我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

忍術 使い。

2018年03月20日 | 日記

ご案内 

2018 03 20 忍術 使い。【わが郷】
寺島 進 【タレント

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

トランプ爺と、北の黒電話。

この罵(ののし)り 合いは、韓国と北の政権との

融和をまねくばかりではあった。

 

そもそもトランプ爺さんは、平和主義者であり

米穀軍産の味方ではない。 (などと、我が郷・爺さんは、勘ぐっている。)

 

トランプ政権の体制固めには、それなりの時間がかかる。 

 2018 03 14 米国で出てきた日本の専守防衛に異を唱える声【保管記事】

米国で出てきた日本の専守防衛に異を唱える声

 ヒックス女史のこの証言は、日本が従来の「専守防衛」の枠を越えて攻撃の能力を保持することへの米国側からの要請だといえる。この場合の攻撃能力とは、中国や北朝鮮に到達する各種中距離ミサイルや、空中給油能力を完備した爆撃機、戦闘機、さらには航空母艦などが挙げられる。

 この公聴会では、日本の攻撃能力保持への賛成意見が米中経済安保調査委員会の委員のラリー・ウォーツェル氏やジム・タレント氏からも表明された。また、公聴会の質疑応答に加わったデーナ・ローラーバッカー下院議員(共和党)らからも、同意の見解が述べられた。

 トランプ政権も日米同盟に関しては、日本側の防衛努力が足りないという批判を微妙ににじませている。特に最近、中国の軍拡に対する抑止態勢を強化する構えを顕著にしているため、日本に対して攻撃能力の取得を強い要請としてぶつけてくる見通しも否定できない。
(記事の全文は、こちら をクリックしてご覧下さい。)

 

201603 28 日本の核武装【わが郷・政治】 日本の核武装 わが郷

日本政府が核武装に言及する。

こうした根性を見せれば、アメリカのトランプ大統領だって、本当は大いに助かる。 (と思うのがスジだが、サヨから極右だと賞賛されるワリには、安倍政権も屁垂れで、是が言えて いない。) 歴史を観れば、戦争で酷い目に遭えば、必ず その国からの 報復があるものだ。なればこそ、日独伊の旧枢軸国がわには、核武装を自前でやる。こうした動きは、サヨクのグリーンピースだとか、環境保護団体とかの、本当は連合国側のスパイ等によって未然に封じられてきた。 

 伊太利亜の 風雲児

旧枢軸国の政治家で、真っ先に核武装を言い出しそうな政治家。それがイタリアのベルルスコーニ氏なのだが、彼は何度も米穀だか ユダヤだかのゴロツキに、酷い目にあわされてきた。

中川昭一 中川昭一 政治家

日本では中川昭一氏が、日本の核武装に言及して、悲惨な最期を遂げることとなった。

日本の政治や経済。この舞台には、何人もの朝鮮人が、上がっている。

蓮舫は実際に、台湾籍の支那人だった。日本の政治意識も舐められたもの。だがネット等の、個人が発する。真実の情報が、こうした舐めたマネを、許さなくなった。

2017 08 29 しょうがない、ヤツラ。【わが郷・日記】 しょうがない、ヤツラ。 わが郷

専守防衛とかいう、ナンの意味もない、ただ、アメリカのガラクタを買わされる。そうした、おままごとの防衛策。この無駄を廃して、世界一優秀な、日本の技術で真の防衛を実現する。たとえば、ステルス兵器なんて。下らない、高級すぎるオモチャなのだ。坊主の丁髷は、毛がないのでゆえない。日本の真実の防衛策も、やっぱり結っては怪我のもと。

とにかく、判る人には判ること。

我が郷は、判る人だけに向かって。そうして書いている部分もある。

米穀【岩淸水・言葉の説明】 米穀 ことばの説明

たとえば、9.11は当事の米国政府がからんだ。自作自演であった。こうした認識は、アメリカ国内では常識になっている。なればこそ、その腐った体制側の、ヒラリー・クリントンは、あれほどのマスコミの絶大なる援護射撃。それがあっても、ぽっとでのトランプ氏に負けてしまった。ところが、日本国内の思潮は、マスコミの影響で、9.11は、アルカイダがやったものと、素直に信じている御仁が多い。ならば、そうしたおぼんぼん的、お嬢的な状況判断。これでは、本当の日本国自立の役には立たない。

 

 

日本は広範囲に使用される。そうした民生汎用品で、正確な作動の確証実験をやっている。 (たとえば、本当の大人達は、現場でこうした実戦アレッ。実践をもくもくとこなしている。)

 

わが郷・左近尉の先祖には、真田系一族の血がながれている。らしい。つまり、忍術だとかの妖術めいた策謀を使ったりする。しかし、これって科学的な根拠のある。確実な再現性。これが繰り返し作動確認の末に確立された、技術なのだと思われる。

まあ、部外者には。

日本は忍術つかいの国だ。

とか、言っておけば済むことだ。

 

真田丸出浦昌相役の寺島進がかっこいいのは、本当に真田には、多くの忍術使いがいたから。科学を用いて戦う者には、その世界が見えている。

   手裏剣は、視角の外。闇の中から飛んでくる。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

   宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2018 03 14 米国で出てきた日本の専守防衛に異を唱える声 biglobe

 

 

   本日は 45位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2018.03.19 (月)    5612  PV      987  IP      340 位  /  2813973ブログ

 

 わが郷の顔【わが郷・その他】 わが郷の顔   

花暦

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 戦後体制からの、自立を為す... | トップ | 命を削られたら、たまらない。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
演繹法と帰納法 (マーシャル)
2018-03-20 11:26:12
現在の技術は、フランシス・ベーコンの唱えた帰納法とその応用によるものとされています。しかし、学歴を得るには、素直に演繹的に受験勉強しなければなりません。演繹的思考の持ち主が、社会上層部を占めていることが、問題のようにも思えます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事