迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

一枚のハガキ

2011年08月30日 | あ行 日本映画
御年、99歳!言わずと知れた新藤兼人監督のまっすぐな、思いのたけがこれでもか!と叩き込まれた作品。やはり、これは見ずにはおられない・・・ということで、拝見いたしました。

すでに戦争も末期。召集される男にもう若いものはいない。掃除部隊として召集された100人のおっさんたち。兵隊の宿舎を隅々まで綺麗にしたあと、彼らに待っていたのは前線に行くこと。。。誰が行くのかは上官の引くくじで決まる。なんとも不条理で納得がいかないことに従うしかない。

フィリピンに向かう船に乗せられることになった定造は、妻・友子から届いたハガキを下のベッドの男に見せる。祭りに日に夫がいないことを嘆くハガキ。「風情がない・・・」なんとも素敵で物悲しい言葉だ。返事を書いても検閲で書けない。自分は絶対に死ぬ。もしかしたら生き抜くかもしれない下の男に、この手紙を受け取ったと妻に伝えて欲しい。それだけでいい。

案の定、定造は戦死。残された妻は年老いた舅と姑に、夫の弟と結婚するように懇願され、言うとおりにするという。情けない、悔しい、やり切れない思いを抱きながら、あねさんと呼ばれる男と床をともにする。しかし、その弟にも召集令状が来る。友子の思いはただ一つ。生きて!

その思いもむなしく、帰ってきたのは白木の箱。小さな幸せすらもむしり取るのは戦争。あの時、どれだけの家族が壊されたのか。夫を兵隊にとられ、生殺し状態にあった妻。意に添わぬ人と無理やり結婚させられる人たち。



人の尊厳を奪い、追いつめ、生きながら地獄に突き落とすのは紛れも無い戦争だ。

監督が体験したことがもとになっているそうだが、100人いた仲間のうち、生き残ったのが6人だけ。運がよかったと言うだけで終わらせていいのか。その運命を握ったのはくじ。そんなくじで、人の命が、尊厳が左右されていいのか!その憤りをなんとかして残さねばならない。そう決意た監督のまっすぐな気持ちが伝わる。

決してスマートな映画ではない。泥臭く、古式然とした映画だが、力とバイタリティに溢れている。これが99歳の人間が作ったものなのかと思うと、こちらも背筋を伸ばして、居ずまい直してみなければならない。

淡々としながら、はっきり、くっきりしたてらいのないまっすぐな映画だった。しっかりと見せていただいた。いつものユーモアも忘れず、いつまでもHな精神もちゃんと描いてくれる枯れない男。

監督の半分しか生きてないのに、疲れた、気力がない、やる気が出ない・・とぐちぐち言ってる自分が情けない。白寿に恥ずかしい。

◎◎◎◎

「一枚のハガキ」

監督 新藤兼人
出演 豊川悦司 大竹しのぶ 六平直政 大杉漣
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 戦火のナージャ | トップ | 海洋天堂 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-08-30 21:40:15
銃後の戦争を扱った作品がいくつかこのところありますが、御年99歳にしてこのエンタテインメント性とメッセージ性の両立が素晴らしいと思います。
大竹さんがちと若く描かれすぎな気がしなくもないのですが、だとしても演技の上手さに変わりはないワケで、トヨエツとの2人芝居も素晴らしかった!
最後なんて言わずに撮って欲しいところです。
>KLYさま (sakurai)
2011-08-31 21:23:05
ははは、大竹さんはちょっと若い設定でしたね。まあ、監督からしてみれば、まだこ娘なのかも知れません。
でも、乙羽さん亡き後、彼にもう一回映画を撮らせようと思わせた女優さんですから、気慨が違いますね、やっぱ。
もう一回、100年インタビュー見直して、監督の思いを再確認しました。
やっぱもう一本、行ってもらいたいです。
戦争時代 (mariyon)
2011-09-01 07:58:02
この時代を実体験で語れる人は、どんどん少なくなっていますよね。
父も海軍で人間魚雷に乗る口でした。海軍時代の話を聞くといろいろ話してくれましたが、もうだいぶぼけてきて記憶もあやふやですが、人間魚雷に乗る1週間目に終戦になって、運よく生きてかえってきました。80代です。
99歳の監督の実体験!この時代の理不尽さを思うと、今の時代に生きる幸せを感謝しないと…と思います。

