思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官(防空ミサイル部隊)の泥 憲和さん。

2014-07-05 | 社会批評

 以下、強烈です。


 

  街頭(6月30日 神戸・三宮の街宣活動に飛び入りで) 元自衛官(防空ミサイル部隊所属) 泥 憲和さん

 突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。 集団的自衛権に反対なので、その話をします。 私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。 日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。

 いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。 でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。 自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。 そこは、安心してください。

 いま私が反対している集団的自衛権とは、そういうものではありません。 日本を守る話ではないんです。 売られた喧嘩に正当防衛で対抗するというものではないんです。 売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。 それが集団的自衛権なんです。

 なんでそんなことに自衛隊が使われなければならないんですか。 縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい、 安倍さんはこのように自衛官に言うわけです。 君たち自衛官も殺されて来いというのです。 冗談ではありません。 自分は戦争に行かないくせに、安倍さんになんでそんなこと言われなあかんのですか。 なんでそんな汚れ仕事を自衛隊が引き受けなければならないんですか。 自衛隊の仕事は日本を守ることですよ。 見も知らぬ国に行って殺し殺されるのが仕事なわけないじゃないですか。

 みなさん、集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。 他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。 当然ですよ。 だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。 イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて市民が何人も殺害されてるじゃないですか。

 みなさん、軍隊はテロを防げないんです。 世界最強の米軍が、テロを防げないんですよ。 自衛隊が海外の戦争に参加して、日本がテロに狙われたらどうしますか。 みゆき通りで爆弾テロがおきたらどうします。 自衛隊はテロから市民を守れないんです。 テロの被害を受けて、その時になって、自衛隊が戦争に行ってるからだと逆恨みされたんではたまりませんよ。 だから私は集団的自衛権には絶対に反対なんです。

 安部総理はね、外国で戦争が起きて、避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を自衛隊が守らなければならないのに、いまはそれができないからおかしいといいました。 みなさん、これ、まったくのデタラメですからね。 日本人を米軍が守って避難させるなんてことは、絶対にありません。 そのことは、アメリカ国防省のホームページにちゃんと書いてあります。 アメリカ市民でさえ、軍隊に余力があるときだけ救助すると書いてますよ。

 ベトナム戦争の時、米軍は自分だけさっさと逃げ出しました。 米軍も、どこの国の軍隊も、いざとなったら友軍でさえ見捨てますよ。 自分の命の方が大事、当たり前じゃないですか。 そのとき、逃げられなかった外国の軍隊がありました。 どうしたと思いますか。 軍隊が、赤十字に守られて脱出したんです。 そういうものなんですよ、戦争というのは。

 安倍さんは実際の戦争のことなんかまったくわかってません。 絵空事を唱えて、自衛官に戦争に行って来いというんです。 自衛隊はたまりませんよ、こんなの。

 みなさん、自衛隊はね、強力な武器を持ってて、それを使う訓練を毎日やっています。 一発撃ったら人がこなごなになって吹き飛んでしまう、そういうものすごい武器を持った組織なんです。 だから、自衛隊は慎重に慎重を期して使って欲しいんです。 私は自衛隊で、「兵は凶器である」と習いました。 使い方を間違ったら、取り返しがつきません。 ろくすっぽ議論もしないで、しても嘘とごまかしで、国会を乗り切ることはできるでしょう。 でもね、戦場は国会とは違うんです。 命のやり取りをする場所なんです。 そのことを、どうか真剣に、真剣に考えてください。

 みなさん、閣議決定で集団的自衛権を認めてもですよ、 この国の主人公は内閣と違いますよ。 国民ですよ。 みなさんですよ。 憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。 安倍さんは第一回目の時、病気で辞めましたよね。 体調不良や病気という個人のアクシデントでつぶれるのが内閣ですよ。 そんなところで勝手に決めたら日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。

 これからが正念場です。 だから一緒に考えてください。 一緒に反対してください。 選挙の時は、集団的自衛権に反対している政党に投票してください。 まだまだ勝負はこれからです。 戦後69年も続いた平和を、崩されてたまるもんですか。 しっかりと考えてくださいね。 ありがとうございました。

