットにしたいですか?」
「男の子みたいに、強い球を打ちたいんですけど・・・」
「今は、どのようなガットを張ってます?」
「バボラのエクセル125です」
「そうですか、それより堅めのガット希望ですね」
「う、うん。よくわからないですけど、今より強い球が打てたら・・・」
「バボラでしたら、まずアディクションかなぁ、学生男子の方多いですよ」
「なるほど・・・他には・・・」
「ゴーセンのこれか・・・」
「テクニファイバーは何がありますか?」
「それでしたら、RX3でしょうか」
「ガッンと打てます?」
「打てますね、そして柔らかいです」
「じゃ、よくわかんないけど、それでお願いします」
「テンションはどうします?」
「今、53-51なので、ちょっとゆるめで50-50ぐらいで」
「そうですね、これから冬になるので、それがいいですね」

最初から、メインで使っているバボラエアロに張り替えるのはちょっと勇気いったので、1年前テニス肘の時に買って、使いこなせないままのヘッドのインスティンクトSで試してみる事にした。
コメント

テニス日誌22 「ガットが合ってないんじゃないですか?」

2014年10月27日 | テニス日誌
テニス日誌22 「ガットが合ってないんじゃないですか?」

あるテニスのイベントに参加していたら、そこのコーチに

「吉川さん、ガットが合ってないんじゃないですか?もっとガツガツ打ちたいんでしょ?」
「そうです、合ってませんか?」
「何、張ってます?」
「エクセルの125です」
「そうですか、やわらかいですよね。でも、スコーンって飛ばないですよね」
「はい、そういえば、一生懸命腕力で打って、コントロールしている感じです」
「でも、吉川さんは、ガツガツ強い球打ちたいんじゃないですか?」
「(ひざを打って)そうそう、男の子みたいに打ちたいんですけど、強い球が飛ばなくて、女子に、簡単に返されてしまいます。コントロールしている感じはあるんですけど」
「エクセルは、反発力が弱いからね・・・合ってないんじゃないですか?」
「えっっっ・・・・・」

バボラのアエロピュアドライブに、エクセル125を張ってるだけど、これが一番感触がよかった・・・・肘を痛めてから、柔らかくて、コントロールしやすいガットを求めていて、このエクセル125に出会った。持っている5本すべてのラケットを、このガットに張り替えるほど気に入っていた。

ところが、この前試合に出たら、ストローク合戦で女子に打ち負けてしまった。あの時、もっと強い球打ちたいと思った・・・昨日のコーチの意見は、心にズサリ・・・明日は、ガット張り替えに行こう!!
コメント

テニス日誌21 「振動止め」

2014年10月20日 | テニス日誌
テニス日誌21 「振動止め」

ガットの振動止めって、本当に必要なんだろうか?ずっと使ってきたから今更外すのも不安になる。外して打った時の音も、ちょっとかん高い音になって、気になってしょうがない。一番いやなのは、プレイ中いつのまにか外れてしまって、どこかに落ちてしまって行方不明になってしまう事。外れたままプレイしていると、不安になって、調子が狂う。たかが振動止めなのに。外れる時は、いつもラケットの根もとにボールが当たった時。ようするに、焦ってボールに近づきすぎるんだよなぁ・・・・
コメント

東レパンパシ2014年、イバノビッチとウォズニアッキのサーブ

2014年10月06日 | テニス日誌
東レパンパシ2014年、イバノビッチとウォズニアッキのサーブ

去年見たイバノビッチより、さらに細くなっていてびっくりしました。それはもう、小枝のよう(笑)

去年も見た、ウォズニアッキ。頑張れ私生活(笑)

