さんたろう日記

 91歳、会津坂下町に住む「山太郎」さんたろうです。コンデジ持って残りの日々を楽しもうと思っている爺いです。

明るくて元気な子どもたちが嬉しくて

2016-11-24 | 日記


今日は散歩の道を伸ばして金上寺(きんじょうじ)脇の道を通りました



境内で楽しく遊んでいた子どもたちが見えました




そしたらその中の女の子3人ほどがかけよって来るんです。見ると何年か前に私が金上舘(金上やかた)の土塁跡を撮っていたら寄ってきていろいろ話しあって写真も撮らせてもらった女の子たちでした。私のことを覚えていてとんできてくれたんです。嬉しかったんです。あの頃幼く可愛いかった女の子はもう小学校5年か6年の可愛いお姉さんになっていました。



そのうちに元気な男の子も寄ってきて笑顔で写真を撮らせてくれました。90歳の爺いはもう嬉しく嬉しくて寿命が3年ほど延びたような気がしました。





今の時代にこんな明るい子どもたちがいる、ほんとうに嬉しかったんです。金上集落は豊かな大きな集落です。だから明るく素直に子どもたちが育っているんですね。尊いことだと思いました。

15年ほどの昔の頃までは親御さんでも小中学校でもみんなで明るく挨拶をかわしましょうと子どもたちに教えていました。ですから私など登下校の子どもたちや部活で校外でランニングなどしている子どもたちと笑顔で挨拶を交わしながら撮らせて貰うのを楽しみにしていました。でも今は知らない人に心許して近寄ってはいけませんと学校でも家庭でもしっかり教えなければならない時代になりました。それはとても大事なことと私も思っていますからここ10年ほどは子どもたちに安易に言葉をかけることなどはしないようにしています。さみしい時代に日本もなりました。

ですから金上の子どもたちが明るく声をかけてくれ写真も笑顔でポーズをとってくれたことがうれしくうれしくてたまらなかったんです。

金上の素直で明るく元気な子どもたちほんとにほんとに有り難う。とってもとっても嬉しかったんですよ。

ちょっと前のことを検索してみました。
この可愛い女の子たちと金上舘(かながみやかた)のことなどをお話をしたのは何年も前じゃなくって昨年の9月だったんですね。この子たちは小学校3年のまだ幼い可愛い子どもたちでした。それが1年でこんなしっかりした可愛いお姉さんになっている驚いてしまいました。



コメント (7)

皆様の温かい励ましのお言葉嬉しくて

2016-11-07 | 日記
取上げ峠尾根道をたのしんできました。


澄み切った秋の空に紅葉が綺麗でした。



一年ぶりの尾根の道は私の心を明るくしてくれました。
あと2ヶ月、2017年1月3日は私の90歳の誕生日です。しっかりとした道筋を見つめて新しい90歳台の道への出発をしたいなと思っています。なにしろボケの自覚が大きいですからそれに見合った道を考えなければなりません。

それに家内(86歳)の足の痛みが激しくなって通院それに週二回のディーサービスもありそのサポートもあります。幸いに年相応のボケは二人にありますけど認知症ではありませんから厨房・掃除洗濯等など家事の指示指導は家内はしっかり出来ますし、私もまたそれに応えてたいていのことはこなせる能力もつき自信もついています。

あと2ヶ月、読みたいと思って購入したのに「つんどく」してある書籍も読みたいし、90歳台への新しい道もボケ爺いなりに考えなければと思っています。というようなことで新年を迎えるまではブログは休むことにいたします。

コメント (4)

90歳を2ヶ月後に控えて惑いもあります

2016-11-02 | 日記
少しの間ブログを離れて静かに考えてみたいと思います。読みたい本も読まなければならない本も何冊かたまって積んどくになっています。

ボケの中にも新しい静かな生きる道があると思っているんです。
コメント (4)

滝谷川谿谷の紅葉夕日に輝いて美しい

2016-11-01 | 日記


隣の柳津町に所用があって訪れた時さっと夕日がさしてきたのですぐ近くの滝谷川に行ってみました。夕日に輝く紅葉が綺麗でした

JRの列車は撮れませんでしたけど、いいんです私は取り鉄さんのお仲間ではありませんから。

幼い頃の古里を思い出しました。その頃から山たろうは山遊びが好きで、下手の横好きで渓流の釣りも好きでした、家の裏山の尾根をこえるとこの谿谷とそっくりの楢戸沢があってその頃はイワナがいっぱいいたんです。竹の釣り竿の針にミミズ(私たちはメメズといっていました)をつけて渓流にテグスを投げると私のような子どもでも3匹か4匹は釣れたんです。私が14歳の頃つまり75年も昔のことです。
コメント