思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

西欧近代哲学の終焉(17世紀~20世紀)と恋知。 実存思想の復興 14日(水)は恋知の会

2018-11-12 | 学芸

 「近代哲学」と呼ばれる17世紀のデカルトにはじまる西ヨーロッパの思想は、「スコラ哲学」(キリスト教神学)の改革として出てきたものです。
 これは、本質的にキリスト教の世俗化としての理論体系ですので、スコラ哲学がめがけたもの=人間存在と世界の全体をトータルに解明し叙述しようとする意思を受け継いでいます。そのために、理論は複雑で難解となる宿命をもち、言葉の構築物としての論理の体系となり、カントからへーゲルに至るドイツ観念論でピークに達しました。

 人間存在と世界の全体をトータルに解明し叙述するというのは、宗教の宣託のようなものでない限り出来えない不可能事ですが、その出来えないことの努力を続けたのが西欧の「近代哲学」だと言えます。その歴史は、20世紀最大の哲学者といわれたハイデガーが、1966年に行ったシュピーゲル対話で幕を閉じたと言えます。

 シュピーゲル対話では、ハイデガーは、哲学にはもはや何も期待できないと言い、従来の哲学の地位はサイバネティクスが占め、諸科学が哲学の替わりをする、と主張しました。哲学は無力だと繰り返し述べ、われわれ人類にできることは、何百年後かに現れる「神」のようなものを待つだけだ、と言いましたが、これは、ハイデガーの存在論(人間と世界のトータルな解明)の挫折であり、「哲学の敗北宣言」と言えます。

 17世紀に始まり20世紀に終わったのが西欧近代哲学と言えますが、この西欧哲学(キリスト教という一神教がバックボーンにある)は、ルネサンスの運動で明らかなように、古代エーゲ海文明への憧れに端を発していて、ギリシャのフィロソフィー(恋知)を換骨奪胎してキリスト教神学をつくり、その上に乗ったものでしたから、相当な無理の上に建てられた思想(形而上学)の建造物であったわけです。

 現代に求められるは、すでに命を終えている西欧近代哲学の思想の枠組みに囚われずに、日常の言葉で、自からの体験を踏まえて、自分の頭で考える営みです。外部に絶対を置かず、何かに頼るのではなく。
それがわたしの提唱する「恋知」で、特別な知識とは無縁ですから、誰でもが出来ます。宙に浮いたような話ではなく、足は大地に根を張り、心身の全体で会得する知を基盤にして、そこから考えを自由に羽ばたかせるのです。遠く(雲や空や星)を見る習慣をもつことで視線を無限遠にし、のびのびと想念を広げます。書物に囚われずに、固着や厳禁の精神、固真面目を避けて、柔らかくしなやかに考える営みです。

 それは、紀元前5世紀に現れたエーゲ海・アテネのソクラテス、 ネパール・インドのブッダ、 中国の老子などの実存思想とつながる温故知新の営みです。


武田康弘

  明後日の14日(水)は、恋知の会です。いつも通り、1時開場、1時30分開始、4時30分まで。白樺教育館で。

コメント

「老荘思想の魅力」 鼎談 湯川秀樹の結語は、まさしく恋知です。

2018-11-09 | 学芸

「わたしは、老荘思想(老子・荘子)が好きですが、
どこが好きかといったら、西洋流と違う自由思想ですね。
しかも老荘思想に頭を下げる必要がない。自由に反対できる。
孔子の悪口は、あまりいったらいかぬ。キリストの悪口もいかぬ。お釈迦さんの悪口もいかぬ。近代ではニュートン、ダーウィン、マルクスなどが、そうだった。
けれども、老子や荘子については、何をいっても構わない。そこがなんともいえぬ魅力ですね。それが魅力ある思想というものだと思う。」(湯川 秀樹)

(鼎談 湯川 秀樹(京都大学教授・理論物理学)  小川 環樹(京都大学文学部教授)  森 三樹三郎(大阪大学文学部教授) 1968年5月25日 京都「土井」にてーーー 中央公論社『世界の名著』第4巻 老子・荘子の付録より)

