思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

孫崎 亮さん(真面目で良心的な元外務省官僚)の著作の欠陥

2014-01-29 | 書評

 わたしは、2012年8月の「戦後史の正体」(創元社)から始まった孫崎 亮さんの一連の著作を読みました。この書はアメリからの圧力の実態を暴き、戦後日本の歴史に新たな視点を与える優れた書で、わたしも多くの方にお勧めしました。

 世界中の大使館に勤め、外務省国際情報局のトップとなり、退職後は防衛大学の教授であった孫崎さんの言説には説得力があり、従来の対米従属外交のゆがみを正すという意味では大きな価値を持っています。

 しかし、残念ですが、「対米」(親米か、反米か)という視点でのみ政治のありようを見る見方は、より本質的な「主権在民による民主主義という座標軸」を後景に押しやり、政治好きのおじさんの「飲み屋談義」(他の外務省の役人たちと本質は変わらず)に陥っています。

 孫崎さんは人間的には優しく良心的な人のようですが、現代の社会問題の根源を穿つに必要な「主権在民の民主主義」を座標軸としていないために、結局、何をしたいのかが分からなくなっています。民主主義の原理の自覚が少しでもボヤケれば、どのような努力も水泡に帰してしまうのです。

 官僚世界に生きてきた人は、現状に反旗を翻す人も含め、国の事務仕事をしている(してきた)ゆえの「おかしな自負」を意識下に抱えているために、人間としての自由・しなやかさに欠けます。この牢獄から抜け出すには、恋知(哲学書を読むのではなく、大元に戻して考え、生の意味と価値を問う)の実践が必要だと思います。いかに生きるか、人間とは何か、の自問自答と対話が不可欠のはず。

 

武田康弘

 

 

コメント (3)

政府の命令で教科書を変えると決定ーー安倍政権の底知れぬ悪は国を亡ぼします。

2014-01-28 | 社会批評


 安倍首相は、NHKという公共放送局を、政府の放送局へと変えるために、経営委員5名の交代者のうち4名を安倍グループで固めて(経営委員は全員で12名)布石を打っていましたが、今回の新会長人選において、ストレートに安倍氏と同一のイデオロギーをもつ(従軍慰安婦問題や歴史認識における右翼思想)籾井勝人氏を起用し、ハッキリと「政府放送局」へと舵を切りましたが、

 学校教育においても、領土問題において多様な考え・見方は許さず、竹島や尖閣を「日本の固有の領土」と記載させるとしました。教科書は実際上、国定教科書にするというわけです。
議論をさせず、考えさせることをさせず、政府見解をそのまま教え込むことを当然だとする主張ですが、これは、【思考力・判断力・批判力を養う民主的教育】を元から否定するもので、これでは、戦前の洗脳教育の復活です。

 個人の自由と責任を育てず、日本人の多様な思考・思想を認めない教育が国を未曾有の厄災に招いた現代史の事実を無視するトンデモナイ悪行というほかはありませんが、こういう国粋主義・ナショナリズムは、世界に通用する優れた普遍的人間性を育てず、結局はわが国を貶めることにしかならないのです。

  自らの特定のイデオロギー(狭い思想=日本主義)を実現するために国家権力を使うとのは、民主主義の原理に反する恐ろしい行為ですが、それに対して主権者であるわれわれは、また権力への監視を重要な役割とするはずのマスコミがどのように応接するか、それが問われています。

 「キチガイに刃物」以上に恐ろしいのは、「国粋主義者に権力」です。これは、歴史の貴重な教訓です。


武田康弘

コメント

維新の会・橋下徹共同代表 と NHK新会長・籾井勝人氏への公開質問状ーー従軍慰安婦問題

2014-01-27 | その他

 維新の会・橋下徹共同代表 と NHK新会長・籾井勝人氏への公開質問状

以下の文面を、維新の会のホームページと、NHKご意見欄(NHK新会長・籾井勝人氏の発言への質問として)に送りました。


 今さらですが、
従軍慰安婦が悪質な人権侵害だと批判されているのは、
「どこの国にも軍人相手の売春施設があった」という話ではなく、
騙されて(看護婦の仕事などと言われて)売春施設に連れ込まれたり、
あるいは、家に戻りたくとも監禁されて戻れなかったり、という「事実」があったとされるからです。

