Teruko Dance Studio ダンスの部屋

ハワイアン・ミュージックで癒しのひと時を・・・
美容と健康のために!

ブラインドダンス・始動

2008-03-30 20:08:06 | ダンスサークル ロマン

今日は、ダンスサークルロマンの練習日でした。
3月最後であるとともに、平成19年度最後の練習会。
ラテン種目を中心に、後半はスタンダード種目も交えて皆で19年度の練習のおさらいをしました。
年度のはじめに、他のメンバーから少し離れて『初級』として練習していたメンバーも、皆と一緒に踊れるようになって来ましたよ。

ところで、ロマンのメンバーが第一回から参加してきた全日本ブラインドダンス選手権大会の第三回大会の開催が決定したとの連絡がありました。
詳細についてはまだ未定とのことですが、平成20年の大会は8月24日(日)です。
平成18年、19年と、北海道からはロマンのメンバーが参加してきましたが、今年は江別のサークルからも参加されるとのこと、ロマンの皆も楽しみにしています。

今後、大会に参加するメンバーが決まったら、そちらの練習の様子なども少しずつ紹介して行けると良いな。

コメント (2)

十万馬力・・・?

2008-03-27 20:59:34 | ・・・センセイのひとりごと

先日、TVを見ていたら、様々な大学や研究機関で開発中のロボットがたくさん紹介されていました。
寝転がった状態から、勢いをつけて起き上がるとか、椅子の上にビョンと飛び乗るとか、一見
・・・いやぁ~面白いねェ。で、それが一体・・・・?
というロボ満載。 (いや、ホントに面白かったんですけど)
ところがこれら、今までの常識では考えられない画期的なロボなんだそうです。
どういうことかというと、機械で人間の単純な動作を再現するだけで、膨大なプログラムが必要なのだとか。
プログラムを単純化しつつ、どれだけ生物の動きを再現できるか、ということなんですね。
そういえば、地球博社交ダンスロボットが紹介されてたなぁ・・・・。
社交ダンスロボット。
小柄でほっそりとした女性型で、アタマの上に○ッキー○ウスのミミのよーな飾り(?)がついてました。いかにもSF的なフォルムは、一の弟子の好みのタイプ
確か、ワルツの動きをプログラムされていた・・・はず。
何度でもまったく同じ動きが再現できるわけですから、

『そのうち人間のダンス教師なんていらなくなったりして 

なんて、一瞬、危機感を覚えたものですが。
でも、写真で見る限りでは、『彼女』は脚を動かして踊るわけではない模様。(後ろに張り出したスカート部分で立っていて、滑るように動くようです)
ロボットの先生が出現するのはまだまだ先かな。
オトコマエの男性タイプの社交ダンスロボ ・・・はいないんですかね。開発者の方、がんばってください。ふふふふふ

コメント

ロマンの他にもこんなボランティア

2008-03-25 19:07:32 | ・・・センセイのひとりごと

『水の緑の国』

かつてチャーチルがイギリスの首相だったころ、ウガンダの美しさをたたえてこのように呼びました。
アフリカの真珠とも呼ばれているそのウガンダに、私は3ヶ月程、ボランティアで滞在したことがあります。(その間、レッスンは他の先生にお任せしていったのでした)
赤道直下ですが高地にあるため乾燥していて、気温は日本の初夏くらい。とても過ごしやすい土地でした。
お米も(コレが、7種類くらいありました)野菜も豊富にあって、食べ物での苦労はまったくしませんでした。
困ったのは、時々断水したり、停電したりすること。
飲み水は、瓶に汲み置きをしておいて、必ず沸かしてから飲んでいました。
停電のときは、ローソクの灯りですごしました。
まあ、なんてロマンチック・・・とか言ってる場合じゃありません。
ある夜、なんと入浴中に停電に!!
で、どうしたかというと・・・・目って、暗闇に慣れるんですね。月が出ていたので、そのわずかなあかりで、何とかなりました。
今、日本では毎日のように嫌なニュースを耳にします。
物質的に豊かでも、心の豊かさはまた、別のもの。
ウガンダの子供たちは、破れた服に、裸足で学校に来る子もいましたが、どの子もみんな、目をキラキラ輝かせて勉強に来ました。
ボランティアをしていて思ったのは、何でも欲しいものがあるから幸せなのではない、ということ。
ウガンダの子供たちは、とっても幸せそうでしたもの。

コメント

人体大解剖

2008-03-21 20:20:50 | 日常風景

金曜日、夜7時はフラダンス講座の真っ最中です。
生徒の皆さん、柔軟体操⇒フラの技の練習⇒音楽に合わせて踊る練習・・・というようにメニューをこなしているのですが、腰を回す練習のときに聞こえてきたつぶやき。

『普段、こんなトコの筋肉なんて意識しないね~』
『うん、こんなふうに動かさないかも』

あ、フラでもおんなじなのね。
一の弟子はフラダンスはやっていないのですが、自分が社交ダンスのレッスンを受けているときには、体中、あっちやらこっちやらの筋肉の動かし方について考えます。
(注意もされます。お師匠様は熱血指導なのです)