 

 上記は、湯川秀樹さんの老荘思想についての鼎談の結語ですが、まさに主観性の知としての哲学=「恋知」そのものです。客観学ではなく、主観性の知であることが、なにより素晴らしいのですね。魅力という審級は最も高い価値です。答えが一つという考え方は、本質的に価値の低いもの。なぜなら嘘ですから。

 

武田康弘

コメント

わたしのfbにご招待。

2018-11-04 | 学芸

フェイスブックへご招待。こちらも見てくださいね~~

https://www.facebook.com/yasuhiro.takeda.359?__tn__=%2Cd*F*F-R&eid=ARDWhkwJ1cr68IgpUo19EO0knAJz9QD6SO5r3jEq-y9Q20EoJNPf4Dl7hQS8Dd8N_0Ux2uEWmWA3TYJy&tn-str=*F



 

コメント

人類思想を俯瞰して三分類したblogに一部説明を加えました。

2018-10-29 | 学芸

 人類思想を俯瞰して三分類したblogに、以下のように一部説明を加えました。青字の部分です。他は変わりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 最後は、唯一神への帰依を説くキリスト(神の子)であり、その弟分として生まれたムハンマド(神の教えを伝える者)です。この二つの世界的な兄弟宗教は、ユダヤ民族の国家宗教である「ユダヤ教」から生まれたものです。ユダヤ教の宗教改革として生まれたのがキリスト教であり、その弟分がイスラム教です。この二者の近親憎悪の激しさは、戦い(殺戮・略奪)の歴史=十字軍の長く凄まじい宗教戦争として有名です。

 言うまでもなく、絶対神(創造神)に従い信仰するという思想と、上記の実存思想とは、根本的に異なる考え方です。

 キリスト教会は、ギリシャ哲学を換骨奪胎することで膨大な神学体系をつくりました。スコラ哲学と呼ばれますが、その改革として出てきたのが17世紀のデカルトに始まる近代西ヨーロッパ哲学です。西欧の学問を明治に直輸入した日本では、哲学といえば、この思想を指しますが、それでは一面的な思想の見方になります。神学の改革としての哲学と言えども、デカルトは代表作の『方法序説』の二部で、神の実在証明を書いているのです。



哲学者・天文学者のヒュパティアは、紀元415年に
「神を信じない者」として、キリスト教徒たちにより
惨殺されました。
(映画「アレクサンドリア」より)

 

人類思想の三分類 「儒教・儒学」 「ソクラテス・ブッダ・老子の実存思想」 「キリスト教・イスラム教などの一神教」 と、「恋知」



 


 

 

 

コメント

磐梯町のとんでもない挑戦を知り、たまげた!「仏都会津」 復活の企て(徳一ゆかりの慧日寺復元)

2018-10-27 | 学芸

 

 白樺同人の古林治さんは、少し前から奈良時代の法相宗(ほっそうしゅう)の僧侶・徳一(とくいつ・とくいち)にはまっています(最澄や空海との論争)。
わたしは、少し調べていたら、面白そうな本がありましたので、一昨日Amazonに発注しました。今日届いたので、3分の1ほど読みました。


 この本の第1章には、磐梯町(ばんだいまち)の五十嵐町長(現在、四期目)の奮闘が描かれています。彼は、一期目から「度肝を抜くような」提案をし、まさにドン・キホーテさながらの構想と行動で、会津を仏の都として再興させるための活動をしているとのこと。

 具体的には1200年前に創建された慧日寺(えにちじ)を仏像を含めて再現するのですが、広さは15万平方メートルです。すでに12万平方メートルが公有化されていて、民家七軒、磐梯神社なども移転が完了。

 唯識思想(仏教の認識論)と民衆を救うための直接行動で多くの民から篤い信頼を得ていた法相宗(ほっそうしゅう)の徳一が、磐梯山噴火(806年)の直後に創建した「慧日寺」を復元するのは、あらゆる面で困難を極める大事業ですが、着々と進められているようです。ただ驚くほかありません。「仏都会津」を復活させるという巨大な企ては、長州による明治150年云々という小さな話とはケタ違いです。

