トシコロのありのままの暮らし


  世田谷カフェとの交信の必要性で、登録しました。それ以外の皆さんもよろしくお願いします。

実録小説・シマハタの光と陰・第3章・林田博士の苦悩と、出会い

2018-06-22 13:34:20 | 日記
  第3章・林田博士の苦悩と、出会い





ここで林田博士の説明を少ししよう。林田聖樹。1908年長野市生まれ。奇しくも私と同郷である。若い時からキリスト教信仰を持ち、その愛に従い、医学の道を歩み、西洋医学を修め、特に戦後はまだ世間も目を向けなかった障碍児医学を次第に行なっていった。戦前以前も障碍児はたくさん生まれたが、医学が未発達だったため、その多くは生後間もなく、死亡していた。しかし、戦後になり、日本の医療水準は上がり、又、健康保険制度でほぼ全国民が医療の恩恵を受けられるようになり、障碍児も医療ケアが行き届き、その幼児死亡率も低下したわけである。でも、諸々の障碍児の状態を詳しく知る医者はまだ少なかった。その中で林田博士は働き盛りであったこともあり、障碍児医療にバリバリ取り組んでいた。当然ながら、診察の時は母親たちの話を多く聞き、障碍児を持つ家庭の状況の大変さも知っていった。診察の場面から。


   「うちの子は歩けるけれど、目を離すとどこかにすっ飛んでしまうの。大変だわ」

  博士は

  「それはご苦労な事ですね。精神薄弱ですね。精神薄弱児にも様々な症状がありますが、体は丈夫でも、判断力みたいなものがないわけです。脳神経の不具合で起きるものです。冬は特に火鉢などの管理に注意してあげて下さい。火のある所にはなるべく行かせないように。火事になったら、大変ですから」。

  「うちの子は、寝たきりで、こっちの話す言葉も判らないようです。いつも『アー、ウー』としか言わないわけです」。

  博士は

  「脳性まひと精神薄弱の重複ですね。養育は特に難しいわけです。消化力もよわい。だから、おじやや、リンゴのすり下ろしたものをいつも上げて下さい。食べ物がのどに詰まらせないように気をつけて」。

  アドバイスしか送れない事に、いつも自分の無力さを感じていた。

   そうしている内に、パチンコ関係の大立者、島畑尚三郎と出会った。彼の息子の一人、明男君が重い知的障害とテンカンを持つ障害児だったからである。

   林田博士は明男君を診断して

   「これはひどい障害だ。しかも、重複。目をご家族も離せないでしょう。いくらお金があっても、大変だ」と驚いた。

   林田博士と島畑氏はその後も何回も話し合い、日本で初めての重度心身障碍児施設を創る方向で進んだ。島畑氏は多摩地区に広い土地を持っているので、それを提供してもらって。
   林田博士は島畑氏に

   「欧米ではキリスト教会が盛んである事もあり、すでに多くの障碍児のためのナーシング・ホームが作られています。日本でも作られて当然です」と熱く語った。



  そうして、日本初の重症心身障害児施設のシマハタ療育園が東京都の多摩市に、1961年(昭和36年)作られたわけである。当時の日本は池田勇人首相の下、高度経済成長路線を走り始め、また、東京オリンピックと新幹線開通も目前に迫っていた。日本国民の関心は経済問題に集中していたわけである。その中、障碍児者問題は日が当たる事はなかった。林田博士はキリストの力を借りて、障碍児問題にも光を当たらせることを決意した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実録小説の予定

2018-06-14 14:08:34 | 日記
  今、書き進めている事は1960年くらいの林田博士の事です。かなり先になりますが、「私」は1977年に再登場します。福祉団体の一員として、小説上の名前のシマハタを訪問したから。そこで「私」は色々葛藤もありましたが、それは少しだけしか記しません。その福祉団体のメンバーの様子も同様です。実録小説は、体験小説や自叙伝とも性質が違うからです。自分や仲間の事を詳しく述べるような事があれば、肝心のシマハタと林田博士、やがて登場する3人の園生の様子もぼやけると思われるからです。目的に向かって一筋に書きたいです。


  尚、もう一人、大事な園生も記す予定です。その人は僕がそこに行くかなり前に、病気で他界された方です。僕と付き合った園生の一人の三浦修氏の手記に書いてあった方です。通称.マー君。漫画が好きだったようです。子供時代の三浦氏と共に再現できたら、良いと思います。僕は彼の事を「マー君」としか覚えていないから、それを連想させる名前で書くわけです。

  天国のマー君に「体が非常に弱かったのに、よく病気と戦い、生きられるまで生きた。君を知った事に、僕は光栄に思う。天国から僕の書く様子も見守って下さい」と言います。祈ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「農業・封建社会・水戦争」の補足

