美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

木枯らし吹く

2019年11月04日 | 日記
今日は1日中風が吹いていた。私は風が嫌いなので外に出なかった。
天気予報で「木枯らしが吹いた」と伝えていた。秋はどこに行ったの?
今週は寒くなるそうだ。秋がなく初冬のような天気に変わるとか?
おかしいなあ?紅葉は秋なのに冬に紅葉になる。冬も暖かくなるそうだ。
日本の四季は二季になるかもしれない。

秋刀魚がやっと豊漁になったとニュースで映していた。松茸も秋刀魚も
不作でもう取れないかと思っていた。秋刀魚は1回目は1尾300円で買った。
高いと思ったが初物はいつも買う。美味しかったが高かった。2度目は
京都のスーパーの魚店で1尾150円で買ったが小さかった。冷凍の
塩秋刀魚は安い。でも生ものは本当の秋刀魚の味がする。大根おろしと
秋刀魚は庶民の味であったはずなのに。
たった1本しか取れなかった松茸を吸い物にした。鰹と昆布で出汁をとり
松茸と三つ葉とかまぼこを入れた。いい香りがした。虫も入っていなくて
軸もしっかりしていた。でも私は軸が食べられなかった。そばで見ている夫は
「70歳のおばあさんが山で取って来た松茸を喉に詰めて病院で死んだ」となるのと
違うかと笑っていた。でも本当に美味しかった。

松茸と秋刀魚は日本の秋の味と私は思う。いつの間にか彼らも消えていく
かもしれない。機構の温暖化と異常気象という理由で。
コメント   この記事についてブログを書く
« 柿送り知人にも配る | トップ | 山の神様ありがとう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事