詳しくは、本書で。


武田康弘

コメント

小澤征爾さんへ。「新潮文庫」の改定は、オリジナルに戻してください。若き小沢の心意気が死んでしまいます。

2018-07-20 | 学芸

「ぼくの音楽武者修行」=音楽の友社刊のオリジナルを、新潮文庫にするとき、本文では、ここだけ変えたのは、ほんとうに残念というか、小澤征爾の名を汚してしまいます。

ぜひ、オリジナル版に戻してほしいと思います。若き小沢の心意気が死んでしまいます。

「カラヤン、なにくそ」


 

以前、詳しく書きましたので、再録します。2015年1月15日のblogです。

音楽の友社版では、以下のように書かれています。

≪カラヤンの弟子になる の小見出しの 151ページから152ページ≫

「 レッスンになると、カラヤンは指揮台の真下の椅子に腰かけて、ぼくらが指揮しているのを、じろっと睨むように見ている。ぼくは睨まれると、カラヤンの音楽そのものを強要されるような気がした。そこで考えた。こんなことをしているとカラヤンの亜流になってしまう。カラヤンなにくそと思って、ぼく流の音楽を作らなければいけないと固く心に誓った。
  しかし一方、カラヤンは教えることに非常に才能があった。・・・・・・」

  新潮社による文庫本は、本文は全体としては同じなのですが(音楽の友社版そのままの文庫化)、驚くことに上記の茶色字の部分(本では3行分)が削除されているのです(165ページから166ページ)。
 若き血潮ほとばしる小澤のこの決意の言葉=が抜け落ちた文章を通読すると、当時、楽団の帝王として大きな政治力をもっていたカラヤンへの賛美だけとなり、平板で面白味がないだけでなく、小澤の見方と決意=【魂】が消されて、全体はまるで別物の印象となります。

 

  さらに、ここで使われている写真の説明文も変更され、
カラヤンの指揮でベルリン音楽祭の幕は切っておとされた」という音楽の友社版の事実説明は、
新潮文庫版では、「カラヤンの人気はヨーロッパ全体でもすばらしい。」と賛美の文章に変えられています。

 

武田康弘

 

コメント (5)

「五日市憲法草案は、民権意識を記録した世界でも珍しい文化遺産」-誰の発言でしょうか?クイズです。

2018-07-19 | 学芸

 5月の憲法記念日をはさみ,今年は憲法をめぐり,例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。主に新聞紙上でこうした論議に触れながら,かつて,あきる野市の五日市を訪れた時,郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。

 明治憲法の公布(明治22年)に先立ち,地域の小学校の教員,地主や農民が,寄り合い,討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で,基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務,法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など,204条が書かれており,地方自治権等についても記されています。

 当時これに類する民間の憲法草案が,日本各地の少なくとも40数か所で作られていたと聞きましたが,近代日本の黎明期に生きた人々の,政治参加への強い意欲や,自国の未来にかけた熱い願いに触れ,深い感銘を覚えたことでした。長い鎖国を経た19世紀末の日本で,市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして,世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。


 上記は、2014年の皇后の美智子さんの発言です。夫の明仁さん(現・天皇)と二人で、五日市の郷土館を訪れて、伊藤博文の明治憲法=大日本帝国憲法(天皇が臣民に与える欽定憲法)に先立ってつくられた「五日市憲法素案」のオリジナルを見ての感動を文章にして、発表したものです(改行と太字・下線は武田による。発表は宮内庁)。

 自民党の政治思想=憲法観とは著しく相違する民主的な思想と言えます。


※五日市憲法草案の発見者で、
著名な歴史家である色川大吉さん

武田康弘

コメント

9日(水)は『恋知の会』 個人意識の獲得と共に人間精神が誕生ー昨日、染谷君がミレトス(哲学生誕地)に入る。

2018-05-06 | 学芸

9日(水)は、「恋知の会」です。午後1時開場ー1時30分開始  飛び入りもできます(白樺教育館あてにメールか電話をお願いします)。


 恋知第3章『民主制・公共思想』を用いて、フィロソフィーと民主性・民主制・民主政とは一体であることの学習です。「人間知性」が個人意識の獲得と共に「人間精神」となるのは、エーゲ海周辺における古代哲学の発祥によります。人類が個々の自立する精神をもった人間となったのです(今もなお日本では相当に怪しいですが)。

