トシコロのありのままの暮らし


  世田谷カフェとの交信の必要性で、登録しました。それ以外の皆さんもよろしくお願いします。

コーラの医学的問題

2017-11-13 11:39:16 | 日記
  コーラは、歯や骨の主要成分であるカルシウムを消す働きがある燐が含まれているから、骨粗鬆症患者と妊婦には非常に悪い影響がある事が誰でも判ると思う。骨粗鬆症患者はその症状が重くなる事が推察されるし、妊婦の場合、その胎児の骨が溶けたら、死産や重い身障児に生まれる事も十分考えられる。


  日本の水は軟水で、カルシウム分が非常に少ないから、日本では非常に影響が強くなるだろう。

  1990年代に日本では、以上の問題が医者たちから提起され、話題になったが、今では忘れられたようである。しかし、日本では、骨粗鬆症患者がその後も増え続けている。高齢者の増加が一番の原因だが、果たしてそれだけだろうか。コーラを多飲する人たちにもそうなる例がかなりあるのではないか。

  身体障碍者の場合、骨粗鬆症にかかれば、二重障碍になるわけだから、特に大変である。

  コーラが好きな人はチーズなど、カルシウム分の多いものを捕食するとか、しなければならないのではないか。

  それから、どうもコーラは依存症になりやすいようである。僕は50年くらい前からそのような話を見聞きしてきたから、疑問に感じ続けた。「私はコーラ中毒だ」と自分で言っていた人もいたし。何がそうさせるのか。まさか、コカインみたいな麻薬成分ではないだろう。そのようなものがあれば、世界的に販売禁止になるし。でも、例えば、現在の科学では検出されない依存症物質がないとは誰にも言えないし。それとも、燐+炭酸+砂糖の重複効果が依存症の原因なのか。現代科学も発展途上だが、とにかく、依存症になる事は何かの原因があるはずだから、その面を医者の皆さまたちは考慮して欲しいし、それ以外の皆様もおかしさだけは感じてほしいわけである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 世田谷の児童間の新しい付き合い | トップ | 日本の瀬戸内地区のハンセン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事