ぼやき、ぼやき、ぼやき(^^;)

元助監督で映画キャスティングマンの

舞台73 「ロックの女」 港ロッ区Vol,1 @赤坂レッドシアター

2018年09月25日 | そんなご舞台な2018年
舞台73 「ロックの女」 港ロッ区Vol,1 @赤坂レッドシアター

新感感覚アカペラ歌劇、その通りでした(^^) 佐藤真弓さんが、うまくバランスをとって見事でした。看守のくそ暑い野郎どもも、かわいらしい。ドスの効いた声で関西弁をしゃべる東京人の平田敦子さんも、おかしすぎる。みーんなあほ。みーんな愛すべきあほでした(笑)
コメント

舞台72 「LOVE chapter4」 シンクロ少女@下北沢オフオフ

2018年09月21日 | そんなご舞台な2018年
舞台72 「LOVE chapter4」 シンクロ少女@下北沢オフオフ

前回のchapter3 もよかった。「愛」についてこれほど、恥ずかしくもなく(笑)胸を張って語り尽くす芝居が心地よい。「ユミさんの深い闇を知らないな」というセリフが気に入った(笑)ミサオ少年役が天才だ(笑)
コメント

舞台66 「て」 ハイバイ15周年記念公演@東京芸術劇場

2018年09月13日 | そんなご舞台な2018年
舞台66 「て」 ハイバイ15周年記念公演@東京芸術劇場

家族の絆を、こんなにもやさしく、そして厳しく伝えてくれる事に感動する。泣く。安藤聖ちゃんの復帰も感動した。あいかわらず、きょどった田村健一郎に笑いをもらう。
コメント

舞台67 「星の砂」日穏第11回公演@下北沢劇小劇場

2018年09月11日 | そんなご舞台な2018年
舞台67 「星の砂」日穏第11回公演@下北沢劇小劇場

細かな所での疑問は残りますが、それらを払拭する出演者達のチームワークでした。特に、剣持直明さんはすばらしかった。あの間、落ち着き、アドリブ、堪能しました。もっと使われてもいいキャラだと思いました。それを言い出すと、たんじさんもうまい。この二人は昭和の親父をやらせたら、最高だと思う(笑) まだこなれていなかったし、ストーリー的に破綻している部分もありましたが、それは修正出来る部分であり、再演する時には、必ずいい作品が産まれると確信しています。
コメント

舞台65 「月の海」 日穏第11回公演@下北沢劇小劇場

2018年09月07日 | そんなご舞台な2018年
舞台65 「月の海」 日穏第11回公演@下北沢劇小劇場

日穏らしい、とても品のあるいい作品でした。日穏を見始めた頃は、甘っちょろい、いい人間ばかりで、そんな世界はあるわけはないと目くじらを立てていたんですが、最近はそれもだんだん慣れてきました(笑)それは、そういった方向での作劇の進歩であり、出演者達のスキルがアップしていて、私を組伏してきたんだと思います。
コメント

舞台71 「川辺月子のために」 チーズtheater@サンモールスタジオ

2018年09月06日 | そんなご舞台な2018年
舞台71 「川辺月子のために」 チーズtheater@サンモールスタジオ

「川辺市子のために」の続編でした。前編の謎が、少しずつ解きほぐされていきます。これも前作とともに傑作でした。あえて言えば、舞台「わが星」風の演出が気になったりします。そんなに叫ばなくても、事の重大性は伝わってきます。意外と、静かなほうがドキドキするかもしれませんね。田山由起さんのていねいな芝居がよい。大浦千佳さんの、ピュアな芝居に心打たれた。モロ諸岡さんの老刑事が、味があってかっこいい。あんな風に年をとりたいなぁ(笑)
コメント

舞台70 「川辺市子のために」 チーズtheater@サンモールスタジオ

2018年09月05日 | そんなご舞台な2018年
舞台70 「川辺市子のために」 チーズtheater@サンモールスタジオ

これは傑作です。今現在も存在する無戸籍者の方々をフォーカスして作り上げた、深く考えさせる舞台でした。こういったテーマを取り上げる舞台は大好きです。大好きと書くと語弊がありそうですが、どうでもいいようなストーリーで舞台を構成する小劇場が多い中で、しっかりとテーマを投げつけてきます。けして、お涙ちょうだいにならず、ぐいぐい迫ってくる迫力、よかったです。
コメント