キレイに踊るために、身体のどこを、どんな風に動かすか。どうすれば、先生と同じに動けるのか。
鏡に向かって先生の動きを真似しているのに、何かが違う、というときには、筋肉の使い方が間違っているか、筋力が足りなくって、自分のイメージどおりに動けないかのどちらかなのです。
踊っているダンサーは、どこからどう見ても軽やかで、優雅で、実に自然に身体を動かします。どこにも不自然なところはありません。
で、自分も同じようにくるぅりと回転してみる。
例えば左に回るときに、実は右の背中を回すと、ブレずに、キレイに動ける。
・・・・・何でやねん。
ホールドは、崩れちゃイケナイけど、あんまりかっちり固めてもダメ。
・・・・・どうすればいいのよ
日々、こんな葛藤の繰り返しです。
人の動きを、最大限美しく見せるために洗練されてきたものが各種のダンスな
わけですから、正しい動きが身につけば、自然に、優雅に見えるのですが。

でも、そこに到達するには、使ったこともない筋肉やら、どう考えても不合理(だとしか思えない)動きをマスターしなければならないのでした。

『肩』じゃなく『背中』を動かしなさい・・・って、試しにやってみてください。
自分が肩を動かしてるか、背中を動かしてるか、区別、つきますか?

コメント

楽しいパーティー

2008-03-20 19:08:57 | フラダンス札幌イベント情報

先日、夏のパーティーのご案内をしたのですが、実は、それより先に
春パーティーがあるのです。
こちらは別に会場を借りての大掛かりなものではなく、いつも皆さんがレッスンしている教室での開催となります。

日時は5月12日(月)18:30~ 会費:¥5000となっております。

シャイな生徒さんの多いテルコダンススタジオですが、どうか皆さん、ふるってご参加ください!!
(今から予定表に書いて、時間をあけておいてくださいね!)
食事付き、デザートもありで、飲み放題ですヨ
↑さてさて、この食事は、有志による持ち寄りとなっておりマス。
お師匠様も一の弟子も、毎回なにがしかつくっているのですが。

『よぅし、ひとつ、この私が美味しいものをつくってあげようじゃないの』
という生徒さんがいらっしゃいましたら、是非ゼヒ、お申し出くださいな。
よろしくお願いします。

あ、別に持ち寄りが義務というわけではありませんよ。まずは、参加するところからです。
一の弟子も今回は何を作ろうか、メニューを考えています。
おいしいものを食べて、飲んで、楽しく踊りましょう

コメント

その名はハイブリッド

2008-03-18 18:43:00 | ・・・センセイのひとりごと
動物好きな私は、ペットショップで可愛いワンちゃんやネコちゃんを見るのが大好きです。
自宅(マンション)や、教室で飼うわけにはいきませんケド・・・。
で、先日もペットショップでいろんなコをみていたら・・・・。
なんと、からだに毛のないモルモットがいたんです。顔にはちゃんと毛が生えていて、からだのほうだけつるんとしたモルモット・・・ちょっと、何だか不気味なカンジ・・・。
ヘアレスのイヌやネコは見たことがありましたけど。どういうかけ合わせで生み出されたコなのでしょうか。
人間の場合、混血の方にはとても優秀なひとが多い、なんて聞きますが。(それぞれの人種の長所を受け継ぐのだとか)
動物たちにおいては、どうなんでしょうね?
最近、人気だというミックス犬とか。(ミックス犬とか、ハイブリッド犬って、要するに・・・? 言っちゃダメ?)
優秀?(あ、飼い主さんにすれば、ウチのコが世界一!!ですよね)
まあ、純血だろうとそうじゃなかろうと、飼い主さんが愛情責任を持って、最後までめんどうを見てあげたら、ペットにとってはそれが最高の幸福です。
昨今、捨てられてしまったペットの話を、よく耳にします。
事情があって捨てるのかもしれませんが。
でも、そんなことせずに、引き取り手を探すとか、家族だったペットたちが最後まで幸せでいられるよう、 何か手段を講じてあげてほしいものです。
コメント

春先になって、今更の・・・

2008-03-13 20:32:13 | ・・・センセイのひとりごと

先日このブログ内で、悪路の季節なので、足元に気をつけて・・・なぁんて注意喚起していた一の弟子ですが・・・。
自分が真っ先にやっちゃいました~

職場の最寄り駅付近で、向こうから歩いてきた人を避けようとして、つるッと。
まさに、一瞬の出来事。
ここ数年・・・3冬くらい・・・冬道でも転ばない記録を更新中だったんですが。
幸い、ケガもしなかったし服も無事。
ついでにその日のランチが入ったバッグも死守しました。

一の弟子ひとりが こっ恥ずかしい思いをしただけ です。
でもでも、道行く通行人が誰一人としてそんなコト気にしなくても、

『まがりなりにもダンスのセンセーなのに、雪道ごときでスベッって転んだなんて、カッコわるくて、口が裂けてもひとにはいえないぃぃ!!! 
(って、ココで大公開)