コメント

東レパンパシ2014年、ヤンコビッチとパラサントンハ

2014年10月03日 | テニス日誌
東レパンパシ2014年、ヤンコビッチとパラサントンハ

「あんな簡単なのに、なんでミスするのよ! もうちょっと、ちゃんとしてよ!」

とか言ってるのかなぁ(笑)
コメント

2013年東レパンパシ クビトバ

2014年10月02日 | テニス日誌
2013年東レパンパシ クビトバ

去年の東レパンパシのクビトバです。テニスは横向きのスポーツというのがよくわかります。もう、真横向いてますよね(^^)
コメント

東レパンパシ2014年、チブルコバのサーブ

2014年10月02日 | テニス日誌
東レパンパシ2014年、チブルコバのサーブ

相手が大きい相手に、あんなに小柄で、無理矢理突っ込んで、一歩も退かない勝負を挑む姿に感動!
コメント

テニス日誌18 テニススクール

2014年09月25日 | テニス日誌
テニス日誌18 テニススクール

もう15年も続いている、毎週1回のテニス・スクールライフ。最初は、健康のためとかストレス解消のためだったが、いまではそんな事より、テニスがうまくなりたい一心で通っている。初心者クラスを2ヶ月ぐらいで、早々に卒業し、初級クラスに5~6年。初中級クラスに5~6年ぐらいいた。今では中級クラスに2年半。まぁ、なかなかうまくならない(笑)積極的にスクール以外のイベントに参加するようになって、だんだん上手くなって来たような気がする。スクールでは、もっと個人に的確なアドバイスしてくれてもいいような気がするが、それも、いろんな問題を含んでいるらしいなあ。例えば、僕の場合、フォアハンドストロークで、「体の開きが早いですよ」と指摘される。うん、そう思うがなかなか直らない。じゃ、どうすればいいか、ちょっとヒントを教えてよって思ってしまう(笑)
コメント (3)

テニス日誌19「ヴォズニアッキのサーブ」

2014年09月12日 | テニス日誌
テニス日誌19「ヴォズニアッキのサーブ」

去年の東レパンパシでの、ヴォズニアッキのサーブです。すごくジャンプして体重乗せてるなぁ・・・こんなフォームで打ちたいです。私も、サーブ大好きなんです(笑)

コメント

テニス日誌18 時間制限ありのテニス(シングルス)

2014年08月07日 | テニス日誌
テニス日誌18 時間制限ありのテニス(シングルス)

この前、18時からナイターテニスをしました。13分という時間制限ありのシングルス。涼しいかなと思ったけど、暑い暑い・・・3枚持って来たシャツがたりなくなるほどでした。6人参加で、2つのグループに分かれてのリーグ戦。あとで知ったのだけど、この中で半分の3人が、以前この時間制限ありテニスの優勝経験者だったらしい。そりゃ勝てないよね・・・

最悪な事に、ハードコートのシューズのインソールを抜いたまま持って来てしまった。ああ、もうハンデを背負ってしまったよ。結局は、0-5、0-5で1ゲームも取れず完敗。その後、やっと2-2でドロー。2-5と1-3で5戦全敗。汗と涙がしたたり落ちました(泣)

最後の試合の1-3の結果も、フラフラして、どっちがセットを取ったか、もうわからなくなって、たぶん1-3だったかなと相手選手と相談する始末。相手も、ダウン寸前。もしかしたら3-3のドローだったかもしれない。

あまりの負けっぷりに、ラケットをどんどん変えて、最初はバボラで完敗。次にヨネックスで完敗。最後にヨネックスのVコア100Pで、やっとドローになったので、そのままこのラケットでやり通す。やっぱり、このラケットは不思議なラケットだなぁ・・・

結局、テニス歴3年の天才青年(23才)が優勝。3年でエアケイを打てるほど。でも彼が、最初からセカンドサーブを打ってきて、強いサーブを打ってこないので、「どうして早くて強いサーブを打たないの?」って聞いたら、「練習しすぎて、首の骨が曲がってきていて、首のヘルニア状態なので、打ちたくても打てないんです」とかいいやがる(笑)偶然テニスにはまって、週7日、1日5Hぐらいテニスしていたらしい(笑)そりゃ体が壊れるよね。

帰り、駅まで車で送ってあげた。そしたら、「吉川さんは、フォアがきれいなフォームなんで、長い返球と短い返球と打ち分けられたら、いいですね」と、40才近く年齢差のある若者に貴重なアドバイスをもらった・・・(泣)
コメント

テニス日誌17 ガットとテンションその2

2014年08月04日 | テニス日誌
テニス日誌17 ガットとテンションその2

ボールが飛びすぎとか飛ばないとか、ラケットのせいだと思い込んでいた自分がいました。いやいや、それだけじゃなく、ガットの種類やテンションの強度でかわるという事が、やっと体感でわかるようになって来たました。それまでは、ずっとラケットのせいにしていましたから(笑)ごめんよラケット。今では、すべてのラケットに同じガットの種類、同じ強度のテンションで張っています。これがあたりまえですよね。これで打ち比べなくてはね。よく店頭で試打して選ぶというのがありますが、これは、これまでの流れでいうと、意味がないという事になるなぁ。結局は振り抜きの感覚しかわからないから・・・ずいぶん偉そうな自分だなぁ(笑)
コメント