2018-06-12 12:54:59 | 日記
  農業を述べる時は諸々の障碍者差別も絡むので、書きました。ただし、その中から、精神障碍とハンセン氏病はあえて抜きました。この二つは他の障碍者関係とは違うものがあるような気がしてならないから。精神障碍は、人間の根本である精神に関わる事だから、労働性以前に頭ごなしに「キチガイ」扱いされて差別される。難しいです。
  ハンセン氏病。国家関与が近代期にありましたが、それ以前も差別されていた。農業・封建制成立以前も。顔などが独特の形相だから、人間の持つ感性がそのような患者を差別した? 元患者や医者も誰も知らない事であり、僕から述べる事はできませんが、何となく、そのような気がします。
   以上の障碍を持つ人たちを差別してはいけませんが、他の障害との混同もいけない。非常に難しいわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業・封建社会・水戦争

2018-06-11 15:06:21 | 日記
  今の僕はSNSで様々な人々と付き合っている。無論、考え方も千差万別である。僕は思ってもいなかった事を述べ、考えさせられる事もある。その一人に、資本主義に疑問を持ち、農本主義にしないと世界はだめではないかと述べていた人がいる。僕はずっと東京で育った関係で農業の事はよく知らなかったので、その歴史を振り返り、考えてみた。大きな問題が複数見えたので、公表したい。


  農業が生まれたのはメソポタミアである。かなり古い。そのくらいは僕も知っている。確かに、農業は人々に食べ物の安定供給と栄養のバランスをもたらした。その点は非常に評価できる。とは言え、どのような作物でも、農耕労働者がバラバラに働いていたら、生産にならないため、次第に号令役の人が現れたようである。どの地帯でも。号令役の人たちも様々。中には、労働者を思いやった人もいるだろうが、ずる賢い号令役も現れて、次第に収穫物も自分のものにしていき、階級が生まれ、そこに大家族制度とも結び付き、封建社会に移行していった。農耕労働者の階級も複雑化していき、身分差別になり、強固な封建制度になっていったようである。時は経て、特にヨーロッパで工業が発展し、資本主義社会に移行していき、報酬がより多い工業関係に労働者が流れ、農業社会は衰退し、封建制度は崩れていった。その時にたまたま現れたのがマルクスである。マルクスは、資本家階級が封建制度を駆逐したと述べ、資本主義を一定評価している。少なくとも、僕が「資本論」を読んだ限りでは、反資本主義的な発想は見られない。その上で、将来は資本家たちの搾取に労働者が立ち上がり、社会主義革命を起こすと予測したわけである。ところが、マルクスは農業の事は述べていないから、それを手本としたソ連が農業政策が後手に回り、慢性的に飢える事にもなったわけである。


   日本では、戦前は農村はまだ封建的な地主制が残っており、農業国だった。戦後は地主制はなくなり、民主的な農村が模索されたが、政府の農業支援金にもかかわらず、かなりの農業労働者は都会に出て、工業・資本主義に取り込まれていった。1973年の石油危機の後は少しの期間、「資本主義を後退させて、農業国に戻ろう」と一部の知識人が唱えたが、歴史の流れは戻るわけもなく、そのまま忘れ去られた。

  ところで、諸々の障碍者は農業社会ではどうだっただろうか。まず、身体障碍者はかなり軽度でも、農作業はムリである。盲人も同じ。聴障者は号令が聞こえないから、これもムリ。知的障碍者も号令が理解できない以上、ムリである。せいぜいカカシ役。日本のカカシは一本足がその象徴である。ひどい状態に置かれていたと。

  以上だが、実は世界の歴史の半分しか語っていない。「農業」は雨がたくさん降る所でないと成立しないものである。麦、米、野菜、果物、牧草と育つには水が欠かせないが、農地に水を撒けばどううなるだろうか。ほとんどが蒸発。育成に必要な水の1万倍くらいは必要ではないかと。百万倍かもしれない。そのような数値は何故か本に書かれていないようだが、これが現実てある。まともに農業ができる地帯は日本、中国南部、東南アジア、地中海沿岸くらいに限られているわけである。その他の国々では、昔から水戦争が起きてきた。今も中東や、アフガニスタン内部では水利権紛争が多発している。(差別でヨーロッパではユダヤ人は農業ができなかったため、イスラエルでは農家の職業希望が多い。又、それに食糧自給という国策。イスラエルで集団農場拡大しているのもその二つの理由だと、池上彰氏は報告している。僕も知らなかったが)。