舞台69「サマータイムマシーン・ワンスモア」ヨーロッパ企画20周年ツアー@本多劇場

2018年09月04日 | そんなご舞台な2018年
舞台69「サマータイムマシーン・ワンスモア」ヨーロッパ企画20周年ツアー@本多劇場

これは、傑作だわ。ネタバレになるからあまり書けないけど、やさしくて懐かしくて恥ずかしい青春が満載。すごいぞ、ヨーロッパ企画!最高でした。
コメント

舞台68 「サマータイムマシーン・ブルース」 ヨーロッパ企画20周年ツアー@本多劇場

2018年09月03日 | そんなご舞台な2018年
舞台68 「サマータイムマシーン・ブルース」 ヨーロッパ企画20周年ツアー@本多劇場

この初演を見ているつもりだったけど、見ていないかもしれない(笑)それほど新鮮で驚愕のストーリー。彼らとは、2009年に公開された映画「曲がれスプーン」で知り合ってから、もう10年になるなあ。シャンプー「ビダルサスーン」ネタがおかしくてたまらない。もう一度、映画をみたくなった。
コメント

舞台64 「俺の骨をあげる」 @池袋サンシャイン劇場

2018年08月31日 | そんなご舞台な2018年
舞台64 「俺の骨をあげる」 @池袋サンシャイン劇場

いつもそうだけど、肉体と魂が揺すぶられました!最近の「鹿殺し」の中では、一番好きです(^^) あそこまで走り回り、肉体を酷使して、ラストまで怪我のないよう祈ります。楽屋にいくと、やっぱり氷でアイッシングしている出演者がいました。
コメント

ドラコン賞獲得

2018年08月30日 | こらむ
ドラコン賞獲得

去年の出来事ですが、ゴルフコンペで、ドラコン賞をいただきました。110を切れない私がいただくなんて(笑) これから、飛ばし屋と呼んでください(笑)
コメント

今頃、録画DVDで鑑賞 「三度目の殺人」

2018年08月29日 | 映画の光と影
今頃、録画DVDで鑑賞 「三度目の殺人」

2017年度の日本映画の賞を、総取りした映画でしたね。やっぱり、広瀬すずはただものじゃないなぁ(^^) いつもより力を抜いた感じの役所広司さんもよかった。
コメント

録画DVDで鑑賞 「美しい星」

2018年08月28日 | 映画の光と影
今頃、録画DVDで鑑賞 「美しい星」

美しい星⭐️見終わりました。すごい、すごい、傑作だと思います。今年の異常気象を体験すると、もしこの映画が2018年の今年公開されれば、ヒットしたかもしれないと想像もします。出だしが、もう少しエンタメ感があったら印象が全然変わったかもしれませんね。ともかく、何か伝えたい作者の気持ちがよく伝わってきて、失礼な言い方すれば珍品かもしれない。でも映画がヒットするための縛りを乗り越えて作った感が大好きです。去年の映画のベストじゃないかなあ。展開が、単調なので、ついつい見逃してしまいそうですが、作者からの信号がビンビン伝わってきました。観客の感情移入先として、リリー・フランキーさんではないし、すべての登場人物の目線を拒否する作りが、観客を遠ざけたかもしれないですね。
コメント

舞台63 「My Way」 Mカンパニーvol.1 @下北沢小劇場B1

2018年08月27日 | そんなご舞台な2018年
舞台63 「My Way」 Mカンパニーvol.1 @下北沢小劇場B1

魂が震える感動の舞台でした。仕込みなしのカーテンコールダブルが、観客の反応でした。素直にこの舞台はよいと思います。ただ、「悪い人」が出てこないのが、リアリティーとしてどうかなとは言っておきます(笑) そこが作者の人柄のよさなんだと思います。
コメント

本格焼酎 百(ひゃく)

2018年08月24日 | こらむ
本格焼酎 百(ひゃく)

木箱入りで、かなり高級な焼酎「百」をいただきました。お酒に関しては、日本酒もワインも焼酎も、あまり味がわかっていない私ですが、この焼酎は確かに「うまい」「うまいよ」「おいしいよ」とつぶやいてしまいました。後でネット検索したら、その評価にびっくり。熊本の小林P、ありがとうね <(_ _)>
コメント