我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

儂は、天麩羅ソバ を喰う。

2019年10月12日 | 日記

ご案内 

2019 10 12 儂は、天麩羅ソバ を喰う【わが郷】

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

昨日、テレビを付けたら

辻本女史が、質問していた。

モリカケのことを、小泉環境相に聞いている。どっちも、どっちで、特ア側。ならば、気の利いた答弁が貰えると踏んだのか。

 

あいも変わらぬ、モリカケでは食傷すぎる。

儂が喰うのは、いつも天麩羅ソバなのだ。

 

 

31年ぶりの商業捕鯨終え帰港 太地漁協の第7勝丸

20191009 1430分 更新

和歌山県の太地町漁協の小型捕鯨船「第7勝丸」(竹内隆士船長、6人、32トン)が8日、31年ぶりに再開された商業捕鯨を終え、太地漁港に帰港した。同町に戻るのは半年ぶりで、家族らが出迎えた。今季は、ミンククジラ11頭を捕獲したという。 

 

 漁協によると、第7勝丸は3月下旬に出港し、宮城県沖などでの調査捕鯨を経て、7月1日から商業捕鯨に移行した。

 北海道の釧路沖で、日本小型捕鯨協会のメンバーである捕鯨船5隻で共同操業し、捕獲枠上限のミンククジラ33頭を9月下旬までに捕獲。このうち3分の1は第7勝丸によるものという。

 このほか、これまでも認められていたツチクジラも12頭を千葉県沖で捕獲した。

 船員らを出迎えた漁協の〆谷和豊・業務部長(53)は「お疲れさまの一言であり、たくさんのクジラが捕れ、漁協としてもうれしい。来年に向けてゆっくり休んでいただき、また頑張ってもらいたい」と話していた。

 次回の商業捕鯨は、来年4月ごろから始まる見通しという。 https://www.agara.co.jp/article/27348/

失われた 20年【岩淸水・言葉の説明】 失われた 20 構造改革】 wikipedia.org

Wiki の説明では、朝日などの説を採用して。

「不良債権の処理が遅れた。」 のが原因としている。しかし、安倍政権では反対に、異次元への金融緩和とか……。

それで、なんとか経済の沈没は防いだ。

だが、わが郷・左近尉の考えでは、株式価格至上主義がいけない。小臭い自由貿易もいけない。1970年代辺りまでは、順調に日本経済は発展と拡大を続けてきた。それがダメになったのは、米欧などの経済思想を取り入れた。とか、まあ中曽根だとか、橋竜が染まってしまった。経済を発展させるには、再投資が重要だ。それを、経済から利を抜いて、支配層の茹だり蛙が、懐に入れる。まあ泥沼のカエルだからこそ、考えられるゲコ。おっと、愚考なのだ。 

 

ゴン太郎の顛末で知れたこと。米欧の経営では、株主の利益が第一。それと、社会投資という概念が希薄なのが、米欧とくに欧州の支配層は、とてつもなく欲が深かった。それと、二度の大戦で、欧州の社会インフラは、大きく毀損されたまま。日本では企業は、経営者だけでは無く、働く社員や。取引相手の関連業者の三方が得をする。これを大切に考えてきた。ところが、特ア支配の三代目。劣化プリントが、酷いことになってしまった。日産では士大夫・両班然とした、上層部が無駄に金を蕩尽しすぎた。それで、とうとう仏はルノーに身売りとなった。

こうした愚行を止められなかった。日産労組は連合麾下。

その程度の支持基盤に支えられているのが、立憲民主党なのだ。

ならば、消費税の戻し分で。不当な利益を盗んできた、小臭い日産と同罪なのが、立憲民主党なのだ。

その泥棒に飼われてきた、立憲・辻本議員だもの。実のある質問なんか、出来ようはずもない。

まあ、5分ぐらいは見ていたが。つまらないので、チャンネルを変えた。

 2018 12 23 食い物 の恨み。【わが郷・日記】 食い物 の恨み。 わが郷

反日海洋テロ集団。シーシェパードは、粉砕した。

次は、IWC 国際捕鯨委員会から、脱退する。
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/009db8cf3866c24b1734923ba6a90027

 

IWC から脱退して、とうとう商業捕鯨のクジラが食える。まあ、尾のみがうまい状態で喰えるようになるには、まだ。一寸時間がかかるのだろう。  

とにかく、あっち側は、『日本は戦争に負けたのだから、』 奴隷のように働いて当然だ。とか、三代目だとか頭のよろしくない、既存特ア側のヤツバラは、不逞にも。そのように妄想してきた。でも、これからは、普通の日本人が、普通に日本人の誇りを取り戻す。まずは、腹が減っては戦は出来ぬ。それで、韓国とも手切れにしたし。欧米の古代宗教原理主義。バッカスのお友達、イルカなどクジラ類。是に異常に性愛を感じる、変態やろうとは。やっぱり、手切れにした。F2 後継機だって、日本主導で開発する。まだ濡れ落ち葉が付いてきている。

でも、『日本は敗戦国』 なんて、言ってきた馬鹿は、アッチ勢力が。ガラガラと崩れてゆく。その景色を見ることとなる。

 

でも、反日・サヨクは、経済の事なんて、ちんぷんかんぷん。

未だに、天然の奥様の事。長屋の井戸端会議しか出来ない、低脳なのだ。 

   そう、経済脳の無い御仁には、本当の変化なんて見えない。   ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

 

 

   本日は 44位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 10 12 (土)    2636  PV      728  UU      773位 /  2892062ブログ

 

2019年 10月【わが郷】 わが郷の顔  201910

2019年 09月【わが郷】 わが郷の顔  201909

わが郷の顔 2019年 08月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201908その他 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« 野盗 | トップ | 台風の後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事