一の弟子にとっては、痛恨の転倒事故でした。
ラッキーだったのは、ツブれて中身が飛び出したエビチリパンを食べるハメにならずにすんだことです。
ふう、ヤレヤレ・・・・。
皆さんも、あらためて、足元にはお気をつけくださいね。

コメント

いちにちにして成らず、と。

2008-03-11 19:06:57 | 日常風景

 生徒さんのお話。
彼女はダンスを始めたころ、上手くできない自分に腹が立って、とてもストレスがたまったのだそうです。

『もう、止めてしまおう』

そんな風に思ったこともあったそうですが、やめずに今までがんばっています。
その結果。

《継続は、力なり》

今では、いろんな曲を聴いて、ダンスを踊れることがとても楽しい、と目を輝かせて話してくれました。
そう。どんなものを習うにしても、大なり小なり、必ず壁にぶつかるときがきます。
でも、地道に努力したなら、超えられないことはない、と私は信じています。
なので。
アナタも、まずは(よくばらないで)ひとつずつ、できないところを克服し、
それが出来たらまた一つ。そうやってがんばってみましょう。
そうすればきっと

『ダンスって最高!』  

笑顔で語れる日が来るにちがいないのデス。

コメント

お師匠様は、野球も好き

2008-03-07 19:48:42 | ・・・センセイのひとりごと

昨日は、ある方からチケットをいただいたので、日ハムとヤクルトの交流戦を観戦して来ました
手に汗握る接戦を制して勝利を得たのは、日本ハムファイターズです!!
私が座ったのは、1塁ヤクルトベンチ側の座席。日ハムFanの応援を真正面に見るカタチでした。
あの
稲葉ジャンプも、初めてナマで見ました!(スゴーイ
ああ、でもでも、私も正面に見えていたあちら側の席だったら・・・きっと皆と一緒に飛んでいたに違いありません。
隣の席に座っていらした年配の奥様は、イヤホンでラジオ放送を聞きながら観戦されていました。
その方は、年間通して30回以上は観戦なさるのだそうですが・・・今年の各球団の選手の情報がギッシリ書かれた本を片手に、きっちりスコアをつけていらっしゃるんです!(もう5年も続けているのだそうで、これまたびっくり!)
『○番の選手は、△△高校の出身で、今年、○○球団からのトレードでここに来たのよ』
なんて、私にも色々なことを教えてくださって、勉強になりました。
実を言うと、ちょっとだけウルサイなー、なんて・・・いえいえいえ、そうではなくて。
ファイターズは、こういう方々にも支えられているんだなぁ、と。
なんだかほほえましいですよね。
日ハム勝利にすっきり と、ほのぼのとした暖か~い気持ちとで、大満足で帰って来ました。

コメント

『春』の前に、『夏』が決定

2008-03-06 20:52:48 | フラダンス札幌イベント情報

かなり先の話になりますが、今年の夏のパーティーの日取りが決定しました。
このパーティーは
『全北海道プロフェッショナルダンス教師協会』が主催するもので、
協会所属のたくさんの教室から先生や生徒さんたちが参加します。
例年、7月ごろに開催されていましたが、今年はちょっとだけ遅くて、
8月3日(日)です。
パーティーの詳細については、いずれ夏になったらまたお知らせするとして・・・。

ダンス教室のパーティーって、参加経験のナイ方にとっては、少々異世界のようで。
初めての参加でドキドキの皆さんからは、色々なことを尋かれます。

『何を着て行けば良いの?』
『どんなコトをするの?』
『パーティーだなんて・・・まだそんなに踊れないよぅ』

さて、ドレスコードが指定されていない限り、服装は自由です。
ゴージャスなドレスの方もいるし、お洒落だけどカジュアル、な方も。
男性は、お仕事に着て行かれるようなスーツで充分。(もちろん、ビシっと決めたければ、そうしていただくのが超OK
動きやすい方が良いと思うのですが以前、和服姿で見事なワルツを披露なさったマダムがいました。そういうのもアリ。

ダンスの発表がないパーティーなら、食事の他にはダンスタイム(場合によってはゲームなどもあるかな)がメインなので、多少は踊れたほうが楽しい。
でも、
『いつか、上手になってから』
なんて、尻込みしないで!
ダンスを習い始めたばかりでも、自分のできる範囲で踊るだけで充分楽しいですよ。

8月のパーティーもそうですが、発表会も兼ねたパーティーの場合。
こういう時は、ダンス経験まったく0、のお客様も大勢いらっしゃいます。ダンスタイムはありますが、踊れないから・・・という遠慮はまったく要りません。
食事をして、出演者の皆さんの普段の練習の成果を間近で見る・・・楽しいですよ。
『知人がデモンストレーションをするので、それを見に参加』
の方は、ちょっとしたお花などプレゼントするのも良いかもしれません。

出演者と観客との距離がとっても近いのが、こうしたパーティーの特徴でもあります。

今まで、興味はあるけど・・・・・と、躊躇していた方は、ゼヒ思い切って、参加してみてくださいね。
あんまり興味はナイけどォ、トモダチに誘われてェ・・・という方も。参加してみたら、意外にダンスに目覚めるかも

コメント