寡黙堂ひとりごと

詩吟と漢詩・漢文が趣味です。火曜日と木曜日が詩吟の日です花も酒も好きな無口な男です。

十八史略拾い読み

2009-03-04 17:07:31 | Weblog
 秦伐魏。魏患之、使人請無忌。不肯歸。客毛公・薛公見曰、魏急、而公子不恤。一旦秦克大梁、夷先王宗廟、公子何面目立於天下乎。無忌趣駕還。諸侯聞無忌爲魏將、皆遣救。無忌率五國兵、敗秦兵於河外、追至函谷關而還。無忌卒。十八年而魏王假立。後又二年、秦王政、遣兵伐魏、殺王假、而滅魏爲郡。

秦、魏を伐つ。魏之を患(うれ)え、人をして無忌に請わしむ。帰ることを肯(がえ)んぜず。客の毛公・薛(せつ)公見(まみ)えて曰く、魏、急にして、公子恤(うれ)えず。一旦、秦、大梁(たいりょう)に克(か)って、先王の宗廟を夷(たい)らげば、公子何の面目あってか天下に立たんや、と。無忌、駕(が)を趣(うなが)して還る。諸侯、無忌が魏の将と為りしを聞き、皆救いを遣わす。無忌、五国の兵を率いて、秦の兵を河外に敗り、追うて函谷関に至って還る。無忌卒す。十八年にして魏王假(か)立つ。後又二年、秦王政、兵を遣わして魏を伐ち、王假を殺し、而して魏を滅ぼして郡と為す。

恤 うれう  大梁 魏の都  夷 平らげる  河外 黄河以北を河内、以南を河外という。

十八史略拾い読み 信陵君

2009-03-02 10:20:07 | Weblog
 趙平原君夫人、無忌姉也。趙急。使者冠蓋相望、責救於無忌。無忌請於王、及使賓客游説萬端、王不聽。客侯嬴教無忌禱於王幸姫、竊得晉鄙兵符、且薦力士朱亥與倶、謂、晉鄙合符而疑、則撃殺而奪其軍。一如嬴言、得兵以進、大破秦兵、解邯鄲圍。而無忌不敢歸魏。

趙の平原君の夫人は、無忌の姉なり。趙、急なり。使者冠蓋相望み、救いを無忌に責む。無忌、王に請い、及び賓客をして游説萬端せしむれども、王聴かず。客侯嬴、無忌をして王の幸姫に祷(こ)わしめて、晋鄙の兵符を竊(ぬす)み得、且つ力士朱亥を薦めてともに倶にせしめ、謂う、晋鄙、符を合わせて、疑わば、則ち撃殺して其の軍を奪え、と。一に嬴の言の如くし、兵を得て以て進み、大いに秦の兵を破り、邯鄲の囲みを解く。而して無忌は敢て魏に帰らず。

急なり 危急がせまる  冠蓋相望み 使者の冠と車のおおいが引きもきらない状態

趙の平原君の夫人は無忌の姉に当たる人で、趙に危急が迫っていた。冠や車の蓋いが続くほどの使者が無忌に救援を請うた。無忌は使者ともども王に出兵を促がしたが王は聴かなかった。食客の侯嬴が無忌に、「王のお気に入りの女性に頼み晋鄙の割符を盗ませて力士の朱亥を連れて行き、晋鄙に割符を合わせて、兵を出させなさい、晋鄙が疑った其の時は、朱亥に殺させて、兵を奪えばよろしい」と献策した。侯嬴の策通りことが進み、大いに秦の兵を破って邯鄲の囲みを解いた。かくして無忌は魏に帰ることは無かった。