>監督からしてみれば、まだこ娘
ですね~~。舞台のような作品だったので、俳優さんの歳とかも気にならなかったし、、戦争映画特有の泣かせ部分がなかったのもよかったです。

瑞々しい映画 (KON)
2011-09-01 13:01:07
99歳、戦争という情報だけでは図れない若々しさに溢れた映画でした。
出てくる人たちがみな素朴でいい。
何とも言えない明るさに満ちていました。

まっすぐな監督の思いを感じることができました。
大杉蓮さんがものすごく面白かったです。
>mariyonさま (sakurai)
2011-09-02 08:47:31
子供のときは、死んだ爺さんが戦争の話を始めると、「また始まった・・」って、露骨に嫌がったのですが、勿体なことをしたかなあと反省。
しかし、人間魚雷ですか!それはヒドイ。あれもとんでもの話でしたね。
しかし、戦争の実際の悲惨な話もそりゃひどいですが、その頃の政治とか、理不尽とか、意味不明なもろもろのことが、ごく普通に行われていたと思うと、人間のすさまじさを痛感するばかりです。
貴重でした。
>KONさま (sakurai)
2011-09-02 09:02:07
新藤監督の作品は、ムラがあるって言ったら失礼ですが、後半息切れかなあ~と感じる作品があるような気がするんですよ。
でも、これはきちんと見ないと!と、居ずまい正して、正座してみないと!!と。
そしてら、結構笑えましたね。
コミカルさとHさをいつまでも表現できる!凄いと思います。
大杉蓮さん!オーバーな感じもよかったです。
99~ (cyaz)
2011-09-02 12:44:50
sakuraiさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

99歳の新藤監督、
この脚本はかなり前から温めていたものらしいですが、
注入された監督の“想い”は映像の上では
意外にシンプルで、
それでいて根底に流れる反戦へのプロテストは
しっかりと描き出されていました
トヨエツと大杉さんとショートコントは笑えましたし、
横綱大竹しのぶ関もウケました(笑)
>cyazさま (sakurai)
2011-09-02 22:08:46
60年くらい温めていたんでしょうかね。
いい按配に熟成されたと言うか、気負いがなく描かれていたのが、逆にリアリティを感じさせました。
こんだけの体験って、やっぱ凄いですよね。
こういうのこそ、若い人にぜひ見てもらいたいですよ。
嵐あたりに出てもらうと、みてくれるんでしょうかねえ。

コメントを投稿

あ行 日本映画」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

一枚のハガキ (LOVE Cinemas 調布)
日本映画界最高齢の新藤兼人監督が自ら「最後の作品」と言う映画だ。終戦間際に召集された100人の兵士で生き残った6人の内の1人がなくなった戦友の家を訪ねるも、戦友の妻を残して家族は崩壊していた…。主演は『必死剣 鳥刺し』の豊川悦司と『オカンの嫁入り』の大...
舞台劇を観るような「一枚のハガキ」 (茅kaya日記)
 昔は演劇をときたま友人にチケットを手配してもらって観に行った。最近、すっかり舞台を見なくなったんだけど、この映画は舞台劇そのもの、そしてそれがとてもあっていた。 99歳の監督作品と言うことは置いても、戦争の実体験者がどんどん少なくなるなか、自分...
『一枚のハガキ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「一枚のハガキ」□監督・脚本・原作 新藤兼人 □キャスト 豊川悦司、大竹しのぶ、六平直政、大杉 漣、柄本 明、倍賞美津子、       津川雅彦、川上麻衣子、絵沢萠子、大地泰仁、渡辺 大、麿 赤兒■鑑賞日 8月14日(日)■劇...
一枚のハガキ (映画とライトノベルな日常自販機)
“監督自身の体験と熟練の技が、戦争の非情さと絶望からの再生を丁寧に描きます” この作品は戦場で命を落とした人の視点ではなく、。“お国のため”と家族を奪われた人々の視点で描かれています。 定造の出征のシーンで定造や友子達家族などが行進して画面からアウトして...
一枚のハガキ(2011-060) (単館系)
新藤兼人監督が32歳のときに召集された太平洋戦争での 実体験を基にしている作品。 松山(豊川悦司)ら100人の中年兵は クジ引きで赴任先を決められ、 それがすなわち、生死の分かれ目でもあった。 ...