トシコロのありのままの暮らし


  世田谷カフェとの交信の必要性で、登録しました。それ以外の皆さんもよろしくお願いします。

レーニンが気が付かなかったと思われること

2017-11-30 16:35:49 | 日記
  レーニンが気が付かなかったと思われること





  先日、NHK教育テレビでロシア革命百周年の番組があり、レーニンが指導するボルシェビキ=ロシア共産党が皇帝政府を倒し、政権を取る様子が詳しく放送されており、僕も興味深く見ていました。革命後、ロシア内で都市人民と農民との抗争があり、農民たちが毒ガスなどで虐殺された事は僕も知らなかったため、驚きました。後、レーニンは農民に対する考え方を改め、自由農業も認めたり、人々の封建意識を消すために教会を弾圧していったわけですが、次第に病気になり、スターリンに代わっていったわけですね。


  番組では報道されていませんでしたが、革命後のロシアのトップになったレーニンは当時のロシア人たちからどのように見られていたでしょうか。また、共産党員からも。ロシアでは千年以上に渡り、皇帝が絶対権力を持ち、その意を受けた重臣・貴族が人民を支配し、人民も絶対的に従ってきました。ならば、革命前は皇帝に反する者に過ぎなかったレーニンですが、革命後にトップになってからはロシア人たちからは皇帝みたいに見られて、レーニンの意を受けたボルシェビキは重臣・貴族に見られて、次第に従属化して、一種の封建体制を繰り返し、スターリンの代になり、封建体制は強くなっていったとしてもおかしくはありません。「人々から皇帝として見られている」事に恐らくはレーニンは気が付かなかったのではないかと思います。非常に皮肉だったかもしれません。

  レーニンの師匠みたいなマルクスですが、「ブルジョワジーの経済発展により、封建制は駆逐された」と語っていますが、経済発展だけで封建意識は消えるのか。当時は心理学が発達していなかったですが、人々が培ってきた封建制は革命してもなかなか変わるとは思えませんね。経済学者マルクスの限界であり、それを手本としたレーニンにも限界があったかもしれません。

  それでも、その革命はロシアに教育と医療を普及させた。その事は誰でも評価すべき事だと思います。封建制の下の人々は自分で考えずにお上の言う事に従うのが特徴ですが、教育により、読み書きができるようになれば、自分の考え方を他人に伝えて、自ら考える力も付きます。教育は重要ですが、それでも、人民が一人一人の考え方を持つに至るには相当な年月が必要です。

  がらりと話は変わり、僕の1970年代の見聞ですが、民主的であるはずの日本の首都圏の福祉団体や身障団体でも、会長や役員が会員に命令を出し、会員もただ付いて行く例もありました。役員命令が絶対的。上の者の命令をこなす事がボランティア活動や身障運動だと誤解した人たちも多く見ています。その時の僕はおかしさは感じなかったですが、後年、放送大学で民主主義も学び、それはおかしかった事に気が付いたわけです。更に、その後の日本に起きたオウム真理教は麻原彰晃が王様の非常な封建体制でしたね。オウム真理教の事からも封建社会の恐ろしさを知って欲しいものです。皆さんも自分の頭で考えて動くようにしましょう。
コメント

土人とは

2017-11-28 16:34:34 | 日記
  日本でも、中国でも、自国の文明圏から外れ、文化・文明を持たない人たちという意味で使われてきたようです。又、近代の大航海時代以降のヨーロッパの人達はアメリカ大陸原住民、アフリカ人、南洋の島々の人たちを土人と翻訳できる言葉を使ってきた事は有名ですね。僕が小学生だった1960年代の日本でも、アフリカや南洋諸島の人たちを土人と呼ぶ習慣があり、多くの人たちはそれを差別だとも気が付かなかったわけです。


  でも、人間が集まり、社会を作っている以上、文化や文明がない事はあり得ないですね。早い話、言葉自体が文化・文明です。その他、住まいがある事も、狩りや漁をする事も。文化・文明が存在しなければ、どんな人たちも生存さえできません。又、遠い過去であるネアンデルタール人でさえも、死者に花を供えていた習慣がありました。ネアンデルタール人も土人ではなかったわけです。

  とにかく、そのような言葉を使うこと自体が恥ずかしい事です。「首里城」を作り、独特の言葉や文学も持ち、歌も持ち、料理もあるなど、琉球も元々高度な文明圏であり、文明国でした。例の発言の人もよく琉球の歴史を学ばなければなりません。他に、やはり、独特の言葉を持ち、独特の宗教も持っているアイヌも優れた文化・文明です。どの国の文化・文明がトップか?みたいな事を論じるのは愚かな事だし、ドイツ民族をトップに考えたナチスの例から、それは危険な発想とも言えるでしょう。これから、書けるようになれば、琉球やアイヌの事も書きたいと思います。今後の福祉の参考になるかもしれませんし。

  自民族優位の時代では今はないわけです。又、日本は元々複合民族の国家です。アイヌや琉球の他にも、かなり朝鮮などの大陸からの移民が入っています。例えば、朝鮮半島の王国の百済や高句麗、新羅が滅びた時も日本にかなりの人数が移民として来ています。今の日本人のご先祖様の一部にもなったわけですね。国際的な視野から日本も見たいものです。
コメント