 いま、教え子で白樺同人の染谷裕太君が、哲学=人間精神の生誕地である古代ギリシャ(現トルコとアテネ)を徒歩旅行中ですが、昨日、哲学の発祥地=ミレトス(トルコ)に入りました。貴重で見事な写真をたくさん発表していて興奮を抑えられません。ぜひご覧ください。

(写真は徒歩旅行でパソコンがないため、スマホでの写真ですが、同時にソニーのフルサイズコンパクトRX-1Rでも撮っていますので、帰国すれば、望みうる最高の画質で堪能できるでしょうー大変貴重な資料がつくれます)

※なお、授業は、「道徳」と「公共」という二つの言葉の意味本質についてのお話もします。


武田康弘
 

昨日、染谷裕太君撮影。
ミレトスの劇場に座る「ソクラテス」(笑)(わがソクラテス教室・白樺教育館のマスコット人形)。


コメント

篠田桃紅さん(美術家105才)の真実から学びたい。

2018-02-03 | 学芸

以下は、今日、2月3日の「東京新聞」夕刊です。ぜひ、お読みください。
わたしは、『103歳になって分かったこと』(篠田桃紅著)を以前読んで、深く感動しましたが、今日のインタビュー記事はそのエッセンスです。

 

こどものころ、習字の練習で、手本をまねることに強い違和感をもった。

「だって、ニセモノをつくるってことでしょう。それがうまいとお点がよくなるって、変じゃない」

 

女学校では、制服に抵抗した。スカートのひだを細くし、先生から注意を受けた。

「あたくしは、あたくしに似合うものをと思っただけ」「自分を表現するところからアートが生まれる」

 

私は、みなが『珍獣』であればいいと思う。人のことなんか気にしないで、自分なりのやり方を通せばいい。周りと同じほうが楽って人も、多いでしょうけど。

コメント

『柳 兼子伝』の著者ー松橋桂子さんの碑が完成。郷里の釧路に。

2017-12-30 | 学芸

  今年3月31日に亡くなった作曲家・合唱指揮者の松橋桂子さんは、柳兼子の初の伝記=『楷書の絶唱・柳兼子伝』を著し、兼子研究の礎を築いたことで知られます。

 この書が世に出ていなければ、その後の映像作品も兼子にまつわる書も出ることはなく、また、わたしが全コンセプトを作成した『白樺文学館』の地下音楽室(兼子の歌唱を体験するためのオーディオルーム)も存在しませんでした。

 偉大なアルト歌手で、同時に日本歌曲の歌い方を創造した兼子の業績を詳細に明らかにした本書は、夫であった宗悦の思想と活動を「女性の眼」から照射することで、白樺派の全体像を立体的に見せることとなり、白樺派研究の必読書ともなっています。

 松橋桂子さんの遺骨は、郷里の北海道-釧路のお墓に入りましたが、妹さんは、桂子さんを記念する碑をお墓の隣に建てました。桂子さんが亡くなる直前まで弾いていたグランドピアノを模して、地元の石屋さんが造られた渾身の作とのことです。わたしのblogを参考にしたとのこと、嬉しい限りです。

 桂子さん自身は、派手な事は一切しない人でしたが、死後、残された者の思いを形にするのはよいことで、大賛成です。素晴らしい碑を写真で見て、心がやすまりました。ご苦労様でした。いつか訪ねてみたいと思います。

 それにしても、亡くなる1か月半前に病室を訪ねたとき、動けない松橋さんは、わたしの声を聞くなり、「おお、わが最強の友よ!」とよろこびに満ちた声で叫ばれたのは、その情景と共に深く心に刻まれて忘れられません。