 

 

追記・泥憲和さんとfacebookで友人となりコメント対話しています。この記事、ぜひ、拡散をお願いします。安倍総理の詐術(ウソーダマし)が明瞭になります。
※泥 憲和さんのプロフィール(クリック)


 

 追記・泥さんの本が出ました!!!(クリック)
素晴らしい本です。必読です。

==================================

2017年 5月 3日、泥さんが亡くなられました。
元ミサイル防衛部隊の泥さん(本日、死去)が、安倍首相の大ウソを暴いた名演説、再びの大拡散を!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「いいね!」の件数が、すべて「0」になってしまった理由。

2018-07-07 | その他


2018年2月17日に、過去のblogのすべてが「0」となってしまいましたので、編集部に復元をお願いしましたが、「どうしても復元はできない」とのことでした。

1万件以上の「いいね!」を頂いたblogが数多くあり、読者のみなさまの強い意思は、書き手のわたしには大いなる励みでもありましたが、すべて「0」となりました。
わざわざ「いいね!」を押して支援して頂いたみなさまの心=行為がすべて水泡と帰してしまったことには、強い憤りを感じました。
亡くなった泥さん(元ミサイル防衛部隊)が生まれてはじめて行った街頭演説=「集団的自衛権反対!」には、35万件を超える「いいね!」がありましたが、これも「0」となりましたので、いま表示されている「いいね!」の数は、2018年2月17日以降のものです。

以下が、編集部よりのメールです。

「いいね!」の件数の復元につきましては、 常時SSL化に伴うURLの変更(「http」→「https」)によるもので、 Facebookが提供する「いいね!」ボタンの仕様上、 どうしても復元させることができない状況でございます。 何卒ご理解賜りますようお願いいたします



ジャンル:
ウェブログ
コメント (121)   この記事についてブログを書く
« わたしの安倍批判と重なる『... | トップ | 「安倍晋三内閣による集団的... »
最近の画像もっと見る

121 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントを寄せてくれた皆様に。 (武田康弘)
2014-07-10 13:12:57
コメントを寄せてくれた皆様に。
この記事は、泥さんの書かれたものです。わたしは自衛隊員ではなく、ご質問やご意見にお応えする能力がありません。
お手数ですが、泥さんにお聞きになってください。
泥さんを称賛される方、ぜひ泥さんに言ってあげてください。
https://www.facebook.com/norikadzu.doro?fref=nf
同感です (ねこずき)
2014-07-11 15:14:54
私はこれまで自民党に投票したことはありません。
いいトシして選挙に行かない輩は無責任すぎる。
時代は繰り返される (藤原直樹)
2014-07-12 00:14:58
私の伯父は太平洋戦争時、赤紙で徴収されました。それまで軍人でもなく一介の国民でした。それが突然銃を持ち、中国に派兵されました。昭和19年6月、中支にて戦死しお骨すらも帰って来ず骨壺には石が入っていただけだったと亡き祖母から聞きました。戦地に赴いている間に生まれた私の母宛に軍事郵便を何通もしたため、妹に会いたいと書いてあるのを何度も読ませて貰いました。
この間、当時の東条陸軍大臣や高級士官は一度たりとも激戦地で陣頭指揮を執る事無く、安全な内地の大本営で旨い飯を食い、命の危険に晒される事も無く若者をあたかも将棋の駒のように前線に向かわせては、戦争ゲームに明け暮れていたとです。日本の勝利とは言っても、結局は自分達ごく一部の者に被害が及ぶか否かの判断基準でしか戦争に対する認識は持ち得ていなかったのです。
そんなに個別的自衛権、集団的自衛権にこだわったところで、彼らは安全な所からただ単に指示を出すだけで、自分に降りかかった事として切実に判断する事は、決して有りません。結局は自衛隊にその危険を負わせる事をいとも簡単にやらせるのです。かつての戦争のように、戦死した自衛隊員は、英霊として祀られ、美化されるだけです。
集団的自衛権に賛成 (傭兵太郎)
2014-07-12 03:13:31
大量の税金をつぎ込んでいる自衛隊が、戦場に行くのびびっててどうなんすか?
被災地の片付け要員に税金つぎ込んでるようじゃしゃーないでしょ。
本番のない訓練、無駄です。実戦あるのみです。
安給料じゃないんだからさあ。
行きたくない隊員は時給750円にしちまいな!
バイトなら許されるでしょうよ!
本当自衛隊ってイライラする。
質問疑問 (鈴木博文)
2014-07-12 14:10:47
アメリカを始めとして、日本を武力で守ってくれている国はありますよね。それらの手助けをする、守り返してあげる事は悪い事なのでしょうか?
日本は特別だから、自分達の戦い以外には顔を出さない、世界平和には協力しない、という風に聞こえています。
何か危険な事があれば、アメリカの軍人さん達は、命をかけて日本を守ってくれるでしょう。でも、私達には自衛隊がいるから要らないよ!と自信を持って言えるのでしょうか?
また中国の脅威を感じているアジア諸国を守るのは、誰の役目なのでしょうか?日本は自国だけを守っていれば良い?それは経済大国であり、先進国としての責任感が大きく欠けているように思えてなりません。
戦争の事など何もわかりませんが、東南アジア諸国が脅かされるのを、黙って見ているのは心が許せません。
見解をお聞かせ下さい。でFBに投稿を!
コメント出来るようにして欲しいですね。
読んでよかった。 (mako)
2014-07-12 22:13:14
偶然にも、こちらのブログを見つけて拝読しました。
震えがきました。

