Teruko Dance Studio ダンスの部屋

ハワイアン・ミュージックで癒しのひと時を・・・
美容と健康のために!

オンナノコのお楽しみ

2008-06-27 19:48:16 | 日常風景

ダンスを習う楽しみのひとつに

『普段は着られないような服を着ることができる

というコトがあります。
(・・・男性の皆さんは、あまりピンとこないでしょうか・・・?)

教室の一角にも、レッスンやちょっとしたパーティーなどで着られるような服を、委託販売というかたちで置いてあって、一定期間で入れ替えをしています。
そしてレッスンに来た女性の生徒さんたちは、新しい服が入っていると目ざとく見つけて、教室の入り口から服のコーナーへまっしぐら

何人かいる時には皆でワイワイと、ひとりの時には、一点ずつじっくりと吟味したり。

「わ。スゴいデザイン・・誰が着るの!?」
「こっちはちょっと、地味じゃな~い?」
「え~!そんなピンクもう無理よ~。ムリムリムリ!」
「イエ、アナタにはこのくらい明るい色のほうがいいのよ」

なんて。
パソコンに向かっている一の弟子も、オンナノコ同士の会話を楽しく聞きながら作業しているわけです。

ちなみに、服選びのポイントとしては、ちょっとハデかしら・・・と思うくらいの服やシューズのほうが、気分が引き立つようですよ。
(ダンスのレッスンやパーティーって、ある意味、非日常的な空間ですものね)

「コレで街をあるくってワケにはいかないけど、こんな時でもないと着られないから、思い切って」

なんて言いつつ、皆さん、おしゃれを楽しんでいます。

男性用の服はあまり置いていないということもありますが、一の弟子の見たところ、男性より女性のほうがより衣装情熱を燃やしているなぁ、と思います。
やっぱり、可愛くステキに自分を飾るのは、女のコの特権・・・ですね

コメント

フォーメーション完成!

2008-06-25 00:08:15 | 日常風景
春から練習を開始して、このブログでも何度かご紹介しているフォーメーションですが、ワルツ部分に続いて、タンゴのパートも最後まで出来上がりました

ユーアイ35のメンバーは現在、パーティー本番に向けて、よりキレイな陣形をつくって踊れるようにとレッスン中です。

全員がそろって練習することは難しいのですが、多人数が集まれるときには位置関係の調整、少人数の練習の時には、個々のカップルのステップを細く修正するなど、レッスン日によって練習方法を変えて、少しずつ完成に近づいています。

今は、最後のキメポーズのタイミングを合わせるのがなかなか難しくて、そこだけ繰り返し練習したり・・・。

「どうしよう、こんなコトしている間に、すぐに本番の日が来ちゃう~

なんて、心配しているメンバーもいるんですが、あわてなくても大丈夫。
ユー&アイ35、メンバーに入れ替えはあっても、何故か本番には滅法強いのです。

今までにも
『リハーサルの時、ターンして振り返ったら誰も定位置に居なかった・・・
なんてコトもありましたが、そんな時でも、本番は不思議と上手く行くんですヨ。

とはいえ、最後に上手く行くのはやっぱり、皆でしっかり練習を積んでいるから!
パーティーまで、あと一月と少しです。
美しいキメポーズ目指して、練習、練習
コメント

改造計画・ビフォー編其の二

2008-06-19 20:30:50 | 日常風景
『12時の鐘が鳴り終わったら、お前にかけた魔法はみぃんな解けてしまうよ』

サテ。

覚えておいででしょうか、ウエディング・ドレスをダンス用に改造しちゃう計画の、第2回目です。
1回目、4月でしたね。もう誰も覚えてナイかも(笑)

洋裁の匠はまず、ダンスの動作の妨げになるソデと、スカートの中のパニエを取りはらってしまいました。
さらには、つながっていたボディスとスカートを切り離し、後ろに長く裳裾を引くスカート部分の一部も切り取って、大まかに丈を詰めています。

これでかなり軽くなり、仮縫いで試着するのもラクになりましたよ。

ちなみに、手首に巻きつけてあるのは切り取ったソデ。写真のように使うかどうかはわかりませんが、取り払った部分も小物などに転用される予定です。

でも今回はまだ、『仮縫い(仮)』という感じでしょうか。 モンダイな日本語・・・)
まだボディスの幅を詰めたり、スカート丈やシルエットを整えたり、細かいお直しが色々あるのです。
なにしろ、まだデザインもハッキリとは決まっていません(!!