土人発言と日本国の中心

2017-11-21 11:31:25 | 日記
   数ヶ月前、沖縄で機動隊の一人が講義する沖縄県住民を「土人」と言った事件があったが、11月11日のNHK教育テレビで放送された写真家・石川真生さんの沖縄関係の番組では、以上の発言をした機動隊員は大阪の人だったと述べられていた。僕は変に思いました。何故なら、10月にも書いたように、大阪は元々民衆の力が強く、特に明治以降は東京の中央政府に反骨してきた気風があったからです。それゆえ、東京の人たちからも差別されてきた歴史もあります。大阪の人の考え方も一人一人違うにしろ、その人の一人が更に沖縄の人たちを差別するのは非常におかしいし、許されない事でもあります。大阪の人たちの為にもなりません。


  その事件を思い出し、日本国の中心はどこで、誰かなと考えてみました。答えは簡単です。「日本の全ての土地が中心で、全ての人が中心人物」。確かに、戦後憲法には「国会は日本国の最高機関」と書いてありますが、国会議員や総理大臣が日本国の中心人物ではないし、「天皇は日本国の象徴」と書かれていますが、同様に中心人物でもない。最高機関や象徴は中心とも違うわけですね。

  日本国籍を持つ全ての人たち一人一人が中心人物であり、全ての国土が中心国土。これが民主主義というものです。国に中心と辺境を設定する考え方は封建制時代のものであり、民主社会では否定されます。更に、日本の場合、日本民族だけが中心でもありません。琉球民族の方も、アイヌ民族の方も、更には、日本国籍さえ取得すれば、韓国・朝鮮民族の人たちも、中国系の人たちも、アラブやイラン系の人たちも中心です。元々日本の北部にはアイヌ文化が根付いていましたし、琉球も独立王国で、どちらも素晴らしい独特の文化を持っていますね。日本文化と重なる面もあれば、違う面もある。だから、素晴らしいわけですね。それらをよく学びもせずに見下すのは単なる勉強不足であり、むしろ、恥ずかしい事です。他の民族を尊重す事も民主主義の大切な面ですね。

  憲法改正・非改正が議論されていますが、その前にどんな考え方の人たちも「民主主義」について改めて考えてみたいものです。
コメント

ハンセン氏病関係で聞いたこと二つと、今思う疑問

2017-11-16 13:07:13 | 日記
  一つは1977年ごろ。僕と親しい無教会伝道師の方が「ハンセン氏病は移らないのに、国の政策は療養所中心。療養所にいると生活費は勿論、何万円もの月額手当が出るのに、退所すると何も支給されない。自民党政治のやり方はおかしい。退所者にも年金みたいなものを出し、生活保障すべきだ」と怒りながら語っていました。その人は、今で言う所のバリアフリーを元患者にも推し進めろと言っていたわけですね。でも、その人も「らい予防法」の事は知らなかった。巧妙に厚生省の役人が仕組んだ事を。「政治が悪い」としか言う事しかできなかったわけです。


  もう一つは1985年前後。複数のクリスチャンの人たちから「日本のキリスト教関係で韓国のハンセン氏病療養所に、建物作りの奉仕活動をしている。日本とは違い、韓国の療養所は設備が遅れているから」と僕は聞きました。その時は僕も聞き流しましたが、後年になり、思い出すと変な点があります。それは、当時の韓国ではすでに隔離が解除されていたからです。1962年に解除された。ならば、韓国の療養所も、治療や健康診断目的でしょうから、立派な建物も必要ないわけです。「設備が遅れている」のではなく、「必要ない」わけですね。設備の事に目を向ける必要もないと。

  更に、もっと大事な点ですが、その奉仕に行った人たちは「韓国では、すでに隔離は解除されている」事に気が付かなかったか。日本のらい予防法は知らなくても、元患者やハンセン氏病関係の医者やナースなどの日本との様子の違いに気が付かなかったのかと。奉仕者も一人一人違うため、中には気が付き、「韓国では、隔離が解除されているぞ」との事を日本に伝えてくれる人が出てもよさそうなものなのに。伝えられたら、ITがなくても、日本の隔離もそれだけ早くなったと考えられますから。奉仕者たちは韓国で何を見ていたのでしょうね。思い出すと、変です。
コメント

日本の瀬戸内地区のハンセン氏病療養所に世界遺産推薦の動き

2017-11-15 10:22:16 | 日記
  今朝のTBSのデータ放送ニュースの中に「瀬戸内地区にある三つのハンセン氏病療養所を地元のNPOが推薦の動き」とありました。その内の一つは、たびたびテレビに出てくる長島愛生園です。


  推薦の後、申請し、ユネスコに認めてもらう。すんなり進んでも、何年もかかる事ですが、また、ハンセン氏病元患者は日本では厚生省役人たちの利権確保のため、隔離が長くなるなど、不幸で特殊な事もありましたが、人権尊重を世界中の人たちにも考えてもらうため、僕も世界遺産に是非登録してもらいたいと思います。政治家たちも超党派でやってもらいたいです。人権の前には本当は政治思想はないわけだから。人権優先にしないといけません。

  以上、一人の元患者と親しくしてもらった者として、速報しました。
コメント