あまりの文章の稚拙さに。

一応、文を書くことを生業にしている者として、
書かせていただくと、これ、拡散しない方がいいですよ。

集団的自衛権に否定している人も、
「ちょっと待てよ」「何か気持ち悪いな」
と思ってしまいます。

だって、国民、国民と書いていても、
国民のことなんか、全然気にしている感じがしないもの。


集団的自衛権に反対です。 (おおつぼ)
2014-07-12 22:19:21
私も集団的自衛権には反対です。
来るものは、叩かなければいけません。
でも、叩く必要の無い人、国を叩けば、その責任を全ての日本国民が背負う事になります。
私には自衛官の友人も沢山います、その友人達を無意味な犬死にはさせたくありません。
今の政権は、民主党のあまりの不甲斐無さからきているものだと思いますが、集団的自衛権だけは阻止しないと、自衛官への志願者がいなくなり、結果、徴兵制が復活し私達の子供達は無意味な戦場へ送り出される結果になると思います。
また、本当にアメリカが日本を守ってくれるとは信じ難いです。
少し、方向性が違うかもしれませんが、憲法を変えるのであれば、非核三原則を変えて日本が核武装する方が、中国やその他の国からの脅威に対し抑止力になると思います。
泥さんに。 (武田康弘)
2014-07-13 11:23:55
わたしはこのblogの紹介者ですが、自衛隊員ではありませんので、自衛隊の内部のことなどは、お応えしようがありません。泥さんのblogにコメントをお願いします。
また、称賛につきましてもわたしがお受けするものではありませんので、泥憲明さんに直接言ってあげてください。
一自衛官の叫び (ノーやん)
2014-07-13 12:50:47
真実の声をお聞きしました。おっしゃる通りだと思います。上部からの圧力に屈せず訴えつづけてください。「国民」はあなたを支持するでしょう。
誰が得をするのか (とるねこ)
2014-07-16 23:25:05
いや、べつに戦争してくれなくたっていいんですよ。武器さえ買ってくれれば。
つかってくれてたくさん売れれば
もっとうれしいのでしょう。アメリカは。
その資金作りのために消費税あげたんだし。

予想通りの展開であきれるばかりです。
なぜ誰にもとめられないんでしょうか。
テレビは規制されてるからネットでしか
本当のことを伝えられない国なんて。。。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会批評」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事