興亡の世界史 大清帝国と中華の混迷 (講談社学術文庫)
韓国との紛争は単なる外交問題ではなく、日韓が価値観を共有できるのかという問題を提起している。 漢字文化圏とか儒教文化圏という通念で語られる「東アジア」は本当に存在するのだろうか。20世紀前半の歴史は、韓国にとっては空白である。1910年の日韓併合は韓国にとっては存在しない。

こういう違いを乗り超えて「東アジア共同体」を建設しようという鳩山由紀夫氏などの構想もあるが、ほとんどの日本人は相手にしていない。かつて「大アジア主義」を唱えて朝鮮半島や中国大陸に出て行った人々は、近代日本の最大の失敗をもたらした。そしていま韓国は日本に「正しい歴史を学べ」と説教している

こういう対立は新しいものではない。19世紀末に日本が朝鮮半島に出て行ったとき、それは朝鮮にとっても清にとっても驚くべき事件だった。それまで日本は、ほとんど存在さえ意識されない「夷狄」だった。それが急速な成長を遂げただけでなく、ながく世界の中心だった中国に挑戦して勝った歴史は、存在してはならないものだ

この歴史観の違いは、日本人が意識しているより大きい。それは北方の遊牧民族に対抗するために生まれた内陸部の「アジア的」国家と、それとは異質の「非アジア的」国家である日本の衝突だった。明治維新以降の50年足らずで、日本がアジアの「盟主」になったことは、彼らにとって今も受け入れられない歴史なのだ。