 ☆なお、松橋桂子さんの遺品、柳兼子の資料と清瀬保ニの大量の生原稿などは、『白樺教育館』で整理・保管しています。研究者の方はお申し出ください。閲覧できます。カセット音源はCD化してあります。


釧路の松橋家の墓の隣に建てられた記念碑(2017年12月 撮影・安原明子(妹)さん )


故 松橋桂子さん(白樺教育館で 2011年2月 撮影:武田康弘)

 

武田康弘

 

 

 

コメント

民主的倫理5 「恋知者」(フィロソファー)は、青空と太陽を愛でるのです。

2017-12-11 | 学芸

青空と太陽をよろこび愛でるのが恋知者(フィロソファー)の態度です。

特定の宗教や自国万歳という想念とはまったく無縁の「自由で柔らかく豊かな人間性」をもつのが恋知者です。

恋知者の宗教は、自然への愛と畏れです。経典や教義はありませんし、仰々しい儀式や形式とは無縁です。

権威ある経典や立派な儀式や大勢の人を集める組織とは、なんであれ、一人ひとりの精神の自由を奪い、しなやかで奥深い人間性・生き生きとした健康な心身・伸び伸びとした囚われのない意識を育てません。

遠くを見る習慣、無定形な雲を見る楽しみ、青空をよろこび、太陽のエネルギーを愛でる心、夜空の星々に我を忘れる感動、それは、心の内からよきものを無尽蔵に生みだす秘訣です。自然宗教に戻れ!それが恋知者の倫理です。

民主的倫理の基本は、自然です。生まれながらに敬語で遇するような存在を置く人為は、よき人間性を生みません。

 

 


(2016年の年賀状=下半分の複写です。)

 

武田康弘

コメント

「国は、」という言い方は、明白な間違えですが、いつまでも訂正されません。怖いことです。

2017-10-31 | 学芸

 主権者を市民・国民とするのが民主政治ですが、民主政社会における国(国家)とは、主権者であるあなたやわたしの意思(「一般意思」)により、つくるシステムのことであり、それ以外ではありません。

 政治レベルの話とは異なる、言語とか歴史とか生活習慣という意味での国は、ネーションであり、それは文化的レベルでの話です。また、故郷という意味での国は、カントリーで、気候風土など自然レベルの話です。

 政治レベルにおては、責任の所在を明確にすることが何より重要ですから、きちんと、政府は、官邸は、〇〇省では、と言わなくてはいけません。国は、という曖昧な言い方は、とても不味いのです。問題の所在を不分明にする詐術になってしまいます。

 政治レベルの話でしかないもの(国のありようについての特定の見方や主張や解釈を含む)に、文化や風土レベルの話ダブらせて、まるで日本という実体(物)が存在するかのように思わせるのは、怖い話です。

 これは、明治の維新政府がつくった日本の悪しき「伝統」で、国家神道ないし国体思想とよびますが、まさにシステムを実体化させてしまうのですから、「国体」です。政治的なレベルの国(政府の思想)が、体になり固定化されて惰性態となるのです。知らないうちに個々人の自由を大元から奪う言葉です。

  クリックで拡大・明治天皇が所持していた伊藤博文の写真(狡知な表情)ー宮内庁が公開

武田康弘

コメント

「希望の党」は、選挙後に「立憲民主党」に協力すべき。そうでないなら、小池さんに党首をやめてもらいましょう。

2017-10-20 | 学芸

 

 

 希望の党は、人材もお金も民進党が最大勢力ですから、安保法案に賛成することはできないはずです。そもそも「安保法案は違憲」という法曹界の総意に従わないなら、民主政党ではありません。

 あまりに当然ですが、安倍晋三にせよ小池百合子にせよ、憲法学者の総意に反する政治は、国民主権の民主政の社会では許さていないことを自覚しなくてはなりません。それが民主制国家の原理です。

 安保法案による「集団的自衛権」とは、他国(アメリカ)の軍隊と共に戦争ができる権利のことですから、いまの北朝鮮情勢を見ても、危険が著しく増大したことは明白です。もし、アメリカと北朝鮮が戦争状態となれば、米軍の友軍として戦うことができるので、北から見れば、アメリカ軍と日本の自衛隊は融合した存在であり、日本本土を直接攻撃する可能性が高くなります。遠いアメリカは被害を受けず、矢面に立たされて大被害を被るのは日本です。、