  今までの農業は水効率が悪いから、今後は日本みたいに水の多い国でも限界なのではないか。でも、近年になり、日本で生まれた、LEDを使った農業工場ならば、水効率は百%に近いから、牧草含む、全作物も今までとは違い、けた違いに少ない水で賄える。本当に、今までは野菜や果物ができなかったモンゴルでは農業工場で、トマトでも、レタスでも食べられるようになっているという。ロシアにも広がりつつある。それがアフガニスタンやイスラエル・パレスチナにも広がれば、戦争は根絶できないにしろ、かなり社会状態も良くなるわけである。希望だね。

   書き始めた実録小説ではないが、物事にはかならず「光と陰」がある。だから、歴史を冷徹に見ないといけない。農業関係も、身分差別や障碍者差別という「陰」の面もあったわけである。

  以上の文も僕一人で書いたわけではない。農業関係を話してきた一友人と一緒に書いたわけである。それから、「これからは水利戦争が起きる」と語った別の友人もいた。確かに、今までの農業を続けると、その人の言う通りになる。それも参考にしたわけである。二人には感謝を申し上げると。(農業を全て工場方式に変えれば、世界の水事情は大幅に変わるわけである。)

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ・西郷どんから考えた現代日本の愛縁

2018-06-09 18:01:26 | 日記
  NHK歴史ドラマ「西郷どん」。若い時に奄美大島に流され、島の娘の愛かなといつの間にか、愛し合うようなり、結婚し、子供が二人になる所で西郷は薩摩に帰るわけだが、では、現代風に会社の転勤で奄美大島に勤務した、タイムスリップした若い時の西郷が同様にタイムスリップした娘とそうなるだろうか?と僕は考えたわけだ。無論、西郷たちが育った薩摩と今の日本は大きく違うので、現代に育てば全く違った発想の人になるわけだが、それを置いておいて、考えてみた。


  まず、娘に巫女なる人が「夫となる人が海の向こうから来る」と予言する。その後も巫女は娘に常にアドバイスする。二人が結び付いた理由の一つも、巫女の助力だったが、現代では奄美大島でもそのような存在の人はいないだろう。その愛は巫女なしでかなうのか。それから、他にも多くの島民の助けで二人は結ばれる。西郷自身も島の共同体に溶け込み、一緒に働く場面もある。まさに、共同体の力で結ばれたようなものである。見ていて、僕はそう思った。しかし、現代は、仮にその島の会社で働いても、昔の島の共同体とは大違いである。仮に、タイムスリップした二人が現代の奄美大島で出会っても、好感は感じ合っても、御縁は難しいのではないか。社会背景が違うから。

  とは言え、僕は何も昔が良かったと言うわけでもない。当時は身分格差があったし、薩摩藩が島民を搾取していた。琉球王国全部を搾取したわけである。ほとんどの国々が大家族制で、婚姻の自由はなく、又、特に女性は身分が低かった。ひどいものだったと思う。それを踏まえて、なおかつ、共同体・社会性の大切さも見えてくる。個人と個人だけの付き合いでは、社会性に乏しいから、いくら相性が良い者同士でも、なかなか御縁にはならないわけである。確かに、今はそのように、付き合っても結婚には至らないカップルも増えているし。男女に限らず、一対一では話題にも乏しくなるから、付き合いも続かないわけである。以上のタイムスリップした二人だが、せいぜい現代人の西郷が奄美大島の搾取などの歴史と文化に関心を持ち、娘に話していき、歴史によって結ばれるような筋書きが考えられるが、それ以外は好感止まりかもしれない。結婚も一種の社会問題だから。

   そう言えば、例のS園は確かに麻薬などのおかしい事が多かったが、反面、最初から理想的な愛の共同体を目指して奮闘もしてきた。多くのサポーターがそこを訪れたが、その理由は一人一人違うにしろ、僕含む、かなりのサポーターが共同体・社会性・助け合いの心を求めてそこに行き、その後もそれらを生活の場で実践しようとするのが目的だったことに今の僕は気が付いている。又、僕の付き合った3人の園生は結婚志向が強かったが、果たされなかったものの、「愛の共同体」をものすごく深めれば、そのような状況も可能になったかもしれない。一方、僕の周囲には、そのような共同体はないが、それでも、僕の話すS園の事に多くの人たちが注目してくれている。自然と僕に友人が増え、意思疎通も活発化。愛の共同体の種である事に気が付いたし、僕もS園からそのような種を頂いたわけだ。素晴らしいし、僕の人生も上向いている事が判る。その果ての一つが僕の御縁かもしれない。僕ができる唯一の話もS園の事だから。行って良かったわけです。

  最後に、地球自体が一つの共同体となると良いと思います。個人主義は狭くて、正しくない気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加