仮縫いを重ねる間、うっかりっちゃったりしないように、一の弟子も気の抜けない日々が続くのでした。
(ドレスが完成してから肥っちゃったら、更ににエラいことですが

そんなわけでこの改造計画、まだまだ続きます
コメント

いろんなダンスの共通項

2008-06-18 23:39:27 | ・・・センセイのひとりごと

先日、丸井デパートさんでハワイアンイベントが開催されておりました。
その中のステージ・イベントとして、フラ・ダンスのショーがあり、最終日には私も踊ってまいりました。
ステージが小さくて、お客様との距離があまりにも近く、ちょっと踊りづらいな、という感じだったんですが。
でも、何人もの生徒さんが応援に駆けつけてくれて、身内に見守られているようで、とってもうれしかったで~す。

来てくださった皆さん、ありがとう

ところで、フラ・ダンスも社交ダンスも、意外に必要なのが、脚力
(それほど力を込めて踊っているようには見えないでショ でもね、アシの筋肉、ものすごく使いますよ)

どちらのダンスも、脚力なんてコトを気にせずゆっくり踊ろうと思えば、それもまあ、可能ではあるんですが。

フラ・ダンスでは、ilalo(イ・ラロ:下へ降りる) といって、完全に下まで降りる振り付けをされたりすることがあります。
生徒の皆さんも、いつそんなハードな振り付けをされてもダイジョーブなように、今のうちから鍛えて、脚力をつけておきましょうネ

さあ、ご一緒に! レッツ・スクワット!!

コメント

24時間、闘うカレ

2008-06-17 18:54:13 | 日常風景
スタジオに、あたらしいオトモダチが増えました。(笑)
うわさの美しき闘魚。ベタです。

名前はあか。 (アカいから・・・)

彼は、 (そう、男のコです)某店にて祭の金魚のように袋詰めにされて、半額セールで売られていたトコロをお師匠様に見初められて、教室へやってきました。

「お前、半額だったから買ってあげたのよ
「えッ、師匠・・・!!」 
(見初めたのは値札の方ですか!?)

しかし、彼よりも彼のエサの方がもしかして高価いんじゃないか、などという瑣末なコトはまったく気にしない、男らしいカレ。

アタマを上下に動かしながら
はむはむはむはむ・・・・・エサを食べたり、カガミを見せられて、敵と勘違いしたあげく、自分をイカクしてみたり。

現在、24時間常駐のスタッフ(?)としてカウンターに陣取り、センセイや生徒さんたちの目を楽しませています。

元々、ペットとしての魚にはさほど興味を持っていなかった一の弟子ですが、小さな水層の中で泳ぐあかクンはまったく見飽きません。
何時間でも見ていられそうです。
教室へ来るのが、いっそう楽しみになりましたよ。
動物って、イイな
コメント

市民交流パーティー報告

2008-06-15 21:56:52 | ダンスサークル ロマン

本日、6月15日、札幌市身体障害者福祉センターにて、市民交流ダンスパーティーが行われました。
ご来場くださった皆様、また、パーティーの開催にあたり、ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。
多数の市民の皆様にご来場いただき、パーティーは大盛況でした。

毎回、楽しみにして来てくださる方々もたくさんいて、何度か出席しているうちに、一の弟子がお顔を覚えた方もたくさんいますよ

ところで、ロマンでは年に2度、皆様との交流パーティーを開催しております。
今回いらしてくださった方も、そうでない方も、次回、12月のパーティーにもゼヒおいでください。
お待ちしております。

コメント

ダンスサークル ロマン☆市民交流パーティー

2008-06-13 19:39:34 | フラダンス札幌イベント情報

6月になって、気温の乱高下もなんとかおさまってきたでしょうか。
本州ほどではないとしても、札幌も少しずつ初夏らしくなってきましたよね。

さて、先月にも一度お知らせいたしましたが、再度、市民交流ダンスパーティーのご案内です。

視覚障害者ダンスサークル ロマンでは、市民の皆様との交流パーティーを開催いたします。
社交ダンスの好きな方ならどなたでもご参加いただけます

日 時平成20年6月15日(日)
会 場身体障害者福祉センター 
      地下鉄東西線『二十四軒駅』下車 1番出口より徒歩
参加費無料

なお、駐車場のスペースがございませんので、お越しの際には公共の交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。

今度の日曜日ですよ ヨロシクね

コメント

その瞳、100万ボルト!?

