さんたろう日記

 91歳、会津坂下町に住む「山太郎」さんたろうです。コンデジ持って残りの日々を楽しもうと思っている爺いです。

エリーたちの愛よみがえらせて福抱きしめる

2012-04-28 | 日記
 私の後半生は、ゴロー、マル、エリーらの愛犬が生活の中心でした。でも81歳の頃、エリーを虹の橋のたもとに送ってからは自分の歳を考えて愛犬との生活は断念しておりました。



 そして私は今年になって可愛い福ちゃんをネットで知りました。araさんの可愛い福ちゃんです。araさんの新しい家族になったばかりの福ちゃんはこんなやんちゃな王様でした。少し元気があまってaraさんを困らせたりもしたようです。



そして3ヶ月、福ちゃんは身長も体重も3倍近くになって男前の可愛いワンちゃんになりました。



そして、araさんと、nis*k*_7さんは福ちゃんをじじに会わせてくれるといってくださったのです。嬉しかったです。
 その場所は澄んだ美しい流れの湯川の河川敷でした。お城のすぐ近くなんですよ。



 福ちゃんはaraさんに抱かれてこんな姿で出迎えてくれました。ありがとう福ちゃん。



 そしてボールをくわえて遊んでくれました。とっても人なつっこい元気な福ちゃんです。





 まだ生後4ヶ月の幼犬の福ちゃんは元気でやんちゃなんですけど、もうお座りやマテなど基本のしつけが始まっているんですよ。驚きました。araさんの指示にはきちんと従うんですよ



 でも、やっぱり子供で甘えん坊の福ちゃんです。



 遊び疲れると水筒からおいしい水をもらうんです。「私のお母さん・・」という甘えた表情ですね。



 1時間ほど福ちゃんと遊んでお城の桜を案内してもらいました。



 お城の桜は満開でした。じじにとっては30年ぶりくらいのお城の桜です。楽しかったです。







 福ちゃんは観光客の皆さんから大人気でした。みんなに可愛がられて引っ張りだこでした。



 午後の数時間を福ちゃんと遊んで、お城の桜を楽しんでしばらくぶりかの充実した1日でした。





 福ちゃん、araさん、nis*k*_7さんありがとうございました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

この古くて小さな写真を見てください

2012-04-25 | 日記
 この小さな写真、なんとまぁ~59年前(昭和28年1953)私の家内の結婚式のスナップです。友人の誰かが古いスプリングセミカメラで撮ってくれたものです。当時の光源はマグネシュームの粉に酸化剤を混ぜたものをボーンと音を立てて焚き光を出しました。



 当時の結婚式は自宅で行われました。親戚、親しい友人、近隣の人たちが集まって1番膳・2番膳・3番膳・・と夜の明け方まで祝言(宴会)が続くのです。その間花嫁は座り続けなければならないので大変な苦痛です。

 嫁さんは、祝言(婿の家での結婚式)の席で婿さんの友人たちに祝いの意味での「からかい」や「ちょっとしたいたずら」をされるのです。
 この写真は、祝言でついた餅の杵を外して着物を着せ赤ん坊に見立てて花嫁に抱かせるのです。しっかり餅をついてたくさんの子供を作れということなんでしょうか・・ 

 当時村にはおかしな習慣があって両家と仲人の立ち会いで三三九度の結婚式が終わり、記念撮影などが終わると婿殿は平服になって勝手(台所)に下ろされ祝言の終わるまで囲炉裏の火の番などさせられているのです。
 結婚祝いの祝言は花嫁さんを親戚や親しい集落の人たちへのお披露目ですから婿殿は祝言には関係がないのです。それが1番膳、2番膳・・と夜の白むまで続くんですから花嫁と花婿は大変です。当時の結婚は当人2人より、家と家、花嫁と親戚や近隣との関係を大事にしていたんですね。今では想像も出来ないことです。

 そのかわりに、婿さんは「ヤーレンギョウ」と呼ばれる嫁さんの家で行われる祝言の席で花嫁さんの親戚や近隣の人に家の婿として紹介されるのです。これはヤーレンギョウの写真です。



 古い写真をくっていたらこんな写真が出てきたので、ふと思いついてばあちゃんをさそって幸楽苑でラーメンを食べました。でもばあちゃんはなぜラーメンなぞ食べたかその意味は分かりません。爺独りの思いつきです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春ですね 人それぞれの歌聞こえます

2012-04-23 | 日記
 遅い春ですけど、糸桜里の湯への道筋に柴桜の小さな花が咲いていました。森の中の小さな柴木に咲く目立たない花ですけど私は大好きです。



そして里には水仙が春いっぱいに咲いています。私たちの町坂下は今一斉に春に向かって走っています。



小さな姉妹がお母さんと遊ぶ楽しい春です。



お母さんの一緒のサイクリング、堤の土手も春の緑に輝いています。



 農家のおじさんおばさんの姿も張り切っています。今年もおいしい野菜がいっぱいいただけるかな、たのしみです。



 春を楽しむお二人さん、私より少しお若い年配の方にお見受けしますけど、過ぎし日々の思い出に幸せがいっぱいなんでしょうね・・・



私は独りの散歩ですけど、美しいスミレの花を見つけました。



そして明後25日には可愛い福ちゃんに会えるんです。お城の桜は満開だそうですよ・・・楽しみです。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

若草のスウィートホームに2羽のカモ

2012-04-20 | 日記
心の通うカモのお二人さんですね・・・
「私たち、初めてのカップルなんですよ・・」 そう言ってるみたいです。だからカメラのレンズが向けられても平気なんです。銃猟に襲われた経験のあるカップルたちはカメラのレンズが向けられると、さっとシャッターを切る前に飛び立ちます。狙われていることが本能的に分かるんでしょうか・・



 それとも、心の通い合うお二人さんにはそんなこと少しも気にならないのかもしれません。



 さあ、これから7~8個の卵を産んで、5月末には可愛い雛たちがかたまってお二人の後を追います。



 鶴沼緑地公園に平和な愛がいっぱいになるんです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

むつまじいめおとのカモが今見えて

2012-04-18 | 日記
 毎年11月になるとカモの銃猟が解禁になって、私たちの町の鶴沼緑地公園の川辺から一斉にカモが姿を消してしまい寂しくなります。
 去年の緑地公園です。飯豊山に雪が降っていました。



 そして、今年も3月になるとまた銃猟が禁止になることを知っていてカモの群れが公園に帰ってきました。降る雪の中、楽しげに群れるカモの家族です。



 でも、どうしたんでしょうか・・ 今年は4月になると緑地公園を含めた旧宮川の流れからカモの姿が一斉に消えてしまったのです。
 まさか・・・とは思いながら、とても不安でした。



 でも、昨日散歩していると幾組かのカモのカップルを見ることができました。むつまじいめおとのカモの姿です。嬉しかったです。
 今年も緑地公園の流れで、雛の群れをつれたカモを見ることが出来そうです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加