 もしも、従軍慰安婦はすべて「本人の意思で売春をした女性だ」と言うのならば、韓国や東南アジアの女性たちの数々の証言はすべて嘘である、ということになります。
日本の軍人の性行為は、すべて適法な売春施設で行われていたのに、女性たちの嘘により旧日本軍の名誉が傷つけられたーー維新の会・橋本徹氏とNHK会長・籾井勝人氏はそのような認識を持っておられるのでしょうか。

 お答え願います。

 

武田康弘(参議院行政監視委員会調査室・客員調査員-2009~2010年)

コメント

「国連勧告には従わない」と閣議決定!なんという国なのか、わが日本は。「反人権」を宣言する政府委員  

2014-01-26 | 社会批評

安倍首相の友人で、政府の教育再生会議の委員である八木秀次さんは、ちくま新書で「反人権宣言」を出し、「人権という概念は欧米がつくったイデオロギーに過ぎず、われわれ日本人は、『人権』という言葉に怯える必要はなく、日本国民の常識につくべきだ」と主張していますが、

安倍政府も彼の思想に従い、国連からの人権改善の勧告を無視し続けています。

今朝の「東京新聞」にあるように、「国連の勧告には従わない」と正式に閣議決定するまでになっています。

大の親日家であったアメリカの故ライシャワー駐日大使が、晩年、NHKのインタビューで語った言葉を想います。

これからの日本は、人類(人間)社会の一員になってほしい」と。 Human society

 

 

コメント

安倍グループによる日本支配ーNHK新会長の「大本営は当然」。受信料は、安倍支持者だけで。

2014-01-25 | 社会批評

NHKの経営委員(改選の5人中4人、全委員は12名)と新会長、安倍グループで固められ。公共放送(=市民の良識)から、いよいよ政府放送局に!!

なんだか、わが日本もだんだん北朝鮮のようになっていきます。

政府支持者でなければ人でない!!??という風潮が全土を覆いはじめています。

国体思想=靖国思想に基づく愛国心の強要は、戦前の愚かさの再現です。危険で不幸な国家、個人が否定され、序列が支配する国に成り下がってしまうのは時間の問題でしょう。

知事選でも舛添氏が勝てば、もう後はありません。

 

以下は、出来事の意味がわからないNHK新会長の愚かな発言、朝日新聞デジタル版のコピーです。

NHK籾井新会長「従軍慰安婦、どこの国にもあった」

1月25日(土)17時37分配信

就任会見で記者の質問に答えるNHKの籾井勝人新会長=25日午後、東京都渋谷区、長島一浩撮影

 NHK新会長の籾井勝人氏は25日の就任会見で、従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」と述べた上で、日本に補償を求める韓国を批判した。従軍慰安婦問題を取り上げた過去のNHK番組に関連し、この問題に関する見解を問われ答えた。籾井氏は日本ユニシス前社長。

 籾井氏は会見で放送法の順守を繰り返し語った。放送法はNHKを含めた放送事業者に「政治的公平性」を義務づけている。

 籾井氏は従軍慰安婦問題について「今のモラルでは悪いんですよ」としつつ、「戦争をしているどこの国にもあった」としてフランス、ドイツの名を挙げた。「なぜオランダにまだ飾り窓があるんですか」とも述べた。飾り窓はオランダなどにある売春街を指す。

 さらに「会長の職はさておき」とした上で、韓国についても「日本だけが強制連行したみたいなことを言っているから話がややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っている。しかしすべて日韓条約で解決している。なぜ蒸し返されるんですか。おかしいでしょう」と批判した。その後、記者から会長会見の場であることを指摘されると、発言を「全部取り消します」と話した。

 NHKの海外向け国際放送については、尖閣諸島、竹島という領土問題について「明確に日本の立場を主張するのは当然。政府が右ということを左というわけにはいかない」と述べ、政府見解を積極的に伝える考えを強調した。

 また、籾井氏は特定秘密保護法について「世間が心配していることが政府の目的であれば、大変なことですけど、そういうこともない」「あまりかっかすることはない」と述べた。

 

朝日新聞社

 

コメント

フー、参った! 完璧なベートーヴェンーーゲヴァントハウス四重奏団による全曲

2014-01-20 | 学芸

 