 これが、2年前であれば、日本は「個別的自衛権」のみの行使ですから、アメリカ軍の戦争には参加せず、もしも、日本に被害が及ぶ場合のみ自衛隊が出動します。今の状況と比べて、日本本土への被害が及ぶ確率は、各段に低かったのです。それでも、もし北が自爆のような戦争をしたら?その場合は、同じです。米軍の世界戦略上、多くの米軍基地が日本にあるのですから(しかも世界一の高額を日本は負担)、米軍は米軍のために全力で戦います。

 希望の党は、安保法案に賛成などと寝ぼけたことを言っていないで、日本を危険に陥れる可能性が高い「集団的自衛権」に反対している立憲民主党と同じ歩調を取るべきなのです。そうしないなら小池党首を解任するか、それができなければ、前民進党議員は離党すべきです。最大勢力が抜けて小さくなれば、希望の党が存在する意味は消えます。

 

武田康弘

コメント

リベラル勢力がほとんどない国へ=世界で唯一の国家の誕生!? 民主共和党という翼を!

2017-09-30 | 学芸

 

 

   (平等院・鳳凰堂)


  アメリカでは、曲がりなりにも前大統領のオバマや、元大統領のクリントン、カーターなどのリベラル派が政権を担い、この前の民主党大統領予備選では、わたしは社会主義者であると明言したサンダースが大きな支持を集めました。

 ヨーロッパでは、社会党や民主社会党などのリベラル政党が政権を担い、あるいは第二党であったりします。
 
 
ところが、自称西側諸国の一員という日本では、リベラル勢力が極小です。民進党が実際上解党すると、小池新党=希望の党(保守主義)と自民党(保守主義)しかなく。あとはマルクス主義に依拠する共産党だけになります。日本でもリベラルな思想を持つ人は大勢いるでしょうが、大衆政党としての受け皿はありません。

 保守と右翼しかいない国というのは、世界の民主主義国にはどこにもなく、唖然呆然です。もう笑うしかないですね。異様な国、ニッポンです。

 民進党内のリベラル派は、わたしの立ち上げたバーチャル政党=「民主共和党」を現実のものとしませんか。ふつうにしっかり考えれば、基本の考えとしてはそれしかなく、多数の賛同をえられると思います。戦前の国体思想を掲げ、神社本庁と歩を一にする「日本会議」の恐ろしい(ばからしい)復古思想とはくらべものにならない普遍性をもちます。安倍首相も小池都知事もともに「日本会議」のメンバーなのです。籠池夫妻も大阪維新の会もです

 ベラルな意識をもつ人々は、民主共和党に集結、となったらいいですね。それこそパンドラの箱から希望が飛び出ます。みなに翼が生えますよ~~~。


武田康弘(元参議院行政監視委員会調査室・客員調査員・「日本国憲法の哲学的土台」を国会職員に講義)

コメント (2)

なんでも知ってる「お利口」さん・情報の貯過ぎで、既成概念の牢獄に。面白い彫刻

2017-08-25 | 学芸

テレビは、なんでも知ってる人、「何でも知っているいい子やいい大人」(笑)をもてやはします。天才だ!!とね。

そういう視点で見れば、アインシュタインなどは、「何も知らない頭の悪い人」ですね(笑)その他、世界的な思想家や科学者や文学者の大多数は、テレビに出る情報知のチャンピオンなどとは比べものにならないほど、頭が「悪い」のです。

事実学の累積の学校知とその延長に過ぎない頭脳がいい頭!?なのでしょうか。日本ではそれを「東大病」(受験知秀才)といいますーわたしが命名してだいぶ流行ってきました。

もうかなり昔ですが、脱学校・脱病院の社会を提唱したイヴァン・イリッチを再考&再興したいもの、わたしはいつもそう思っています。

以下、東京新聞の記事のコピーです。

 

コメント