さんたろう日記

 92歳、会津坂下町に住む「山太郎」さんたろうです。コンデジ持って残りの日々を楽しもうと思っている爺いです。

吹雪の中に柿の実の輝く赤が嬉しくて

2015-12-29 | 日記


今年も暮れて新しい年がすぐそこに
89歳の新しい年がすぐそこに見えてます


 楽しいこと、嬉しいこと、
やってみたいいろんなことも


ちょっぴりと悲しくさみしいことも待ってます
(ジジイにだってそれはあるんですよ)



 
そうです。せいいっぱいに生きていくつもりです
新しい年がすぐそこに輝いていますから・・

 
昨日の午後の散歩は吹雪の中のまほろば街道湯殿道でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« しばらくぶりの山の道 | トップ | 新年おめでとうございます »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cooper)
2015-12-29 19:45:46
雪の中の柿の実が美しいですね。

一年間、美しい会津の景色を 様々な歴史をご紹介いただき ありがとうございました。
楽しく拝読させていただいて居りました。
来年も楽しみに致しております。 良い御年をお迎え下さい。

雪の中の赤い柿の木 (じじポタ)
2015-12-31 13:52:48
一目見た時絵画と思いました。本当に絵画的な素晴らしい写真です。しかし見ていると、何故か切ない悲しい気持ちにもなりました。 いい年をお迎えください。
cooperさん (さんたろう)
2016-01-01 18:05:02
 嬉しいコメントありがとうございました。嬉しくて爺いの心の大きな励みになりました。今年もまたよろしくお願いいたします。

 北海道の自然は美しいですね、それにキタキツネ・ヒグマ・鹿、などの動物がいて、牛の横断注意なんて楽しくなります。それに窓の外厳しい寒さでも室内は美しい花がいっぱい、ブログを楽しませていただきました。
じじボタさん (さんたろう)
2016-01-01 18:08:12
 遠いアメリカから、私の自慢のコメントです。いつもみんなに言っているんですよ。
「俺のブログにアメリカからコメントくださるかたがいるんだよ」というとみんなへぇーって驚くんです。つまり私のブログに箔がつくんですよ。嬉しいんです。

 今年は事情があって塔寺の心清水八幡様と立木観音様の取ることができず心残りです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事