 ベートーヴェンの魂の詩(うた)ー弦楽四重奏曲。
2003年に録音がおわったゲヴァントハウス四重奏団の10枚組全集が2600円!!あまりの安さにつられて買ったのですが、これがとんでもない名演奏。

 伝統を満足させ、
 革新を満足させ、

 みずみずしい新鮮さに驚きますが、同時に、盤石の安定感を持ちます。

 わたしは、過去40年以上にわたって著名な四重奏団の名演奏を聴いてきましたが、他と比較をする気が起きません。
どんな演奏であれ「完璧」というのはありえないはずですが、でも、完璧!と言うほかないような気分。

 リアル、クリアー、豊か、楽しい、充実、明るい。晦渋さとは無縁で、音楽が命を持ち呼吸しているよう。善美そのものを見るような、でも、とても人間味に溢れる、相反するような要素が見事に一体化した名演奏。
 技術も最優秀ですが、冷たさは皆無。しかも録音が抜群に優れていて、実に美しい音です。眼前に奏者が見えるよう。

 あわてて今年の来日演奏家を調べたら、なんと11月に来日予定とのことー震えました。
同じ11月には、ペライアが室内オーケストラと共に来日、今年は弾き振りです。いや~~~~~、2014年は凄い年になりそうです。

追記 ※この盤は、Amazonではさらに廉価でした(通常はHMVの方が安く、かつ情報も豊富で的確ですが)。

武田康弘

コメント

新年にあたってーー公共的人間とは、好戦的権力者には断固として反対を貫く者のことです。

2014-01-14 | 社会思想

 公共的な意味でよい人間・優れた人間とは、
安倍首相や石破幹事長、また、維新の会のような好戦的政治家による政府(=国家権力)の方針には明確に反対を表明し、従わず、その態度を変えない者である、とわたしは確信しています。

 「愛国」という名で彼らが望む日本は、戦前の靖国思想に基づく強権に依拠する国ですが、そのような国家には「ノー」を言い続けることが必要。市民主権の平和主義による社会を目がける良識人は、人間のほんらい的な自然感情と自然思想に基づき、国家主義の法や規範には一切従わないのです。

 わたしたち大人が、国家主義思想に明確に反対を表明し、彼らの権力には屈しない姿をこどもたちに見せることは、スケールの大きな優れた人間の育成には欠かせません。大人の勇気・断固たる態度は、何よりも大切な子育て=教育の基本です。

 わたしたち一人ひとりが、強権者は去れ!ナショナリストは愚か者!という態度を貫く「個人」となり、そのような個人を育成しなければ、よい社会・優れた社会はつくれません。これは主権在民の近代民主主義の原理ですし、己の実存を自覚的に生きる人の共通語だと言えましょう。

  ストップ ザ 安倍    ストップ ザ 愛国主義  です。


武田康弘

コメント

【 憲法9条にノーベル平和賞を 】:FBアドレス   ネットで世界を動かせるかも。ぜひ、署名を!

2014-01-08 | 社会思想

すべての「思索の日記」の読者のみなさん、ぜひ署名を!!

ネットで、日本と世界が変えられるかもしれません。

驚きと喜びを創りだせたら、至福。わたしの署名が世界を動かす!

 

【 憲法9条にノーベル平和賞を 】:FBアドレス
https://www.facebook.com/nobelpeace9jou/info

ネット署名はこちらからです。
http://chn.ge/1bNX7Hb


9条は、最高の「国益」です。
世界から信用と尊敬が得られ、軍備を減らして生活を豊かにできる。
ほんとうに「現実的」な政治家なら、こんな得を手放すなんて愚かなことは考えないはず。得と特が同時にもたらされるのですから。

 

コメント (6)

迎春 2014年の幕開けー2月1日(土)には、『白樺教育館』 新館落成10周年記念パーティー!

2014-01-01 | 学芸

今年・2014年は、『白樺教育館』新館落成10周年です。

なんとも多忙・多産の10年でしたが、次の10年は、さらに、ぐんぐん広がる予感がします。

2月1日(土)午後2時からの記念パーティーには、「21世紀の白樺派」に賛同される皆さま、ぜひお集まりください。楽しいひと時を共にしましょう!

 

〈『恋知』ーわたしの生を輝かす営み〉 を広めて頂けると嬉しいです。(製本したものは、こちら

 

武田康弘

 

 

コメント