2008-06-12 20:31:34 | ・・・センセイのひとりごと

京都三条 糸屋の娘
姉は十八 妹は十五
諸国大名は弓矢で殺す
糸屋の娘は目でころす


いきなり何かと申しますと、コレはある企業の社長さんが、お話の中で引用されていたものです。
不勉強な一の弟子はこのとき初めて聞いたんですが、 『起承転結』の例としてよく用いられるのだとか。

『なるほど、起承転結。上手く出来てるなあ』(感心)

で、その社長さんのお話はというと、大変タメになる内容だったんですが、まあ、それは置いといて。

一の弟子の意識の網にかかったのは
『目でころすこの部分。

「目でころす。いいなぁ、そんな眼力、私も欲しいぞ」

TVや、あるいは実際に競技会やデモンストレーションを見ていて感じるのは、人目を引く上手いダンサーは、その眼差しも強い、ということです。
ステップの正確さやゆるぎない姿勢、軽やかにして力強いフットワークに加えて、視線。これらが一体となって、美しいダンスになっているのです。

一の弟子はお師匠様から
「ネック(呼び名のとおり、首から上の動き)の向きはそれで良いけど、目が何処も見ていない」
と注意を受けます。
これは他の人のダンスを観ると、そういうことかと納得します。踊っていて余裕がないと、カオはそちらに向けるんだけど、視線は・・・・。

ネックの方向が変わる=そちらに視線を投げる

なんですね。 (生徒の皆さんは要チェックですよ!)

『投げる』は『投げ出す』じゃなく、その視線を受け取る誰かを想定して、そちらをしっかり見る、ということです。
・・・ボンヤリそこら辺を見まわしていてはいけないのでした

でもコレ、難しいー!
姿勢、リズム、身体の使い方など、踊りながら色々なことに注意しているつもりなんですが、視線についてはなかなか気がまわらない。
踊り始めは気にしていても、途中からつい失念してしまったり。

「くぅッ、拙者まだまだ修行が足りぬでござるッ

そんなワケで、冒頭、糸屋の娘さんたちにちょっとばかりジェラシー。
『目でコ・ロ・ス
観るヒトの心をとらえて離さない、その眼差し。
身につけるべく、一の弟子、修行中です。

コメント

パパ、子育て中!

2008-06-06 19:16:01 | ・・・センセイのひとりごと
さてさて、引き続きベタの続報。
思いのほか早く卵から出てきた稚魚たちがどうなったのか?
報告しま~す

あおチャンの必死の努力のおかげで、子供たちは現在、30と数匹が生存中です。
なにしろ彼、飲まず食わずで育児に精を出していますよ

グッピーは卵を産ない胎生の魚で、お母さんのおなかの中から出てきた稚魚はすぐに泳ぎ始めますが、ベタの稚魚は・・・。
まったく、何て小さな子供たちでしょう!
よぉーっく目を凝らさないと、見えないのです。しかも、そんなんで泳げない!

前回も紹介したように、水草にくっついているのですが、観ているうちに
つぅー・・・・・っ・・・と下に落ちていってしまいます。
あおパパは子供たちに目を配っていて、落ちたコの所へ一目散
すばやく咥えて、水草に戻してあげているのです。
30数匹が、かわるがわる落ちるわけですから、繰り返し同じ作業を・・・。

でも、あおチャンが気付かないうちに水槽の底まで落ちてしまった子達
ほとんどがそのまま天に召され・・・・。


がんばれ、あおチャン! フレーフレー!

お仕事が済んだら、特別食をあげるからね~
コメント

誤解だったかも・・・?

2008-06-05 18:41:06 | ・・・センセイのひとりごと
麗しの美魚ベタ続報デス

さて、ベタの卵ですが、昨日帰宅して、そ~っと水槽を覗いたところ・・・ありました
少なくはなっていましたが、それでも40個くらい残っていたでしょうか。

卵の傍では、お父さんのあおチャン(←突然チャンづけが、かいがいしく卵たちのめんどうをみています。
泡巣から落ちてきた卵を、くわえては戻し、またくわえては戻す。
その涙ぐましい姿をみせてもらって、感動

でも、口にくわえた瞬間は、間違っておなかの中に入っちゃったり しないかとハラハラ・・・。
卵が少しずつ減ってゆくように見えるのは、落ちた卵を拾いきれないからなのか、それとも・・・・?  わからない・・・。

ああ!早く卵から孵っておくれ~

そして今朝。
『また、卵が減ってたら・・・減ってるんだろうな・・・
恐るおそる水槽を見たところ。

「ええー

なんと、卵が孵っているではありませんか!!
『早すぎない!?』
3日くらいはかかると思っていたので、びっくりです。

稚魚があまりに小さくって、ゴミかと思ってしまいましたよ。
赤ちゃんたちはまだ泳げないので、水草の葉につかまっているのですが、その葉から落ちてしまう稚魚もいます。
すると、あおチャンがすばやくそのコを口にくわえて、葉に戻してあげているのです。

・・・それがまた、口に入れた瞬間、あのコたちがお食事に変わるんじゃ・・・・。
なんて、心配になってしまいます。 (だって、卵は食べてたから・・・

そして、この稚魚たちが、無事に大きく成長してくれるのか?
私は今からエサの心配をしています。

いやはや。
まったく、心配のタネは尽きません。
コメント